2019年12月02日

でかいフグが居るようで、、、

 昨日と打って変わって、今日に至っては、激しいゲリラ雷雨も、、、
 昨日は30分ほど、テスト・キャスト。泳ぎ方、セッティングの仕方による飛距離確認などを確認に。

 で、本命釣れず、噛み後からでかいフグに人気な新「カタクチ・ミノー」、、、 ま、フグにも相手されないようだったらまずいかなっ?? (苦笑) 噛み後の大きさから、草フグでは無いですね〜

DSC_0924.jpg


で、MJへの「カタクチ・ミノー」のセッティングですが、オススメは画像のように「お腹側を上にセット」する仕様です。

 お腹が上でも下でも、どちらでも同じなような気がしますが、結構差が出るんです。とんがってるお腹側を上にすることで、風切りが良いのでしょうね〜 飛行姿勢が安定します。

 また、そして寄せ時に、やっぱこれも水切りが良いのでしょう、引き感・巻き感が軽いです、平らな部分の背中を上にするよりは。

 ピンテールを使用する目的の第一は、低活性時の魚にいかにアピールするか?? という事ですから、お腹を上にした状態 = 傷ついた捕食しやすい状態 を演出する為にも、ワームのお腹部分を上側にセットすることをおススメいたします。

posted by hiramemj at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186873504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック