2017年06月16日

6/16 金 朝の海状況 & 西伊豆遠征

 朝5時過ぎに海に出かけてみまして、到着時は20m間隔で釣り人が居るという感じで、ルアー系3〜4人、弓角投げ系7〜8人。 海は若干ウネリ気味でしたが、水質良好充分釣れて良い状況。

 が、なかなか誰の竿も曲がらない。。。 ただ一人キャスト毎にワカシをヒットさせている方が居ました。弓角の、しかも3cm程の小さい弓角でのヒット。

 一時は大きなメタルだろうが弓角だろうがワームだろうが、何にでも食って来るのですが、夏になるに従い、捕食サイズにひじ〜ょうにセレクティブになりだしますが、シラスの大きさにしか反応しない時期に入りだしたでしょうか??

 週末この地域で青物も・・・と言う方は、シラスサイズのメタルなり弓角なり、ワームなりを忍ばせておいたほうが良いかも

 で、30分もしないうちに、この時期恒例の早朝シラス船の、キャストして届いてしまう位置での創業開始。。。

P6160053.JPG


 操業船もその場から行ってしまえば〜 15分もすればヒットしてくる事も多いですから待ちましたが、再度S字蛇行で再度際に寄って来て、私のテンションもこれでプッツン、退散。

 で、ミニセットでの件の私の不手際でバタバタしていて書けなかったのですが、一昨日西伊豆へ行ってきましたよっ
P6140047.JPG


 ここ数年、伊豆方面での赤ハタやらオオモンハタの釣果がちらほら聞こえていて、エコギアの根魚ハンター折本さんも力を入れているターゲット。釣り云々もありますが、富士山がキレイ! 水質ド透明!それだけでも気分上々!!

 釣り場は30cm前後の丸い石が敷き詰められたゴロタ浜の典型みたいな場所で、この辺りで言えば・・・根府川? 八間山下? 静岡で言えば、富士川河口の岸際? 興津川河口? の水底? そんな感じでして、ま、非常に厄介な根掛かりポイント。
 それに加えて、30m以上キャストすると着底速度が早いMJでさえも10秒たっても底に付かないというドン深な難しい場所。沼津の片浜海岸的な。

P6140046.JPG


 ハタと言えば、引きの強さの面白さに加え、買っては口に入りずらい高級魚!根掛かりに強いMJリグを謳うならば、ハタにはどうしても試しておきたい・・・と、ずっと思っていたのです。
 西伊豆は結構あちこち釣り歩いてはいるのですが、今回の場所は初めての場所で、釣れるらしいうわさ的情報だけ。

 地元ゆたさんとの同行で、キャスト開始早々MJでユタさんが目的のオオモンハタヒット、そしてほぼ同時に私にも。ですが釣れたのはコレ、、、 トホホ(R)
P6140044.JPG


 ま、それにしてもキャスト早々で、その後に期待しながら横移動のランガン。

 その後一時間近くMJリグのみで、しっかり底取りしながら探り釣果得られずでしたが、他にアングラーが居ましたが、根掛かりに相当苦戦している様子有り。私はロストだけはゼロで、リグの有効性だけは納得!

 ちょい移動してサイズダウンのまたしてもカサゴ君、、、
P6140051.JPG


 デイでも釣れるということで、すでに陽が昇る頃からの開始でしたが、もう少し暗がりからのスタートのほうが良かったか???

 オオモンハタは夏物、夏に良く釣れる。しかもデイでもOKとなると、夏に厳しいヒラメのフォロー相手としては、魅力あるターゲットかと思います。

 再度どこかでリベンジを掛けたいと思います。



posted by hiramemj at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180064980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック