2017年11月04日

遠州灘釣行報告

 11/2に9年ぶりに遠州灘釣行行ってきたんですね〜 実は。

 ここのところあまり芳しくない釣果状況とは聞いてはいたんですが、私の過去の記憶からすれば(11月の1〜2週目の遠州灘は爆釣する確率が高い!!)というのが強く印象にありまして、遠州行くならこの時期!!!

 なもので、悪いとは言え、いける? てな軽い気持ちもありながら、反面台風の影響はキツイ? という不安も無くも無く、、

 現場到着すると、久々の広大な景色にまずは感動!果てしなく続く海岸線と風車の景色。
PB020031.JPG


 でもって、海の状況は、波はそうも高くは無いのですが濁りがやや有り。濁りというよりは砂を巻き上げてる感じ?

 浅いことの記憶は有るものの、来てみて更にその浅さと共に遠くからジワ〜〜と押し寄せてくる長い波長に、キャストしてみて(やっぱ難しいぞ・・)と、再認識。

 ラインが波頭を2つ3つまたぐものですから、波頭と波頭の間にラインが宙に浮くものですから、ロッド操作しようにもどうにもうまくない。。

 これはより深い方へ・・ と、早いランガンを繰り返すも、魚からは無反応。。 足されて4〜5名のアングラーになるもブツ持ちの方は居ない模様。

 これは〜〜 移動したほうが良いかも。。 と、8時チョイ過ぎに移動決定。静岡中部に。

PB020033.JPG


 移動先では際から50M程にきつい濁り。その先に届けば釣れるか? と、100M区間ほどやっては見たものの、今度は浮遊ゴミの絡みに悩まされ、更に西へと移動。

 私の体力的には、もうこれで限界。
 横一線のサーフを転々と探りながら、目指すは(荒れ後にはワンド内に逃げ込んでいる個体も居るはず。。)と、テトラ帯とテトラ帯の間にできるワンド。

 しかし、そのワンドに到着すると本日一番の濁り強の場所に・・ 一応探るも、こりゃ〜ダメだ濁りキツ過ぎ。体力限界、元に戻って浜で爆睡。。

 地元のお父さんアングラーとちょいと談話。4駆の車の中には4〜5本のロッド&リールがぶら下げてあり、運動靴スタイルではあるけれど、やり込んでるからこそ運動靴で充分と判断している訳で、こうゆう人ほどやり手なのですね〜

 話を聞くとやはり座布団サイズも随分釣ってる様子で、(でけ〜のは、旨くないからなぁ〜)と。(笑)
 私のランガンした辺りをでよく釣れるということでしたから、あながちポイント選択は間違っていなかったようです。

 やはり今年のヒラメは厳しく、殆ど上がっていないとのことで、場所によっては青物がよく釣れるとのこと。

 ま、そんなことで、疲労困憊で帰ってきたのですが、時期もあるけど、何処へ行こうとやっぱ海が安定してなきゃ〜ダメだということを再認識した次第です。

 帰宅して過去の遠州灘釣行の画像を引っ張り出して、撮影日時を見てみると、偶然にも釣行した日も似たような、2008年の10月28日。そん時は〜 朝マズメだけで

grb.JPG


だったのですよっ ハァ〜〜 また行くか?? (苦笑)


11/4(土) 11:35am の海状況

 波が収まる、且つ釣り人の多くが退散するこの時間に海へ。

海の近くで地元のキス釣り人の方が退散してきましたので「どうです? 釣れますか?混んでますか?」と尋ねると「キスは全然ダメだね〜 混んでないよっ、ガラガラ」と。

 空いてるのは嬉しいが、ヒラメの活性度にも比例するキスも厳しいのでは嫌な予感。。

PB040029.JPG



 波も水質も昨日よりも良好で、キャスト毎のように引っかかってきた海藻ゴミは、今日のところは殆ど気にならないほどまでに、水底は安定してきてます。

PB040030.JPG


 上画像のような海ですから、表面上は充分釣れて良い状況なのですが、なんせベイトっけがま〜〜ったく無く、小魚一匹、ボラのジャンプさえも無く、とうとう写り込みのワンドをぐるっと丁寧に探ってもフグカジすら無しで終了。

 昨日より今日、今日より明日が良くなりそうな気配で、

PB040032.JPG


 空を見上げると、鳥山が出来る前の海鵜の旋回も有って、明日は良いのかなぁ〜 良ければいいなぁ〜〜と、願いながら完敗退散。。

 明日こそ釣果に恵まれる日になりますように (´人`)






posted by hiramemj at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況