2017年12月19日

12/19 お昼の海

 お昼前にあまりにポカポカ陽気で、無風状態だったものですから(ん? 今日は一日こんな状況が続くの?? ちょいと行ってみるか。。)と、出かけた途端に嫌な風が吹き出し、海に着くとうさぎが跳ね出す一歩手前、、、
DSC_1867.jpg

DSC_1865.jpg

(あ〜〜あ゛や〜っぱそうきたか、、、)

 岸際から30mほどに濁りが有りましたが、その向こうはOK。そこそこの強風はアングラーにとっては厄介ですが、水中の魚にとってはそうもどうってことのない状況。

 せっかく来ましたのでキャストしますと、飛距離的にはやってやれなくない位置まで届きますが、ウネリがあっという間に大きくなり、ラインは大きく湾曲するわ、波頭と波頭をまたぐわで、ロッド操作不能となっての10キャストほどでギブアップ。。

 ポカポカ陽気の中で、の〜んびりデイゲームをやりたいのですが、ここのところはずっと「昼間の強風」でやらせてもらえません、、

 この地域の釣具屋さん他のブログをネット・サーフィンしても、どこもここもパッとしない様子なのですが、やはりこの原因はシラスが居ないことに有るのでしょう

 シラスが多ければ、子食いにカタクチがやって来て、それを追ってヒラマゴ、青物もという循環となるはずなのですが、シラス漁師さんのブログ内でも、この地域の今現在もシラス漁は相当不漁のようですし、1昨日に私が(岸際のシラスが2cm程と小さい)と書いた通り、船漁でのシラスも極小とのこと。

 ただヒラメも、全く釣果ゼロではないのは、秋になればDNAで鮭が川に遡上するように、通常ならヒラメも、秋には産卵の為の荒食い時期で、鮭と同じように餌が無くともDNAで接岸してくる個体もいるでしょうし、今釣れている人の釣果はそんな個体なのかなっ?と、思いますねっ

 オカッパリで、なんでヒラメが釣れるのかと言えば、「餌を食いに、わざわざ寄ってくる・・」ということですから、やっぱベイトが居てくれることが基本なのですよねっ、当たり前ですが。


posted by hiramemj at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!