2019年12月13日

12/13 夕方の海状況

 取り急ぎ、夕方の海状況をアップしておきます。

 快晴なのに昨日まではウネリ気味という事で、今日もそうなのかなぁ・・・ と、思っていたところ、「穏やかですよ〜」という情報が入り、午後3時過ぎから一時間ほど行ってきました
DSC_1013.jpg


 情報通り、波低く、風無く、悪くない状況。しかし、肝心な魚っ気が、、、 メッキがバシャバシャしてても良いようなものですが、その気配も無し。

 見渡す限り、釣り人ゼロ〜〜 釣り人が居ないというよりは、この浜自体に車で入ることが出来ないからでしょう。これで魚影でも濃ければ、ガラガラで超穴場になるのですが、、、 そうはいかないのが悲しい。それになんせ今日は「13日の金曜日」ですから〜〜 (笑)
DSC_1014.jpg


11月半ばから12月半ばにかけて、湘南・西湘のアングラーは、盛り上がる静岡・駿河湾に遠征をする人が多いのが例年のパターンでして、その裏返しにこの地域は厳しいという事。。
しょうがない、、

 取り急ぎのアップで、またお知らせしたいことも有りますので追記します。

DSC_1007.jpg


発売中で、記事を投稿いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 追 記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ま、そんなことで昨晩中に追記しようと思っていましたが〜〜 爆睡モードに・・ 
目が覚めると深夜3時前。。 少し経って地震で、完全起床。。

 今年はこのパターンの生活リズムが非常に多く、その理由は前日に徹夜することも非常に多いからなのです。

 一昨日もそうで、朝10時過ぎから仮眠でお昼過ぎに目が覚めて、海へ。
なもので海に行って、帰ってきて、冷えた体が温まりますと〜 我慢しても耐えられないほどの睡魔に。。

 でもって100m区間を往復しての一時間ほどのキャストでしたが、アタリというかブルっとヒットし、寄せながらのバラシが一回のみ。重量感は軽く、それについて見ても居ない魚種をあ〜だこうだ想像したところでしょうがない。。言えることは高々4インチワームを咥え込められない相手だという事。

 30cm前後のヒラメだって、4インチワーム程度は、半分以上のど奥に咥え込んできますから、ま、相手が違うのだろう程度。

 で、発売中の「ソルト & ストリーム 」ですが、、お話が有った時点での主なテーマを聞きますと「釣れない時のヒラメ攻略」とのこと。
 お話を頂いた時は、丁度エコギアの新・ワーム「 カタクチ・ミノー 」がプロトで届いた所でして、そのワームのコンセプトも「 食わない時に使うワーム 」。 タイミング的にはバッチし!!

 なのでしたが、なんせ話を頂いて「締め切りが1週間後なんです」と、、、11月前半は濁りとウネリが続いている状況で、それはいくら何でも海収束にも短すぎ。。 そんな中で強引に書いた記事です。ま、このブログを見ておられる方には、さして珍しさは無いかも。 (苦笑)

 相変わらず大手2社の看板テスターの実釣取材からの〜 その他各メーカーさんのテスターさんらによるテクニック & うんちく

 こう言っては何ですが、「釣れない時」とは、どんな状況を意図するのか? 居て釣れないのか? 居なくて釣れないのか?
 前者の事を指すのならば、散々朝まず目で叩かれ、釣られた後に釣る!というような、食わなかった、釣れ残ったヒラメを釣る!イメージとなりますが、どうでしょうかね〜〜 コレ、、、 
 意図は解らなくも無いが、そこまでして釣りしてますか? という根本的な疑念も無くは無い。(苦笑)

 少し時間を空けて、デイゲームで! と言うならば、私も腑に落ちますが。。

 釣り雑誌において、ネットで充分知らされている情報の補足程度では、どうなのかなぁ〜 ??? と、思いますし、今回のソルストで( おう! いいじゃん、こうゆう記事を増やしてほしいなぁ〜 )と、思ったのが調理方法(笑)
DSC_1008.jpg


 だって〜 そもそも何でヒラメ釣りなの? という、ど基本な事から言えば、食べておいしいからじゃないの?と。 
 釣って帰って、家族から称賛され、料理し〜の。
 そしてヒラメ釣りのラストを飾る、刺身とお酒で一杯! そこでもって超・満足! そして( ヒラメ釣りって、やっぱイイなぁ〜〜 )で、完結〜〜〜 

 本音で言えば、ヒラメなんて大した強い引きでもないし、ジャンプする訳でも無く、また数釣りの可能性も非常に低い魚種で、テクニックあれこれで、ゲーム・フィッシイング的な対象魚には向かないと思うのですがね〜〜

 食してなんぼ!! 食してこそ胃の中の内容物で今の、その地域、その場所での捕食物も解るというもの。それすら知らずして、大して見もしなくて、ルアーは、リグは、あれが良いこれがイイって〜〜 変でしょ??(笑)

 もっともっとその辺りを追求した内容が増えて欲しいかなぁ〜〜 プロのアングラーさんも知らないような、超美味しい食べ方、簡単調理法とか、ヒラメ本来の魅力 !!

 そんでもってこそ、今すぐにでも行きたくなるんじゃないかなぁ〜 ヒラメ釣り(笑)

 今回のソルストでは、雑誌後部の「ヒラメの生態を元にした攻略法」の記事は、内容も重厚で、科学データー的。こうゆう記事がネットでは探しにくく、読みごたえが有って良いと思いますね〜

< お知らせ>
MJリグ、SMJ及びトライアルセット等、全て品切れ状態となっております。m(__)m
再入荷には、しばらく時間が掛かりそうです。。 すみません m(__)m


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186915437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!