2017年12月26日

ラン & ガン 考察 (その2)

ラン & ガン 考察 (その1)では、横移動することで、食い気のある、やる気の有る魚から釣って行ったほうがいいんじゃ? 

ということと、そのランガンの為にはいざという時には超遠投出来ても、キャストをやり続けるには30g前後、以内が理想的では?
IMG_2236.JPG


と、書いたわけですが、重さだけですと、重い=飛ぶ という誤解が生まれますから、今一度書いておきたいと思います。

ハードルアー、プラグにおいては、同じ重さなのに飛距離が全く異なってくることは、極々普通のこと。

餌釣り、あるいは同一ワームにおいてならば「重くすれば、より飛距離が出る」というのは常識ですが、ワームリグの構成も含めてと言うことになれば、そうはならないですよねっ?

 これまでにも何度も書いてますが18gのジグヘッド(MJでも良いのですが)に、4インチ パワーシャッド VS 18gジグヘッドに5インチ パワーシャッド。重さは後者が重いですが、飛距離は前者の方が飛びます。

 また18gのジグヘッド + 4インチ パワーシャッド VS 18gのジグヘッド + 4インチ バルト。後者が重いですが、前者の飛距離が歴然。

 別のリグ側面からだと、同じ重さであってもキャロライナ・リグよりもダウンショットの方が飛距離が出る。あるいは、同じ重さであっても横風の時には、テキサス・リグは極端に飛距離を落とす・・などなど。

 というようにワームリグであってっも、プラグ同様に「重い=飛ぶ」という図式が成立しないのですが、どうにもジグヘッドにおいては、メタルジグのように 重い = 飛ぶ という感覚の方が多いのではないかと思うのです。
DSC08986.JPG


 解りやすく言いますと、ジグヘッドでは(MJでも)

1)ワームは軽いほうが飛ぶ! 短いほうが飛ぶ!(横風時) ⇒ リグの全長に対して、より先端部に重心が有ったほうが飛びます

2)尻尾が小さいほう(あるいは無い方)が飛ぶ! ⇒ キャスト飛行中に空気抵抗が少ないほうが飛びます

3)素材が柔らかすぎない方が飛ぶ! ⇒ キャスト飛行中に泳がない方が飛びます

4)細身の方が飛ぶ!⇒ キャスト飛行中に空気抵抗が少ない方が飛びます

 見た目で解かりやすいところでは、ワームの形状デザインに凹凸が有れば有る程、水中では派手な動きになりますが、それと相反して飛行中に空気抵抗を受けることで飛距離を落とす。。

SMJ フック パターン1.jpg


 ですが、デザインに凹凸が有ったほうがリアルで、見た目的に釣れそうな気がして、メーカーさん的には釣り人が釣れる! の、かなっ? 爆

 デザインに加えてワーム・カラーも山ほど有り、メーカーも沢山。
その組み合わせは無限で、一生かけても試しきれない、、、試している間に新製品がどんどん出てくるわけですから(笑)

 無限で無理だということを解った上で、じゃ〜 何を最優先に考えるか、買うかという取捨選択が必要になってくるのですよねっ?

 で、納得のいく飛距離とランガン可能な快適な重さというのはメインの条件になり、ルアーボックスの半分以上をそれで占めていても良いはずで、本来はそこに一番お金を掛けるべきなのですが、どうにも多くの人はたま〜に使うモノ、変わったモノにお金を使ってしまう傾向があるのかな?と、感じますねっ 爆

 ま、ランガンという釣り的なメソッドも大事ですが、健康のために歩く!! ことが一石二鳥で、ヒラメ釣りの良いところだと思うのですよっ ランガンしましょ〜よっ!(笑) 

 だけれど、平塚海岸や大磯みたいに、投げ釣り人も沢山な激混みな所では、ランガンも容易ではないでしょ? 次の釣り座への移動に、釣り人を巻いて巻いて50m〜100m移動しなければ入り込めないこともザラ。
 色々な場所へ遠征もしてみるもここら辺の混み様は、他地域で混んでいると言われる感覚の倍くらいイメージだと思ってくださいまし。ホ〜ント混み混み、、

だから結局、空いてる & 人の嫌がる悪条件下(根掛かりポイント、水深有りポイント)に、私は足が向いてしまうのですねっ

ということで、ラン & ガン 考察 (その3)に、続きます 
 何故なら、ランガンをより快適にする為に必要なことは、なにもルアーなりリグの重さや、ロッドの長さ重さだけではないですからねっ 

posted by hiramemj at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181950084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アマゾン 検索ボックス
 
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31