2018年06月15日

チェリー・リグ仕様の追記

 昨日の話の続き「MJリグのチェリー・リグ仕様」についてですが、根掛かり回避にはオモリの長さが有った方が良いことは、これまでに幾度と書いています。

ですが、その長さということに関しては、2つの形状が考えられますよねっ? 下写真のようにシンカー自体が細長いもの。
18-0615-2.jpg


 と、チェリーリグのシンカーのように、オモリから先の冠(アイ)部分までが長いもの。
 どちらも岩と岩の間の穴に落ちにくく根掛りが減り、且つ、穴をまたぎますから水底を滑るように移動してきて、手に伝わる不必要な振動も減ってきます。
18-0615-3.jpg


 が、飛距離には? 横風には? 着底感度は? では、どっちに分が有るかというと〜 なんとな〜く解りますでしょ? そう後者。
 飛行していく先端部分に重さが集中したほうが、飛行姿勢が安定して横面積が少ないですから横風にも強くなる。

 実はこのことは、メタルジグ VS MJリグにも当てはまることで、一般的な既成概念では「全部金属のほうが、飛ぶ!」と思うでしょ?

 ですが、同じ長さなら全部が金属性よりも、先端部分に重さが集中すれば〜〜 同等レベルの飛距離と横風に強くなる訳です。ですからワーム(リグ後部)が軽ければ軽いほど飛距離アップとなるのですねっ 
しかも先端部分に重さが集中することで、沈下速度が早く、着底感度もアップするのです。

 それじゃ〜 チェリーリグのようなシンカーが完璧か? というと、完璧かそうでないかの問題ではなく、どう使いたいか? の使い勝手。
 引いて浮かしたいというなら、逆に前者。MJリグのナツメ型スタイルがそうゆう意図。
DSC_1249.jpg


 シンカーとワーム部分に距離を置いて、水底からちょい上をワームのフワフワしたサスペンド感を・・ あるいは、掛上がりを確実にちょい浮かして泳がせたいというならチェリー仕様。
 針先が水底から浮きますから針先の根がかりに強く、針先の痛み防止にもメリット有り!

 で、昨日の記述の中で「ハタゲーには・・・」と、書いているのですが、これまでチェリー・リグに目を止めて来なかった第一の理由は、( シンカーが根掛かりしたら、全部ロストになる ?? ) ということ。

 ですが今販売のシンカーの冠(アイ)強度は、オモリだけ根掛かりしたらオモリだけロストとなる強度のものを使用していますから( 今の線強度なら、チェリー・リグ仕様も使えるでしょ・・ )と、ふと思ったのです

 でもって西伊豆で、SMJにチェリー・リグ仕様で試したところ、釣れはしなかったものの2回の根掛かりで、2回ともシンカーのみのロストで、他は生還!という結果に( お゛〜〜 これはゴロタ底のハタ狙いには良いかも・・・ )と、思ったのですねっ

 直リグとチェリーリグとの差は、根掛かり回避率以上に「水底でのワームの浮遊感」の差が大きいと思いますし、例えばこの辺りのサーフでシンカーが水底をこすりながらズル引きしても、針は水底から浮いてますから後部がトリプル・フックであっても根掛りにはかなり有効だと思いますねっ 
E383AAE3839DE383BCE38388EFBC91-thumbnail2.jpg


 しかもSMJではテコの原理が働きますから、ロッド操作せず、ただ巻きでもシンカーが小石にぶつかる度に、ワームがピクピクと動かされる。
 ルアー自体や、ヒラメ、マゴチは始めたばかりで、良く解らない、、、 という方には、より向いてると思いますよっ

 リグとしては、ダウンショット・リグの捨て糸部分を、単に金属線にしただけの様にも思えなくないですが、シンカーをサクッと取り替えるだけでOk!な、チェリー・リグ仕様は、セッティングが簡単なのがよさげですねっ

  あと構造はダウンショット・リグと同じですから、ウネリ時の着底感、底取り感覚は、ジグヘッドを含むワーム・リグの中ではピカイチですねっ 砂地サーフであってもです。

DSC_2552.jpg


DSC_2541.jpg

 SMJ用のチェリー仕様のシンカー、簡単ですから自作して試してみて下さいねっ

 ま、そんなことで、この仕様も実釣しながら、更に検証して行こうと思います。
 明日は、どうかなぁ・・・ 晴れても都合で行けない私。。。 (−_−) 

posted by hiramemj at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183550507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック