2017年10月31日

急遽の西伊豆釣行 オオモン、アカハタ、カサゴ ( 私 )

 サイズはイマイチなのですが、順にカサゴ、オオモンハタ、赤ハタの3目。 とり急ぎアップしておきます。後で状況の追記します。

101.jpg


201.jpg


301.jpg

 全てR
============== 追 記 ===============

朝起きて、間もなくユタさんから「今日、ハタゲーどうですか?」と連絡が。

台風後のこの地域には、もう一日置いたほうが良いだろうということも有り、これまでの西伊豆への釣行では、こちらがかなりダメダメの時にもあちらでは全然ノー・プロブレムな事が多く「ほんじゃ〜行ってみますか〜!」

 ということで現地到着9時半頃。 海は凪で、水質透明、若干の横風。小魚の跳ねも場所によっては目視でき、充分に釣れても良い状況。
DSC_1810.jpg


 ハタゲームにおきましてはゆたさんには脱帽状態で、使用ワームも殆ど大差なく、一体この差は何なんだ?? と悶々としていまして、今日こそは!とやっていたのですが

 が、またしても第一ヒットは、オオモンハタでゆたさん。。 私の方がレンジが低めですが、かと言って底ベタ探りではなく、、

 強いての違いは私の気の短さというか(苦笑)、ヒラマゴで付いた習性で、横移動スピードが早い事が大きく違うところ。ゆたさんは一ヶ所で一時間粘るのは普通ですが、私は我慢できなくって、ついついあちこちに移動する。

 あとは・・ ゆたさんは4000番リールで、一秒間に3回転程と、私よりも早い巻き上げ。

 そんなことで午前中は終了し、お昼に天丼。の食後の午後の部は、新規開拓もやってみよう!ということでやったことのない場所でトライ。

 その場所でカサゴがヒットし、数投目でオオモンハタ。双方ともフルキャスト70m以上先でのヒット。
 小魚の魚影は殆ど見えず、午前中やった場所に戻ることに。

 午前とは違い日差しも有りいい感じ。
ですがなかなか反応無く、これまたフルキャスト着底から2回シェイクのリフトを2回ほど繰り返した所でアカハタのヒット。

DSC_1809.jpg


 3尾ともワームはスプーンテールのライブロール4.5インチですが、アカハタだけはワームの背腹逆セット。

 4種のワームカラーを使い回してましたが、活性が低かった?? だから超リアルワームが良かったのでしょうかね〜〜? それともたまたまなのかは不明、魚に聞いてみないことには(笑)

 ま、ゆたさんにしても私にしても共通点は、ヒット位置がキャスト着底後、間も無くというのが殆どで、ゴロタの掛け上がり位置が4〜50m先から急深になり、そこをゆうに超える飛距離を出さないと厳しい感じはしますねっ



2017年10月28日

TVザ・フィッシング 「岡山のひとつテンヤ」 見ました?

テレビ釣り番組「ザ・フィッシング」は見ておられますか? 私は、毎週録画予約していて、毎週必ず見ています。

 そんでもって、今日の放映の「激熱・岡山のひとつテンヤ」を見ていて、ホぉ〜〜と、興味をそそる事が有りましたので、ちょっとそれについて。

 釣れたのは、真鯛、黒鯛、マゴチ、タコ、イカ、コブダイと非常に魚種多彩で、一人でこれだけ釣れるのですから、ぞかし楽しいことでしょう。爆釣と言って良いでしょう。

 で、注目したのは2点。

1)一つは船釣りなのですが、画面の向こうに映り込む道路・・

( ン? あの船位置なら、MJリグで届くなぁ〜 )

2)もう一つは、ロッドアクション。

 通常は水底をズル引くようなテンヤの使用方法なのですが、この岡山県・笠岡では「笠岡スタイル」というのが有って、それが爆釣するらしい。
 船長曰く、「キャストして着底してからの、アオリイカのような、ちょんちょんとシャクリを入れてからの〜 テンション・フォール」による低レンジ探り。。 

( はぁ? MJリグ推奨アクション、そのまんまですけど・・ )

 使用するのは「ひとつテンヤ仕掛け」に生きたエビなのですが、あのパターン、あの岸からの距離ならMJリグのそのまんまの仕掛けで狙えるはず・・ と、思った訳です。

 関西でのMJリグは、ま〜だ全然知られて無く、取扱店釣具店も殆ど無いに等しいのですが、それでも最近ポツポツと四国(淡路島界隈)やら、広島県界隈(大型キジハタ狙い?)からのご注文がちょこちょこ有ります。

 ま〜ず、MJリグで通用するだろうと思いますし、少なくと生き餌でのキャストよりは、MJでの飛距離の方が歴然とした優位性もあるはず。。 エコギアにはテンヤ用エビ似ワームも有り、それをMJにも取り付け可能。。

 この笠岡スタイルというのが流行り出したのが「5年ほど前から・・・」と、テレビでは言ってましたから、MJリグが関西で日の目を見るにも、最低5年程の我慢、辛抱が必要でしょうか??(苦笑)

 試して欲しいですね〜 関西以西でのMJリグ。

 もしもこのテレビ放映の近くへ、私も行くよ! あるいは、笠岡スタイルやってるよ! という方がおられましたら、MJリグを船からも試して欲しいですね〜〜
 あの船の位置からすれば、水深もそうも深く無く、MJリグで充分に底取りでき、攻略できるはずでしょうし。

 コスパ的にもテンヤ仕掛け一個¥700〜¥1000程するようですから、MJリグ1セットも充分対。むしろオモリが根掛かりしたら、オモリだけロストとなるMJ構造は、ちょっと優位かなっ?(笑)

ps,関東での放映分は、その他の地域では一週遅れとなるようですので、また見てみて下さい。
 またアマゾンのプライム会員の方は、会員は無料でビデオが見られる特典が有り、この「ザ・フィッシング」も週遅れですが無料で見られます。
 もし、見忘れた・・ という方は、そちらでも見ることができます。

 さて今日は、お昼からデイ・ゲームを・・と、ズボンを履き替え靴下の中にズボンの裾を入れながら、外を見ると・・ いつの間にやら雨。 アウト。台風の影響が出始めました、、


2017年10月27日

オオモンハタ 46cm + 32cm (地元 ゆたさん)

柏木さん
とうとうやりました!MJリグにて46センチのビッグオオモン。
オオモン46xm.jpg

2017102704.JPG


他32センチのオオモンを釣り上げたのでご報告します。
2017102706.JPG


 開始から数投後、いつものように、フルキャストからの着底後、リール10回転ほどスイミングさせた時にドカンとヒット。いつものゴリ巻きでは対応できず、ポンピングでようやく浮き上がらせることができました。

 因みにランガンせずに、ほぼ1か所でひたすら扇状に攻めただけ。更に釣り中の1時間半の間、MJリグの根掛かりロストは一切なし。引きは強烈。

短時間釣行ではありましたが、完全満足です!

場所:ゴロタ浜
ヒット時間:14時半頃?
フック仕様:シングルフックのみ
シンカー:タングステン
ワーム:パワーシャッド4インチ(115カラー,背腹の逆付け)。32センチは、プラチナキスカラー使用

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一言だけ エエねぇ〜〜 (笑) by 柏木

2017年10月24日

< SMJ 微改良のお知らせ >

 SMJ(スーパー マルチ・ジョイント)を、僅かにですが改良を行いました。
現在アマゾン経由より販売されているもの、及び新しく「小田原:松本釣具店様」で販売されているものはこの改良済みになっております。また1週間位で納品となる「キャスティング 横浜港北店」様分も、この仕様となります。

 改良部分は  ↓A部分とB部分を延長し、C部分を僅かに削りました。

PA010051.JPG


改良の理由は下図の理由で、(アレ? なんでこんなにリグが回転するの?)という事が希に発生してからです。

PA240004.JPG


PA240003.JPG


 気になりながらも、この秋の前には・・と、実施致しましたので、どうぞ宜しくお願い致します。

※ TGシンカーにつきましては、またまたこれで良いのか?という気掛かりな部分が出てきまして
釣行テストを重ねなければと思っております。

 その後はもう無いのか?と言いますと、まだまだアイデアは尽きては居ませんで、テスト試作中のモノ有り。(うんうん、これもイイんじゃないの?)というモノを必ず提案させて頂きます。

※ ブログ右上のアマゾンからの購入で「¥4000以上購入の・・・」のお約束をしておりますが、コンビニでの受取りを指定されていますと、当方にはワームのプレゼントの発送先が不明となり、送れないでいるお客様がおられます。
「それ、オレだ!」という方は、39★hirame-ds.com (★を@マークに変えて)こちらでも結構ですので、発送先をご連絡下さいませ〜



2017年10月21日

黒潮の大蛇行について

雨、雨、雨・・ と来て、明日からは大きな目の有る大型台風接近、、

台風21.jpg
 <気象庁より転載>

 被害が出ないことを祈るばかりです。釣り的にも、実りの秋は何処行った?
さぞかし釣り人も、あるいはそれに携わる業界関係者もやきもきしていることでしょう、私もですが(苦笑)

 さて、目先の台風も厄介ではありますが、少し目を先にやりますと「黒潮の大蛇行」が、釣り的には長く影響を及ぼしそうです。

 私の記憶では2005年辺りに「黒潮の大蛇行」が発生したと記憶していますが、その時にはどのような事象が起こったかといいますと、晩秋から春まで、大磯から西ではヒラマゴの釣果が大きく落ち込みました。

 しか〜し、その反面、好調な場所が有りました。それは・・ 茅ヶ崎!

 ユーザー様から「柏木さん、そんなにそこの場所にこだわってもダメですよっ 釣れてるとこへ行ったほうがイイですよっ」

 と連絡を頂き、まだこの西湘に来たばかりで、酒匂の浜に固執してのですが、あまりに好調な茅ヶ崎の状況に、流石に重い腰というか意地を捨てて検証も含め茅ヶ崎までミニ遠征に出かけてみることに。

 結果はアドバイス通りで、明らかに釣果、魚影の差が有りました。

 そんじゃ〜 今年の冬は茅ヶ崎が盛り上がる?? 

かと言うと、そうとも言えません、何故なら黒潮蛇行の一番湾曲している位置が違うからです。

 その12年ほど前の時には、駿河湾の真正面で大きな蛇行の湾曲が出来ておりましたが、今回は東海地域で大きく湾曲しているからです。
黄色線が、私の記憶から書いた約12年程前に起きた黒潮の流路です。

黒潮.jpg
<ウエザーニュース参照>

 黒潮には小魚が乗っかって移動し、それを狙って大型魚も移動しますから岸から離れた位置を黒潮が流れれば、当然釣れにくくなりますし、特に漁師さんに於いては黒潮で漁をしますから、その影響&打撃は計り知れないものが有ります。

 本年、釣果実績に乏しい私ですが、こんなことも書けるのは長くやってきたからこそで、ふ〜〜んそんな事も有ったの?と、参考になれば幸いです。