2018年12月05日

早速、ヒップ・ウエーダーのレビュー

 天気は良いし、( やや波高? ならばウエーダーのテストには、尚良し! )と、海に行ってきました〜  釣れるなら釣りたいのは、もち! (笑)
DSC_3119.jpg

 まずは勝手結論から。星5つが満点とするならば、★5つをあげましょう!!
買った価格が安かったから? そうではなくて、物として、機能として、耐久性としてもです。
DSC_3110.jpg

 正直なところ懸念は有ったのです、一番の懸念は( 中割れのウエーダーって・・・ どうなのよ? )という事。履いたことが無いのですが、モノとしては鮎釣りウエーダーでは定番の靴底な事は知っています。

 で、履いてみて、( だから中割れがいいのねっ! )と、納得できた事が。
それは靴の中で足が泳がない、横ズレしにくいし、踏ん張りが効く = なるほど! 丸石を渡り歩く鮎釣りには向いているのだなぁ〜 と。

 今年6月に釣行中に私は強捻挫で2ヶ月程まともに釣りにも行けなかったのですが、思えば捻挫の原因が斜めの岩に足を掛け、足が靴の中でズレた事によるもの。なもので( 中割れ・・・ この機能、サーフでもいいかも! )と、余計に納得。

 極普通の靴下を履いて、履く前に少しだけ指先に余裕を持たせて履いて、小1時間、横移動100m程の往復をしたのですが靴下が当たるとか、擦れて痛いというようなことは無かったですね〜 従いまして5本指の靴下を履く必要無しですねっ

 今年は、膝下までの長さのニー・ブーツ釣行が殆んどで、たまに濡れることもありましたが、履き口をヒモで締めるためにズボンは多少濡れても、靴の中がグショ、グショ になる事は無く、まぁまぁ快適。

 ですが、今日もそうなのですが、ここの所の夕マズメでは、あっという間に波が大きくなることもあって、( ニーブーツ・・・ もう少し丈が長ければ・・・ )と、思うことしばしば。。
しかし、今日はその心配も無く、更に快適〜!! 
DSC_3118.jpg

 25cm〜25.5cm というMサイズを購入したのですが、靴中は26cmでもOKかな?という印象です。
 ヒップ・ウエーダーの場合、靴底をゴムで上に引っ張る構造ですから、足裏にソールが張り付く感じで、多少大きくてもブカブカ感が無いと思います。

 久々にヒップ・ウエーダーを履いて、特にMJリグの場合シンカーの重さが気になるところですが、シンカーはズボンのポケットで、出し入れ出来ますからベストの重さも相当軽減。イイ!!

 この手のヒップ・ウエーダーでは「プロックス」社製の物が、アマゾンでも一番売れていて、私も何度か購入して使ったことが有ります。
 色は好き好きが有りますが、私はこれの「スチール・グレー」という色もお気に入りで、違いは中割れということ以外にもう一つ。
 こちらの方が数値より履いた感触で、丈が5〜7cm程長く、この長さが結構プラスに働くと思うのですよっ

 大きな岩やテトラに登って見ましたが、昨日処理した「プラスティー・デイップ処理」は、相変わらず滑り止め効果、砂付き防止効果は抜群!!
DSC_3116.jpg

 総まとめとして、¥5000以上出しても、納得できる商品だと思いますよ〜 宜しければどうぞ!!

ただ・・・ な〜〜んも釣れなかったのが悲しい、、、(苦笑) 
 ウネリは段々大きくなり、明日は波高予報 ? 入るときに開いていた高架下の門が締められていて焦った〜〜 

 ps、ヒップ・ウエーダーは、ズボンのベルトに通してから長さ調整するのでが、その時間も面倒な私は、ヒップ・ウエーダーには、コレ ↓ を付けます。
 長さ調整不要でベルトをしていなくても、ズボンのヘリやベルト通しに引っ掛けるだけでOK! ユザワヤさんなど手芸屋さんに売ってます。2つで¥300位?
DSC_3128.jpg



 
posted by hiramemj at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185144732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック