2017年09月02日

波動の有効性は?


 さて、その秋本番前に今一度ヒラメの捕食シーンで、攻略やらリグやルアーについて再考してみましょっ

その1)「ヒラメは動かないモノ、死んだ餌は食わない」ホントにそうなのか??



 ■ 食うときゃ〜 食うんですねっ(苦笑)
 動画の注目点は、私も良く書いていますが、できることなら餌を丸呑みしたいはず・・・という事がよ〜くわかる動画です。
 頭から咥えるか、後部にアタックすてくるかは問題では無く、やっぱできるなら一気に丸呑みしたさそう。。 そう感じませんか??

 ならば! 丸呑みにあまり多くのフックは丸呑みの邪魔をすると思うのです。また丸呑みして針が口奥に掛かれば〜バラシも減るはずなのです。


その2)私も使っていますが「波動」という言葉。 それがそんなに大事なの??



 ■ 明らかに釣り生き餌のほうが波動を出してますが??(苦笑) 

 これに関しては学術的に実験証明されていまして、魚の側面には人間の耳となる側線がある訳ですが、その側線が感じ取れる小魚の動き(=波動)は「全長の1.5倍から2.0倍程」と、証明されているのですねっ  ですから60cmのヒラメで1.2m程まで。

 このルアーの、あるいはワームの波動がすごい!! と、よ〜く耳にしますが、ま、そんな所なのですね。

 ですが、60cmのヒラメで1.2mまでとなれば「水底からの1m前後の、レンジ維持が大事!!」というメソッドは当たっているわけです、学術的にも。

 私見ですが、動画2で注目すべきは、逃げられましたがしつこく離さない事。ここがヒラメ釣りにワームを使用する最大の有利な点だと思いませんか??

 だとするならば! 「ワームの柔軟性・弾力性を極力殺さない」MJリグ構造は・・・ ねっ?(笑)

 

posted by hiramemj at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
おはようございます!
死んだ魚にも食い気があるなら
MJリグにワームの代わりに魚を付けたら
泳がせの様に釣れるかも!?
今度やってみます( ¨̮ )
Posted by 横浜太郎 at 2017年09月04日 08:19
どうも、こんにちわ
そうですね〜 
ところが、死んだ魚を口の前にして、生きた方に食いつく動画もあるのです。。。

ヒラメはほんと気まぐれで困ります。。(笑)
Posted by MHM 柏木 at 2017年09月04日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180862235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック