2018年06月14日

6/14 チェリー・リグ仕様で、泣ヒラメさん (私)

 朝の釣具店さんの海情報では「波足が収まるのが遅い・・・」との事で
(まっ、いいやっ 海が悪くても、河口でアレを試しに行こう・・・)と、9時すぎの遅い出撃。
 海はこんな感じで、たまに長いのが押してきて、左手方向からの弱風、際から30m程泡立つ濁り有り。
DSC_2550.jpg


 で、アレというのは、随分前(2013年頃)に、エコギアのプロスタッフ 荻野さんが提唱していた「チェリー・リグ」をSMJに応用したもの。
 荻野さんとは、横浜フィッシング・ショーの後の打ち上げでご一緒したことが有りますが、非常に明るい、誰とでもすぐに馴染んでしまうような、人柄抜群な方です。

 で、チェリー・リグとは、その名の通り「幹付きさくらんぼ」のような形状のシンカーを直リグに取り付けたもの。

 これまで私がこれといって取り上げてこなかったのは(ダウンショットの捨て糸部分を、ステンレス線にしたもの?? )という先入観があったからです。

 が、実は思うところが有り、先日の西伊豆のハタゲーで試作を作って試したのです。
で、試した結果(これはこれで使えるぞ〜 直リグよりメリットあるかも・・ ハタゲーには)と、思った次第です、なもので実際の動きを河口でより良く見てみようと、試作を作って出かけてみたのです。

 (ま、とりあえずサーフでの飛距離、飛行姿勢、着底感はどうだ ?) と、なんとキャスト3投目に
 ぷるぷるっ! (ん゛? 根掛かり? )(おおっ? 濁ってるし、イシモチ??)
DSC_2544.jpg


 あらまっ 釣れちゃった〜 SMJのチェリー・リグ仕様 (笑) 泣き尺では無く、泣きヒラメサイズで(R)露出オーバーで、写りが白くてすみません。
DSC_2549.jpg

<リグは、ミノー M 115番カラー 4インチに、夏目タングステン21g>

 これから用事で出かけますので、このチェリー・リグ仕様に何故、どこに着目したか ? については、また追記しますねっ

 追記はコチラをクリック
posted by hiramemj at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183541660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック