2017年06月03日

6/2 マゴチ 60cm (静岡 kongoさんから)

今日は、初めてのポイントに行ってきました。
 風は強かったのですが、地形的に風が弱くできそうな感じだったので、5時半過ぎから7時頃までやってみました。

 たぶん砂底じゃないだろうと思い、旧MJにシングルを付けロストしまくっても悔しくないようにして出かけました。行ってみると案の定、岸際はゴロタ底。調べていくと、フルキャストすると、沖は砂底なようで、境目があるような地形でした。

 旧MJで根掛しそうなところを頭に入れ、現MJのKongo仕様にハイブリットTG24gを付けて、フルキャスト、底どりして6回巻を2回終えて着底、走り出した瞬間にバイト、ググッと強い引き、前回の針伸ばしが頭をよぎりましたが、ドラグがきちっと働きいい感じでやり取りができ、70巻き以上巻いてやっと姿が見えました。
 出てきたのは、良型マゴチ60pでした。なんと、現行MJにして、1投目のヒット。

0603-3.jpg


 で、もう1尾追加と頑張りましたが、暗くなってきたので撤収。初めての場所で、釣果が出ると、また来たくなっちゃいます。少しずつ、新しい場所の開拓を進めていきたいなと思う今日この頃です。

0603-4.jpg


ヒットタイム18:20
 MJ+パワーシャッド5in163:チカチカ室蘭(夜光)+#4&中通し#6(Kongo仕様)+TG&鉛丸おもりのハイブリットシンカー24g
======================

ン〜〜ん゛ ナイスサイズ!! おめでとうございます〜!!

 当初、一つの場所にこだわってやってましたよ、私も。ここの浜が大好きで。

 しか〜し、この浜でどんなに釣れたとしても、それは「そこだけメソッド」「その場所メソッド」になってしまう・・・という事で、メジャーではないところ、釣れたと聞かない場所、深い場所、根掛りのきつい場所へも、がっつりとトライしました。

 同じサイズでも自分仕様で釣れた時の感動が増すように、自分で考えて選択した新天地での釣果&攻略法での釣果は、これまた一段と嬉しいものです。

 同じサイズでも、際で釣れたのと遠目でヒットしたのでは、感動の大きさに大きな差が出ます。あるいは、スレ掛かりで釣れ上がったのと、がっぽりくわえさせて釣り上がったのでも、同サイズであっても満足感が違うと思います。

 釣りにはアドベンチャーの要素も多分にあり、それも楽しみの一つ! (ここでダメでも、あそこなら・・・)の場所を見つけられた収穫の方が大きいかも??

 干潮は、波低く釣り易く、干潮でないと入れない場所って有りますよねっ? 以前にも書いたと思いますが、ヒラマゴ干潮時間は「潮干狩りのベストタイム」と同じ。参考にしてみてくださいませ〜 ↓

http://sio.mieyell.jp/select?po=21401



posted by hiramemj at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179935170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック