2017年04月26日

ゴールデンウイーク予定はいかが?

 さて〜 まもなくゴールデン・ウイーク!! その為の釣行準備をボチボチとされている方も多いのではないでしょうか?

 特に休みを利用して遠征釣行も予定している方も居ることでしょう。行ったことのある釣行場所であっても、随分ぶりと言う事になれば、岸際状況やら水底状況も大きく変わってしまっていることも珍しく無いのが海。

 先日はヒラメ、マゴチの食性・性格について書かせて頂きましたが、その上で一般的な海の状況判断として高活性か?低活性か?それによっては使用するルアーなりリグ、あるいはロッド・アクションや、リーリング・スピードを変えるというのが定番テクニックですよね?

 見た目にシラスが跳ねている、青物、シーバスがボイルしてるという状況が見て解かるならば、そうも悩みは無いと思います。言わずもがな高活性!!

 が、暗がりからの、ぶら下がるルアーも見にくい日が昇る前の状況、あるいは夕マズメの薄暗くなる前からのスタートの場合に、何を基準に考えて選択して最初の一投目を投げますか?

 暗いから派手な目立つカラー? 派手な泳ぎのモノ? 

 そんじゃ〜 日が昇って活性アップ時間となったら?(そりゃ、高活性なんだから、派手なカラー、派手な泳ぎもののがいいでしょうよっ)

 はァ? 一緒 ?? わーい(嬉しい顔)

 高活性時間帯はハードルアーを使用し、完全に日が昇って、低活性時間になったらワームを使用するという方も結構居ますよねっ?

 とするならば!! 高活性時間帯に入る前は何活性? 低活性ですよねっ? ほんじゃ〜 マズメ前こそワーム + 低レンジがイイのでは??というのが、私の考え。

 ここ何回かナイト・ゲームをやってみましたが、その時に思ったことが
(リグが見えない・・・ どこまで飛んでる??)
 そして、ちょいウネリが有ると(ん〜〜〜ン  底を探れてるのか??)と。

 そこでDS仕様を久々に試して〜 やっぱこんな時こそDSかもしれない・・・と、再認識した訳です。

 何処まで飛んでるのか解らない暗がり、底まで到達しているのかが分かりづらい飛距離だったり、水深だったり、ウネリ方だったりする場合には、底取り感覚・感触に関しては、他の追随を許さないDS仕様は、充分に出番があると思うのですよっ 特に掛け上がりでは、きっちりその位置をコツっと止まって合図してくれます。

 以前は日本全国サーフばかりがヒラメ釣場では無く、どのような方が、どのような場所で使用するのか解らないということで、捨て糸80cm程を推奨していましたが、こと砂地、多少のゴロタ・サーフ限定ということならば、今ならば捨て糸20〜30cmでの出番頻度を増やしてゆこうと思っているのです。

 この長さの捨て糸の場合、飛距離、リグの回転にもほとんど支障が出ないのです。特に横風が有る場合など。

 連休は勿論、これから釣りシーズン真っ盛りとなると投げ釣の方々も大勢釣りに参戦しだし、ヒラメには大事なメソッドの「ランガン」すらままならず、入ったらそのまんま移動できず・・・の状況も多くなると思います。

 ならば、やっとで入った釣り座では、感ではなく、きっちりとレンジを取って探ることが、後攻めで釣られしまった・・・ という事を少なくできるのではないのか?と思うのですね

暗くて何処まで飛んでいるのか、解らん!

ウネリが有って、レンジ&底取り出来てるかどうか、解らん!

高活性なのか、低活性なのか解らん!

この濁り方で・・・ どうなのか解らん!

 上記の時に、少なくとも誰がやってもしっかりとレンジを取って、より見やすい&食い易い位置を通せるのがDS仕様のイイところ。

解らん時にはDS仕様を、是非一度お試してくださいまし〜〜

2017年04月21日

夕マゴ (私)

たまごじゃなく、夕(ゆう)マゴチ(笑)50前後? 帰宅したばかりで取り急ぎアップです。
 
朝がボを喰らい、(いいコンデションなのに・・・)と、夕マズメリベンジで ↓ 
すみません、みっともない画像で。

携帯忘れで画像が写せず、文面だけで(釣れましたが・・ (R))では、嘘くさいと思われても・・・と、持ってきました。まだ生きてます。
夕マゴ.jpg


リグ仕様は「シングル針先下向き」上向きでやっていて変更後のヒット 6:55pm
DSC_1433.jpg


 後ほど、朝海画像&状況を追記します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 追  記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朝は濁りは残るものの、程良い波っけ。到着時は、ルアーマン、弓角人各4人ほど。誰の竿も曲がらず・・・
表層を引いてくるとシラスが驚いて跳ねるのですが、2cm程? いつものこの時期にしては小さい。。。
DSC_1425.jpg


 おかしいなぁ・・・ 釣れてもいい海なのに・・・と、夕方6時過ぎに出撃。場所を変えて。
 上で「上向きでやっていて変更」と書いてるでしょ 実は第1投目に、いつものようにこわばったPEラインの塩落としの為にキャストして、タバコを取り出し火をつけて〜 って時にココン! ズズン!

 あるあるですよ(笑) ロッドを脇に抱えていたため合わせもできないまま巻き上げていてのバラシ、、、多分マゴチ。釣れたのより一回り大きいはず・・・あくまで予想(笑)逃がした魚は・・・ではなく重さが。
なもので針先下向きに変えたほうが刺さるでしょ とチェンジ。
 10分ほどで再ヒット。際から50m程先。

 明日も若潮で波は低いでしょう。若潮といえば通常は釣れない潮周りとされていますが、私は関係ないと思います、ベイトさえ居れば。

 それでは釣行予定の皆様に幸運ありますように!
 さ〜て、マゴチの塩丸焼き〜 うまいですよっ

2017年04月19日

4/19 朝7時前の海状況

 大雨警報も出ていましたから、ダメだとは思いましたが、一応ワンコを連れて様子見に。
050.jpg


060.jpg


 あまりに天気が良かったので、もしやと期待しましたが、濁り強、ウネリ&キツ目。このまま大人しくイイ天気で終わってくれればいいものが、その30分ほどで台風並みの暴風に・・・

 ただ! 山側から海方向への風向きで、ウネリ&波を潰してくれたはず・・・ 明日はいいかなっ??


posted by hiramemj at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月15日

4/15 夕方の海状況

まずは4/15 夕方(5:15pm)の画像を

P4150001.JPG


P4150002.JPG


 暖ったかいですね〜〜 昨日は北(左手方向)からの潮流でしたが、今日は南からの潮流と、弱風。
 水質はささ濁り程度の少し小ウネリ有りますが、支障ないんじゃないでしょうか??
 アングラーさんは3名ほど。

 流石に朝といえど、もうダウンジャケットは要らないでしょう、ウインドブレカーで充分。手袋もネオプレでは暑いですねっ

 ハァ〜〜〜 やっと春!!! 小田原の桜は散り始め、明日あさってで見納めかなぁ〜 ちょっと早い感じ。。。

 釣れるか釣れないかはレンジさえ意識しながら探れば、あとは時の運!とにかく春風が気持ちいいですよ〜〜 お出かけ下さいなっ 釣りに! 

posted by hiramemj at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月14日

4/14 水質良好、波低し、風やや有りのデイ

 今の潮周りが、朝・夕のマズメ時に満潮となっていて、大潮から抜けたもののウネリが無ければ良いが、有れば大波のはず、、、 
 朝5時には起きていたものの、時計のタイド・グラフを見ると満潮の山のてっぺん近くの表示。なもので(デイに行くか・・・)と。

 そうは決めたものの、故障していた台所の換気扇修理が遅れて来まして(もう行く予定時間なのだけど・・・)と、イライラ〜〜〜(笑)

 修理完了、そそくさと出かけて海到着がお昼12時前。海の状態は、横風やや有るもののOK。
DSC_1381.jpg

DSC_1386.jpg

DSC_1387.jpg


 充分釣れて良い状況なのですが〜 あたらない。。。 フグカジ無しの際の小魚はまったく見当たらないなぁ〜〜 もう少し西方面ではポツポツ出てるようなので期待していましたが、やはり一極集中かなっ?

 風が強くなり一時間ちょいで退散。
 今日は以前2号のWフックを注文したつもりが、間違って特大02番が到着してしまった物をセット。ついでにキャスト・テスト。飛距離&飛行姿勢に全く問題無しの無回転ライナーぶっ飛び!!
1100.jpg


ま、釣れなかったのは問題ですがね(苦笑) 針はデカイが、これでも充分釣れると思ってます。
 ヒラメの左右からの噛み付きに対してもOKで、掛かればジョイントからフックが外れ、イイ感じでフッキングしてくれると思ってます。

 ワームに突き刺さっている部分はジョイントだけですから、ワームの泳ぎ的には最高だと思います。ブラックバス釣りで言えば、最もワーム素材を活かす針のちょん掛け状態。

 20kg以上の獲物だって、フックの伸びはま〜ず無いんじゃないかなっ?? (笑) 
 てなことで、とにかくこの週末の天気が良好予報で、ヨカッタ、ヨカッタ〜 ヒラマゴでなくとも青物でもなんでも、釣れてるところに釣行しましょ、餌があるから寄って来てるのですから。

 それでは、よい週末、良い釣行を!!


posted by hiramemj at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月12日

明日からなどう?

 昨日降り続いた雨も止み、朝には日差し。
(海が良ければ 出かけてみるか??)

 が、この近辺では早い海情報を上げてくれています内田釣具店さんの動画海情報を見て、こりゃ明日からかな?と、あっさり断念。

 有難いです、こんな海の近くにいながらも今朝の海状況がすぐに手に入るのですから。
 ネットの普及であまりに簡単に情報が手に入りすぎて、情報がタダが当たり前に思いがちですが、結構な時間と労力が掛かっているのは、私も経験上解ります。感謝! 感謝〜〜

 ま、写っている国府津海岸のアノ場所は、青物で有名なポイントですが、私にとっては根掛かり実験をするのに非常に良い場所。
 良い場所というのは、イイ場所でということではなく逆! 

 やたら根掛かりする場所だからこそ、根掛りの原因を追求する、あるいはどうしたら根掛りを避けられるかの試作のテストには最適な場所なのです。

 際から10m先はカウント10前後のドン深でも有り、軽いものでは底取りも困難なヒジョーに厄介な場所。
 急深サーフで + 水底ゴロタなのですが、深いですから意外に波が立ちにくく、写りこんでいるアノ場所で厳しい海状況ですと、他のこの地域の遠浅サーフでは釣りにならない状況だと思います。

 ですからこの地域に釣りに来られる方は、この内田釣具さんの海情報を釣行の判断材料にされると良いでしょう。ブックマーク! ブックマーク!

 海がこんな感じなもので、ワンコ連れでの桜満開画像をアップしておきます。今週末は好天気との天気予想。その時まで桜もまだ大丈夫でしょうから、釣り+桜 で、どうぞお出かけ下さいませ〜〜

DSC_1364.jpg


DSC_1353.jpg


DSC_1341.jpg




posted by hiramemj at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月11日

ヒラメ、マゴチの食性はどっち?

 せっかく、さぁ春だぁ〜 と、思っていたら、この冷たい雨風。 ちょちと冬に逆戻り、、、
(−_−)

 ま、そんなことで発売中のソルト&ストリームでは、あえてヒラマゴにワームを使用することの、そもそも勝手論を書かせて頂きましたが、

・安価だからロストを怖がらずに水底をタイトに攻められる 
・ワームのせっかくの素材メリットの柔軟性・弾力性を生かしたほうがいいんじゃ??
・たった一つのワームが様々なリグとして使用可能 

 などなどのメリットを書いてるわけですが、今日はもう一つ別の側面からのそもそも論を書いてみようと思います、あくまで勝手な自論です(笑)

 過去にもブログ内で書いたことはあるかもしれませんが、魚の食性では警戒心の強い魚と、そうでない大胆な性格の魚が居ると思うのですねっ

 餌に食らいつくまで、やたら見回して(これ・・・食えるの?)ってな感じでなかなか食らい付いて来ない性格で、食ってもちょいとついばむだけで、怪しい、あるいは違和感を感じたら、即吐き出してしまうタイプの警戒心の強い性格の魚種。

 そして、もう一つは(ま、いいや食ってみて〜 食えなきゃ吐き出せばいいや)と、とりあえず食らいついてくるという大胆な性格の魚。

 私のヒラマゴ以外の釣りでは、フライ・フィッシング歴が同等に長いのですが、ヤマメなんぞは水面を割って、水面から10cm飛び上がって、そして水面に着水するまでのわずかな約0.2程の間に、咥え後、本物の食物でなければ吐き出すという瞬間的な捕食パターンなものですから、その僅かな間に合わせができなければ釣れない・・・となってしまって、典型的な前者パターン。

 但し、人里離れた山奥になると、警戒心も薄くなり、そのスピードも遅くなります。キャッチ&リリースされる魚種は、特に警戒心が強いのですが、そうでなくとも元々そういう性格の魚って居ますよねっ?

 餌や疑似餌の前でジ〜〜っと様子見しながら、なかなか食いつかない、あるいはちょいとおかしいと思うとUターンしてしまう魚種。。。

 こうゆう神経質タイプの魚に対しては、一度咥えたら即針掛かりする仕様や、あるいは掛かるような合わせテクニックが必要になってくるでしょう。

 ならばヒラマゴはどうだ? となると、後者の性格だろうなぁ〜と、思うわけです。ユーチューブでも捕食動画は結構ありますが、どうみても後者の部類。

 となれば咥えるのに邪魔となるものが少ないほうが、口の奥まで入れてくれますし、そのことは、結果としてバラシを減らすことに繋がりますよね?

 なもので、針数が多い = 掛かりが良くなる という図式や考え方に、私には疑問符が付くわけです。

 例えばシーバスなんかは、どちらかというと前者の性格に近いと思いますから、加えた瞬間にフッキングする針の仕様は理にかなっていると思うのですよっ

 が、ヒラマゴ、あるいは根魚などは、ちょんと咥えた後に違和感が少なければ、更に飲み込もうとし、それが「アタリが有ってからの、ひと呼吸置いて、そして送り込んでの合わせ」の、「遅合わせで間に合う合わせ」でしょうし、あるいはそのほうがガッツリ掛かるワームでの合わせタイミング・テクニックとなっていると思うのです。

 ま、そこでヒラマゴに対してワームを使用する意味として、ワームの「違和感の少ない、味、匂いまであるワーム素材」は、くわえ込んでくるタイプの性格の魚種 & くわえ込ませる釣りには、ワーム素材はぴったりだと思うのですよっ

 ガツンときた! ゴンときた!! というヒラメのアタリ方をよく聞きますが、ヒラメDSをやってきた私、あるいはDSでのアタリを体感した方の意見はちょっと違うと思うんですよっ

 コココっの小さな前アタリの後に、ギュギュ〜ン が、非常に多い。

 これは、一旦ついばんだ後に、更に食い込むアタリの証拠。要するに餌釣り的なアタリの出方なのです。
 このアタリの出方と釣り味って、楽しいんですよ〜〜〜
(ン?? 来たな〜 そんじゃ〜 ちと送り込んでの〜 合わせをガッツン!!)てな感じで。

 ま、そんなことで、せっかく食い込んでくる性格の魚相手ならば、がっつり口奥に入りやすい針仕様で、喰い込ませてやればイイ。結果、がっちりとフッキング!! 

 それがヒラマゴにワームを使用する根本的なメリットであり、ワーム素材を活かす釣り方じゃないのかなぁ〜と、思うのですよっ 

<この続きを、また書きますねっ>


2017年04月08日

4/8 夕方の海状況

 朝から降っていた雨は、ようやく止み、海は少々荒れ気味なもののシーバスにはよさげ? 際から150m程にややキツ目の濁りが入り、中途半端なうねり方で、ラインが波頭をまたぎそうな感じです。

 ま、ですがこの程度で、明日まで大きく崩れなければ明日はいいかも??

P4080049.JPG


桜は一晩でここまでに

P4080053.JPG


 ニュースでやってましたが、東京が一番に咲き、北陸福井県でももう満開なんですってねっ ここよりは相当寒い印象があるのですが、暖ったかいんですね〜 
 ここらも明日あさってには満開となることでしょう 春だ春だ!と、言いながら
 やぁ〜〜〜〜〜〜〜っとの本当の春です、釣りも楽しみです!!! 楽しみましょう 〜〜〜

posted by hiramemj at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月07日

明日はいいんじゃないの?

 週末ということで、海画像を映しに行く予定でしたが、夕方には雨&強風ということで止め〜

 当初からの天気予報も「週末は雨・・・」みたいな予報でしたから、なんだよ〜 悪いのは当たる・・・ (笑)ですが、もし夕方画像を移ップしてからカキコしたなら、完全にマイナス情報になってしまっていたでしょう。

 が、雨なりにも気温だけは一気に上昇し、お向かいの桜並木は昨日はほとんど枯れ木状態だったのが、たった一晩で3分咲まで進み、その暖かさは夕方の私に睡眠を誘い、そして目が覚めると(6:50pm)、外の雨は止み、空は星空〜〜

 いいかもしれない、明日は晴れるかも・・・ 外れろ〜! 天気予報 と。(笑)

P4060046.JPG


        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 < お 知 ら せ > 〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ★ 九州は佐賀県の鳥栖市にありますアマゾン拠点に、本日MJリグ在庫が入荷済みとなり、普通便申し込みでも超!即配達が可能となっていると思います。

 九州北部の皆様、熊本、大分、そして山口県南部辺りまでは、「本日の夜の注文で、明日到着」となっていると思います。
 またどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

posted by hiramemj at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月04日

4/4 ナイトのつもりでしたが

 ナイトゲームというか、ナイトで試したいことが有り海へ。
5:50pm スタート。

 到着時、風は正面からの強風でしたがすぐに止むだろう予想。30分経過してようやく収まり出しましたが、昼間があまりにいい天気で、ポッカポカだった為に薄着出撃。その寒さが気を削ぎましたね〜

DSC_1334.jpg


 自分のお得意ポイントは、強風のから後攻めすることにして、まずは先に100m以上横移動したところからスタート。まもなく際から50m程先で小さな当たりのプルプルっ (ん? 小マゴ? 小ソゲ?) 
 際まで寄せてきて波に透けて見えたのは魚形。

 そしてザブンと崩れた波揉まれたで随分ぶりのバラシ・・・ パッと見はチーバスのようでしたが、ヒットポイント+水底ヒットからすると多分イシモチだったと思います。春ですね〜〜

 辺がすっかり暗くなって、本目的のポイントには・・・ いつの間にやらゼロだった釣り人が。
再び風っぽくなりもなり退散。あと30分遅く出れば良かったかな〜〜

 さて、東京ではもう桜満開のようですが、この辺りではいつもならとっくの満開が遅れて
DSC_1332.jpg


こんな感じ。。。 ですが明日からは、もう防寒着も要らない程の暖かさ・・・という天気予報。
 いよいよ本格的な春ですね 海も連動してくださいよ〜〜

posted by hiramemj at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年04月01日

4/1 夕方の海

 かなり荒れてるか? ということで釣り無しのワンコの散歩がてらの夕方画像です。
が、ほぼほぼ凪ではあります。

 左手方向からの潮流と、やや強い冷たい風ですから水温も下がってる模様。際から20m程が白濁。
にしても昨日、一昨日の状況からすれば〜 御の字かなっ?

0401.jpg


明日、晴れてくれれば〜 水温も上がって釣り日和? 行かれる方に釣れますように! (´人`)


posted by hiramemj at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況