2018年05月25日

5/25 朝10時過ぎの海状態

 朝の天気予報では「夏日! 快晴! 暑くなる・・・」ということで、それを信じて10時前の曇天状態から海へ。

 カタクチ・イワシの情報が何処もぱっとしないようなので
(ならば、今時期ならば、あそこしか・・・)
そう! 鮎の遡上時期ですからね〜 増水していなければ河口際。。 と、河口を目指してGO!

 が・・・ 河口にはサーファーさん。 丁度良い波?? (苦笑)

DSC_2479.jpg


 結構な波足に、泡立つ濁り。。。 濁りはイシモチには好条件として良しとしても、段々と強風に。
DSC_2482.jpg

 更には雨までポツリと。。 
 更に暗くなってくる空模様から ( 雷雨になるのか?? )  で、退散。
(ま〜たハズレかよ! 天気予報  ちっ(怒った顔) )
 午後から、予報通りの夏日 & どピーカン  ハァ、、、ふらふら

 さて、前回はロッドパワー、魚のダッシュ・パワーについて書きましたが、まとめとしては往々にして過剰な強度を選択してしまっていませんか? ということでしたが、そうは言え、今アイテムにあるシングルMは過剰強度かもしれないですね〜〜

 というのも、前回ページのフック画像の一番上のオレンジ枠は、お馴染みシングル(M)。
222.jpg

で、一番下の青枠は〜〜 実は船釣り用のヒラメ針。
 但し! 売られていた中で最大サイズで最も強靭なモノ。要は7〜80cm以上に使用される大物座布団サイズ用。

 比較してお解りの通り、シングル(M)の方が圧倒的に線径が太いですから、相当な大物にも曲がったり、伸びたりはしないでしょう。(笑) ちなみに、真ん中はテスト試用中のステンレス・フック。

 こうゆう意味では過剰強度なのですが、太いから刺さりが悪いか? と言えば、そうでなく小さめサイズの30cm以下のカサゴやキジハタ、小そげであっても刺さり & 釣果に問題が無かったので(コレでOK!)と、決めたもの。

 底物用のフックにおいては、魚へのフッキングだけでなく、海藻やら岩に付着する貝への刺さりもありますから、刺さっていちいち伸びていたのでは疲れます。海藻を切り裂いて、根掛りから抜けてくるパワーも必要かと。

 針伸びについては、どうぞ安心の上ご使用くださいまし〜〜 相手が相当の大物であっても。(笑)

posted by hiramemj at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183321193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック