2019年04月20日

4/20(土)海状況 & オモック??

まずは今日の海15:10pm時点の状況です。

 この時点では、正直なところ ん〜〜〜ン という感じです。まずは右手や斜め方向(南寄り)からの、やや強風と、際から150mほどの幅に渡って濁り有り。
DSC_0059.jpg

 中途半端なウネリと波足で、ラインが波頭と波頭をまたいで、ロッド操作もやりにくい状態。。それでも土曜日ですから5〜6人程キャストしていました。
DSC_0060.jpg


 なんだか暖かくても風が吹いたり、泡だった濁りだったりと釣り人にとってはあんまり嬉しくない状況。
  特に湘南・西湘地域は南風が吹いた場合に、追い風になって釣りが成立する場所、湾内、港内で・・・ということがまずできないので、どうしても釣行チャンスも少なくなります。。
 ま、それでも明日の朝になれば、この程度の濁りも風も収まる可能性充分有りで、あくまで現時点の海という事で

 さて、ナツメ型シンカーの7号(10個入り)が2日ほど切れておりましたが、現時点で在庫有り状態になっております。

 で、以前にも書いていますが、ナツメ型に関しましては「オモリが根掛かったら外れる。。。」ようにはなっておりません、丸形のみです。<ナツメの冠強度アップ>

 どうしてそうしたのかと言うと、
1)昨年だけでもほぼ一年間のこの酒匂の浜(河口はゴロタ)で散々キャストするも、ま〜ロストしない事、しないこと。 こんなに無くならなくて・・・ いいの? まずいの?(苦笑)

2)「根掛かるとシンカーが外れる」事はメリットでは有るのですが、そのことが飛行姿勢に影響を与える(回転する、飛距離を落とす)こともあるのです。 下の画像を見てみて下さい。
 使い始めは良いのですが、水底でもまれたり、根掛回避することで「冠が開い
てくるのです」そうしますと〜 ↓
DSC_0084.jpg

ジョイントとの間に隙間が有りすぎて、回転する原因となるのです。特に横風が有る時に。
DSC_0085.jpg

本来、有るべき状態 ↓
DSC_0088.jpg

 指で直せる硬さですから、直せば元通りライナーで飛んでくれはしますが、ナツメ型でこうもロストが少ないのならば、いっそのこと強度アップして冠がゆがまないようにする = 安定姿勢、安定飛距離 を重視したほうが良いだろうという事なのです。ご了承くださいませ〜
 外れるタイプも別途用意しようかと思っています、ハタ系等の主な釣り場がシモリ根やゴロタ場用に。

 さて、ナツメ型シンカーと言えば 噂のオモック!! 村田 基さんの、このオモックの話題をこのブログで取り上げたところ、そのページのアクセスがググ〜ンと急上昇!! みなさん検索してここに辿り着く???(笑) 村田さんの影響力のすごさを感じております〜
 ま、それででしょうか? これまでほとんど動きにくかった7号(26g)シンカーの売り切れ。。

 多分、こんな感じで試そうと思ったのでしょうか??
DSC_0066.jpg

 考えられる仕様は2タイプ 
1)スナップにシンカー、次にメタルジグ用のアシストフック。直リグやマッキン・リグがこれに当たります。
DSC_0069.jpg

2)シンカーの冠にアシストフックのリングを通して、スナップはシンカーの冠に繋ぐ。
DSC_0068.jpg

 まだキャストテストはしていないのですが、強度はチェック済み。1)、2)とも、針に4Lのペットボトル水入り(約4kg ≒ ヒラメ75cm、マゴチ65cm以上の宙吊り状態)をぶら下げても大丈夫でしたから、ここらの浜で釣れる対象魚には、大物であっても大概はOK!

 まだキャストしていないので、一番気になる所は(エビらないか??)ということだけ。飛距離は飛ぶのは解ります、投げなくとも(笑)メタルジグより風の影響を受けない金属塊なのですから。

 まったく泳がない、色がハゲ落ちたほうが良いというオモックが、非常に良く釣れるというなら、通常のルアーなり、リグ、あるいはメーカーさんには強烈な敵となるのでしょうが、MJリグにおいてはMJのもう一つの使用(&仕様)用途が足された訳で、オモックの出現はMJリグにとってはプラスかな〜〜〜 ??(笑)

 だって現MJリグユーザーさんは、市販アシストフックだけ購入し、元々有るMJシンカーを応用して試してみればいいだけ。カァ〜ンタン!! 
 お試しくださいまし〜〜


posted by hiramemj at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185887489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック