2017年02月27日

釣行後のフック・メンテについて

 ユーザー様から「フックが錆びるのですが、釣行後のメンテはどうされてますか?」という問い合わせが有りましたので、それについて少々。

 私もマメな方ではなく、釣行後に水洗いしてシリコン・オイルでもスプレーしておけば良いのですが、忘れる事もしばしば。結果、釣行スタートという時に錆を見つけて・・・ ということも良くあります。

 ベストの中には800番のサンドペーパーも、その時用にひとかけら入れてますが、それも使い切ったの忘れている時には・・・ 浜の砂を指に付けてゴシゴシと。(笑)
 結構キレイに落ちますが、表面塗装にはよろしくないですよねっ?

 で、フックの販売時点ではフックにシリコン・オイルを塗った状態なのです。サビ防止という意味合いもありますが、それ以上に魚が咥えたと同時にワームが下にできるだけ「抵抗なくズレる」ことで、より小さな力でふところまで刺さり込みます。
 特にチョンといったようなショート・バイトの時には、これがバラシ防止に大事だと思っているのです。

 でもって何度か紹介していると思いますが、シリコンオイルとサビ落としに使用しているピカールの画像です。
P2270069.JPG


 2つ合わせても¥500位の安価で、リールのメンテ、家の中にある金属品磨きにも使用できますから有って損は無いですから是非どうぞ!

 そしてシリコン・オイルを塗ることで、フックのワームに刺さり込んだ部分の摩擦を無くすためにも、その抵抗となるサビがふところに部分に有ると頂けないのですが、更にそのワームとフックとの抵抗を少なくする方法が有ります。摩擦部分自体を減らす!!

 ワームに突き刺すワームのお腹部分に前から後ろにかけて長さ1cm、ワーム幅の半分ほどまで、カッターで切れ目を入れる! 硬いワームをより柔らかくして、泳ぎを良くしたい時などはエラ部分から肛門辺りまで切れ目を入れるという手法も良いですよっ
 ま、このように即座に手を入れて工夫&改良できるのもワームのメリットですよねっ

♪ ありの〜ままで〜〜 ♪ だけでは使わない(笑)

ワームに切れ目.jpg

 こうすることでフックとワームとの摩擦部分が半減しますから、より小さな力(バイト)でワームが下に移動して、ふところムキ出しになってくれますよね? しかもワームの厚みは半分になりますから、ふところもより広くなりますし、針先をより出してセットしたい時にも良いですねっ どうぞお試しを!

ps、やっとでこの地域の活性が急上昇!「カタクチが、打ち上げられましたよ〜」との情報も頂きました。いよいよ始まりそうですねっ! 楽しみです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178927373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック