2019年09月24日

9/23 夕方のオオモンハタ、サイズアップ。(静岡 kongoさん)

9/23 夕方の釣果です。
台風が去り、風も有りましたが投げないことには釣れません。朝の場所へもう一度行っちゃいました。
風は結構残っていましたが、ぎりぎり着底がわかるくらい。

が、いつもよりは感度は悪く、フグの猛攻にも気づかず…。それでも、1尾は釣りたいと思い粘ってみました。風が吹き、着底までは糸を送り出してのフリーフォールでも60カウント以上。110巻辺りで水深40m位はあるのかしら…、見当もつきません。

ストップ&ゴーで寄せてきて、かけ上がり手前からゆっくりとただ巻で引いて回収…と思った瞬間バイト。
28-01.jpg

重さがいつもと違う、ハタのはずだが別の魚かしら???。小さい針を使っているので、慌てず丁寧に寄せてくると、出てきたのはいつもより大きなハタ28pでした。
28-1.jpg

ハタゲー始めて1か月、今までの小物とは違うサイズに感動してしまいました。
もしかしたら、手の届くところに30p越えもいるのかしらと期待してしまいます。
28-2.jpg

ヒットタイム17:30 波穏やか 水質良好 斜め後ろからの風強く 
MJ+TG28g&丸1号+ダイワリアルグラブ・アジ+トレブル#8
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どうも〜〜 流石に体高が違ってきますね〜 手(チョキ)良く引いてくれたことでしょう
尺オーバーは、間違いなく居るんじゃ? 40オーバーも可能性有り。
着底カウントは、なかなかのシビレル水深みたいですが、それでも(こうすれば、釣れる!)という感触、メソッドが出来れば、待てますね〜(笑)まだまだ水温高く、いけるんじゃないですか??
おめでとうございました〜!! BY 柏木
posted by hiramemj at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186596863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!
プロフィール
名前:akira kashiwagi
基本スタンス = 「底物を制するには、底(水深、水底状況、根掛かり)を制する!」

 2004年から釣り餌では特にメジャーな、「マルキュー」の中のルアー部門「ノリーズ」ブランドのテスターをしております。
 旧及び、現在販売中のフラット・フィッシュロッド 新「ラフ・サーフ88」も、私がプロデュース(基本コンセプト、実釣テスト & 改良提案)させて頂きました。

=取材実績=
「ソルト&ストリーム」「ソルト・ウオーター」「ルアー・マガジン」「投げ釣情報」「つり丸」スカパー「四畳半の狼」(TV)、FM小田原、他

■ リンクはユーザー様からの釣果画像、コメントにつきまして引用不可です。当方の画像は、商用利用の場合はご連絡くださいませ。

リンク集
★ 動画波浪情報
QRコード
最近のコメント
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by ひらめいと (09/22)
なんか・・・感動した 花火 by ゆたりな (07/14)
4/22 30分釣行、行ってきました。<今日の海状況> by hiramemj (04/23)