2017年11月21日

オオモン?? 中モンかなっ (私)

 ちょっと無理してヘロヘロ。。 明日、追記します。

DSC_1834.jpg


大きく見えます? 泣き尺、29.5です。

DSC_1835.jpg


DSC_1837.jpg


============   追   記  ===========

さて昨日は早朝3時半に、ここを出発しての西伊豆へ出撃したのですが、私的には「ここの浜でもヒラメの大きいのが居るんですよっ」という情報も有り、出来ればそっちも釣れれば御の字!ということで、ハタ + フラット狙いで。

 辺りがまだ真っ暗な状態から、砂地サーフからスタート。攻められる範囲は100m程の区間。
40mほど先までは1m程の遠浅砂地で、その向こうがやや深く、カウント4秒程の掛け上がりとなっている水底状況。

 岸際には以前から気になっている、波が来ると青く光る発行体?生物?がキラキラと。しかし、3〜40分何も起こらず。。

 辺りが明るくなり出し、鳥が騒ぎ出すと同時に水面あちこちに波紋が。後で聞いた話ですと「今日は、キビナゴが大量に押し寄せた」と。
 砂地サーフでは何も起こらなかったので、ハタポイントに移動。

 移動して15分ほどで、上のオオモンハタがヒット。
早々のヒットに(これは〜 今日は爆釣?? )あるいは(後が続かないパターン?)残念ながら後者パターン。80m程のフルキャストで、着底するかしないかでゴゴン!と。

途中、根に入られてラインテンションを保ちながら、根から出るのを待ちながらの寄せでしたが、引きが上がったサイズ以上に引きが強烈で(40cm前後あるんじゃないの?)と思いましたが、釣り上ってがっかり。。

 ですがハタゲームはこの引きの強さ、根に入られるかも?という心の葛藤状態が非常に楽しい!!
根掛りも多く、リグやロッドワークにも工夫を入れないと一筋縄ではいけないからこそ釣れた時の感動も大きくなります。とにかく強い引きが面白い。考えさせられることも多い。

 ハタ系は、もう冬前でシーズン終了というのが定説。
しかしながら夏物と言われてきたマゴチが、冬に充分釣れることが解って、かつての常識は崩壊。
 (ハタもひょっとしたら、もっとシーズンが長いのかも。。。餌(小魚)が居る限り)そう思っているのです。。

 そしてこれまでのハタゲームの常識では飛距離50m程度での常識・定説であって、その未開拓ゾーン、竿抜けポイントを探れれば、未常識な釣果が得られるのかもしれないと思うわけです。

 さて、富士山風景写真のように、釣り日和としては最高で、微風の波も低い状態でしたが、その後は睡眠時間30分ということも有り、バテバテの爆睡。

 そして新しくやってみた場所で、リグを落とした水底状況が運悪かったのか、着底と同時に根掛かりという事が連続4度程。ゴロタはゴロタでも、敷き詰められた石の大きさがいつもの場所の2周り大きく、岩と岩をまたげなく、大穴にリグ全体が押し込められてしまうようです。

 波でリグ全体が押し込められてしまい、岩の角にメインラインが接触してまって、ほんのわずかなロッドの煽りでメインラインからブツリ! 

(よし、解った! それならリーダー延長!)と、ヒトヒロ(約180cm)以上取り、その為にはFFノットの結びコブは無い方が良い。結びコブの無い○△□※ノット(笑)で結び、ギュと引っ張って強度確認。

(これで良し!)とキャスト数回。が、彼方へリグすっ飛びロスト。。
 (えっ? 結び方悪かった?)と再度チャレンジするも同じ。。

 リーダーとPEラインの結び目で、PEラインがパーマとなっていましたから、明らかに結び目の解け。
 私もライン結びにおいては不器用な方ではないと思ってますから、やっぱ新・ファイヤーラインは超滑りまして、結び方を選ぶのです。どうにも海水で濡れると緩むような〜〜

 ま、そんなことで、これまでのハタ釣行した中で最も多くロスト。。
難しい釣り場で厄介ではあるけれど、厄介だからみんな諦める・・ だからこそ、そこを攻略できれば〜 と、思うのです。

ワーム:ノリーズ「ライブロール 4.5インチ」
シンカー:鉛ナツメ6号(根に入られてロストですが、オモリのみをロストできたから釣り上げられた??)



posted by hiramemj at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181638071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アマゾン 検索ボックス