2018年05月23日

5/23 魚の引きは、何kgの強さ?

 5/15に「魚の重さとタックル強度の関係」について書きまして、その最後に追記することをお約束してましたので、それについて。

 フィッシングショーや、釣具屋さんへ行って、ロッドの先を下に引いてもらったり天井に竿先をあてがい曲げて、その竿の曲がりや強度を試したことが有る方も多いと思います。

 あるいはスカパー「5畳半の狼」での新ロッド紹介などでは、まず間違いなく試され、紹介される光景ですよねっ?

 そして(お゛〜〜ぉ イイ曲がり方! すごいパワ〜〜) な〜んてねっ(笑)

 だけれどその曲がりにどれ位の、何キログラム位の負荷重が掛かっているかを知っている人は意外に少ない?? (あの魚なら、このくらいの竿の曲がり方かな〜〜 ??)程度で。
 数値では、どれほどなのか? を知っている人は少ないのではないかと思います。

 逆に言えば、それが解っていなとPEラインやリーダー、スナップ強度、ドラグ設定、タックル選択が過剰になってしまうと思うのですねっ

 その事についてはブログ・サイトマップの「PEラインとリーダーの結束強度」のページでも触れているのですが、ノリーズのロッド紹介ページで、数値入りで曲がり方について書かれていますので解りやすくそちらをご紹介。

 画像では下図をクリックして拡大して見てみて下さい。HPはこちらをクリック。
ロッド曲がり方.jpg


ねっ?

 昨年新発売された56gのルアーが投げられるパワーロッド「マックス・リーチ 94」でさえも、1500gをぶら下げれば満月状態なのです。た〜った1500gで。

 それはどうゆう意味かというと、5/15の最後の一行に書いてある「魚のダッシュ・パワー」の、答えで、「魚のダッシュ・パワーは、相当強くて大物でも1500g程。ドラグが出されることを考慮して、多めに2.0kg程度の引きに耐えられれば、充分に大物が捕れる!」ということに繋がる訳です。

 ならばメインPEラインにしても、リーダーにしても新品状態ならば、それほどの強度が無くても良いことになります。

 特にスナップにおいては、10k、20kgなどと強靭さを謳うモノを使用している方を多く見ますが(ロスト仕掛けから(笑))、そんな強度は〜〜 過剰、蛇足じゃないの?と、思うのですねっ

 ま、そんなことで、1m! 10kgの魚を釣り上げるのに10kg以上の強度なんて、まったく必要なく、リールのドラグも3kgも締め込めばガっチガチの硬い設定(4000番リールでドラグ最強で8kg程がマックス)、になる。
 PEラインも1.2号で、16LB≒7.2kgもの強度になって、やり取りやドラグ設定をうまくやれば、相当の大物が釣れ上がる強度なのだ、ということの再確認を含め書かせて頂きました。

 ちなみに、サーフでの超大物の宮崎県のオオニベ。 体長130cm以上 体重20kg以上相手に、多く使用されているPEラインでさえ1.5号前後。
ヒラメ座布団サイズ70cm程で4〜5kg程度。 ねっ?


posted by hiramemj at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年05月22日

ソゲ・・・・でした。 (ポメ吉さんから)

こんばんわ〜。 今日もソゲでした。
ヒット時間  9時05分頃
ワームを半分以上飲み込んでました。すぐに写真を撮りリリースしました。
ひらめ5.jpg

3回ボーズだったので、今日は良さげかなーと期待しちゃいました。(^^)。
その後、投げ釣りの人をよけながら、500m位移動しましたが・・・・・。
なにもありませんでした。(泣)結局、一匹で終了でした。
釣り時間  8時45分〜11時00分
波も、風も無く穏やかな海でしたね〜。 今日も遊ばせてもらいました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 思うに今の状況で、3回ボーズだけで済んでる人は、少ないと思いますよ〜〜 私含め(苦笑)
 小さくとも、この広い海で本命率100%。ちゃんと狙った獲物をヒットさせるだけもご立派ですよっ ヒラメDS報告有難うございます〜〜 m(_ _)m

 さて、ヒラメDSジョイントを販売しだしたのが16年前。
( ヒラメDS? なんじゃそりゃ? ) という若者も居て当然。(笑)
その頃(2005年 ver3)のジョイントが画像上。

DSC_2477.jpg


 今の物と比べ、至ってシンプルなのですが、極力薄く、軽く、ワームに突き刺す部分を究極に少く、けれどもワームの固定強度は、ばっちり!
 細い線形は磨き上げるにも、現SMJ以上に難しく、ワーム素材の柔軟性を殺さない事では、SMJに勝るところもあるんですよっ

 ですがシンプル過ぎる、小さすぎると、その価値・意味、その重要性、極細作成の難しさは・・・ 悲しいかな、なかなか理解してもえらえないんですね〜〜 これが。。(苦笑)

posted by hiramemj at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

5/22 コイル・フックキーパーの応用テスト

昨日アップする予定でしたが、急用でアップできず、今日に、、、
 ちょいとヒラメキがありまして、昨日試作をもって海へ。
DSC_2451.jpg

DSC_2456.jpg


 テトラ帯が好きなわけではなく、先々月の全治一ヶ月の捻挫場所ですから、むしろ避けたいところ、、(苦笑)
 ですが、やはり高い立ち位置からですと、ワームの動き & 泳ぎ がよく見えるものですから。。

 で、海状態は薄い濁りが際から100m程の弱風。表面上は悪くない状態ですが、魚っけが、ま〜ったく見当たらない、、 約一時間の間、小魚一匹たりと

で、試したかったことは「ミニセット」「トライアルセット」に同梱のコレ!
DSC_2464.jpg


 海藻などが立ち上がる、あるいは沈み根や沈みテトラをリグがまたいでしまうような根掛かりポイントでのオススメ仕様の「シングルフックの針先向き仕様」での、コイル・フックキーパーの応用編。
根掛かり回避原理100.jpg


 少し手間は掛かりますが、あえてコイル・フックキーパーを使うのは、これを使用すると〜〜 餌釣り用も含め、ほとんどの冠(アイ)付き市販釣り針が転用できる点。
 そして、上画像のようにリグをひっくり返えして針先を下向きにするのではなく、SMJそのままで針先下向きにする一案。(= シンカー交換が簡単!)
DSC_2469.jpg

DSC_2460.jpg

DSC_2458.jpg

 上記のセット方法でキャストして、飛行姿勢、飛距離に影響は ?? のテスト・キャストでした。
結果はOK! 問題無く飛んでくれました。 が、約1時間ヒットは・・・ 無し、、 (−_−)

 シングルフックの下向き仕様は、この湘南・西湘界隈程度の根掛かりポイントでは、そうもそのメリットは感じられないと思いますが、これからシーズンを迎える「ハタ系のゴロタ場では、根掛かり回避に威力を発揮」してくれるはず。。

 ゴロタ場、沈み根の有る釣り場、岩に海藻がくっついて立ち上がるハタ系場所への釣行予定の方は、一案としてコイル・フックキーパーのこの方法も参考にしてくださいまし。
 特にワームの長さが短いホッグ系ワームを使用する場合は、小さめの市販釣り針も応用できるということで、工夫が出来ると思います。


posted by hiramemj at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年05月19日

5/19 土 夕方 5:24pmの海状況

 取り急ぎアップしておきます。予定では昨日の海画像アップでしたが、あまりに今にも雷雨となりそうな空模様でヤメにしました。

 で、今日の海は、左手斜め45度方向からの、やや強めの風で、ウサギが跳ねる一歩手前という感じでしょうか?? じきに止むと思いますが。

 水質は緑掛かって、薄い濁り程度で問題無し。
DSC_2447.jpg


 釣り人も結構居まして、この時間から出撃準備している方もチラホラ。
DSC_2448.jpg


 女性アングラーも居まして、女性は釣りという趣味をなかなか理解してくれないのですが、もしも彼女やカミさんの趣味が、同じ釣りだったら・・・
 さぞかし楽しいのかなっ ?? 
 な〜〜んて、思ったりして。。 わーい(嬉しい顔)

 明日の当たらない天気予報は晴れ!(笑)
 今度は外れるなよ〜〜 と、祈るばかりです

< お 知 ら せ>
ナツメ6号7号各5ケ 10入りと、シングルフックM5+S5の10入りが欠品しておりましたが、本日アマゾンにて在庫補充となりました。



posted by hiramemj at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年05月16日

5/16 でっぷりイシモチ釣果 (Kongoさんから)思いは伝わった?? 

 (天気はイイしぃ〜 風無いし〜 今日はいいか??) 腕時計のタイド・グラフを見ると干潮に向かっている。。
 ネットで潮見表を見てみると大潮、、 (大潮で波有るか? でも行ってみるか!)と出かけたのが、夕方五時過ぎ。際から2〜30mが、キツ目な、底荒れ濁り。。

 海到着しますと〜 ( ン〜〜ん゛ 厳しそう・・・ )際から20m程が底荒れ状態。
DSC_2445.jpg


 いつもの私なら、そこで帰るところですが(この濁り方、時期的にイシモチなんかには、イイかもな〜)と、個人的に食すに好きなイシモチを期待してキャスト。 約一時間。
 時間経過と共に、あれよあれよという間に際からの濁り範囲も100m程に。 波も大きくなり、ギブアップ。。。

 家に帰り、横になってテレビを見ているうちに、爆睡。。。

 目が覚めて、メールを広げてみると〜〜 静岡kongoさんから、イシモチの釣果報告!
( おおっ〜〜 ! 思いは伝わったか?? )(笑) 
それでは、釣果報告を
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仕事帰りに、夕方の海に行ってきました。ここのところ、天気が良い日は海風が強く、日没後に少し凪いで来て何とか…ということが多いのですが、今日はMJなら何とかという風だったので、TG21g+丸おもり1.5号で26gちょいの重めの重りを付け投げてみました。
DSC09445.JPG


 波も、所々にうさぎが跳ねる感じで、釣れなさそうではありましたが、そろそろ撤収と思った19時に何かがヒット。
DSC09439.JPG

DSC09438.JPG


フラット君ではありませんでしたが、良型ででっぷりとしたイシモチが、ワームを咥えた状態であがってきました。写真の海は19時過ぎの様子です。
DSC09442.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Kongoさん、報告有難うございます! 以心伝心? 平日なのに・・・ (笑)
イシモチ好きな私としては、 いいね! を10個差し上げます〜〜 わーい(嬉しい顔)
これからの時期、MJでの釣れ対象魚も増えて嬉しい! 釣れりゃ〜 なんでも楽し!! ねっ!

 by カシワギ

posted by hiramemj at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年05月15日

5/15 魚の重さと、タックル強度の関係

なんとまぁ・・・ 
当たらないにしても、いい加減にしてくれ!! と、心の中で叫んだ先週末の天気でした。。

 木曜日時点で「この週末は夏日! 快晴、行楽日和・・・」予報でしたが、特に日曜日なんぞは、早朝から暴風で、雨は降るは。。、前日に「明日は、良さげ・・・」的に私が書いてしまったのも、天気予報を信じたから。。

 その天気、気温によって、魚の活性度も影響されるわけですから、それが当たらない、いい加減となると、先日書きましたように、釣りをマニュアル化しようなんて到底無理(笑)
 現場に行ってみて、その時の状況判断しか無い!

 さて、結構釣りをやりこんでいる人でさえも意外に解っているようで、解っていない方が多いと思いますので、ちょいと書いてみます、ライン、ロッド、リーダー強度について。

 4kgの魚 (ヒラメなら70cm以上の座布団サイズ) を釣り上げるのに、4kg以上のPEラインや、その先に結ぶリーダー、スナップの強度が必要か? というと、本来はそうも要らないことはお解りですよねっ? < サイトマップ 「PEラインとリーダーの結束強度」参照 >

 釣った魚を宙に浮かすならば、それ以上が必要でしょう。ですがそんな事をサーフでする人はまず居ないでしょ? 持ち上がる前に、身切れ、口切れ、針伸びもしますから。

 で、水中に体重計を沈めて、その上に4kgの魚を乗せると〜〜 秤のメモリは ??

 そう! ほぼほぼゼロに近いはずなのです、浮かなきゃ、泳がなきゃいけないですからね〜(笑)
 体重という表現より、比重ゼロと言ったほうが良いかも ?? 空気中で4kgであっても、水中では、ほぼゼロg。

 ならば何の為に、何を基準にPEラインやリーダー強度を選べばいいのか?
 根掛りだとか、ラインの摩耗という事を度外視したほうが、意外に分かりやすいと思います。

 ヒラメ4kgだけじゃなく、ワラサ4kgだって水中では同じだと思います、水中では体重ゼロg。しかし、ヒラメとブリでは、同じ重さであっても引きが明らかに違い、ブリの方が圧倒的な引きの強さ。

 もしも皆さんが、あの100m世界記録のボルトと同じ身長、体重だったとしましょう。そして100mを、よ〜いドン!!

 ねっ? そうゆうことなのです。わーい(嬉しい顔)
 同じ重さ、長さ、大きさという事よりも、その魚種によるダッシュするパワーの差が、ラインやリーダー、ロッド・パワーの選択に影響してくる訳ですねっ(笑)

 これからの季節、ヒラメ、マゴチを狙っていると、届きそうで届かさなさそうな位置で、ワラサ、ブリ等青物がボイルするという状況に結構遭遇します。

 そうしますと、目視できるところで、あまりにバシャバシャやられると〜
(どうせなら、あのブリも狙いたいなぁ・・・)となります。

 そうしますと〜 ブリにも対応できるパワー・ロッドを・・・ となり、
(このパワーロッドなら、ブリも狙えて遠投もできる! 一石二鳥。)と、勝手納得して購入。
 昔、私がそうでしたから(笑)

 ですが、その選択がヒラメ釣りの基本の、「手返し良く、ラン & ガンする」事を苦痛にしてしまう事は、その時点では、気づかないのですねっ (苦笑)

 そして、いつの間にやらフラット・フィッシュ狙いであるはずの主目的から、気づかないうちにズレて来るのです。。 タックル構成、選択が。。

 そんな経験をして来ての「 ラフ・サーフ 88 」となっているのですねっ。

 その「魚のダッシュ・パワーについて」は、また後日追記しますねっ
posted by hiramemj at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年05月12日

5/12(土)夕方、5:21pmの海

 取り急ぎ、夕方の海状況をアップしておきます。
 ちょい小ウネリ有り、わずかに濁り有りという感じでしょうか?? 60点合格として点数を付けるなら、75点? 快晴の無風。

 同じ状況でも、小魚のもじりでも見られるなら85点を付けますが、、、
DSC_2442.jpg


DSC_2434.jpg


 ポツポツとルアーアングラーさんが、増えていってます。

釣行予定の皆様に、幸運あれ!! (´人`)



posted by hiramemj at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!