2018年08月11日

8/11 夕方6:12pmの海状況 + より簡単!キラキラ尻尾仕様

 さて、まずは今日(8/11)の夕方の海状況です。
DSC_2818.jpg


 サーファーさんには波に乗りにくい = 釣り人には嬉しい(笑) 昨日より波もうねりも収まっています。
水質はささ濁り程度で、たま〜に岸際で崩れる波があります。肝心な魚っけは見当たらないですが、お隣浜の釣果情報からすると上向きな模様です。

 釣行予定の方に釣運が有ることをお祈りいたします〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 さて、濁りの時や青物に対してキラキラ光る「フラッシング」が効果的なことは、誰も否定しないでしょう。
 その為に、ワーム・リグにおいてはブレードの設置も極定番なリグ・スタイルな訳ですが、余分なものを取り付ければ付けるほど風の抵抗を受けて飛距離を落とし、また深場では沈下速度も遅くなり、手返しが悪くなります。

 そんな訳で、私はワームの尻尾のキラキラ仕様をオススメしてきました。
 しか〜し! ワームの独特な素材は、接着剤やら、プラスチック・ケースをも溶かしてしまう性質がありまして、くっ付けて数日のうちに使わないと、接着強度が落ちて剥がれてしまう・・・という難点があったのですねっ

 ま、そこで実釣テストで(これならイイでしょ!)と、納得でき、これまでの作り方より簡単で、剥がれない方法を提案致します。

1) まずは、ワーム(画像はPSの5インチ)と、尻尾に貼りたいキラキラ・シートを用意。
DSC_2820.jpg


2)尻尾にシートを合わせます。
DSC_2821.jpg


3)な〜んだそんな事か・・・ と言わないでください(笑) オチが有りますので
DSC_2823.jpg

ホッチキスでパツンと。(笑)

4)そして、菱形もしくは葉っぱ型にカットして完成〜〜
DSC_2824.jpg


で、ここで疑問が出てくるでしょ? (ホッチキスじゃ〜 サビるでしょ!)と。

5)オチは、ジャジャ〜ン! 無いだろうと思って探してみたら有ったのです、ホッチキスの玉のステンレス製!! しかも格安¥194!!
DSC_2825.jpg


売ってるとこは「ヨドバシ.com」

 これまで両面テープで尻尾を作っていた方も、その補強にパチンとホッチキス止めはいかがでしょうか?
ま〜ず外れません、剥がれません。実釣テスト済み。
お試しくださいませ〜〜


posted by hiramemj at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184149492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック