2019年09月11日

台風去っての夕方の海 5:31pm

 昨日まではダムからの放水案内が有りまして、今日なら多少は良いか? でもゴミが山ほど??と、思いながらもロッド持参で、海へGO!

 さてと〜 海に出ようか、、、 と、西湘バイパス高架下に降りると・・・ 海への門扉が閉められたまま。
(*´Д`)はぁ〜〜 と、しょうがないので別場所へ移動。
 移動してロッドにラインを通していると、ポツポツと雨も。。
 ( くっそー )
海は、時折結構な波が押し寄せまして、水質は嫌〜なコンクリート色の濁り。。
DSC_0748.jpg


 仕事終わりの釣行なのか、この時間からも釣り人が増えだし、5人程があっというまに15人程に。。
で、行く時には何らかのお試し物を持って行くのが私の常で、今回は ↓ コレ
DSC_0746.jpg


 真鍮製の22gのシンカーの使用感触を試したく。。 鉛より比重は軽いが、材質は硬質で簡単には変形せず。が、やはり大きさは一回り大きくなります。凹凸変形しないから、根掛りも鉛より減少。
 比重が軽い分、底取り感度はやや悪くなります。

 巻いてきた感じですと、西湘のような急伸サーフでは掛け上がり地点で鉛の場合には、やや底を叩きすぎる場合も有りますが、この真鍮製はうまい具合に掛け上がり斜面をナメテきてくれますね〜 体積が大きい分、水流を受けやすいことも有るでしょう。

 体積が大きいのですが、飛距離は鉛とほとんど変わらず。キャスト着底地点から、ラインを張ってリール85回転ほどの飛距離を出してくれます。
 散々、ゴロタ石の上を転がしましたが、写真のように塗装のハゲはメタルジグより少なし。見習ってほしい。。。(笑)

 真鍮と言うか、この素材の硬さ、浮き上がりの良さ・・・ いいかも・・ ケース・バイ・ケースで。
DS、チェリー仕様、どん深からの掛け上がりを探るハタゲームには、良さそうな感じでしたね〜

 そうこうテストしている内に大波が来まして、大きめの石がもまれて、スネにゴン! うう゛っ・・・ 気持ち悪ぅ で退散でした。 (笑)

 この分なら、週末には充分釣り可能になってくれそうです、ヨカッタ〜
posted by hiramemj at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186544918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック