2019年11月12日

エコギア 新・ピンテールワーム(続)

 昨日の夜にアップする予定でしたが、都合でできず今日になってしまいました。
前記事では一部のみの画像アップでしたが、もう早い釣具店さんには並んでいるだろうという事で、全体画像アップです。

 まずは従来のミノー、ピンテールの<M>と、<L>サイズと、新・ワームとのボリューム感比較。
DSC_0883.jpg


画像5.jpg


 丁度、中間サイズで、ボリュームアップしてます。そしてヒレ部分と断面画像です。
DSC_0912.jpg


 でもって、まるでMJの為に仕上がったようなピッタリ感なのですね〜 テストキャストしましたが、ちゃんとセット&キャストできれば、従来のワーム通りライナーで飛んでくれます。
画像6.jpg


 で、最近、直リグやマッキン・リグでヒラメを・・・ と言うようなブログ記事を目にすることがありますが、それらとMJの決定的な違いがピンテール・ワームを使用すると解ります。 

 直リグやマッキン・リグにピンテールをセットしてタダ巻きしても、絶対にこうは ↓ 泳がせられません。


 発売されましたら、是非一度、お試しくださいませ〜〜 ピンテール・ワーム!!

< お 知 ら せ >
※ アマゾンでの「トライアルセット」他、SMJが同梱となる商品は、現在庫が無くなりますと、再入荷まで1か月前後掛かるかもしれませんが、どうぞ宜しくご了承くださいませ。。 m(__)m

 そして現トライアルセットのシンカーは、全てナツメ型シンカーに変更しております、あえて「根掛すると外れる(他をロストから救う)構造の丸形シンカー」でしたが、「シンカーが外れるが、欠陥?」というレスが有り、あらら??? 
セット内から外しました。



posted by hiramemj at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年11月09日

ウネリがキツメ・・・ エコギア新ワーム新発売

 少しの間、ご無沙汰しておりました。。 ちょいと、やぼ用が重なりまして、、
 取り急ぎ海状況を。サーファーさんが喜んでいます、、、 そして活況だった青物釣果が今週に入ってピタリと止まってしまったようで。。

 明日は大潮で、天気は良さげですが波的には、押すかなぁ〜と言う感じです。
00000.png


 この時期に、夏の青物が活況だったこと自体が?? でして、ここからが季節の変わり目となるのでしょうか、、

 さて、エコギアさんから新・ワームが発売されます。私が待ちに待っていたピンテール!まだ販売開始となっていない為、一部だけアップ。まるでMJの為に仕上がったようなジャストフィットのリアル系。

 これまでミノー<M>では、若干シルエットが小さい?<L>では長さは有るが細すぎ??という感じでしたが、その中間サイズとなってGOOD!だと思います。
123.jpg


 パワーシャッドのような前ヒレが付いてまして、私がパワーシャッドで良くやってオススメしてきた「背腹逆付けセット」を、このワームでも推奨〜

エコギアさん曰く
★ シャッドテールやグラブ系一辺倒では通用しない状況を打破するピン・テール。ストレート・リトリーブではあえて動きを抑えた微波動アクション、ナチュラルなI字スイミング
★ エッジの有る腹部を上にセット(上下逆セット)で、ジャークすればイレギュラーなダートを発生。横への動きにもスレた魚を反応させます。

との事。一つのワームで「静」と「動」の真逆のアクションで誘う! ってことですねっ
更にMJでセットすれば〜 左右ゆらゆらとローリングしながらの泳ぎも。

 11月中旬発売と聞いてますから、来週中に店頭に並ぶでしょうか?? 是非、ご注目を!!


posted by hiramemj at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年11月01日

11/1 お昼前の海状況

3連休の方も?? 取り急ぎの海状況のみアップしておきます。

際10m程にわずかな濁り有るのみで、見た目はまさしくヒラマゴ日和!! ではあるのですが、果たして水中の魚影はいかがなものか???
111-2.jpg

111-1.jpg


 何週間ぶり??? かの週末の好天気に凪 + 無風。行かれる方に幸運有りますように!! 

posted by hiramemj at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年10月28日

その後の酒匂の浜 ため息が出ます、、

 台風と大雨が過ぎ去って、その後のここの浜の様子見を午後3:30頃から見に行ってきました。

 駐車場へは立ち入り禁止?? のポールが道路中央に置かれていまして、通常は車では立ち入らないように・・ という事だろうと思います。

 駐車場の状態も悪い意味で、台風後のままで駐車場ど真ん中に大岩がゴロゴロと点在しています。想定通り、地面は緩んでいまして、うっかりするとタイヤはスタッグします。
DSC_0860.jpg


 えぐり取られた形状も、ほぼ同様。
DSC_0862.jpg

DSC_0866.jpg


 水底上状態も知りたく、ロッド持参で転々とキャストもしてみたのですが、( 着底地点の水深が、1mほど深くなった?? )と言う感じです。特に根掛がきつくなったというような印象は無いです。。

 ただただ・・・ 虚しい、、悲しい あまりの変わりように。。 釣り人なんかゼロで、私一人。。
テトラ上から写しているわけでは無いのです、かつての砂地だった位置から ↓
DSC_0869.jpg


 どうでしょうかね〜 砂地浜が15〜20m狭くなった感じです。
DSC_0870.jpg

DSC_0864.jpg

一方河口側は、ともすれば渡れるか? と言うような水量の時も有るのですが、現状は川幅150m以上の濁りの強いまま。。

 せめて魚がボイルなりナブラが見えるならば、多少なりと元気も出るのですが、ここはまだ早いでしょうかね〜 お隣浜では、まるで遅れてきた真夏のように青物が上向きなようですが。。

 20キャスト程しかできなかったのですが、なんの噛み後も当たりも無く終了、、 ため息一つ。。
 ま、それでも釣りが出来る環境にあるだけ、恵まれてますよねっ

 なんとか年末までに今年中に、より多くの方が釣りが楽しめる事を願ってます。。

posted by hiramemj at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年10月19日

同情するなら・・・

 続々と増える被災地、被災状況に胸が痛むところですが、もう起きてしまったことは仕方なく、少しでも早く台風前現状に戻って頂く事以外に無く。。

 支援方法やら形は人ぞれぞれ色々ありますが、最も手っ取り早い支援方法としてドラえもん募金をアップさせて頂きます。
 携帯電話からアクセスするだけで、翌月の電話代に加算されるというもの。画像のGRコードでHPに飛びます。私も早速やってみました。

どら−1.jpg


 「同情するなら、金おくれ!」というドラマが有りましたが、「同情するなら金送れ」という時期に入っていると思います。わずかな気持ちでも、チリも積もれば山となると思います。

 当ブログにアクセスして頂けたついでに、少しでも募金に繋がれば幸いです。

ps:海は、南に低気圧が有り、その影響で台風時並みの時化模様となっているようです。

 

2019年10月15日

浜の現状報告。立ち入らないほうが、、、

 12年ほど前にも大きな台風で西湘バイパスが破壊されたことが有り、今回はそれよりも遙かに大きな台風という事で、少なくとも同等以上の荒れ様だろうと思って、とりあえず様子見に。

 悪い意味で( やっぱりか、、、 12年前と同じ景色、、 ) 正直、今のところは車での立ち入りは止めた方が良いでしょう。

 駐車スペースは波で押し流され、大方が締まりのない砂地になってしまって、ジープ的な車高の有る4駆じゃないと、タイヤがすぐにスタッグしてしまうと思われます。
 1m以上の大きな岩も押し流されて、浜が高さと言いますか深さと言いますか、2m以上削り取られている所も。。
DSC_0825.jpg


 まだ、わずかな車しか入っていないので地面は硬めですが、間もなく更にグズグズな地面になると思います。

 現在、人の生活に直接関わる被害が優先での報道されるのは当然ですが、このような浜側、岸際の道路などの物的な大きな被害も、非常に多く隠れているのではないかと思われます。

 残念ですが、これも自然の力で起こってしまった災害なのですが、そのパワーをより増させている原因には、人間による温暖化も否定できないのではないかと、考えさせられます。。

 あれだけの最強台風が通過したにもかかわらず、川からの濁りで水質はキツイものの、海の波は普段なら「釣り可能な状態」ほどまでに、何事も無かったように収束、、 複雑な心境になってしまいます、、


posted by hiramemj at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年10月14日

お見舞い申し上げます

 小田原では、想定よりも大きな被害無く台風通過しまして、てっきり他の地域ではそれ以下か?? と、思いましたが、今日の次々に報道される各地の被災地の多さ、大きさを知るに驚くばかりです。

まさか内陸部でこれほどの被害が出ているとは・・・ 台風が真上を通ったこの地域からは、他地域がそれほどひどい状態になっているとは想像もできませんでした。
 うかつにも最小限の被害?と書いてしまったことを反省、お詫びいたします。 m(_ _)m

 私も水害にあった時も、普段はまったく水が流れていない単なる溝のような谷が、一時間雨量100mm以上なり、早朝に土砂崩れとともに押し寄せてきたのです。
 今回、被災された方々も( まさか、この川が・・・ )という事だったと思います。

 2週間ほど片付けに追われ、毎日、朝昼晩がおにぎり。ですが周辺地域方々のボランティアでの炊き出しや、自衛隊の方々の支援で、非常に励まされました。

 その時の「土砂災害」の後片付けに非常に役立ったのが高圧洗浄機なのですねっ 手作業で洗ったり拭いてたりしていたのが、何倍も一気にはかどった記憶が有ります。電気、水道が通ってからの話なのですが。。
 普段の車の洗車にも使え、一家に一台有って損の無いものだと思います。

 もしも車で支援に行かれる予定の方で、且つ高圧洗浄機をお持ちならば、持参されると被災者には非常に有難い、感謝される機械なのです。このブログを見ておられる方がおられましたらご参考に。
 これ以上被害が広がらず、一日も早い収束をお祈りいたします。

2019年10月13日

とりあえずこの地域は、被害最小限??

 お陰様で警戒レベル「マックスの5」で、「特別警戒」が小田原全域に出ましたが、私はなんら被害も問題も無く一晩過ごせました。m(__)m

昨日書いた通り、私が最も心配したのが暴風や雨量よりも「 大潮の満潮時間と最強台風通過がぶつかること 」

 強風、大雨は、どんなにすごかろうと丈夫なそこそこ高さの有る建物へ避難すれば助かるけれど、大潮満潮時間と過去最大台風通過が重なると〜〜 大津波状態になる可能性が有り、これまでの経験値にも無い事で、そうなると丈夫で飛ばされない建物と言うだけでは不充分。

 昨日、夕方5時過ぎが満潮で、その時に暴風強風だったけれど、波が押し寄せてくることが無い事が確認でき、もう一安心!! 
 昨日深夜2時から起きていたため、それが確認できて夕方6時から夜中2時まで爆睡、、 
 寝て早々に、家が揺れて地震まで重なって、目が覚めて怒り心頭! いい加減にしてよ〜〜!!と。

ですが以後、何となく暴風強風感は知りながらも、まんま眠ったままで何が起こったか知りません。。。好きな格闘技戦「RAIZIN」を見る予定にしてたのですが。。

 人的、物的被害が無かった訳ではなく、今現在も河川氾濫によっての被害が浮き彫りになってはいますが、歴史上最強台風通過、一時の予想で、死者2000人以上か?? とも言われる中で、総じて最小限の被害に済んだのではないかと思います。

 が、そうは言え、続々と河川氾濫での被害がニュース報道されるのを見ると心が痛みます。。
 私自身、水害被害に遭った経験から言いますと、物的被害を受けられた皆様、どうぞ気を落とさずに。

 政府からの支援、その他の支援で必ず良い方向に進んでくれると思いますので、前向きに日々を過ごされることを祈ります。

本日、朝一のうちの窓からかすかに見える富士山です。雲一つない快晴です。。
DSC_0824.jpg


2019年10月12日

大潮の満潮の潮位に要注意!

 朝の某情報番組で「高潮で潮位が80cm上がり・・・ 危険・・・」との情報を聞いて、(ちょっとちょっと〜 そんないい加減な情報流していいの?? 一体、何処の潮位だよ」と。

 波の凸部分と、波の凹の平均値なんて、こんな時には、な〜〜んの意味も無い数値で、いろんな地域の人が見てる中で(80cm?? そうも大したことない・・・)と思う人が居たらまずいでしょ と、思いましたので。

 台風や大潮じゃなくても、南方遠くに低気圧が有るだけで、サーファーさんが喜ぶ背丈の倍以上の波高になるというのに、それに加えて大潮の満潮時に、加えて台風直撃で、そんな生やさしく収まるはずがない。。。 海沿いだけでなく、東京界隈も。。。 

と、思いましたので、神奈川ですが満潮時間と潮位アップしておきます。関東界隈は、この時間の前後2時間以内は、海や川には要注意です。

000.jpg


 海抜10mしかない、私の界隈。最大13mとの波高予想に、すぐ近くには大河川の酒匂川。今現在も大雨で、雨どいからの雨音がうるさいくらい。 これで夜からが本番と言われても・・・ その前にかなりまずい状況になるのかも。。。

今さっき(朝 7:00)、小田原に携帯電話に「警戒レベル4 避難勧告」発令。緊急メールも
 「 避難勧告 ?? 」と、言う方の為に。
111.jpg


 避難時は、こんな時こそ釣り人必須の、フィッシング・ライフベストに、ウエーダーを。
DSC_0822.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 追 記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台風の大雨に伴い、河川氾濫が危険視されてます。本格的には、まだこれからと言うのに、かなりの水位が上がっているようです。

 河川(神奈川・小田原〜横浜)の、「川の状況ライブ・カメラ」もブック・マーク & 参考にしてみて下さい


posted by hiramemj at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年10月11日

台風通過に備え

 最新の台風進路予想図では、ここ小田原のド真上を通過するらしいですが、暴風もそうですが、大潮による高潮、そして400mm以上?の雨量も心配。。

 テレビ等では、カセット・コンロ & ボンベ、水、缶詰等々、台風に備えての防災用品が紹介されていて、すでに準備済みかと思いますが、実家がスーパーで生鮮食品も取り扱っていた私の「これも有ったほうが良いですよっ」の準備物が、「包丁や、まな板、スポンジに吹き掛けられる(食品に触れてもOkな) 除菌アルコール・スプレー」

 食中毒の発生時期には、スーパーでは刺身の上からシュシュっとするんですよっ 吹きかけた時はアルコール臭がするのですが、すぐに無臭となり、生鮮食品業の常備品です。

 色々な容器や袋に水を貯める前に、シュシュっと除菌してから水を貯める。あるいは断水した時に食器などや料理保存にも、あるいは万が一ケガをしてしまった時にも傷口に、シュシュっとすれば安心・安全です。
 避難所へ行かれる方にも、小分けして持って行かれることをおススメします。

 あと、明日の関東地方の満潮時間は4:30前後なのですが、釣り人ならご存知の通り、潮が上げだしたら、潮が動き出したら、あれよあれよという間ですから、2時間前、明日の午後からはからはもう要注意ですねっ
 翌日13日(日曜日)も風の吹き返しも有りますから、同時間帯は河川、海沿いの方はお気を付けください。
19-1011 1555.jpg

2019 10/11 15:55pm 湘南海岸

 私も明日は、ジィ〜〜〜としている予定です。

posted by hiramemj at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年10月09日

沿岸沿いは要注意!台風通過時は、大潮です!!

 ま〜た連休に台風、、今年は、釣り的には最悪ですね〜 

 釣れても今時期に30cm以下の子そげサイズらしいのですが、8月後半に見られた海状況。。

 これまでの初秋にしても、正月の状況にしても温暖化の影響か、ここ数年は釣れ時期が、一か月程後ろにズレ込んでいるように感じます。。

 で、台風ですが風速60m?? 自転車が風で宙を舞う破壊力が有るようです。。自然の力には勝てません、おとなしくしていましょう。

 夕方、海画像を・・・ と、思いましたが、台風の位置からして明日は朝には大時化のはずですから止めました。。

 こんな時は、今一度ヒラメ、マゴチの釣りの始まりからのド基本の「ヒラメ釣りメソッド」、このページを順番に読み直し、再確認して、台風後に期待しましょう!

====== 追 記 =======

 「普段押し寄せてこない高さまで波が・・・」というニュースで、改めて潮見表を見てみると、よりによって12日〜14日までが大潮。。。 高潮で普段の台風以上に大波になりそうです。

 沿岸沿いにお住まいの方々は、特に要注意です。私んのとこも海抜10m程、、、 何事も無ければ良いのですが、、


posted by hiramemj at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年10月05日

10/5(土)4:25pm 最高の海状況??

 海の中の魚影はともかく、見た目はどうでしょうか、ここ数か月で最も良い感じのヒラマゴ日和では無いでしょうかね〜
DSC_0819.jpg


 くるぶし程度のわずかな波と、釣りに邪魔にならないさわやかな秋風。グリーン色の濁り無しの水質良好。
DSC_0820.jpg


これで何物かに追われて、シラスが水面を割ってキラキラッっと、見えてくれるなら文句無しなんですが。。

 ま、ここ数か月、まともに釣りをやらせてもらえない週末ばかりでしたから、贅沢は言えませんねっ 釣行予定の皆さんは、どうぞ秋の釣りで楽しんでくださいまし〜〜



posted by hiramemj at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年10月03日

高知県で集中豪雨ですか、、、

 釣りとは全く関係ない話なのですが、高知県で「 一時間に120mの集中豪雨 」で、あっという間に車の天井まで浸水する水位とニュースで。。

 小田原に来て17年、河川氾濫でご近所で床上浸水は有ったものの、その時でもそんな雨量は未だ経験は無し。120mmと言えば、たったの12cm。

たった12cmの降水量で、そんなににひどい状況になってしまうのか?? と、思う方も居るでしょう。あるいは軽く考えてしまう方も、居るかも??

 何度か私の実家が水害に遭い、家が1m以上の土砂に埋もれてしまった実体験被害についてを書いていますが、その時が1時間に100mm以上だったと記憶しています。

 100mmという雨量がどれ程かと言うと、雨どいでは足らずにあふれて、窓から外が見えない状態。。
まるで滝の裏側から外を見る様な状態で、外が見えない程、ひどい雨量なのです。

 ですから「 一時間に100mm 」は、実際に住宅地ではその5倍ほどの水量になると考えたほうが良いでしょう。高い位置から低い位置へと雨量が集中していく訳ですから。

 ま、そんなことで、天気予報で雨量100mm以上集中豪雨かも?? というような予報が出ましたら、それは相当危険なことだと、認識されて行動されることをお勧めします。

 高知県からもオーダーを頂いていますので、気になりましたので書かせて頂きました。。 

 温暖化の影響か、台風にしても集中豪雨にしても、これまでの常識は通用しない・・・ という考え方で居るべきなのでしょうねっ 悲しいかな「未常識」になってしまっています、気候も、、

2019年10月02日

お昼の海状況

本当はもう少し早い時間帯に出かけたかったのですが、海に着いたのがお昼12時過ぎ。

 小田原の海は、西湘バイパスという浜沿いにある高速道路下を、くぐり抜けて海に出られるところが多いのですが、なにせあの台風後に海に出るための鉄の門扉が開いていない。。

 開いていないというよりは、海側に門扉以上の砂が打ち寄せられて溜っていて、開けられないのです。。

 なもので、( んん? ここもダメ? 開けられないの??) と、遠回り。。 ついには、お隣浜近くまで行って、やっとで海に。
DSC_0814.jpg

 浜にはキス釣り人が一人だけ。
 右からの風が少し、際から100m以上に結構な濁り。。 そして、ぐぐ〜〜っと押して来る波、、 正直、モチべーションは下がります。

 ま、それでもいつのように試したいこと、物が有り、キャストスタート。(ン〜〜ん 底が取りにくい、、 )
DSC_0815.jpg

 一回だけ着水とほぼ同時に当たりらしき引きが有りましたが、掛からず、、この程度の大きさに掛からないという事は、小物でしょ

 ということで砂地サーフを50m区間探った後に、テトラに上がってみることに。実はここ2か月ほど、突如めまいがすることが有り、テトラだけでなく釣り自体を自制していまして、もういいかも ?? ということで。

 浜からも、テトラにぶつかる波しぶきの大きさが見え、かなりのものでしたが、あえて上から見下ろしてみたくて。上がってみたものの、状況悪くわずかにですがクラっと来て、早々に退散決定。
DSC_0817.jpg


 街中は暑いのですが、浜は秋風が吹いて涼しい感じではあります。せっかく台風も反れてくれまして、今週末こそは良い海になって欲しいですね〜〜

 で、MJでは無いのですが・・・と、kongoさんから釣果報告。
DSC02205.JPG


posted by hiramemj at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年09月29日

ヒラメさん42cm+オオモンさん(静岡 kongoさんから)

やっと波が落ち着き、いつものサーフで釣りができました。
これだけ落ち着いているのは、1か月以上ぶりです。毎週台風やら熱帯低気圧やら来ていましたから…。
DSC02142.JPG

早起きして、5時前にはサーフに行ったのですが良い場所には先行者が有り、結構釣り人が出ていました。
濁りが入っていたので、目立つ色を投げていきましたが、当たりもなく…、青物がいないかと、メタルジグも投げましたが反応なし…

ハタ用のグラブを投げてみると、フグかしら…何かが触るので、同じ辺りを探っていくと、数投目でヒット。
このところ悩まされている、30p級のフグのような…、違うような…、針が小さめなので丁寧に引いてくると、出てきたのは可愛いヒラメ42pでした。
DSC02121.JPG

針が口に掛からずに外掛かりしていましたが、
DSC02122.JPG

久々サーフでの1枚、嬉しい釣果でした。
DSC02133.JPG


 ヒットタイム5:30 MJ+TG21g&丸1号+キジハタグラブ115+トレブル#6・シングル仕様

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ほほぉ〜 グラブでのヒラメ釣果報告は・・・ 多分初めてかなっ? 
 もっともハタ用に用意した物なのでしょうが。。 カーリーテールは、アピール力は高いんですがね〜 風の抵抗で飛距離が落ち気味なのと、フグに尻尾をかじられる確率が高く、かじられると〜使いずらい。。。(苦笑)

 困った時の、これで釣れなきゃしょうがない!!の、115番カラーは、なんだかんだで強いんですよ〜〜〜っ(笑) しかしイイなぁ〜 模様も綺麗! 美味しそう!!
おめでとうございます〜〜 !! 手(チョキ)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今朝も5時頃からサーフに行ってきましたが、全く当たりなし。
1時間半ほどやり当たらないので大きく移動して、ハタ釣りに行ってきました。
しかし、こちらも当たりなし。やっと出たバイトで、1尾釣りましたが可愛いサイズ17p。
DSC02194.JPG

今朝はどこも渋かったようです。ヒットタイム8:00 MJ+TG28g&1号丸+リアルグラブ3in+トレブル#6
写真で見たら尾の方に針が刺さっていました。取ってからリリースしてあげればよかったのに気づきませんでした。 
DSC02198.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらら・・ホント 
抜いたら傷口から菌も入ることも有るし、しょうがないですねっ

posted by hiramemj at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年09月27日

9/27 夕方(5:15pm)の海

 取り急ぎ今日の夕方の海状況画像です。
 水質は若干ササ濁り、南からの潮流 & 弱風。毎度の夕方のように、時間経過とともにウネリが増してきます。少なくとも南からの潮流は、良いのではないでしょうか?

 ともあれ、、またしても台風が発生しそう?? 釣れる釣れない以前に、やれる時にやっておくしかないですねっ! 手(チョキ)
DSC_0806.jpg


DSC_0808.jpg


 15人程、ルアーの方やら、Sトロの方が居ましたが、見ている間に竿曲がり無し。昨日の話では無いですが、半分近くが半ズボンにサンダル履き、、

 もう水温低くなってきてまして、今、足を冷やすと〜〜 後から影響が出てくるんですよぉ〜 夏バテと一緒で。。

posted by hiramemj at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2019年09月25日

新タイプのヒップ・ウエーダーにご注目!

 かれこれチェスト・ハイ・ウエーダー10着以上、ウエスト・ハイ・ウエーダー5着程、そしてヒップ・ウエーダー10着以上、そしてそしてひざ下のニー・ブーツ5足程履き潰して来たわけですが、ここ10年ほどは、ヒップ・ウエーダーが主。

 超・安かったから良いようなものの、今のヒップウエーダーが半年ほどで浸水しだしたので、探していて、( これ良さげ〜〜 !! )と、見つけたのが「 自立式 」「 腰に引っ張るベルト無し 」 の、新タイプのヒップウエーダー
 まずは一つ目のタカミヤ製 <画像クリックでアマゾンに飛びます>

000.jpg

「 ラジアル底 」は、特に安い。。。
そして、色違いの自立式のプロックス社製


「自立式」という事ですから、長靴のように立つイメージですが、使用レビューからすると「たためるけれど、履くと下がってこない」となっ??
 通常はズボンのベルト通し、もしくはベルト自体にウエーダーのベルトを通して、引っ張り上げて履くのですが、その作業も要らないなら、こりゃ〜 便利!!

 私の予定では、買うならフエルト底で、例のアレ(プラスティーディップ)を塗る!! かなっ?
 
で、何度か書いてますが、改めてヒップ・ウエーダーの何が快適か ??

1)着脱が早い! 簡単! 乾き時間も短い!
 今も多いのですが、半ズボンにサンダルの方を多く見ますが、サンダルの間に小石・砂が入って痛いでしょ? あるいはサーフシューズでも、釣行後に靴の隙間に入り込んだ砂を洗い落として〜 足洗ったり、濡れた足には、靴下履きにく〜い。。
 釣行中に、楽で快適と言う物、スタイルは色々有りますが、実は大事なことは釣行前、釣行後の手間 & 手入れ! これが面倒だといつの間にやら使わなくなる可能性大! だと思うのですよっ 経験上。
( 履くのも脱いだ後も面倒だから、いつものでいいやっ・・ )ってね(笑)

2)涼しい!! いくら3万円以上のゴアテックスであろうと、初夏からこの時期のちょい日差しが有る時には、ヒップウエーダーの方が涼しい!!何故なら、熱の逃げ場が有るから

3)当然ですが、肩が凝らない。肩ヒモが無いからだけでなく、重たいメタルジグや、ジグヘッド、シンカーケースを、ズボンのポケットに入れることでベストの重量を大幅に軽減できますからねっ

4)トイレが楽! 特に冬場!! 特に大(爆)
 短時間釣行でトイレはしないよ!という方も居るでしょうが、遠征釣行となると〜 したくなるんです、トイレ(笑)

5)安価!!! 一つの高価なウエーダーを直し直し数年使うなら、半年、一年で買い替えていった方が、それでもこっちがコスパ良し! 安い!!
 特に渓流とは違い、サーフではウエーダーの痛みが早いんです。砂、小石入りの塩水で、釣行毎にヒザ下を波で洗濯してるようなものですから。。

6)波高の時や冬には、上から透湿性レイン・パンツ履けば、一年中使用可能!ウエーダーの一番痛むヒザ下の長靴とのつなぎ目の劣化防止にも役立ちます。

などなどメリット沢山あるのですが、多分多くの人は「大きな波が来たら濡れるでしょ?」ということで、どんな時でも良いように・・・と、チェスト・ハイを選択するのでしょうが、よ〜くここ一年間の釣行を振り返ってみて下さいまし。

 モモ以上に波が来て、濡れた事は何度ありますか? 良く有っても数度程度じゃ? あるいは、そんな腰まで濡れそうな波高な時に、年に何度、何時間釣行しましたか?? 

 フラット・フィッシュにおいては、明らかに波が穏やか気味の、水底が安定している状態がベストなのは、もう基本メソッド。
 一年に、たった数度濡れるかどうかの為に、残りの90%以上の釣行のクソ暑さ、肩こりを我慢、、、では〜、ランガンさえも嫌になってくる。。

 私も一年に数度程度、ヒップウエーダーの上まで濡れることが有りますが、濡れるというか、かぶるというだけ。靴の中まで水が入ってグショグショになっては、その後の釣行もままならないのですが、やってれば乾く程度のしぶきをかぶる程度。90%以上の釣行が快適!! 

 海が「 こりゃいいいぞ! 良さそう!! ヒラメ、マゴチ日和!! さぁ〜 行くぞ! 」と思う時は、大概はヒップ・ウエーダーで充分間に合う「 穏やかな波 」のはず。。 違いますか??
 それに・・・ヒラメ、マゴチ、底物を狙う時には、波も低目で水底も安定、本来腰まで濡れない穏やかな時を、あえて好んで & 選んで釣行してるはずなんですが ??わーい(嬉しい顔) 


 ま、そんなことで8?10年近く前から、サーフの釣り(波が来て逃げてるキス釣りの方にも)にヒップ・ウエーダーを推奨してきました。
 が、なかなかヒップ・ウエーダーの良い物が少なかったのですねっ 渓流用のオマケ程度にしか商品が無かった。。。最近、ポツポツとアングラーでサーフで履いているのを見かける様にもなりました。

 ま、そんなことで、や〜〜とメーカーさんがヒップウエーダーの「 サーフでの利便性、需要 」に気づいてくれたでしょうか??  是非お試しを!! 特に海の近くに住んでいて、良いコンデションの時、安全な波の時にしか釣行しないよっ という方におススメします。

※ 但し、〜 灘と言うような、薄く長〜く押す波の地域で、ヒザ程度立ち込むことが事が有るならウエスト・ハイをオススメします。充分でしょ、ウエストハイで。
あくまでヒラメ・マゴチ狙いには、ですよっ 
チェスト・ハイと、ウエスト・ハイでも、暑さ & 肩こり、快適性に大差が有るんです。


posted by hiramemj at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2019年09月24日

9/23 夕方のオオモンハタ、サイズアップ。(静岡 kongoさん)

9/23 夕方の釣果です。
台風が去り、風も有りましたが投げないことには釣れません。朝の場所へもう一度行っちゃいました。
風は結構残っていましたが、ぎりぎり着底がわかるくらい。

が、いつもよりは感度は悪く、フグの猛攻にも気づかず…。それでも、1尾は釣りたいと思い粘ってみました。風が吹き、着底までは糸を送り出してのフリーフォールでも60カウント以上。110巻辺りで水深40m位はあるのかしら…、見当もつきません。

ストップ&ゴーで寄せてきて、かけ上がり手前からゆっくりとただ巻で引いて回収…と思った瞬間バイト。
28-01.jpg

重さがいつもと違う、ハタのはずだが別の魚かしら???。小さい針を使っているので、慌てず丁寧に寄せてくると、出てきたのはいつもより大きなハタ28pでした。
28-1.jpg

ハタゲー始めて1か月、今までの小物とは違うサイズに感動してしまいました。
もしかしたら、手の届くところに30p越えもいるのかしらと期待してしまいます。
28-2.jpg

ヒットタイム17:30 波穏やか 水質良好 斜め後ろからの風強く 
MJ+TG28g&丸1号+ダイワリアルグラブ・アジ+トレブル#8
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どうも〜〜 流石に体高が違ってきますね〜 手(チョキ)良く引いてくれたことでしょう
尺オーバーは、間違いなく居るんじゃ? 40オーバーも可能性有り。
着底カウントは、なかなかのシビレル水深みたいですが、それでも(こうすれば、釣れる!)という感触、メソッドが出来れば、待てますね〜(笑)まだまだ水温高く、いけるんじゃないですか??
おめでとうございました〜!! BY 柏木
posted by hiramemj at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年09月23日

9/23 台風釣行2日目 ハタ釣果(続)kongoさんから

只今午後4時前。もう少し落ち着いた日を予定してましたが、外は相当の強風。。。
PCを開いてみるとぉ〜 今日の釣果報告。。 取り急ぎのアップです。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3連休の最終日、何もできないのは残念なので、昨日の続き、波風の影響の少ない所に行ってきました。

 半分は、海底地形の確認で…。台風の影響で、風が時間と共に変化していくので、逆らわないように移動しながら地形を探っていくと、30カウントの所から50カウント以上の所までいろいろと有り、数100mの範囲にも起伏があることがわかりました。

ドン深で、手前まで粘ると根がかることも…注意が必要です。
また、フグカジも多発しやりにくいながらも、2ヒット(可愛いサイズ)有り、楽しい釣行となりました。1匹は、かけ上がり手前を回収で浮かせ始めたところでのヒット。
0923-2.jpg

0923-00.jpg

ハタは浮いている…的な話をよく聞きますが、かけ上がり付近での泳がせ方の参考にもなりました。7時頃から2時間弱やったところで、雨が来そうだったので撤収となりました。
posted by hiramemj at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2019年09月22日

台風でも〜 ハタ (静岡 kongoさんから)

取り急ぎのアップです〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台風が来ていて、いつものサーフは写真の通り、釣りどころか近づくことさえできない状態。
DSC02088.JPG

ということで、いつもはあまり行かない(釣れない)、波風の裏側に行ってきました。
この前来たのは、1年以上前…、今日みたい日は波風を避けられるので良い場所なのですが、釣れる場所ではない的なイメージでしたから…。

記憶では、浅いイメージの場所でしたが、地形を調べると、100巻辺りでは着底が取れず、巻いてくると50巻位からボトムが取れるようになり…???。むちゃくちゃ深いのかしら…32gシンカーでとにかく底までテンションフォールさせると、60カウント近く数えてやっと着底の感触。

ホントかしら…、カウントした自分を疑いたくなるくらい。強風に糸が流されるのも影響していたと思いますが、糸を送ってのフリーフォールでも40カウント前後かかるので、それなりの深さがあるようでした。

この深さで、根掛かり無し、ハタが狙えそうなので、グラブ系を投入。ゴンゴン…当たるものの絶対フグだ〜、上げてみるとテールだけ無くなっていました。

シャッド系にして、引いてくると駆け上がり付近で何かがバイト、上げてくると可愛いハタ12pでした。…用事があり中断の後…お昼過ぎに釣り再開。

TG21gでもボトムが取れそうなので、軽いシンカーにしてシャッド系を泳がせてくると、ココンッという当たりが出ますが乗らず…、数回目の当たりでやっとヒット。
DSC02071.JPG

今度はそこそこ重さがあり、サイズアップ。ハタ22pでした。
DSC02061.JPG

DSC02067-2.jpg


その後ももう1ヒット、ハタ18p。…、雨が降り出し、遠雷が聞こえたので早めの撤収となりましたが、新しい可能性を見つけた楽しい釣りとなりました。
posted by hiramemj at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック