2019年06月04日

18:30情報と、オススメ「トリプル・フック」

 お隣の浜の海情報では、昨日よりも穏やかになっているらしく、天気予報では「明日は雷雨、竜巻も・・・」と。 なもので、( ナイト釣行突撃するかぁ〜 久々に・・・ )で、GO!

 が、海が見える前に波音で( え゛〜〜っ すごい音・・ ) なんとまぁ昨日の夕方よりひどい高波、と、より増した濁り。。
001.jpg

 お隣の浜は、ジグヘッドを投げれば10カウント以上掛かる急深サーフ。一方このサーフは2〜3カウントで着底。水底、水深状況でも波の大きさは変わってきまして、浅い程波が押しますね〜 どうしても。
 数キャストして、ゴミが絡んで退散! ハァ〜〜〜 疲れる。。ふらふら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 さて、先日釣具屋さんに行きまして( これいいじゃん! )と言うものを見つけましたのでご紹介。
 私自身はシングルフック派なのですが、トリプルフックを2つ付ける方も多いと思います。

 そんな中で、ワームリグに使用する場合のトリプルフックのオススメ品がコレ ↓

で、一般的なトリプルフックとの違い & メリットは
ノーマル.jpg


1)まずは155度と言う開き角度。これは他には無いオンリーワン。一般的なものは120度。
 トリプルフックと言えど、実際には一つはワームに刺すための針として使用する場合が殆どですから、実際に機能するのはWフックとしてです。
 で、ヒラメDSの時やMJキャロを販売していた時のWフックでは、120度の開きをあえて更に広げていまして、釣果実績もうん百。

何故に広角が良いのか? 
そう! ヒラメは左右から口を閉じるから〜〜 チコちゃん風

2)アイ! アイの穴が縦穴でセッティングした時にすっきりセットできると思います。シャフトを使う場合は特に。 ※ SMJで、ワーム頭部に、このトリプルを使用する場合には、スプリット・リングを使用するとバッチシ!縦穴なので。

3)ネムリの入った針先。ネムリ仕様は、掛かればバレにくく、針先が内側向いていますから、水底にコスれにくい = 針先が傷みにくい

  ということで、刺さりが良いとか悪いとかでトリプル・フックを選択する方も多いと思いますが、その前にヒラメの口の閉じ方(左右に閉じて、水底に潜ろうとする)も、頭に入れながら選択してみて下さいませ〜 私がトリプル使うならコレかなぁ〜〜

posted by hiramemj at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186094467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック