2018年01月12日

沖縄でヒョウ? なのに小田原では快晴、ポカポカ陽気

沖縄だけでなく、九州でも雪で日本海側はお荒れだというニュース。
なのに小田原では快晴。(13:32pm)
DSC_1931.jpg


九州のほうが南で暖かいイメージなのですが、完全冬型になるとこんなことも多く、それが魅力で寒さが苦手な私がこの地に住所を置いた理由でもあります。

で、昨日までは晴れてても暴風でしたが、今日は左手方向からの微風。
DSC_1923.jpg


 波は小うねり程度で、水質も問題無し。これで小魚の気配さえあれば言うこと無しですが、肝心のそれが、、

 あまりのポカポカ陽気に誘われて、お昼から一時間半ほどキャストしてきましたが、浜には1人のアングラー & 1人投げ釣り人のみ。
DSC_1924.jpg


 今朝のサブサブぅ〜な気温から判断すれば、低活性なのは間違いなく、ならば魚はジィ〜っとしているだろうから、低レンジで食いやすい位置を通す!!
事に専念して探ったわけですが〜 ノーバイト・・

思うに、や〜〜〜っぱ「今、釣れてる所へ行く!」のが良さそうですね〜〜
土日に釣行予定の方は、湘南方面をオススメいたしますよ〜


 さて、前にも紹介したことがあると思いますが、私のちょい波有り時の履物ですが、先日紹介したニーブーツにレイン用のオーバー・パンツ ↓ 

DSC_1925.jpg

そのオーバーパンツは、オートバイ用の透湿性のレイン・パンツなのですねっ

 何故バイク用かというと、裾をマジックテープでキュッと締められるようになっていまして、履くときは裾が広がっていて履きやすく、履いた後に、足首で裾を締めれば水も入りにくいというメリットがあるのですねっ
DSC_1929.jpg


それと、なにせバイクの場合は高速道路を突っ張りりながら、打たれる雨にも濡れずに、且つ透湿性も保たなければいけないということで、釣り用や登山用よりも、悪条件下での使用に耐えられるように作られていまして、高性能なのですよっ

しかもデザインもシャープでスタイリッシュ!で、且つ動きやすいのです。

で、このニーブーツ + バイク用レイン・パンツの組み合わせで、どの程度の波まで濡れないかというと〜 太ももまでザブ〜ンと波がかぶる程度ならばOK! 

 足首のところでレイン・パンツの裾を締めてますから、そう簡単に水が入ってこないのですね ニーブーツの長さ以上の波をかぶっても。

 海に行って(この波ならニーブーツで充分!)というならニーブーツで釣行し、ちょいと波が押してる?という時には、上からオーバーパンツを履くという使い方をしていまして、ウエストハイ・ウエーダーと同じく、肩ベルトが無いわけですから肩も凝らないのです。

 長靴のみで釣行されているもよく見かけますが、是非一度このスタイルをお試し下さい、快適ですから。

 ということで、釣行予定にの方に幸運あれ!! 




posted by hiramemj at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182128119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!