2017年07月21日

SMJのワーム&フックのセット手順 <動画> by ユーチューブ

 ユーザー様より「ワームの刺し方がイマイチ・・・ 動画でなら・・」というご希望が有りまして、急いで作ってみました。あまり美しくないのですが、ご容赦を。本来、動画が有ってしかるべきでした、すみません。

 


 ワームでの市販オフセット・フックも、同様の針の刺し方、刺し位置の決めた方ですから、コツを覚えておくと良いでしょう。

 ★ 右側のカテゴリーの3番目に、新しいカテゴリーとして加えましたので、再度ご覧頂く時には、右のカテゴリーからどうぞ!

7/20「小マゴチ46p なれど貴重な1本」 (静岡 kongoさんから)

取り急ぎのアップです。
こちらでもマゴチは厳しく、サイズも小さいらしいですよっ。
自分の考えで場所を選んでの、してやったり釣果は嬉しいものです。
おめでとうございます〜〜! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここのところ、いつも行く静岡サーフは全く釣果なし。

毎年この時期はこんなものなので、ここにはあまり魚はいないと考えた時、なぜいないのかの仮説を立て、仮説に基づき別の場所へ釣りに行ってみました。

現地の海は凪いでおり、釣り日和…。
が、サーフに立ってみると、ゴミが多く濁りも入っており、先週の大雨の影響が残っていました。
 18:30頃から始め、19時過ぎには少しずつ暗くなる中、夏のヒット多発時間帯「真っ暗の直前」を迎え、集中力を高めていくと、バイト有り!! 

DSC08464.JPG


 フルキャストから1/3ほど引いてきて、着底後走り出したところでのバイト。暗い中、波が良く見えず、引き波に邪魔されること2回。ばらさないようテンションを掛けながらランディング、出てきたのはあまり大きくないマゴチ46pでした。が、狙って取りに来て釣れた1本、満足の1尾でした。

DSC08462.JPG


ヒットタイム19:35 
パワーシャッド5in158:スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光) Kongo仕様 
フロント#4リア#6
TGシンカー21g 

2017年07月20日

TGテストと、ハタ・ゲーム一考

さて、現在7/20真夜中の2:35am。
これから釣りに行く?? そうじゃないんです。(笑)

 なんだか最近、生活のリズムがバラっバラで、昨晩も(ブログ書かなきゃ・・・)
と、思いつつウトウトと。。。 目が覚めたのがこんな時間。

 で、昨日の朝に海に行ってきたのです。
 一昨日の暴風雨の後で釣り的には(ダメなんじゃないの??)と思いつつも、どうしてもテストしておきたいことが有ったので出撃。

 海は至って穏やか、水質良好、小魚っけも無くはない。釣り人は〜〜 遠くにキス釣の方々数人、時刻は5:32am

DSC_1581.jpg


 釣れれば尚良しなのですが、本目的は下のタングステン・シンカーをゴロタの水底で、あえてズル引きして、ゴツゴツ、ゴッツンと引きずり回すこと。
 そんでもって耐久性に問題が無いか確かめること。


 タングステン・シンカーの応用は、「MJリグ作製のいきさつ」でも書いてますが、2013年10月にMJリグを発売する以前から(いずれは環境負荷の少ないタングステンで・・・)と、思っていまして、タングステン試用は今に始まったことではないのです、も〜〜ぉ ずっと前から。

 で、砂地サーフで使用している分には(これでいいかなぁ〜〜 新アイテムに入れようか・・・)と、もうその予定でいたのですが、ここ最近の超激しいゴロタ、磯場で使用していて(こりゃ〜〜 ダメだわ・・・)という点が出てきました。

 そんでもって試作しての、今日(昨日)のテストです。

改良 TG 17-0719.jpg


 地元の人はご存知のように、酒勾河口左右50m区間の水底は、石でゴロッゴロで根掛かり、針先痛み、リグの耐久性をテストするには最悪で最高な条件(笑)

 テスト結果はGOOD!! これなら大丈夫! というほど水底、及び掛け上がりのゴロゴロを1時間半引きずり回して、シンカーの耐久性OK!ロストゼロ。(右画像は、引きずり回し後の撮影)

 但し、釣果無し〜〜(苦笑) 他の方の竿曲がりも無かった模様。

 本来なら私独自の、MJリグ独自のタングステン・シンカーを製作すれば良いのですが、(ま〜〜だ早い それに独自制作では高価(金型・制作数量)になる、、、
 現時点では、すでに量産されているモノを応用したほうが安く提供できる・・・)というのが、私の考え。

 ということで、上記画像の24gと、28gを、近々テスト販売してみようかなぁ〜 と思っています。

 勿論、使い心地には自信を持っていますよ 鉛よりはかなり高価になりますが、ロスト率、耐久性、飛距離、沈下速度アップ、体積の大幅減少、水底感度アップからのコストパフォーマンスでは、高くても充分価値有りと自信を持っております。

 もう少々、お待ち下さいませ。

 さて、一昨日のゆたさんからのアカハタ釣果、ん〜〜〜ン゛イイですね〜 未常識のハタ・メソッドという程の、これまで常識を変えてゆきそう。

 私もエビ似?ザリガニ似?のワームは、もうそれこそ10年以上前にキャストテストしているのです、勿論ヒラメ、マゴチにはどうかなぁ〜と。根のある梅沢海岸辺りで。

 しか〜し、数投で(こりゃ〜ダメだ、、、 全〜然、飛ばない)そのワームがダメだということではないのです、ヒラメ、マゴチでは飛距離が足らなさ過ぎるということです。
釣れないことは無いと思います。

 で、その反面、根魚においては、このフオッグ系ワームは絶大な釣果実績が有りまして、そちら方面ではド定番ワーム。

 ゆたさんの釣果は、アカハタが釣れたことよりもパワーシャッド(飛距離の出る形状)で、竿抜けポイントで釣れたというところに、大いなる意味が有るのです。
 フォッグ系ワームでは、絶対に届かない位置でのヒットが。

 真鯛の春先は桜鯛と呼ばれますが、小エビを食って成長することで体色が桜色になることで、そう呼ばれています。

 一方、赤ハタ。これは・・・赤い蟹、エビ?を食ってるから赤い? いや〜〜 どうやらそうでもなさそう。。。
 オオモン・ハタと、ほぼ同様の食性ではないかと、、、 またリベンジ検証してゆきましょう。

 この地域ではこうですが、北関東、東北、北海道ではアイナメというワームで効果的な、釣り的に非常に魅力的な魚種も居ますから、そちらにも竿抜けポイント攻略には好影響となるはずで、興味のある方も多いはず。

 釣れない夏の新たな釣行スタイル & 未常識のロックフィッシュ・メソッド提案ができるれば良いな〜〜 ??

※ そうそう ゆたさんに私の代わりにテスト用にあげてた「金玉 TGシンカー」 それでの釣果報告。金玉は効いたのかなっ??(笑)


2017年07月18日

赤ハタ × 2 (地元 ゆたさんから)

 取り急ぎのアップです、MJでの初めての釣果報告魚種となります。
おめでとうございました〜〜 !!! 赤が綺麗! イイ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
柏木さん
本日、MJリグにて念願のアカハタを釣り上げましたので、ご報告いたします。

33センチはフルキャストからの着底間際でのヒット。28センチは沖合で底からリール3回転跳ね上げてからのテンションフォール時のヒット。

201707185.JPG


いずれもヒット場所は遠く。地磯で根がきつく、根掛かり必至の場所でしたが、常に着底させて攻めたにもかかわらず、MJリグでは根掛かりロストゼロ。

s_DSC_1575.jpg


根掛かっても無理に引っ張らず、ラインテンションを軽くしてシェイクすれば大抵外れます。
それでも外れない場合、ゆっくりラインを引っ張れば、根(海藻)をちぎって外れます。そのため、ラインはそれなりの太さであることは必須。

いずれにせよ、MJリグならではの釣果であったと確信しています。

<釣行データ>
場所:某地磯
ヒット時間:6時55分(33センチ),7時15分(28センチ)
ワーム:パワーシャッド4インチ(159:カタクチ)
仕様:28gタングステンシンカー+シングルフック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2017年07月15日

昨日の続き

 今日は都合で海を見に行けなかったのですが、海は穏やかなほうだったでしょうか??(ネットサーフィンによると)

 今日も暑かったわけですが、驚いたのがこれからヒラメ・シーズンに入る北海道での気温が、な〜〜んと37度? ビックリ〜〜 この地域よりも暑い、、、

 去年も北海道が妙に暑い日が有りましたが、それ以上? どうなってるのでしょう・・・やはり温暖化の影響なのでしょうか?? 明日からはその暑さも収まるらしいのですが。

 さて、昨日はこの暑い夏をより軽快に釣行するために、ウエストバッグを紹介致しましたが、ついでにそのバッグに繋がっていたバネ紐の先のこれもご紹介。



<上画像をクリックしますと、詳細ページへ飛びます>

P7150042.JPG


 フィッシュ・グリップもいくつか買ってはいるものの、年々小さく&軽く、しかも価格もググ〜〜ンと下がってお手頃価格というか、ビックリ価格。
これも驚きの¥1471!!!

 実はまだ獲物は挟んでいないのですが、すでに持っているものとのグリップ力比較では、充分に大物にも使えそうですし、購入者レビューでは、マゴチの60オーバーをぶら下げた画像もありましたから大丈夫でしょう!

 最大メリットはコンパクトさと軽さで、重さは78g!
 前に持っていたものも130gで、それでも買った時には軽いほうだったのですが、その約半分・・・ 作りも安っぽくないですよ、しっかりしています。

 昨日のウエスト・バッグと、このフィッシュ・グリップを合わせても、な〜〜んと¥3051の、超絶・価格破壊値!!

 これから数ヶ月のクッそ暑い時期、より軽く、涼しく、軽快に動ける持ち物でGO! いかがでしょうか?

 ※ 私は、バッグならファスナー部分やら金属部分、フィッシュ・グリップも買ったら即シリコン・スプレーを吹き付けて防汚・防錆処理します。



2017年07月14日

7/14 金 夕方の海 & これはイイ!!

 遅ければ遅いほど最新情報となる海情報 〜〜〜 !!

ということで、本日6:37pmの海です。

DSC_1552 (2017-07-14T09_56_18.982).jpg


 正面から若干の風有り。波は穏やかで押しても膝下の数メートル程度。水質良好、釣り人は〜〜 見事にゼロ。そうだわな〜 3連休を前にお仕事も忙しかったことでしょう。

DSC_1554.jpg


 まぁ〜しかし、連日暑いですね〜〜 早朝は涼しいから朝!! とは言え、日が昇ると一気に汗だくに。。。 一旦日が昇ってしまうと、風が無い朝の方が強烈に暑いことも。。

 実は数日前にハタ目的で、今まで行ったことの無い磯場へ行ってきたのですが、その時には早朝は強烈に暑かったのですが、時間経過ととも釣りの邪魔にならない程の爽やかな風が吹き抜け、景色は最高、天気も最高、肝心な釣果は最低〜〜(爆)

 初めての場所でワクワク感は最高で、そこを攻めるに当たっての問題点や工夫するべきことも考えながらやっていると、あっという間に時間も過ぎるものです、難しい場所だからこそ楽しい!
DSC_1556.jpg

 視点を変えてリベンジしたいと思います。

 さて、ヒラメ釣りメソッドでの重要なポイントは、レンジだとか、時間、季節、釣り場状況による攻略法などなど有りますが、その中でも私が大事だろうなぁ〜と、思うのが「ラン & ガン」
 一旦高活性時間を過ぎると待ち伏せ型となり動かないヒラメ&マゴチに対して、こちらから動いて広範囲に探る!!

 ここをどれほど重要視しているかで、道具選択も変わってくるのですねっ

 
 より軽快に軽く動きや易くする事で「ラン & ガン」も苦にならず、探れる範囲も変わってきますよねっ? 特にこれからの暑い時期は余計にです。

 ま、そこで私が最近買って(これいいじゃん! 安いし、しっかりした作り!)と、感心したものをご紹介。
 まずは、ランガンの為にも余分なものはできるだけ持たず、ロッド操作も快適になるウエスト・バッグ。私の暑い時期の必須アイテム。

 ウエスト・バッグもこれまでに10個位使ってきました(ブランド物も含め)が、今回買ったのは正直(本当に画像通りたなら大したものだが・・・)と、お遊び半分で購入した物。
そう、お遊び半分で買える位のビックリ価格なのです〜



 商品が到着してみて(ほぉ〜〜 これで¥1580は・・・ 某ブランドの1万ほどの物よりイイ。すごいなぁ〜 財布さえ買えない値段なのに・・・)生地はも厚く、縫いもしっかりしています。

 多くの方が最もよく使われるルアー・ケースサイズ(21cm×15cm×厚み3.5cm)が、取り出し易いサイズを・・・と測って、コレを選び、小さすぎず、大きすぎないウエスト巾に収まるサイズです。
上の画像をクリックして頂ければ、その詳細が解ります。

P7150038.JPG


 暑い夏はこの程度を持って、軽快に涼しく、肩も凝らないウエストバッグぅ〜〜
超安いコレ、お一ついかがでしょうか?

 「安物買いの銭失い」という言葉もありますが、たま〜〜に掘り出し物もあるものです。(笑)

2017年07月10日

マゴチ 57cm (東伊豆 NAさんから)

お世話になります。
ちょっと前の4日(火)にホームでの釣果です。
まっ昼間の2時前後にヒット。57センチありました。

izu na.jpg


(釣り場に携帯持っていかないのでヒット状態とれなくてスミマセン。)
SMJにパワーシャッドの5インチ ピンクです。
このあとに、もう一本マゴチを(多分60オーバー)掛けたのですが、波打ち際でフックアウト(T ^ T)
で悔しい思いもしました。

また報告いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

NAさん、どうも〜〜 こちらこそお世話になっております〜 m(_ _)m
ナイスサイズ、且つデイ・ゲームおめでとうございます〜!! 

まだまだマゴチは本シーズン。これからでしょう! 暑いのが難儀ですが、、、 (苦笑)
逃した大物を是非!! 

お待ちしておりますよ〜〜 私もちょこちょこ、そちら方面へも出かけてみたいと思っています〜〜


2017年07月09日

7/8 マゴチ 60cm (静岡 kongoさんから)

このところ、波っ気があり、なかなか渋く、全く釣れない日々が続いていました。
昨夜は、19時頃から月夜に誘われ、サーフにシーバスを狙いに行ってきましたが、釣れたのはエイが2尾。
DSC08446.JPG


バカでかいのが良く上がってきたな〜と、我ながら感心。

 久々の凪ぎ、月夜でナイトヒラメと行きたかったのですが、濁りがあり断念…凪を確認して、今朝、3時半起きで再びサーフへ。いかにも釣れそう、潮目が出ているし、岸際では、マイクロベイトがピチャピチャしている。

 釣り人もいつもより多くいたのでしたが、なかなか当たりが来ません。水面をよく見て、潮目があり、たぶん離岸が少し出ていると思われる場所に移動し、数投、グググとラインにテンションが入り、ヘッドシェイク。刺さり重視の細軸を使っているので、ドラグは多少ゆるめ。カリカリいいながらも、少しずつ寄せてくると、なかなかの重み。
DSC08443.JPG


 波に数回阻まれ、注意しながらランディング。上がってきたのは、なかなかのマゴチ、60cmでした。ドン!!というバイトがなかなか出ず、渋い中で貴重な1尾でした。

DSC08436.JPG


ヒットタイム 4:30 
パワーシャッド5in158:スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光) Kongo仕様 
フロント#4リア#6 TGシンカー21g

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ナイスサイズ〜!! チョレイ! おめでとうございます〜〜
音沙汰が無かったので、体調でも壊した??・・・ と、心配しておりました。渋かっただけなら安心。

 反射するように、六面体カットのビーズ? 工夫してますね〜〜
 アドバイスとしては、物によってはプラ・ビーズは割れやすい、、、 私しもプラ・ビーズを使っていましたが、3〜4度ほど釣行中に割れて、なんとか工夫しなきゃ・・・と、思ってるところです。
 私の買ったのの材質が悪いのかもしれませんが、、、

 西湘のマゴチ最大サイズ73cmは、8/15のま昼間!! ま〜だいけるでしょう! 幸運をお祈りします〜

 by 柏木

2017年07月07日

7/7 金 3:25pmの海状況

 今日はロッドは無し。ワンコを連れて事務用品を買いがてら海画像撮影。
 超・快晴、無風、程良い波っけ、しかしながら、鳥っけ、ベイトっけは見当たらず。。。

DSC_1546.jpg


 遠くに一人だけ釣り人有り。とりあえずよさげな週末となりそうです。

 あと10日もすれば学生さんも休みとなり、海の日も有り〜の、海は釣りだけでなく海水浴客でてんこ盛りとなり、釣りもままならない状態となりますので、せめてやれる時にやっておいたほうが良いかも?? です。

DSC_1548.jpg




posted by hiramemj at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年07月06日

7/6 木 朝の海

 この地域では快晴。海ももうイイかも?? ロッドを持って海へ。

DSC_1542.jpg


 到着早々、地元の常連ご隠居さん(弓角)が、すでに退散してきまして、(釣れないのか? 青物も・・・)

 釣り人はルアー・アングラー数名、キス釣の方数名程で、数はサーファーさんの方が多いウネリが残る状況でした。

DSC_1544.jpg


 約一時間程、横移動100m程の往復をしてみましたが、ノーバイト。他の方の釣果も目撃無し。もう一日、あるいは夕方まになれば、だいぶん落ち着くでしょうか。。

 釣り勝手うんちくを昨日から用意していたのですが、九州での豪雨によっての被害をニュースで見て、私も若い頃に実家が水害(一時間に100mm以上)に遭って家が半分以上、土砂に埋もれた経験がありますので、ノー天気なことも書く気になれず海状況のみご報告。

 九州での被害がこれ以上大きくならないことを、心よりお祈りいたします。 (´人`)




posted by hiramemj at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年07月04日

伊豆西側のハタ狙いは・・・

 関西まで来ているいう台風を横目に(頼む! 今日は、持ってくれ・・・)と、西伊豆へ。

 ターゲットは、オオモンハタもしくは赤ハタ!! でしたが〜〜  ↓
17-0704-1.jpg


 遠投&深場でのヒットで、思わず「チョレイ!!」
結構な引きで、もう少し大きいかと思いましたが釣り上がって〜残念。計るまでも無し(R)

 ポイントは磯。初めてのポイントで、際から30mはカウント2〜3秒ですが、そこからはドン深。水底状況は根掛かりの多発しそうで、しかも岩にはPEラインの大敵のフジツボが一杯。。。極めて厄介な場所。

DSC_1522.jpg


 この場所の前に、似たようなポイントで約一時間、そしてここで約一時間、そして昼飯(すき家の牛丼! すき家の豚汁はおいしいね〜〜)を取った後に、アオリイカ、根魚、ヒラマゴも釣果実績の有る、ここ3年ほど行っていなかった複合ポイントへGO!

 キャスト20分ほどで、ゴゴン!

 カウント5〜6秒のやや深めで際から50m程先でのヒット。竿は綺麗に曲がりマゴチのような引き。竿の曲がり度&重さからマゴチならは50オーバー??
が、心の中では(いや、これは違うかもハタかも??)の期待。。。

 あと10mというところで、姿が見えないまま、スゥ〜っと軽くなってのバラシ、、、

 ここでも一時間ちょいやりましたが、それっきり、、、 近くのエギンガーはその間にアオリイカを2尾釣ったらしい。。。

 エギね〜〜 今度は持ってたほうが良いのかなっ? (苦笑)

 でなことで、こんなペースでハタ狙い(ですが根底の意図は、真夏のターゲット探し)を継続予定です。




2017年06月30日

6/30 金 夕方の海

 取り急ぎ夕方海画像アップです。

降りそうで、降らない 曇天です。

 海もどよ〜〜んとした、砂を巻き上げているのではないのですが、コンクリート色の濁り。。。
明日は雨っぽいのですが、日曜日は夏日?? 海は混みそう 海水浴客で(笑)

DSC_1516.jpg


DSC_1517.jpg



アングラーさん、2名のみ。。。 さみしい浜です


posted by hiramemj at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年06月26日

小リベンジ オモンハタ (私)

 1匹だけなので、こリベンジ。

 まっ昼の、のんびり釣行で、出撃時間朝の10時過ぎから出発だったのですが、私の仕事の都合で昨晩から2時間ほどしか寝ていなく、もう今にも落ちてしまいそうなので取り急ぎアップです。 

DSC_1500.jpg


追記致します。  が、現在夜7時すぎで、明日になると思います。。。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  追 記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ま、一匹釣れたくらいでうんちく垂れるのもなんですが、やはりハタ系の強い引き、釣り味は楽しかったですね〜

で、上の釣果画像を見て頂いてお解りのように、シンカーが無いでしょ?ここ最近はずっとタングステン・シンカーを使用していたのですが、今回の釣行の目的の一つに「あえて鉛ナツメ型で、根掛かり具合を確かめてみたい・・・」という目的も有りまして、釣れる前の状態がコレ ↓ 針先は下向き仕様

DSC_1501.jpg


ほんじゃ〜 何故無くなっているのかというと、私の意図したシンカーの働きをしてくれたんです。

 釣り場ポイントは前回のハタ狙いと同場所で、水底は10〜40cm程のゴロタ石で敷き詰められた場所で、最初はパワーシャッド4インチ 158ピンクラメで50m区間ほど探ってアタリ無し。

DSC_1502.jpg


(居ないのか?? ワーム(動き)変えてみよっか・・・)

ということで、ダート・ミノー 4インチ 115番カラーにチェンジ。引き返しながら探っていくと〜 50m位先でヒット!

 寄せてくる途中に(ありゃ? 潜られた??)の、根掛かり状態、、、 ラインを張りながら少し待って、ぐっと持ち上げると〜 根掛りを脱出した模様。

 釣り上がってきた状態がシンカー無し状態。いわゆるシンカーが外れてくれたからこそ得られた釣果!

DSC_1496.jpg


 サイズは手尺で一つ(21cm)に5cm程で、もう一つでしたが、引きはどうでしょヒラメの45cmに匹敵する感じでしょうか? 際でも大暴れするところはヒラメ以上かも??
 そんなとこで、更なる釣果数を重ねることで、ハタゲーの何かが見つかりそう。なにはともあれ、釣り味楽しいターゲットです。

食べるには、もうワンサイズ上が欲しいということで(R)でした。

DSC_1509.jpg


また行こうと思っています、赤いのも釣ってみたいなぁ〜〜


2017年06月23日

6/23 金 6:23pm 夕方の海状況

 キャストしたい海なのですが、昨日料理中に指を、、、 リールのハンドルが握れない。。。 
なもので、ワンコを連れての散歩がてらの海へ。

 私、料理も趣味で中華からイタリアンから和食までやるんですよっ。勿論、魚のさばき&刺身は当然(笑)

 実家がスーパーを経営していて、私自身も手伝いで高級ホテル、料亭への食材調達卸もしていましたから、食材知識と共に、味にもうるさい方かなっ? 沢山の料理長に色々教えてももらいましたし。

 季節は、ほぼほぼ夏ですから、夏といえば〜〜 そうめんでしょ!! でなことで、しょうがをすって、大葉にみょうがを刻んでいる時に、痛っ!とねっ(苦笑)

 さて、そんな話はさておき、海は

P6230013.JPG


P6230014.JPG


 波低く、風無く、釣り人も無く・・?? (笑)
 小魚っけ、鳥っけ見当たらず、これからがよさげという時に弓角での釣り人が退散してきましたから、芳しくなかったでしょうか??

 濁りも取れて、波も収まり、いい感じでは有るのですが。。。 この土日、明日は良いものの、あさって日曜の天気予報がよろしくない・・・( 雨?? )

 明日行ける方は、行っておいたほうが良いかも・・・です。


posted by hiramemj at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年06月22日

お知らせ(アマゾン 丸型シンカー納品完了)

 酒勾大橋から見える河口の状態がちらりと見えましたが、昨日の大雨によって、濁り強で波もやや有り状態。 明日以降、週末には回復すると思います。

 さて、オオモンハタの釣果報告が続き、私も久々に釣りたい気分UP!

 日本海・富山湾では、キジハタ、マハタの釣果経験は有り、その引きの強さからくる釣り味の楽しさ、食べての旨さは〜〜 ヒラメより上手。

 数年前から伊豆半島界隈でのオオモンハタ、アカハタの釣果を耳にする度に(ほぉ〜〜 いいね〜〜 そんなに釣れるのものなのかいなっ?)という興味と、半信半疑状態。。

 「案ずるより・・・」で、やってみたほうが早い!ハタの多くは夏が産卵シーズンで、釣期としてもこれからが面白い時期。

 一方、マゴチはまだまだいけるものの、ヒラメのシーズンは北関東から北海道へ移ってゆき、この地域から南は、釣れなくはないが厳しいシーズンへ突入。

 ましてや梅雨明け後のサーフは、海水浴客でてんこ盛りとなり、釣りすること自体がままならないことに、、、

 そんな状況下に夏に旬だと言われるハタゲー。超!早起きしなくてもデイでも釣れるハタゲーム。
 いかがですか? 興味湧きますでしょ?

 近々リベンジ釣行したいと思っています。

さて、お知らせです。

 やっとでアマゾンに丸型シンカーを追加致しました。元はといえば丸型シンカーからスタートしたMJリグですが、その意図は
「シンカーの水流の受け方で、誰が、どうロッドを煽ってもヒラマゴのレンジを外れない、外さない」ことからなのです。

 が、こと根掛かり回避能力においてはナツメ型が明らかに有利ということも有り、砂地 +水深&ウネリ有り時の丸型、根掛かりポイント&浮かせのナツメ型という認識で、お選び頂ければと思います。

 2個パック入りなのですが、シンカーという商品は非常に重量が有る為に厄介で、1パックでも2パックでも送料変わらず、1個でも送料の方が商品代金より高くななってしまう・・・という代物で、2パックセットにしております。

P6180007.JPG


P6180005.JPG


 どうぞ宜しくお願い致します。 m(_ _)m


2017年06月20日

オオモンハタ × 2尾 (地元 ゆたさん)


取り急ぎのアップです。いいなぁ・・・ おめでとうございます〜〜

=======================
柏木さん 
いずれもMJリグでの釣果。11時と11時半。2時間ほどのデイゲーム釣行です。
27と28センチ、いずれもキャスト→着底直後のヒットでした。

201706212.JPG


サイズの割には引きは強烈。このサイズですら強烈なのに、40アップは針先下向きでないと捕れそうにありません・・・

201706214.JPG


ワーム:パワーシャッド4インチ(115カラー,純付け)
シンカー:タングステン28グラム
フック:シングルフック(針先上向き)



2017年06月17日

オオモンハタ 25cm (地元 ゆたさん)

201706142-300x225.jpg


日時:6月14日
ヒット時間:5時20分頃
場所:ゴロタ浜
仕様:28gタングステンシンカー,シングルフック(針先上向き)
ワーム:パワーシャッド4インチ(115番カラー,純付け)

ボトム着底からのリフト開始時でのヒット。根掛かりは全くなし。
今後は更に大型を狙っていきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 MJリグでの初物釣果報告、あざ〜〜っす!!
30オーバー、40オーバーと順にいきたいですねっ
 味わいたかったなぁ〜 オオモンの引き・・・ 食べてもみたい。。。 
 夏に向かって楽しみかも〜〜〜 

おめでとうございます!!





2017年06月16日

6/16 金 朝の海状況 & 西伊豆遠征

 朝5時過ぎに海に出かけてみまして、到着時は20m間隔で釣り人が居るという感じで、ルアー系3〜4人、弓角投げ系7〜8人。 海は若干ウネリ気味でしたが、水質良好充分釣れて良い状況。

 が、なかなか誰の竿も曲がらない。。。 ただ一人キャスト毎にワカシをヒットさせている方が居ました。弓角の、しかも3cm程の小さい弓角でのヒット。

 一時は大きなメタルだろうが弓角だろうがワームだろうが、何にでも食って来るのですが、夏になるに従い、捕食サイズにひじ〜ょうにセレクティブになりだしますが、シラスの大きさにしか反応しない時期に入りだしたでしょうか??

 週末この地域で青物も・・・と言う方は、シラスサイズのメタルなり弓角なり、ワームなりを忍ばせておいたほうが良いかも

 で、30分もしないうちに、この時期恒例の早朝シラス船の、キャストして届いてしまう位置での創業開始。。。

P6160053.JPG


 操業船もその場から行ってしまえば〜 15分もすればヒットしてくる事も多いですから待ちましたが、再度S字蛇行で再度際に寄って来て、私のテンションもこれでプッツン、退散。

 で、ミニセットでの件の私の不手際でバタバタしていて書けなかったのですが、一昨日西伊豆へ行ってきましたよっ
P6140047.JPG


 ここ数年、伊豆方面での赤ハタやらオオモンハタの釣果がちらほら聞こえていて、エコギアの根魚ハンター折本さんも力を入れているターゲット。釣り云々もありますが、富士山がキレイ! 水質ド透明!それだけでも気分上々!!

 釣り場は30cm前後の丸い石が敷き詰められたゴロタ浜の典型みたいな場所で、この辺りで言えば・・・根府川? 八間山下? 静岡で言えば、富士川河口の岸際? 興津川河口? の水底? そんな感じでして、ま、非常に厄介な根掛かりポイント。
 それに加えて、30m以上キャストすると着底速度が早いMJでさえも10秒たっても底に付かないというドン深な難しい場所。沼津の片浜海岸的な。

P6140046.JPG


 ハタと言えば、引きの強さの面白さに加え、買っては口に入りずらい高級魚!根掛かりに強いMJリグを謳うならば、ハタにはどうしても試しておきたい・・・と、ずっと思っていたのです。
 西伊豆は結構あちこち釣り歩いてはいるのですが、今回の場所は初めての場所で、釣れるらしいうわさ的情報だけ。

 地元ゆたさんとの同行で、キャスト開始早々MJでユタさんが目的のオオモンハタヒット、そしてほぼ同時に私にも。ですが釣れたのはコレ、、、 トホホ(R)
P6140044.JPG


 ま、それにしてもキャスト早々で、その後に期待しながら横移動のランガン。

 その後一時間近くMJリグのみで、しっかり底取りしながら探り釣果得られずでしたが、他にアングラーが居ましたが、根掛かりに相当苦戦している様子有り。私はロストだけはゼロで、リグの有効性だけは納得!

 ちょい移動してサイズダウンのまたしてもカサゴ君、、、
P6140051.JPG


 デイでも釣れるということで、すでに陽が昇る頃からの開始でしたが、もう少し暗がりからのスタートのほうが良かったか???

 オオモンハタは夏物、夏に良く釣れる。しかもデイでもOKとなると、夏に厳しいヒラメのフォロー相手としては、魅力あるターゲットかと思います。

 再度どこかでリベンジを掛けたいと思います。



MJリグ ミニセットのフック不足品の入れ替え完了

 昨日、MJリグ ミニセットのフック不足品につきましての対応を書かせて頂きましたが、取り急ぎ全てのアマゾンでのミニセットの在庫の全回収が終わりまして、本日新たにしっかりとチェックしたミニセットを、アマゾン在庫として再納品致しました。

 現時点で在庫切れとなっておりますが、数日中にチェック済みのミニセットが在庫として上がり、これ以降のものはご安心頂ければと思います。

 この度不足品によってお手数やらご迷惑をお掛けしました数名のお客様
、誠に申し訳ございませんでした。m(_ _)m

以後、このようなことが無い様、重々注意してまいります。今後共、どうぞ宜しくお願い致します。


2017年06月15日

<急ぎのお知らせ> セット商品のフック欠品の対応につきまして

 アマゾンでの販売商品の内「MJリグ ミニセット」におきまして、一部にフックが欠品してるものが混在しているというご指摘を頂きました。誠に申し訳ございません。m(_ _)m

 それにより返品されたお客様もおられまして、申し訳ございません。m(_ _)m つきましては、すでにご注文済みで到着後に(あれ?フックが無い・・・)というお客様は、当方から、不足フックと共にSMJを1個お詫びとして同梱し、至急発送させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、

39@hirame-ds.comまでお申し出下さいませ。


 そして、コンビニ受け取りを指定されましたお客様におきましては、当方では発送先をたどる事ができないため、上記メールまでご連絡頂ければ幸いです。

 アマゾン様に於いては商品の詳細についいてはお答えできない部分も多いと思いますので、当方へ直接問い合わせ頂いた方が解決が早いと思います、どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

 また、アマゾンにおきましての「MJリグ ミニセット」は、全ての点検の為、全在庫回収と当方への返送依頼をしておりまして、現在は一時在庫切れ状態です。

 できる限り早急に欠品チェックを終了し、再度アマゾンへ在庫の補給を行いますので、どうぞ宜しくお願い致します。 m(_ _)m




2017年06月13日

オススメなPEラインの追加

あれよあれよという間に日が過ぎてゆき、いかにも梅雨の空模様。。

 さて今日はオススメPEラインについて。

 かれこれ私がヒラメにPEラインを使用しだして約20年近くになるのですが、当時のルアーでのヒラメ釣りについてのタックルではナイロン・ラインの4〜5号が推奨されていて、それを巻けるリールも5000番とかが推奨されていたと思います。

 渓流釣からの流れの当時の私は、10gのルアーを投げるのさえ(重い!)と感じていました。そりゃそうです1gも無い毛針での釣りばかりしていたのですから。

 ですから、その軽いルアーやリグ(当時ワームは3.5インチを主に使用していました)を投げるのに、ラインの太さが飛距離に大きく影響しまして、勿論当初はナイロンラインを使用していたのですが、数釣行で飛距離の出るPEラインに変更!

 当時おかっぱり用のPEラインは、ブラックバス用の・・・「スパイダー・ワイヤー」だったかな? か、ジギング用のPEラインしか無く、価格も高かったですね〜 ¥5000近いくしたでしょう。

 だけれども、飛距離と水底の様子を敏感に伝えてくれるPEラインに(やっぱ、これでしょ〜〜!!)ということで、それ以降PEライン一筋。

 当時「PEラインは、伸びが無いからバレる・・・」など、批判的な意見が多かったですが、今となったら(どうよ!)って感じですよねッ(笑)もうサーフの釣りでPEラインは常識ですよね?

 時は流れ〜 様々なPEラインが各社から販売されるようになり、そのポテンシャルは上がりながら、価格はとてもお手頃価格に。
 私も新製品が出るたびに、あれこれとあらゆるPEを試用してきました。

 この西湘に来てからも様々試しましたが、その中でも主にファイヤーライン⇒ ラパラ ラピノバ ⇒ そして新しく出たスーパーファイヤーラインを主に使用してきました。

 ファイヤーラインを使用した理由は表面の滑りの良さ。ラピノバは、コストパフォーマンス!なんせ安い。

 安いから消耗品として短期間で交換できるのがメリットで、しかも高切れのまず無い製品の安定性。

 そして根ズレに強い!というスーパー・ファイヤーラインを、ここのところずっと使用してきました。

 どのPEラインにおいても150mで¥2000前後のPEでは、表面の色落ちやら毛羽立ちは、数釣行で発生しまして、ラインの張り、コシも同様に数釣行で落ちてくるというのがごく普通。

 そんな中で先月、ユーザーの地元ゆたさんと一時間ばかり同行釣行した時に私が「PE、巻いたばかりなの?」と聞くと「いや、何ヶ月も経ちますよ」と。。。

 驚きましたね〜 巻いたばかりで新品のようなカラーと表面の光沢。。。

 そのPEは、デュエル「アーマードF プロ」



 私も、デュエル「アーマード F」は、一年以上前に試用してみたのですが、釣行以前に、リーダーとの結束でFFノット時に編込みで締め込んいると〜 表面コートが、、、
 なもので、使用はその一回で終わっていました。

 が、プロ!というのが語尾に付いた製品は違うらしいので、再度試してみることに。

 まずはリーダーを結んで〜ok! そしてPEが小石で揉まれる荒れ気味状態で使用しても問題無く、多くのPEに有りがちな色落ちについても、数釣行使用しても全く無いと言って良いほど。

 構造を簡単に説明しますと、PEラインをフロロ・カーボンでコートしてある。
 しかも、今のPEの多くが4本とか8本でヨリを入れて編み込んでいる訳ですが、これは編み込みしていないらしいのです。

 編み込みが無いですから当然ガイド抜けも良く、糸鳴りも無し。更にはフロロ・カーボンでコートしてある為、海水が編み込みに入らない。よって、キャストの際に水しぶきが出るようなことは全くありません。

 これまで愛用してきたスーパー・ファイヤーラインも良いのですが、これとの違いは、まずは色落ちしない事と、扁平な断面に対して、この「アーマードF プロ」は断面は丸。

 1号までしか有りませんが、私の実物の手での触感では、1号 = 1.2号位ではないかと思います。

 ちょっと抜きに出た性能のPEラインではないかと思います。価格もお手頃の¥2000前後。劣化が遅いならば、この価格でのコストパフォーマンスはgood!!

 実はラフ・サーフ88の名付け親であり、ノリーズブランドの田辺さんは、前からデュエルのラインのテスターであり、根魚では有名なエコギアの折本さんも、このラインを使用しているのですねっ

 このPEライン、オススメ致しますが試してみようかという方はどうぞお間違いのないように。
 アーマード F の、「プロ」!!という語尾の付いたラインです!!

 ま、しかしラインのロッドのティップ絡みでの高切れ防止で、PEラインの張りやコシが必要とお考えの方は、ラフサーフ88を使用してくださいなっ

 ラフサーフ88は、PEラインにハリ・コシが無くとも、あるいは無くなっても、安いPEを使用してもティップ絡みしないように、当初から織込んでガイド位置設定しておりますので。(笑)



2017年06月09日

6/9 4:20pmの海状況

 土日を控え、とりあえずの今日の夕方海状況です。
P6090041.JPG


 右手(南)もしくは時折正面からの、やや強風で、たまにヨタが押してきます。水質は薄めのささ濁り程度。
 小うねりが有り、これが大きくならなければ良いのですが、、、

P6090043.JPG


 静岡NKさんから、MJリグではないのですが・・・と、釣果報告。
n1.jpg


 この地域もそうなのですが、小さいのがいつもの年より多いような気がします、3月4月、あるいは9月初旬のような、、、


posted by hiramemj at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年06月06日

飛距離の意味

 夜中は結構な強雨で、朝マズメ時間でも止まず、子供たちの通学時間になってようやく雨はストップ。

(そっか〜 こんな日は朝マズメは誰もキャストしてないんじゃ??)と、勿論、釣れるなら釣りたいスケベ心はありありですが、まずは、早々にテスト終了しておきたいことがいくつか有りましたので、潮の上げ始めの10時過ぎに海へ。

 着くと快晴になり、暑い・・・ 濁り少々、無風、小ウネリ有り状態。で、テストしたかったのがコレ ↓

 
Fスナップ天然石TG 解説有り.jpg


 タングステン・バレットに天然石を足して、計23gのシンカーとステンレスフックが付いてますが、主役のキャスト・テストしたかったのがフックド・スナップ!
 何故かというと、今後のトライアルセットやシンカーにコレを同梱しようかな〜??という思いから。

 その意図は、このスナップを使用すればSMJ(スーパー マルチ・ジョイント)の全ての穴にシンカーが取り付け可能で、且つ、市販冠(アイ)付きオモリのほぼ100%が転用可能になるからです。

 ただ一点、気になることがあったんです、内側に折れるスナップのピンがキャスト&飛行中に引っ掛かりはしないかと。。。

 強度は今のゴールドのスナップの2倍以上有り、その構造上、一般的なスナップの開き方&止め方よりもねじれに強い構造なのですねっ 多くのスナップは「横ねじれ」「横からの圧」によって開いてしまい、結果伸びるというのが私見。
 スナップごと魚の口の中に入ってしまって、魚の口の中で、スナップの左右からモゴモゴされても外れにくい構造だということがご理解頂けると思います。

 「横から引っ掛ける構造のスナップは、横ねじれに弱い・・・」はず・・・ なのです。

 コレは、パワー・シャッド5インチにシングル・フック(M)を設置する際に、シングルのつなぎとしても使用するのに非常に好都合!
ps5 フックド.jpg


市販シンカー フックド.jpg


 で、キャストしながら(問題無さそう・・・ 良いでしょう!)
 そして同仕様でパワーシャッド・4インチもキャスト!(相変わらず、よく飛ぶなぁ〜〜)上のTGシンカー23gで80m位??

 と、そうこうしていると、先日書きましたフラット名人Mさんが。
(同じことを考えてこんな時間に?)(笑)

 で、Mさんが「柏木さん、それ〜 飛ぶね〜〜 リグ見せてよ、新しいヤツ?」と。

 飛距離は4〜50m常のMさんで、際に寄ってきた獲物に対して、Mさんの後攻めはぺんぺん草も生えないほど、居ればきっちり釣るMさんですが、こと1月後半〜3月頃までの、深場&遠目でのヒット時期には苦戦を強いられることは知っていまして、メインに使用しているパワーシャッドの飛距離アップには興味有るはず。。

 このMJリグの使い方が一つではないことや、重さ変更が簡単で、市販シンカーも応用可能、Mさん仕様のトリプル+トリプルも可能なことを説明して「いっぺん使ってみてくださいよ あえて根掛りのきつ〜い所で」と伝え、プレゼント。

 Mさん「釣れたら、釣果報告しますよ」と、Mさんは退散。

 その後30分ほどキャストしたものノーバイトでしたが、一年以上ぶりに目撃した小ソゲの際1m水深20cm程のところでの水面を割ってのボイル! (シラスを食ったか??)
 そこを通してみるも食わず、、、

 ま、そんなことで一時間半ほどキャストしてみたのですがノーバイトでしたが、テストはOK!

 MJリグは飛距離をメインに謳い文句にしてはいますが、飛ばすということだけがメリットではないのです。
 これまでと同等飛距離を飛ばすのに、より軽いもので同等飛距離出すことが出来て、着底感も向上するならば、腕や腰の疲労度も軽減しますでしょ?
 重いものを投げるためのパワーロッドやタックルでなくても良いということになります。

 今まで30gでしか飛ばなかった位置に、23gで余裕で届くなら〜〜 イイでしょ?
 実はこれ、最近新登場の某ジグ・ヘッドの拾ったロスト・リグでの、MJとの飛距離テスト結果(笑)

 重いものよりは、より軽いほうがルアーであってもリグであっても動き&泳ぎが軽快になるのは明白。

 重いものを飛ばすには簡単。ですが、より軽いものを遠くへ飛ばすことこそが難しく、キャスト・テクニックやら、構造上の工夫も必要となってくるのですねっ。

0606-4.jpg


0606-5.jpg

2017年06月05日

kongoさん仕様で (静岡 NTさんから)

こんにちは〜(^^)
kongoさん仕様で釣行してきたので、報告です!

朝マヅメからのランガンでスローリトリーブ中にゴンッとヒットです(^^)
image1.jpg


ソゲなのでサイズは測ってませんが汗
そのあと粘るも当たりなし泣 そろそろマゴチシーズンですね(^^)こちらはちょっと遅れてるみたいです、次も頑張ります!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 早速、試作&実釣でしたね〜 
 海はイイ時ばかりでは無いですから、計画はしていたものの悪天候で中止!な〜んて時には、あ〜でもない、こ〜でもないと考えながらリグのもイイものです。

 順にサイズアップしていったほうが楽しみが増えますから、まずはこのサイズでのスタートでいいんじゃないでしょうか?? 次回にサイズアップできますように!! (´人`)

2017年06月04日

MJではないですが、マゴチ61cm (静岡 kongoさん)

 夕方、新しいポイントへ再び行ってきました。手前がどうしても根掛かるため、今日はメタルジグとシングルにセットした現行MJを用意して出かけました。

 まずは、メタルジグから試してみました。ビーチウォーカー フリッパーのGQA0184 ヒラメキャンディーを投げてみると、無風の中吹っ飛んで行って、120巻き位飛びました。

 そこを確かめながら引いてくると、手前半分強位が根掛かりゾーン、境目当たりからは浮き上がらせて回収しないとダメ的な感じでした。で、2投目。1回ずつ着底を確認しながら引いてくると、フルキャストから巻いてきて2回目の着底の瞬間に、ドン!! 

DSC08390.JPG


DSC08386.JPG


 はっきりとした当たり。相当遠くでのヒットでしたから、ばらさないようにテンション掛けながら引いてくると、100回巻いてやっと岸際まで、波打ち際で抵抗があり…ばらさないように慎重に引き寄せて、上がってきたのは、昨日より少し大きいマゴチ61cmでした。結局110巻きの長距離ヒットでした。

 気を良くして、ジグをガンガン投げ込んでいくわけですが、その後15分くらいでとうとう根がかり、どうしても外れず最後は、少し強引に引いてみると…ロスト、残念でした。

 で、ラインを組み直して、ここからは、パワーシャッド5inのシングルフックのMJ24gシンカーでフルキャスト。平均で95巻きほど飛んでくれました。投げていく中で、着水直後、着底前にヒットがあり、いつもと違う引きだったのですが、途中で外れてしまいがっかり…、シングルで掛かるとまずバレないので、どうして外れちゃったのか色々考えましたが…仕方なしです。

 その後風が少し出てきて、距離が出なくなってきたので終了でした。… 根掛かりの原因は、ゴロタ石だけでなく、石に生えている海藻もあり、リグにも工夫が必要そうです。 次は、4in&ミノーを26gくらいで投げてみようと思っています。110巻き位飛んでくれるといいな。

ヒットタイム16:55 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 いいんじゃないですかぁ〜〜〜 新天地再ヒット。
 なにもMJばかりじゃなくてもイイんです、ここぞという時にお役に立てれば。
 次回は、是非同重量のメタルと投げ比べてみてくださいな、超遠投ということになるとパワー・シャッドではどうしても尻尾が飛行中に泳いで飛距離を若干落としますが、ミノーM、ダートミノーならば同等飛距離になるはず。

 メタルの方が飛ぶに決まってる!と思うかもしれませんが、前ソルストに書きましたようにルアーやリグの全体長のどれだけ飛行先端部に重さが集中しているかが、飛距離に影響してきます。

 全体が金属で出来ているメタルに対して、先端2cm程に全体重量の90%に重さが集中(ミノーMですとワーム重量3g程ですから)するMJ。

 いい勝負するはずなのです。

 岩に海藻が生えてる根掛かりポイント? いいですね〜〜そういう難解な釣り場大好き!是非とも推奨の「針先下向き仕様」で「やや上方向キャスト」で、トライしてみてくださいませ〜〜〜
 あえて根掛かりロストした場所で。(笑)

 
posted by hiramemj at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年06月03日

6/2 マゴチ 60cm (静岡 kongoさんから)

今日は、初めてのポイントに行ってきました。
 風は強かったのですが、地形的に風が弱くできそうな感じだったので、5時半過ぎから7時頃までやってみました。

 たぶん砂底じゃないだろうと思い、旧MJにシングルを付けロストしまくっても悔しくないようにして出かけました。行ってみると案の定、岸際はゴロタ底。調べていくと、フルキャストすると、沖は砂底なようで、境目があるような地形でした。

 旧MJで根掛しそうなところを頭に入れ、現MJのKongo仕様にハイブリットTG24gを付けて、フルキャスト、底どりして6回巻を2回終えて着底、走り出した瞬間にバイト、ググッと強い引き、前回の針伸ばしが頭をよぎりましたが、ドラグがきちっと働きいい感じでやり取りができ、70巻き以上巻いてやっと姿が見えました。
 出てきたのは、良型マゴチ60pでした。なんと、現行MJにして、1投目のヒット。

0603-3.jpg


 で、もう1尾追加と頑張りましたが、暗くなってきたので撤収。初めての場所で、釣果が出ると、また来たくなっちゃいます。少しずつ、新しい場所の開拓を進めていきたいなと思う今日この頃です。

0603-4.jpg


ヒットタイム18:20
 MJ+パワーシャッド5in163:チカチカ室蘭(夜光)+#4&中通し#6(Kongo仕様)+TG&鉛丸おもりのハイブリットシンカー24g

======================
ン〜〜ん゛ ナイスサイズ!! おめでとうございます〜!!

 当初、一つの場所にこだわってやってましたよ、私も。ここの浜が大好きで。
 しか〜し、この浜でどんなに釣れたとしても、それは「そこだけメソッド」「その場所メソッド」になってしまう・・・という事で、メジャーではないところ、釣れたと聞かない場所へもがっつりトライしました。

 同じサイズでも自分仕様で釣れた時の感動が増すように、自分で考えて選択した新天地での釣果&攻略法での釣果は、これまた一段と嬉しいものです。

 同じサイズでも、際で釣れたのと遠目でヒットしたのでは、本来の釣りの楽しみに大きな差が出ます。
 釣りにはアドベンチャーの要素も多分にあり、それも楽しみの一つ! (ここでダメでもあそこなら)の場所を見つけられた収穫の方が大きいかも??

 干潮は、波低く釣り易く、干潮でないと入れない場所って有りますよねっ? 以前にも書いたと思いますが、ヒラマゴ干潮時間は「潮干狩りのベストタイム」と同じ。参考にしてみてくださいませ〜 ↓

http://sio.mieyell.jp/select?po=21401



2017年06月02日

6/2 金 夕方5:05pmの海状況

 昼間にかなり強風でしたので(波高 ??)と、思いましたが、どうしてどうして。

 た〜まにヨタ波が押しますが、凪といってもイイ位。左手方向からの弱風と早い感じの潮流。少し泡立ちが残りますが水質良好〜〜 10分間のうち9分は波は膝下。

P6020014.JPG


P6020015.JPG


 いいんじゃないでしょうか? この週末も。まもなく梅雨、、、 行ける時に行っておいてくださいまし〜

 取り急ぎ海状況のみ。



posted by hiramemj at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年05月29日

5/28 マゴチ51cm (静岡 kongoさん)

編集中で、取り急ぎ釣果報告画像一枚。 コメントは後ほど追記します。

DSC08331.JPG


 
============= 追  記  ==============
今朝は波が少し治まったので、日の出前から行ってきましたが、全く釣果なし。悔しいので夕方も行ってきました。

夕方は、いつもの場所から少し離れた所へと足を延ばしてみました。今朝の場所は、波の影響で、底が石っぽくなっており、砂底を求めての移動です。

さて、17時過ぎからのエントリーでしたが、1時間くらいは当たりもなく、日没を待つ感じでした。周りの方も、全く当たりなしの状態。このまま終了かな…、と思い始めた18時過ぎ、かすかなあたり…

しかしのらず。

不思議と「釣れそうだ」と思うと釣れるもの、数投後に見事にヒット。ゴン!!と明確なあたりの後、なかなかの手ごたえ。合わせをしっかり入れ、グイグイ引いてくると…途中でポロリ、ショック????
 MJリグを寄せてみて、テールフック#6に掛かっていたのは確かでしたが、針が見事に伸びている。
あれ〜 ドラグが固すぎたようでした。

このところ、少し細めの針を試していて…、ドラグ調整を怠っていました…。真っ暗まであと1時間、反省して、気を取り直し、もう1ヒットと気持ちを切り替えて探っていきました。…

思いはかなうもの?!、暗くなりかけた19時過ぎに待望のヒット。ドラグをいい感じにしてあるの
で、適度に合わせを入れ丁寧に引いてくると、出てきたのはマゴチ51pでした。
口の外に掛かるも、2つのフックががっちりキープしており、バレそうにない掛かり方でした。

DSC08309.JPG


ヒットタイム 
18:15 MJ+パワーシャッド5in163:チカチカ室蘭(夜光)+#4&中通し#6+TG&鉛バレットのハイブリットシンカー24g …バラシ
19:01 MJ+パワーシャッド改6.5in+158:スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光)+ 3フック:#4&中通し#4&中通し#6+TG21g
波っ気あり&時々うねり在り、向かい風微風、波打ち際に濁り有り


DSC08314.JPG



2017年05月28日

5/28 長靴レビュー

 がっちがちに暑くなる日曜日と思っていましたが、適度なそよ風が吹いて気持ちの良い一日だったのではないでしょうか??

 ここのところアレも書いたほうがいいだろう、アレについても触れたほうが・・・ 寝る前には沢山浮かんでくるのですが、
 画像が有ったほうがいいなぁ・・・
  図解したほうが解りやすいなぁ・・・

 などなど考えているうちに急用が入ると、あれ? 何書こうとしてたんだっけ??
と。多いんですよ、アレよ〜あれあれ が。もうなかなか思い出せない事が。(苦笑)

 さて季節が変わりかける頃、毎度毎度書いてはいるのですが、暑くなってもできるだけ快適に釣りをしたいものです。

 ま、そこで先日書きましたようにここのところの私はニー・ブーツだけでの釣行がほとんどなのですが、、これが全ての釣り場に通用するとは思っていなく、〜灘というような、ズズ、ず〜〜っと波が薄く長く押してくるような釣り場では、流石に立ちこむ必要が出てくると、思うのです。

 が、こと湘南・西湘の特に波打ち際から数メートルからキュンと深くなり、荒れる時は波足が長くなりますが、多くはヒザ〜モモ程度の一瞬の波が多い場所では、このニーブーツ + レイン・パンツで殆ど用足りるのですねっ

 これはあくまでヒラマゴをメインターゲットとした場合ですよっ

 で一般的な釣り用の長靴はふくらはぎ辺りまでの長さで、ニー・ブーツとなるとその名の通り膝下位あります、7〜8cmの差なのですが、このたった7〜8cmが実は濡れないか濡れないか差が出てくるのです。

 以前まで好んで使用していたニーブーツが「バーバリアン チーフテン」と言いまして、長靴のベンツかな?(笑)¥17000程するのですが、丈夫さもさながら日本人の足の形に合わせてあり、履き心地もデザインもGOOD!! 乗馬ブーツのようなシルエットで、すっきり美しい!


 で、それが寿命かな?ということで、それに似たようなブーツを探していました。ハンター・キャロウェイもよさげ、、、 だけど靴底が湾曲形成されてるし、、、
 そんなこんなで目に止まったのがコレ ↓ 「アルファー インダストリーズ」


 釣り用でもアウトドア用でもなく、どちらかといえば雨用?畑仕事用のデザインのイイやつ?? 画像はカモフラですが、私が購入したのはカーキ。

 このブーツ履いての感想は、軽い!テトラ上でも滑らない、折り畳められて遠征に行く時などかさ張らず便利そう、薄いゴム厚だけれど自立して履きやすい、一番上が紐で絞れますから、思わぬ波でも中までビショビショにらないなど。

 ただ、一般用ということで、靴底が薄い、、、薄いとゴロタでは痛い・・・なものでホームセンターで、釘が刺さらない!という金属板入りのシューズ・・・名前が出てこない!・・・ を、靴底に入れてます。
ゴム厚が厚い = 丈夫 とは一概に言えないのですよね、折れ目(足首辺り)がひび割れることが多いのです。 大事なのはゴム質。

 イイですよコレ。ちょっと長靴にしては値が張りますが、これから雨の季節、デザイン的にも街履き、普段使いもできますから、コスパは悪くなと思いますよっ

 もし購入してみようかなぁ〜 と言うならば、自分の足サイズよりプラス1cm大きめをオススメ致します、なぜなら冬は厚手の靴下履きますから。

 これから暑くなる季節に使って良かったもの、私流選び方などを順次ご紹介してゆきます。
 とりあえず今日はこの辺で。


2017年05月27日

すみません

 昨日、「明日は、これからの釣行スタイルについて書いて、、、」と書きましたが、急用が入りまして、、、 m(_ _)m