2018年07月25日

フックキーパーをシングル・フックに

 台風が来て、釣りが出来ない場合の家での釣り具いじりのご提案!
この時期からハタ・ゲームに気持ちが動く私ですが、そのハタゲーでのゴロタ浜や沈み根の有る場所では、シングル・フックの「針先下向き」仕様を推奨しています。

 「 針先が下向きでは、根掛かりし易いでしょうよ! 」というのが一般的な常識でしょう。
ですから基本ジグヘッドの針先は上向きとなっていると思います。
 ですが水底を20年近く叩いてきた私としては、一概にはそうは言えない! と、思うわけです。

 と言うのも、前回のハタゲー釣行の時にも体感したのですが、水面までホンダワラが生えて浮いている場所だったのですが、最初はMJの最も定番のシングル・フックの針先上向きでキャストしていたのです。

 が、そのホンダワラを引っ掛けて来たり、外れ(切って来る?)はするものの、キャスト毎に海藻ハギレが針にぶら下がって回収してきて、釣り自体が成立しない。。

  引いて切り割いて来られる細さだったから良いものの、強靭な海藻に針が刺さったのなら、それでもうロスト決定。。

( こりゃ〜 やっぱ針先下向きでしょ・・・ )と、変えてみると〜 や〜っぱ、問題解決〜! 
 「針先隠せば? オフセットフックみたいに」というご意見もあるでしょうが、そこがブラックバス釣りでの感覚と、海での感覚の差。

 海用の重たいジグヘッドでは、重さがあるだけにワーム本体が海藻などにぶつかると、針先が出てきてしまうことも多いのです。針先出してるより、出てない方がマシなのは間違いないのですが。。

ま、そこで、これまで針先を下向きにする為に、SMJの楕円形の穴にスナップをつなぐことで、上下逆さまにして針先を下向きにする提案をしてきました。
 巻き上げ進行方向に対して、ワームの下に針が隠れる事で、ワーム本体がウイード・ガードとなり、海藻の引っ掛け防止になるという理屈。
海じか.jpg


 が、( ン?? 待てよ〜 アレを使えばイイじゃん )と、思いついてリグったのがコレ ↓
< ワームps-4インチ、針はシングル Sです >

シングル 下セット.jpg


 ミニセットや、トライアルセットに同梱している「コイル フックキーパー」の活用!
 こうすることでのメリットは〜

1)ふところまで刺さり込みやすく、ふところまで刺されば、よりバレにくくなる。
2)ワームが曲がっても、針には可動域が有って泳ぎが良くなる。
3)現定番のシングルフック仕様では、ワームが針から下にずれて(まがって)回収されることが希に有りますがこの仕様だと、それが解決
 などなど。

 が、ちょい手間が掛かるというデメリットというか・・・有りますが、そういった釣り場状況はそうそう無く、上述のような水底状況での釣り場への釣行予定、あるいは行ってみたら水面に海藻が浮いている・・ が有りましたら、ま、一案として試してみて下さいませ〜〜

< セッテング方法 >

 1)まずSMJにシングルフックを通し、リグにワームを当てて、フック・キーパーのワームへの差し位置を決めます。(フックのゲイブの少し手前がよさげ)
ワームの、その位置にフック・キーパーをねじ込みます。

2)フック・キーパーの冠(アイ)にフックを先端から通して、その後にSMJへワームの先端部をセットして完了! ※ 順番が逆。通常はSMJ ⇒ ワームへのフックの突き刺しですが。


posted by hiramemj at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183998402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック