2019年04月30日

令和に釣りは??

 せっかくのGWなのですが、外は雨、、、 
 ネットからの波状況は、太平洋側に低気圧が横這ってる割には小さいようで釣りには支障無さそう。でも、やっぱ雨はね〜〜 
 
 その昔の海まで2時間掛けて、毎回が遠征釣行だった頃の私なら、せっかく来たのだからと多少の雨風でもキャストしてるでしょうね〜 (笑) 明日からは回復傾向ということで、ま、イイでしょう!

 さて、テレビでは平成から令和への新時代の話題でズズっ〜と。まるで2度目の大晦日のような雰囲気。来年はオリンピックも控え、なんとな〜く新時代のような気分もしますよねっ

 そんな中、令和時代の釣りは? 釣り業界は? と、考えるに・・・ 

 ただ 釣る! 釣れる! こと以上に、増々環境保護への意識向上がより一層求められるだろうなぁ〜 と、思うのですよっ 単にゴミをしないというストレートなこと以上に、極力環境に負荷を掛けない釣り、釣り方などなど。

 MJも現在、鉛オモリを使用しながら(ロストが少ないんだから、これ位は・・・)という事に甘えていると言えば甘えているのですが、欧米では鉛素材の物は一切禁止という国も少なくありません。
 きっと令和の時代の間に、日本もそんな感じになるのではないのかなぁ〜 と思います。

 じゃ〜 MJはどうなるんだ ?? と言うと、それはもう2013年の発売前の時点で考えていまして、そうなっても良いように作ったのですよっ

 単純に、鉛オモリをタングステンなり鉄なり環境負荷の少ないものに変えれば良いだけ。むしろ明日にも鉛素材使用不可となったら、それこそMJにとってはチャンス! (笑)

 鉛オモリよりも当然ながら相当単価が上がりますから、リグに求められることは・・・ そうです! ロスト率が低いこと!! 

 そうなってこそ、真にロストが少ないことの有用性が解っていただけるんじゃないのかなぁ〜 ? なんて思ってます。

 で、ネットでMJリグで検索しますと、検索ワードの多さ順にページ下部に出ますが「MJリグ 自作」のワードが上位に・・・(苦笑)
 思うに( そっか〜 自作したいの? でもね〜 そうも簡単に自作出来てしまってはなぁ〜 リグやルアーは、その人の経験値や釣りへの考え方を形にしたモノだし・・ )と。。(笑)

 なもので( ほんじゃ〜 簡単に自作できないものも作ってみようかなぁ〜 )と、去年の今頃試作してみたのがコレ ↓
DSC_0122.jpg


 仮称「MJヘッド」タングステンのシンカーに魚の頭をしたSMJ。
 暗がりにかすかな光でも、ヒラメ、マゴチの下から目線で見上げた時に、目玉がシルエットとして見えるデザインにやら、その他にあんな使い方、こんなセッティング・・・と、アイデアを入れ込んだモノ。

 近頃は綺麗に魚の頭を形どったジグヘッドって多くありますよねっ? そのジグヘッド用に頭部分の無いワームも沢山売られてます。そのワームをまんま使えるように (笑)

 でもね 一旦ボツ!!(笑) 
 実釣して(や〜〜っぱ、ここ改良しなきゃ・・)という所が出てきましたので。

 ネットでの情報があっという間に拡散する時代。
 良くも悪くも、下手なことをすると個々人が簡単に情報発信できますから、怖い時代とも言えます。

 なもので、先に作ってるのに、後から( アレを真似したんじゃないの? )と言われるのは嫌ですし、超カッコ悪く、アイデアを形にする事が売りの私にとっては屈辱、、、
 なもので、一応こんなものを作っておきましたという証です。(笑)

 ま、そんなことでMJリグは次世代の対応はいつでもOKですよ〜〜 ってことで、新時代に更に何がしら新しい案をMJに入れ込みたいと思っております。。

posted by hiramemj at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185934922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック