2019年10月03日

高知県で集中豪雨ですか、、、

 釣りとは全く関係ない話なのですが、高知県で「 一時間に120mの集中豪雨 」で、あっという間に車の天井まで浸水する水位とニュースで。。

 小田原に来て17年、河川氾濫でご近所で床上浸水は有ったものの、その時でもそんな雨量は未だ経験は無し。120mmと言えば、たったの12cm。

たった12cmの降水量で、そんなににひどい状況になってしまうのか?? と、思う方も居るでしょう。あるいは軽く考えてしまう方も、居るかも??

 何度か私の実家が水害に遭い、家が1m以上の土砂に埋もれてしまった実体験被害についてを書いていますが、その時が1時間に100mm以上だったと記憶しています。

 100mmという雨量がどれ程かと言うと、雨どいでは足らずにあふれて、窓から外が見えない状態。。
まるで滝の裏側から外を見る様な状態で、外が見えない程、ひどい雨量なのです。

 ですから「 一時間に100mm 」は、実際に住宅地ではその5倍ほどの水量になると考えたほうが良いでしょう。高い位置から低い位置へと雨量が集中していく訳ですから。

 ま、そんなことで、天気予報で雨量100mm以上集中豪雨かも?? というような予報が出ましたら、それは相当危険なことだと、認識されて行動されることをお勧めします。

 高知県からもオーダーを頂いていますので、気になりましたので書かせて頂きました。。 

 温暖化の影響か、台風にしても集中豪雨にしても、これまでの常識は通用しない・・・ という考え方で居るべきなのでしょうねっ 悲しいかな「未常識」になってしまっています、気候も、、

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186641714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!
プロフィール
名前:akira kashiwagi
基本スタンス = 「底物を制するには、底(水深、水底状況、根掛かり)を制する!」

 2004年から釣り餌では特にメジャーな、「マルキュー」の中のルアー部門「ノリーズ」ブランドのテスターをしております。
 旧及び、現在販売中のフラット・フィッシュロッド 新「ラフ・サーフ88」も、私がプロデュース(基本コンセプト、実釣テスト & 改良提案)させて頂きました。

=取材実績=
「ソルト&ストリーム」「ソルト・ウオーター」「ルアー・マガジン」「投げ釣情報」「つり丸」スカパー「四畳半の狼」(TV)、FM小田原、他

■ リンクはユーザー様からの釣果画像、コメントにつきまして引用不可です。当方の画像は、商用利用の場合はご連絡くださいませ。

リンク集
★ 動画波浪情報
QRコード
最近のコメント
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by hiramemj (09/23)
9/20(日)6:15am 朝の海状況と新SMJについて by ひらめいと (09/22)
なんか・・・感動した 花火 by ゆたりな (07/14)
4/22 30分釣行、行ってきました。<今日の海状況> by hiramemj (04/23)