2016年01月24日

キャスト方法について

 明日からこそ大荒れは明白なので、今日はキャスト方法、キャストのコツについてウンチクを。

 〜 キャスト! 等、色々なキャスト方法が動画等でも紹介されていますが、意外に触れられていないのが「ルアー&リグの重さの重心が何処にあるのか?」によって、飛距離の伸びる、ルアーの回転しないキャスト方法が違うということ。

 ルアーやリグが、鉛素材、プラスチック、タングステン、ワーム・・・ 素材じゃないのです。

 ルアーなり、リグの「重さの重心」が先端部に有るのか? 後部にあるのか? そこが大事なのです!!
 でもって、アニメは下手くそなのですが・・・画像で。

キャスト方法.jpg


 ★ やり投げの競技の槍って、先端部に重さがありますでしょ? ですから、まっすぐ前に押し出して飛ばす!  同じです。

 あるいは、目線から50cm上の1m先にあるスイカ割り! (笑)
「前方に押し出す!」 そんな感じです。

 肩を回したブン投げ投法から卒業して、肩の位置は変えないライナー・キャストでいきましょう〜 ! 

 肩や力で投げるのではなく、ロッドの反発力を利用して「楽に、遠くに」です

 私もですが、年を取れば取るほど重要になります、肩に負担を掛けずに、ロッドの反発力をフルに活かした「楽に、遠くに」が (笑) 

 体力の衰えや、40,50肩のリスクを抱える年代こそ、今の内にそのリスク部分をテクニックでカバーしてゆく必要が有ると思うのですよっ





posted by hiramemj at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172668319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!
プロフィール
名前:akira kashiwagi
基本スタンス = 「底物を制するには、底(水深、水底状況、根掛かり)を制する!」

 2004年から釣り餌では特にメジャーな、「マルキュー」の中のルアー部門「ノリーズ」ブランドのテスターをしております。
 旧及び、現在販売中のフラット・フィッシュロッド 新「ラフ・サーフ88」も、私がプロデュース(基本コンセプト、実釣テスト & 改良提案)させて頂きました。

=取材実績=
「ソルト&ストリーム」「ソルト・ウオーター」「ルアー・マガジン」「投げ釣情報」「つり丸」スカパー「四畳半の狼」(TV)、FM小田原、他

■ リンクはユーザー様からの釣果画像、コメントにつきまして引用不可です。当方の画像は、商用利用の場合はご連絡くださいませ。

リンク集
★ 動画波浪情報
QRコード
最近のコメント
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by ひらめいと (09/22)
なんか・・・感動した 花火 by ゆたりな (07/14)
4/22 30分釣行、行ってきました。<今日の海状況> by hiramemj (04/23)