2017年09月16日

「ワームは釣れる!」「ワームだから釣れる??」

「ワームは釣れる」「ワームだから釣れる」という事を良く耳にする中で、本当にそうなのか?? の私見を書いてみたいと思います。

 ルアーという分野の分類の仕方では、「ハードルアー」「ソフト・ルアー」という分け方が一般的で、これは素材が柔らかいか? 硬い素材で出来ているのか? 

素材が柔らかいから、餌っぽいから釣れる!! という認識の方が多いのではないでしょうか?? 確かに疑似餌を咥えて違和感が少ないほうが追い食い、深食いもあると私も思っています。

が、どうでしょうか?
 柔らかいか硬いかは、魚が咥えて初めて分かることであって、事前には人間側のみが知り得ること。

 魚の第一ヒットまでは、ソフトもハードも対等だと思うのですねっ ですが多分多くの人はワームを使えば、釣れる確率が高いと思い込んでいる人が多いのではないでしょうか?

私が思うに、ワームだから釣れるのではなく、
■ ワームを使うリグと、その一般的使用方法が釣れる確率を上げている!! ■
と思っているのですよっ


 どうゆう事かと言うと、ワームを使用するリグはキャスト後どうします?? MJだけじゃなく、ジグヘッド、テキサス、キャロライナも含め。

そうです、まずは着底&底取りしますよねっ? そしてそれが極一般的な基本操作。

 そして、リフト&フォールだったり、巻いて止めてなりのアクションを加えるのですが、常に水底を確認しながらのロッド操作です。この動作は、極々一般的なオモリが有るワームを使用するリグの定番動作ですよねっ?

 要するに「水底からレンジを取る、水底からレンジを測る」訳です。リフト&フォールのリフトと言っても、実際のところ言葉の響きほど浮き上がらないのですよっ

 100mを10cmとして図面を書いてみて下さい。腰の位置から3mのロッドで(計約4mm)、水深3mmとして、10cm先までを斜線で結ぶ。

どうでしょうか?

 いくら大きくロッドを持ち上げても、イメージほど浮き上がらないと思いませんか? 私が思うに、ボトムパンプのちょいと間隔が長い程度、巻いては止めてとほぼ同様だと思いますよっ。で、それが(=低レンジ維持が)釣果確率が上げていると思うわけです。

ですからメタルジグでヒラメを狙う場合にも、初動動作は同じで「水底からレンジを取る、測る」ワーム・リグの初動のロッド操作や底取り操作と同様ですから、低レンジとなる確率が高い。

 ということは、同じハードルアーでもメタルジグのほうが、一般的に言われる表層から潜らせてレンジを測るプラグのハードルアーよりも〜〜〜 ここ大事「初・中級者には、レンジ維持しやすい = 釣果確率が上がる」という図式になると思うわけです。

 ここらでもうハードかソフトかという分類方法から、「ん? ヒラメ用なら使ってみよう!」「釣れてるらしいから買ってみよう」という判断から、水底からレンジを取るモノなのか? 表層からレンジを測るモノなのか? という分け方での購入判断の方が、簡単で良いと思うのですよっ
 これを判断材料にすれば、購入するルアーもきっと変わってくる事でしょうし、無駄な出費やロストも減ってくるでしょう。

だって本来販売されている全てが、釣れるから売られているのですから。。

 決してプラグを否定しているのではなく、プラグは、ボディ全体の大きなアクションやら、手に伝わる使用感などは、ワームにはできない素晴らしい要素もあると思っています。

 が、その釣り場に精通していて、数キャストで(このルアーは、このくらいのスピードで引けば〜 あのレンジを泳いでいるはず・・・」という、その釣り場の経験値が必要になってくるということですね

 先日、日本海での釣行をしましたが、干満の少ない日本海なら、ま〜だ安定的なレンジを簡単に維持できますが、満潮でしかもウネリが入れば、ちょい30分前との水底からのレンジ差が、軽〜く1〜2m狂ってくる太平洋側では、対ヒラメ&マゴチ使用するには、その場所でのかなりの釣行経験値が必要になるはずなのですねっ

 とにもかくにも大事なことは、まずは数を釣って経験値を引き出しを増やすことだと思うのですが、その為に一番重要なことは、まずはヒラメの食いやすいレンジを安定的にきっちり探る! 事だと思うのですねっ。

 そしてその為には、素材が何で出来ているかという事よりも、今の自分の力量でどれがそのように(低レンジ)しやすいか? という選択基準が良いのではなかろうか? と思うわけです。
 但し、根掛りも発生する場所では、「根掛かり回避しながら、ヒラメの食いやすいレンジを、安定的にきっちり探る!」かなっ??




ps: この台風前に西伊豆へ行きましたが、、、
DSC_1720.jpg


 と、西伊豆のガラ場のハタポイントで、40切れる小マゴチがヒット
シャッターを押す瞬間に、岩場から跳ねて脱走。 画像無し、、、
posted by hiramemj at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181015494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!