2016年12月29日

マゴチ51cm (静岡 kongoさんから)

 いよいよ明日から冬休み、サーフも激込みするでしょう…。
よって、今朝は仕事に行く前に、少し無理してサーフに行ってきました。が、現地に着くと波も高くうねりもあり、先行者が引き上げてきました。

もちろんそれは織り込み済み、自分はテトラが入ってそれでも波がそれでも少ない場所へ…。

 左右から波が来てちょうどぶつかる所、砂がたまりやすく駆け上がりがあるであろう場所に入りスタート。
 まず、大きめのライブロール6inを通すも当たりなし、次にカーリーテールシャッド、当たりなし。

 やっぱり大きめのピンテールかな…と、思いデスアダーを入れて、3〜4回しゃくってフォール、お!!
 やっぱりバイト有り、丁寧に引いてくると あれ?!、上がってきたのはマゴチ君51pでした。かなりの悪条件での一尾、嬉しい釣果でした。
DSC07392.JPG

デプス・デスアダー6in 109チャートレーザー海じか ナツメ5号18g フロント トレブル4番 リア トレブル6番フロントフックに食いついていましたが、写真を撮る前にフックが外れました
ヒットタイム 6時50分頃 横風少しあり 波高めでうねり在り 水色:濁り有り


========================
どうも〜〜 夕方にもサイズアップ物を際バレしたようですが、惜しかったですね〜

 今度一度、当たりが有ったら即合せせず、当たり後ちょちょんと竿先を軽くはね上げて、そしてそのあと合わせ!!  そのちょちょんで深くくわえ込んでくるのと、逃さまいとがっちりかじってくるんです。

 ヒラメもマゴチも一度咥えた後に、更に深く食い直そうとすることが多いのです。喉奥にさえ掛かれば〜大丈夫! これは慣れないとなかなか出来ないですが、ワームだからこそ出来るメリットだと思います。

今一度 ↓ を見て、合わせを研究してみてください、そんなに慌てて合わせる必要ないですから。



上の動画でもそうですが、合わせが早いんだなぁ〜〜 そしてフックの針先の位置! できるだけ後ろのほうが良いと思うのですよっ
ワームの場合は、アタリ後1秒後の合わせでもOKだと思うんですよね〜〜

にしても、他のアングラーが諦めてる悪条件下に釣れるのは〜〜〜 快感だったことでしょう。おめでとうございました!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178204299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック