2018年10月27日

10/27 夕方5:05pmの海状況

いやぁ〜〜〜 画像アップしたくない・・・ そんな海なんです。。
ったくもう! 天気は良いのに、海は時化気味、、
遥か彼方の台風ですが、その威力がすごくて余波が押し寄せてきていると思います。
DSC_2994.jpg

で、暗くなってから釣り予定の方は重々ご注意を!
 10分に一回ほど、大波が押し寄せます。水跡を確認して、どこまで押してくるかを確認して立ち位置を決めてくださいねっ 軽く頭上を超えてきて、呑まれたらやばい程のヨタ波ですから。

で、こうゆう波高な時に際に立っていて、うっかり太ももまで波が押してきて、まずい!という状況になったら、何度か書いてはいますが、もう一度。
 まんま後ろへ後ずさりすることは、止めた方がいいですよっ 引き波に足を取られて転倒し、それだけならイイのですが、引きずり込まれたらこの地域のような急深サーフは、さぁ〜大変!
DSC_2995.jpg


 こんな、うっかりモモ辺りまで浸水してしまった場合には、即180度の回れ〜 右!! ですよっ 海と反対方向を向く! そうすると足の踏ん張りが効いて、足を取られる事も無いのです。

 そして、こうゆう押し波が強い時は、浜際にはマウント(小山になったところ)に立って、キャストしましょうね〜 小山と小山の凹み部分でやってると〜 足を持っていかれるのです。私もズッコケ経験有り(笑)

 こんな浜が荒れ気味の時には、静岡方面では大きな漁港が沢山ありますから、羨ましい! 浜がダメでも港内なら釣りもOK! 
 ただ港内では、水底にロスト仕掛けが沢山溜まっていますから、そんな所では〜 

 そう!! 昨日のカキコのDS仕様で!!(ヒラメは、できるだけ潮通しの良いポイント!)

 水底から針先を浮かす、離す、ことで根掛り回避
しながら誘う! と、イイのです。 浜よりも水深がありますから、底を確実に取るにもDSが最適!
( 浜はアウトだから、漁港内でやってみるかなぁ〜)という方は、是非一度DS仕様を試してみてくださいまし〜〜

 SMJから下の捨て糸の長さは、20cm〜40cm程度ならば同重量のジグヘッド以上の飛距離が出ますし、なにせ底取りがコツン!と、明確に解ることについてはピカイチの感度!! 間違いなく根掛り回避しながら、確実にヒラマゴのレンジを探れます。

 そして、DSでのアタリの出方、引きの強さを楽しんで見てくださいませ〜 
違うんですから〜 一体型のものとは、ちょいとばかり(笑)


posted by hiramemj at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184788138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック