2015年10月03日

アメリカのヒラメ・フィッシング <水中捕食動画>

 さて、お時間のある方は、アメリカのヒラメ・フィッシングの水中捕食シーンを見て、参考にしてみて下さいませ〜
 注目は「動かないものには興味を示さない」=小刻みなシェイクなどのちょちょん!というロッド操作を入れてやることは、明らかに有効だろうという点。

ワームを躍らせることで、5m近く離れたところから寄ってきますもんね〜

 そして、ヒラマゴは「頭から食らいつくのか? それとも尻尾から食らいつくのか?」という議論が有りまして、その考え方の違いで、人によってフック・システムも様々。

 「フックはシングルで充分!」という人も居れば「頭部と後部にもあったほうが・・・」意見は様々です。

  フック仕様はさておいて、(ヒラメの気持ちはどうなのよっ?)というと、捕食パターンとしては(食えるならば一気に丸のみしたい、食うとなったら逃したくない・・・)というなヒラメの捕食パターンに見えますが、その辺りを注目しながら見てみて下さい。



ま〜しかし、相変わらず半端無い魚影! 養殖場か?というくらい (笑)



posted by hiramemj at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164935499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!