2018年04月30日

MJリグ、ライナー飛行原理

 さて、もうすぐ5月の節句。先程ワンコの散歩に行きましたら、すでに川沿いに鯉のぼりが泳いでいました〜
DSC_2418.jpg


 どこかで書いたような気もしますが、鯉のぼりついでに、風の受け流し = 「MJリグが横風に強い訳」 について書いておきます。

 横風が有る中でキャストしますと、ルアーなりリグが回転しやすくなりますよね?無風状態ではまっすぐ飛んでも。
 ワーム形状に凹凸の有るデザインのモノほど、その影響を受けやすくなりますが、その訳は単純で風を受ける面積が大きくなり、不安定になるからでして、、、

 ならば! その横風を適度に逃してあげれば? というのがMJの直進性の原理。
1111.jpg


 シンカーの冠(アイ)巾を狭くすることで直進性を維持しながら、SMJを設置することでワームも湾曲し、横風を逃す! 横風を受け逃がすから回転防止 & 飛距離アップ! 

 横風を逃すというならば、シンカーの冠(アイ)巾が広いほうが、シンカーとジョイント先端部が90度以上曲がり、より横風を逃しそうな感じもします。
 ですがシンカーとワームの連結部分に曲がる余裕があり過ぎると〜 これがまた横風には、うまくない。。直リグや、マッキン・リグの構造がそうです。無風時なら良いのですが、海で無風時間は少ない・・・(笑)
 ワームの横倒しと同時に、リグ全体の回転を誘発してしまうのですねっ

 車のハンドルのような事でして、「適度な、程良い遊び」 が大事
有り過ぎても、無さ過ぎてもうまくないのです。
 そして横風にMJの直進性が良い理由には、もう一つとても重要なことが有りますが、それは〜〜 秘密。(笑)
DSC_2425.jpg


 なもので! MJリグに市販のシンカーを使用するときには〜
SMJ 市販シンカー応用例.jpg


 ペンチで冠(アイ)巾を狭くして欲しいのです。そうしますと直進性が妨げられない( = 回転防止となる)のですねっ

 ということで、GW後半の天気はイマイチのようですが、風が吹いても波が安定していることも有り!うまくMJリグを活用していただければと思います〜 m(_ _)m

< ブログ サイトマップへ >


posted by hiramemj at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183117154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!
プロフィール
名前:akira kashiwagi
基本スタンス = 「底物を制するには、底(水深、水底状況、根掛かり)を制する!」

 2004年から釣り餌では特にメジャーな、「マルキュー」の中のルアー部門「ノリーズ」ブランドのテスターをしております。
 旧及び、現在販売中のフラット・フィッシュロッド 新「ラフ・サーフ88」も、私がプロデュース(基本コンセプト、実釣テスト & 改良提案)させて頂きました。

=取材実績=
「ソルト&ストリーム」「ソルト・ウオーター」「ルアー・マガジン」「投げ釣情報」「つり丸」スカパー「四畳半の狼」(TV)、FM小田原、他

■ リンクはユーザー様からの釣果画像、コメントにつきまして引用不可です。当方の画像は、商用利用の場合はご連絡くださいませ。

リンク集
★ 動画波浪情報
QRコード
最近のコメント
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by ひらめいと (09/22)
なんか・・・感動した 花火 by ゆたりな (07/14)
4/22 30分釣行、行ってきました。<今日の海状況> by hiramemj (04/23)