2020年01月16日

明日からフィッシング・ショー

さて、明日からフィッシングショー(改 フィッシング・フェスティバル)が、例年と同じく、横浜のみなとみらい「パシフィコ横浜」にて、明日は午後から、そして土曜日、日曜と開催されます。
555.jpg

 去年の12月中旬頃から(そろそろフィッシングー・ショーについて、告知しなければ・・・ )と、思いつつズルズルと今日になってしまいました。。

何で今日まで遅れた??
という事の本質を考えると〜 これまで私はブログ内で紹介したり、提案するものは、私自身が経験上(ま〜 喜んでもらえるはず!)と、確信(勝手な判断ではありますが・・)有った物だったり、事だったします。

 先日紹介した「ベルトレス・ウエーダー」にしてもそうなのです。
あのウエーダーに対して(引っ張るベルトが無くなったのねっ?)と、とらえれば、たったそれだけの事。

 ですが! ウエーダーは、ヒップ・ウエーダーに限らず、ウエスト・ハイ、チェスト・ハイ・ウエーダーにしろベルトが無ければ、身に着けられない代物だった訳です。半世紀、50年以上前から。
 そのベルトを無くして履けるという事は、超!画期的、革命的な事だと思うのですよっ

 なもので私が購入した第一理由は、ウエーダーが古くなったから買い替えたというよりは、そのアイデアを、その構造を高評価したから、と言っても良いでしょう。4足も履けるの有るのに購入した。
 ベルトが無くなるだけで、どんだけ簡単に、楽に、素早く履けることか。。

 話は反れましたが、私がフィッシング・フェスティバルの告知案内が遅れた根本がそこに有ると思うのです。
 新製品を見たり、知ることは出来ますが、入場料払ってめちゃくちゃ楽しいか? お得か? と、聞かれれば・・・ 自信を持ってハイ!と、答えられない・・(苦笑)

 だって〜 数か月たてば店頭で見る事も、触ることも出来る訳でしょ? そして、その新製品に関しては、明日以降、すぐにネット上で「詳細に」アップされ、情報収集できる。。
 
 一昨日、ユー・チューブ動画を見ていましたら、あの村田 基さんのアップしたばかりの動画が、横に表示されたので、思わずポチリ。

 そうしますと〜 フィッシング・ショーについても語っていまして、( まさしく、そうですよね〜 )と。.

https://youtu.be/MAR9WITna5w?t=1060

誰のためのショーなのか?
主役は誰なのか?? 

ズレてると思う訳です、私も。
主役はメーカーでは無く、アングラーさん、釣り人さんにしないと・・・と、思うのですねっ

 主催が一般社団法人日本釣用品工業会なのですが、 http://www.jaftma.or.jp/

 どうですか? 
 私もジジィですけどねっ(苦笑)もっと若い人やら、新しい考え方・時代をサッチ出来る人「本当に、釣りが大好きな人! 愛している人」を、メンバーにしないと〜〜 

 何だ! あいつは業界側のくせに!! と、お叱りを受けそう・・・ (苦笑)ですが本音です。
あえて今後の釣り業界の方向転換、発展を願って書きました。 

 一案なら「個人で参加できる、釣り具のフリーマーケット・ブース」なんか有ったら面白いんじゃないですか?? こんだけメルカリが流行ってるし、コミック・マーケットなんぞ幕張メッセで3日で約50万人動員?

要らない、使わなくなった釣り具を持ってる人も山ほど居るはず。。 売れた人も、安く買えた人もウイン・ウイン!! 

 要は、来てくれるお客さん側に、いかにメリットを与えられるか? 楽しんでもらえる企画が出来るかどうか? だと思うのですよね〜〜 どうにもその辺が、業界の為の業界側のショーのような・・・(苦笑)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187042569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!