2017年04月26日

ヒラメDSは、こんな時に

 さて〜 まもなくゴールデン・ウイーク!! その為の釣行準備をボチボチとされている方も多いのではないでしょうか?

 特に休みを利用して遠征釣行も予定している方も居ることでしょう。行ったことのある釣行場所であっても、随分ぶりと言う事になれば、岸際状況やら水底状況も大きく変わってしまっていることも珍しく無いのが海。

 先日はヒラメ、マゴチの食性・性格について書かせて頂きましたが、その上で一般的な海の状況判断として高活性か?低活性か?それによっては使用するルアーなりリグ、あるいはロッド・アクションや、リーリング・スピードを変えるというのが定番テクニックですよね?

 見た目にシラスが跳ねている、青物、シーバスがボイルしてるという状況が見て解かるならば、そうも悩みは無いと思います。言わずもがな高活性!!

 が、暗がりからの、ぶら下がるルアーも見にくい日が昇る前の状況、あるいは夕マズメの薄暗くなる前からのスタートの場合に、何を基準に考えて選択して最初の一投目を投げますか?

 暗いから派手な目立つカラー? 派手な泳ぎのモノ? 

 そんじゃ〜 日が昇って活性アップ時間となったら?(そりゃ、高活性なんだから、派手なカラー、派手な泳ぎもののがいいでしょうよっ)

 はァ? 一緒 ?? わーい(嬉しい顔)

 高活性時間帯はハードルアーを使用し、完全に陽が昇って、低活性時間になったらワームを使用するという方も結構居ますよねっ?

 とするならば!! 高活性時間帯に入る前は何活性?
低活性ですよねっ? ほんじゃ〜 マズメ前こそワーム + 低レンジがイイのでは??というのが、私の考え。

 ここ何回かナイト・ゲームをやってみましたが、その時に思ったことが
(リグが見えない・・・ どこまで飛んでる??)
 そして、ちょいウネリが有ると(ん〜〜〜ン  底を探れてるのか??)と。

 そこでDS仕様を久々に試して〜 やっぱこんな時こそDSかもしれない・・・と、再認識した訳です。
ds100.jpg

※ 多少でも根掛りの心配の有る場所と、丸型では引き重り感が有る・・ という場合にはナツメ型シンカーの使用をオススメ致します。

 何処まで飛んでるのか解らない暗がり、底まで到達しているのかが分かりづらい飛距離だったり、水深だったり、ウネリ方だったりする場合には、底取り感覚・感触に関しては、他の追随を許さないDS仕様は、充分に出番があると思うのですよっ 
 特に掛け上がりでは、きっちりその位置をコツっとシンカーが止まって、その振動で合図してくれますし。

 シンカーのコツコツとした着底感を感じながら、パワーシャッドのような尻尾ヒラヒラと動くワームならば、巻いては止めてのストップ&ゴーでも良いでしょうし、より飛距離をというならストレート、ピンテール・ワームで、シェイクしながら寄せてくるのも良いでしょう。

 以前は日本全国サーフばかりがヒラメ釣場では無く、どのような方が、どのような場所で使用するのか解らないということで、捨て糸80cm程を推奨していましたが、こと砂地、多少のゴロタ・サーフ限定ということならば、今ならば捨て糸20〜30cmでの出番頻度を増やしてゆこうと思っているのです。

 この長さの捨て糸の場合、飛距離、リグの回転にもほとんど支障が出ないのです。特に横風が有る場合など。私は勝手に「鯉のぼり現象」と言ってます(笑) 
そう! ワームが風の吹いて来る方向を向く為、リグが回転しにくく風の抵抗を受けにくいのです。

 連休は勿論、これから釣りシーズン真っ盛りとなると投げ釣の方々も大勢釣りに参戦しだし、ヒラメには大事なメソッドの「ランガン」すらままならず、入ったらそのまんま移動できず・・・の状況も多くなると思います。

 ならば、やっとで入った釣り座では、感ではなく、きっちりとレンジを取って探ることが、後攻めで釣られしまった・・・ という事を少なくできるのではないのか?と思うのですね

暗くて何処まで飛んでいるのか、解らん!

ウネリが有って、レンジ&底取り出来てるかどうか、解らん!

高活性なのか、低活性なのか解らん!

この濁り方で・・・ どうなのか解らん!

 上記の時に、少なくとも誰がやってもしっかりとレンジを取って、 より見やすい & 食い易い位置 を確実に通せるとこがDS仕様のイイところ。

解らん時にはDS仕様を、是非一度お試してくださいまし〜〜

posted by hiramemj at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179565576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック