2017年10月31日

急遽の西伊豆釣行 オオモン、アカハタ、カサゴ ( 私 )

 サイズはイマイチなのですが、順にカサゴ、オオモンハタ、赤ハタの3目。 とり急ぎアップしておきます。後で状況の追記します。

101.jpg


201.jpg


301.jpg

 全てR
============== 追 記 ===============

朝起きて、間もなくユタさんから「今日、ハタゲーどうですか?」と連絡が。

台風後のこの地域には、もう一日置いたほうが良いだろうということも有り、これまでの西伊豆への釣行では、こちらがかなりダメダメの時にもあちらでは全然ノー・プロブレムな事が多く「ほんじゃ〜行ってみますか〜!」

 ということで現地到着9時半頃。 海は凪で、水質透明、若干の横風。小魚の跳ねも場所によっては目視でき、充分に釣れても良い状況。
DSC_1810.jpg


 ハタゲームにおきましてはゆたさんには脱帽状態で、使用ワームも殆ど大差なく、一体この差は何なんだ?? と悶々としていまして、今日こそは!とやっていたのですが

 が、またしても第一ヒットは、オオモンハタでゆたさん。。 私の方がレンジが低めですが、かと言って底ベタ探りではなく、、

 強いての違いは私の気の短さというか(苦笑)、ヒラマゴで付いた習性で、横移動スピードが早い事が大きく違うところ。ゆたさんは一ヶ所で一時間粘るのは普通ですが、私は我慢できなくって、ついついあちこちに移動する。

 あとは・・ ゆたさんは4000番リールで、一秒間に3回転程と、私よりも早い巻き上げ。

 そんなことで午前中は終了し、お昼に天丼。の食後の午後の部は、新規開拓もやってみよう!ということでやったことのない場所でトライ。

 その場所でカサゴがヒットし、数投目でオオモンハタ。双方ともフルキャスト70m以上先でのヒット。
 小魚の魚影は殆ど見えず、午前中やった場所に戻ることに。

 午前とは違い日差しも有りいい感じ。
ですがなかなか反応無く、これまたフルキャスト着底から2回シェイクのリフトを2回ほど繰り返した所でアカハタのヒット。

DSC_1809.jpg


 3尾ともワームはスプーンテールのライブロール4.5インチですが、アカハタだけはワームの背腹逆セット。

 4種のワームカラーを使い回してましたが、活性が低かった?? だから超リアルワームが良かったのでしょうかね〜〜? それともたまたまなのかは不明、魚に聞いてみないことには(笑)

 ま、ゆたさんにしても私にしても共通点は、ヒット位置がキャスト着底後、間も無くというのが殆どで、ゴロタの掛け上がり位置が4〜50m先から急深になり、そこをゆうに超える飛距離を出さないと厳しい感じはしますねっ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181445208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック