2019年07月12日

7/12 4:55pmの海状況

 正直、今日のところは底物にとっては、ん゛〜〜〜ン な、海状況です、、 ふらふら
DSC_0448.jpg

DSC_0447.jpg


 海に到着する前から、底荒れした時に漂ってくる海藻臭が・・・ 見ての通り岸際50m程が泡泡状態と濁りがキツメで、ウネリもやや有り。上物、濁りのイシモチ位なら釣りになるでしょか。。

 せっかくの連休ですから、なんとか楽しい釣りをして頂きたいのですが。。 ま、まだ数日有りますから収束の可能性は有りで、明日からは晴れ予報でもあります。祈るばかりです。

 さて、新しくMINIセットに相当するお手軽セットを、本日アマゾン納品しまして、入庫完了。右の取り扱い画像に加わりました。上から3つ目。

 6号シンカー(22g)でサンプル・セット(SMJを加えたリグの重さ24g ※ワーム重量除く)しておりまして、4000番リールで85回転程度の巻取り飛距離が出てくれると思います。

 人間の目測飛距離表現は、かな〜りいい加減なもので、ウネリや波状況、立ち位置の高さによって、飛んでいないのに飛んでるようにも見え、またその逆も有るのです。
 なもので、あえて飛距離を、より正確な「着底からのラインを張っての、リールの巻取り回数」でお伝えし、商品説明にもそのように記載しております。

 同重量、同一ワームで、他の市販ジグヘッドと投げ比べてみて下さいませ。特に横風が有るとワームリグは回転しやすいので、あえてあえて悪条件下で投げ比べてみて下さいませ〜〜
 多分・・・一体型市販ジグヘッドの30gと、遜色無い飛距離が出ると思いますが。。。

 重くすれば飛びます! が、飛ばすために重くするだけでは置き竿の餌釣りなら良いのですが、ルアー・フィッシングではそれだけでは〜 通用しません!! 強靭な体力が有れば別ですが(笑)

 より軽いながらも飛んでくれることが、ヒラメ釣りメソッドというかサーフでの釣りのド基本の「ラン & ガン」「キャストを繰り返す」、「ロッド・アクション」を、軽快にしてくれるのです!!

 まずはド基本形で投げ試して、他の市販ジグヘッド等とも比較( 飛距離、沈下速度、トラブルレス、多様性、応用性を比較 )して頂いて、その後はそれぞれの地域、釣り場、目的の対象魚に合わせて、個々人のオリジナル仕様でお試しくださいませ〜 の、セットです。

 どうぞよろしくお願い致します。 m(_ _)m


posted by hiramemj at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186265566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック