2021年08月28日

8/28 釣りも禁止! ってこと??

 随分と海写真・海状況を報告しないままにしておりましたが、せめて今の海がどうなってるくらいは写真を写してアップしておこう・・・と、ワンコの散歩がてらに出かけてみました。

が、、、

DSC_0158.jpg


 防波工事していたのは知ってましたので、( 工事の影響で?? )と、思いましたが、看板をよ〜く見ると
DSC_0160.jpg


 海から歩いて戻ってきた方に聞きますと「 ここだけじゃないですよっ 他の場所もそうです 海に出れない所も多いです 」と、、

私もつい「 何なんでしょうかね〜 ?? 釣りほど安全な趣味は無いんですがね〜 」と。
 
 そりゃ〜 ソーシャルディスタンス、通気、オゾンがばっちりな海でさえダメだというなら、店内での飲食に制限掛かってしまうだろうと思う訳なんですが、私個人としては以前も書きましたが、基本このブログ内で政治的な事には触れたくないのですが、どうにもおかしい状態になってると思うんです。

 そもそもコロナ流行で危機とされていたのが致死率。掛かってしまうと死亡率が高いから怖いというのは昨年の春の話。

 そんでもって、今はこれまでに無い感染者数急増で大騒ぎしているのですが、感染者数は去年の最高値を優に超えてきている自治体も山ほど有るのですが、実は今日時点でも昨年の死者数のピーク時の1/3も無いんです。もちろん、コロナで亡くなった方々を軽んじてるわけではないのです。

 ただ・・・ コロナが流行する前に、インフルエンザでの感染者数が毎年毎年1000万人以上出ていて、その事での死亡者が、これも同じく毎年約14000人ほど居たんですが、インフルエンザでの感染者数、死者数報道聞いたことあります?? コロナでの死亡者より多かったのですが ??

 そして、このコロナでの昨年からの累計死者数がインフルエンザ死亡者とほぼ同等で、一年間で約14000人前後、逆に今年インフルエンザに掛かる人が、ほぼ皆無となっています。 
 要するにインフルエンザ死者数とコロナでの亡くなった方々の数字が入れ替わってる。。

 コロナがSARSやMARSのように本当に危険と言うならば、パラリンピックを開催している場合ではないと思うのですが、現に実施されていますし私個人的にも選手を応援しています。

 いろんな情報が拡散されて、今は混とんとしていて( いったい何を、どれを信じたらいいの?? )という現状だと思いますが、所詮コロナであろうとインフルであろうと、個々人がやれることは決まっているのです。きっちりマスクして、ディスタンス取って、マメに除菌・殺菌を行うという事しかできないんです。やることやってて掛かってしまったら、これはもうしょうがないのです。

後は、個々人の自由意思になりますがワクチンを打つかどうか。。

 しっかしまぁ・・ 日本は、人口約1億2000万人の国で、約160万床の世界一病床数の国なんですよっ なのに、重症患者が2000人で医療崩壊って・・・ はぁ〜 ?? 

 勿論、現場の医療従事者の方々には、休み無く、夜昼関係無く全力を尽くされていることは、みぃ〜んなが知っていて、感謝しかありません m(__)m 

 ただ今日のニュースでも、いち早くコロナ患者を受け入れた病院が倒産したとか・・・
  美容整形やってる医師も医師免許が有り、そっちの病院は儲かり、必死でコロナ患者救おうとした病院が倒産って、、、 そんなぁ〜〜 どして??  おかしいよ!!絶対。 そう思うこの頃です、、


※ 改良版 SMJ(スーパー マルチ・ジョイント)は、99%仕上がってまして、後は作るだけ状態にはなっています。
 が、世の中こんな状態なものですから、( 新しいSMJ完成!! さぁ〜 釣りに行きましょう! )とは、、、 
 
 寿司職人、ラーメン職人、あるいは包丁を作る匠、、 様々な職人やご商売されている方々は、世の中がどうであろうと、ただただひたすらこれまで通りに、喜んでくれる人が居るならば・・・と、黙々と、今自分にできる仕事をコツコツと継続するのみ!! で、良いとは思うのですがね〜〜

どうにも気分的に、すっきり収められない、、
posted by hiramemj at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188957216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!