2020年01月10日

1/10 昼過ぎ海状況 & 例の新タイプ・ウエーダーの件

 本当は夕マズ目に・・・ と、思っていたのですが、到着してしまったんです。。
昨年の秋に「良いんじゃないの?」とカキコしたタカミヤ製(釣り具のPoint製?)の、自立式のベルトレス・ヒップウエーダー。
DSC_3303.jpg


なもので、そのレビューを書くにも写真写りの良い日が差している間にと、2時過ぎにGO!

まずは海状況ですが、左手方向からの強風。
画像では穏やかそうに写り込んでいますが、ウサギが跳ねだしている感じ?? 
陽気的には完全な春! が、想像以上に風が強く寒い。。 そりゃそうだ、なんたって1月(笑)
何キャストかしては見ましたが、ラインが波頭をまたぎ、MJ+シンカー7号で飛距離的には充分(横風でも、ライナー飛距離)なものの、ロッド操作が難しい状態で、ウエーダーのチェックに移行。

DSC_3320.jpg

DSC_3321.jpg

で、新・ウエーダーで水に入ったり、あえて靴底に砂が付いたままでテトラ & 岩に上ってみたりの、履き心地、歩き心地、滑り度チェック。ずり落ちて来ませんよっ 

 耐久性、暑くなってきた時の蒸れ感など、ウエーダーの評価ポイントは有るにせよ、サイズやタイプ(ラジアル底? フェルト底?)で、高くても¥7000代で収まる価格帯からすれば〜〜 これまでのヒップウエーダーが100点とするなら、150点あげてもイイかなぁ〜と言う位、快適ですね〜 ベルトレス。
シルエットもシュッとしていて、カッコいい。
DSC_3314.jpg


 ヒラマゴにも良いし、キス釣りの方もこれなら波が来て逃げなくてもいいんじゃないかなぁ〜〜 また、春解禁となる渓流釣り(フェルト底)でも、良さそうですねっ
もう少し履き試しして、レビューしたいと思います。ちなみに私の足サイズは、普段履きが25cmで、フェルト底のMを選択。どちらかと言うと中はやや細目かなっ?? 
甲高、幅広の方は、ワンサイズ上をオススメします。
DSC_3308.jpg

※ このレフレフ??の、ゴム部分が、岩 & テトラ上で効果発揮しますねっ 思ったよりも (笑)

 とりあえず今日はこんなところで。
ご興味ありましたら、アマゾンならここをクリック

良い、釣り日和な連休になりますように!!

posted by hiramemj at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187018744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!