2016年01月24日

キャスト方法について

 明日からこそ大荒れは明白なので、今日はキャスト方法、キャストのコツについてウンチクを。

 〜キャスト!等、色々なキャスト方法が動画等でも紹介されていますが、意外に触れられていないののが「ルアー&リグの重さの重心が何処にあるのか?」によって、飛距離の伸びる、ルアーの回転しないキャスト方法が違うということ。
 ルアー&リグが、鉛素材、プラスチック、タングステン、ワーム・・・素材じゃないのです。

 ルアーなり、リグの「重さの重心」が先端部に有るのか? 後部にあるのか? そこが大事なのです!!
 でもって、アニメは下手くそなのですが・・・画像で。

キャスト方法.jpg


 ★ やり投げの競技の槍って、先端部に重さがありますでしょ? ですから、まっすぐ前に押し出して飛ばす!  同じです。
 あるいは、目線から50cm上の1m先にあるスイカ割り! (笑)
「前方に押し出す!」 そんな感じです。

 肩を回したブン投げ投法から卒業して、肩の位置は変えないライナー・キャストでいきましょう〜 ! 
 肩や力で投げるのではなく、ロッドの反発力を利用して「楽に、遠くに」です。
 私もですが、年を取れば取るほど重要になります、肩に負担を掛けずに、ロッドの反発力をフルに活かした「楽に、遠くに」が (笑)





posted by hiramemj at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172668319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック