2018年04月21日

不可思議なサーフ

 この地で釣りを始めてから16年目。東は茅ヶ崎漁港東へ1k程から柳島、相模川両岸、ずずっと来て平塚サーフに大磯海岸。
 そしてそこからさらに西へと小田原漁港まで20km位あるでしょうか、その間でキャスト漏れしているところは殆ど無いのですが、その中でも唯一、今もって不可思議な浜が、山王川右岸から御幸の浜までの1.5k程の区間。
山王右岸.jpg

(グーグルマップより)
 
 画像にありますよう、際から60mほど先に、沈みテトラ帯が有るのですが、あえて再チャレンジとして山王右岸(黄色枠前のサーフ)へ行ってみました。
 山王川左岸を見ると、もう〜〜 入り込む隙間なく、釣り人がズラリと。今日なんぞは土曜日でどこの浜も人だらけのはず。

 なのにここの左岸はというと〜 ま〜〜 釣り人が居ないったら驚くほどで、
 
DSC_2393.jpg


DSC_2395.jpg

<10:30am頃>

見渡す限り、数百メートルに渡って釣り人ゼロ! きっと明日もそうですよっ(笑)
さて、その原因は一体何なのか?? 上の写真を見て頂いて分かるように、見た目には文句の無い誰もが(釣れそう・・・)と、思うような浜です。

 車を止めるスペースが無いからか? 
  沈みテトラが有るから(Google黄色枠)、投げればまたぎ、投げ釣の方には厄介なのか? 
   沈みテトラが有るから魚が寄って来れない?

 私もこれまで5〜6回は行っては見たものの、釣れたのはカサゴとホウボウのみで、フラット釣果無し。ただフラットのメイン・シーズンに行ったことが無く、実際のところはどうだか不明。。
 釣れるという情報も殆ど無く、釣れないから空いているのか、上記の理由で空いているのか、まったく今もって不明。

 多分、今後ずっとGWであっても空いてる浜なのだと思うのですが、ほんと不思議な浜なのです。
DSC_2396.jpg


 で、結果から言うとやはり今日もノーバイト、、、 釣ってる最中は誰も居なく、浜独占状態、ストレス無しで最高なのですがね〜〜(苦笑)

 しかし、こんなイイ浜なのに、何がどうなってる? と、本日も不可解なまま退散でした。。
それでもテトラをまたいでいるのがMJから手に伝わってきて、そんな水底を探ってロストがゼロだったのが唯一の収穫。

posted by hiramemj at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183047779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!