2020年03月20日

釣行に「光触媒」!(追記有り)

※  まずは、MJリグの在庫場所についてのお知らせです。

 私の住所は小田原でありますが、アマゾンでのMJリグ及び、その他の付随商品の在庫場所は、アマゾンの小田原営業所には1個も有りません。

 本来は住所に近いところが私も納品送料が安くて良いのですが、アマゾンの何がしらの蓄積データ? から、納品先が自動的に指示され、その倉庫に発送するようになっているのです。
9割が岐阜県多治見市のアマゾン倉庫に在庫されています。 

 ご存知の方も居ると思いますが、コロナの感染の事が有りまして、安心頂くためにあえてお知らせしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう世界中がコロナの話題で一日中・・・
 私も何十年も前ですが、風邪をこじらせて肺炎で1か月入院した経験も有りますけどねっ、そうも怖がる必要無いと思っているんです。軽症で回復する人も多いですし。 

 そうは言っても、毎日コロナ、コロナで、得体も知れず、何となくビビってしまいますでしょ? マスクだって、まともに手に入らないし。。

 で、昨日ですねっ とあるテレビ報道、討論番組で「光触媒に注目してください! 調べてみて下さい」との提案が有り、早速色々調べてみたんです、より安心して、釣行が楽しめたほうが良いだろうと。。

 調べてみると「光触媒」とは、除菌だけではなくインフルエンザ・ウイルスを99.9%「分解」してしまう効果が以前から証明済みとなっているという事。

 これまで光触媒は、防汚、消臭、が中心として、家の壁の塗装用にとアピールされてきたのですが、今、光触媒でのウイルス分解効果が注目されつつあるようです。



 但し、今流行のコロナに有効かは、まだ正確には実証されていません。
 が、インフルエンザも実はコロナ(王冠型)ウイルスで、その構造は80%近く同じだという事は、すでにテレビで医学者の方々が明言されているのを見たことが有ると思います。

 今流行のは「新型・コロナウイルス」と呼ばれてるでしょ? 
ならば、旧型は? インフルエンザの事でしょ? (笑)

 光触媒機能を有した「空気洗浄機」も有るのですが、私が注目したのは安価でお手軽なスプレー式。何故かと言うとマスクに一回スプレーすると、洗っても効果持続、効果も何か月も有りと言う優れモノを見つけたんです。

見た目はドラッグストアーに売ってある除菌スプレーや消臭スプレーのようですが、期待される効果が、全く別物。

 通常の除菌スプレーは、毎日毎日シュッシュッ! する感じでしょ?
 マスクが手に入りずらい状況下に、たった1回のシュッ!で、長期間効果あるならば、マスクを繰り返し使えのであれば、非常に役立つと思います!! 良いと思いますが、いかがでしょ? 画像クリックでアマゾンへ飛びますので、左側の商品説明を是非ご覧くださいませ。



 様々ネット・モール、ショップで検索しまして、もっとも安価で、気軽にお試し出来る価格のモノだと思います。



 で、用途と効果は 大事なところに青下線を引いてみました。
光触媒 100.jpg


 そもそも菌とウイルスの違いも多くの人は解っていない。私もそうでしたが(苦笑)
コロナ大きさ.jpg


サイズが全然違う・・・ だからマスクをしてても、通り抜けると言われてる。
でもそのマスクに光触媒で、マスクを通り抜ける前にウイルス分解出来れば〜 安心。

 釣り行くにも、安心が大事ですよね? なものでより安全に外に出かけられる物、事を提案できればと、ちょっと勉強してみました。

 、元はと言えば、防汚、消臭効果で販売されたものなのですが、今後ウイルス分解の効果で注目されるんじゃないかと思います。

〜〜〜〜〜 追 記 = 早速注文して到着 〜〜〜〜


 夜注文し、な〜んと翌日の朝8時半に到着〜 サイズ感はこんな感じです。
DSC_3471.jpg


 感染防止のマスクさえ手に入りずらいですから、まずはマスクに使用してみようと思います。一回のシュッ!で、マスクが繰り返し使えますしねっ
DSC_3477.jpg


 ちなみに商品に同梱されてた「使い方」として、こんな提案も。
1111.jpg


 私もそうなんですが、うちには大事な大事なワンコが同居(笑) 中国では犬にもコロナ感染事例が有るという事も有っての注文。

 これがもしも新型コロナに役に立ってくれればなぁ〜 と、思います。釣りにも安心していけます(笑) 

 ちなみに、 すでに実証済みなものとしては、何年か前に小さな子供たちへ感染し、大問題となった「O−157」、「鳥インフルエンザ」「ノロウイルス」を分解し、死んだ菌まで無害にするという、細菌除去にもと、多岐にわたるとの記載も注目です。


posted by hiramemj at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187291757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!