2018年04月21日

不可思議なサーフ

 この地で釣りを始めてから16年目。東は茅ヶ崎漁港東へ1k程から柳島、相模川両岸、ずずっと来て平塚サーフに大磯海岸。
 そしてそこからさらに西へと小田原漁港まで20km位あるでしょうか、その間でキャスト漏れしているところは殆ど無いのですが、その中でも唯一、今もって不可思議な浜が、山王川右岸から御幸の浜までの1.5k程の区間。
山王右岸.jpg

(グーグルマップより)
 
 画像にありますよう、際から60mほど先に、沈みテトラ帯が有るのですが、あえて再チャレンジとして山王右岸(黄色枠前のサーフ)へ行ってみました。
 山王川左岸を見ると、もう〜〜 入り込む隙間なく、釣り人がズラリと。今日なんぞは土曜日でどこの浜も人だらけのはず。

 なのにここの左岸はというと〜 ま〜〜 釣り人が居ないったら驚くほどで、
 
DSC_2393.jpg


DSC_2395.jpg

<10:30am頃>

見渡す限り、数百メートルに渡って釣り人ゼロ! きっと明日もそうですよっ(笑)
さて、その原因は一体何なのか?? 上の写真を見て頂いて分かるように、見た目には文句の無い誰もが(釣れそう・・・)と、思うような浜です。

 車を止めるスペースが無いからか? 
  沈みテトラが有るから(Google黄色枠)、投げればまたぎ、投げ釣の方には厄介なのか? 
   沈みテトラが有るから魚が寄って来れない?

 私もこれまで5〜6回は行っては見たものの、釣れたのはカサゴとホウボウのみで、フラット釣果無し。ただフラットのメイン・シーズンに行ったことが無く、実際のところはどうだか不明。。
 釣れるという情報も殆ど無く、釣れないから空いているのか、上記の理由で空いているのか、まったく今もって不明。

 多分、今後ずっとGWであっても空いてる浜なのだと思うのですが、ほんと不思議な浜なのです。
DSC_2396.jpg


 で、結果から言うとやはり今日もノーバイト、、、 釣ってる最中は誰も居なく、浜独占状態、ストレス無しで最高なのですがね〜〜(苦笑)

 しかし、こんなイイ浜なのに、何がどうなってる? と、本日も不可解なまま退散でした。。
それでもテトラをまたいでいるのがMJから手に伝わってきて、そんな水底を探ってロストがゼロだったのが唯一の収穫。

posted by hiramemj at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月19日

4/19 午前10時過ぎの海状況

 今日辺りから週末に向けて「真夏の気配・・・」との、天気予報で、その前にどんなんかなぁ〜 ?と、海に。出掛ける前から若干風有るか?? という感じでしたが、ま、とりあえず行ってみるか〜

 ン゛〜〜ん 1昨日からの荒れと雨の余波がまだ残っているという感じでしょ
うか? 岸際から10m以上、波が押してくるでしょうかね〜
DSC_2389.jpg


 キャストしている間にも段々と濁り&風が増して来て、浮遊ゴミもちょくちょく引っ掛かって来て、(もう一晩有ればこの波も落ち着く??)でしょ、ということであっさりギブアップ!
DSC_2390.jpg


 しかしや〜っと暖かくなりましたね もう防寒対策は必要無いでしょう。半袖までとは行かないまでも、薄い長袖だけで充分でしょう。

 先月紹介したこの手袋は、まだ3月は寒くて、右手人差し指だけカットしてましたが、今は両手指3本カット。もう少し暑くなったら5本カットねっ。
DSC_2391.jpg


 革製の手袋も随分使ってきたけれど、最初はイイが伸びてきちゃうんですよね〜
 その点、これは安くてジャスト・フィットして、ゴム張りでロッドのグリップのEVA製と相性ばっちりグリップ力も良い。
 3ヶ月持ってくれ、一年に4度買い換えたとしても革製の価格の半分程度でコスパはGOOD!指先を好き勝手に切れるのがイイですね〜〜(笑)

posted by hiramemj at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月13日

これだからなァ、、

( 明日の午後から荒れ予報?  もう今日しかないのか?)
 と、潮の下げを確認して、11時過ぎから海に出かけてみました。
DSC_2383.jpg

 若干横風が有るものの、ささ濁り程度に小ウネリ程度。ベイトは見当たらないものの釣りには良好な方。

河口方向を見ると鳥山では無いですが、カモメさんが群れている。
 浅い + ゴロタ水底は嫌いですが、キャストしながら移動して行きますと〜〜 
 なんとまぁ〜 あっという間に暴風になり、今にもウサギが跳ねそうな真横からの風に・・・

DSC_2384.jpg


 なんでこうなるの! と、思いましたが、(そうだった、今日は13日の金曜日ねっ) と、勝手に納得退散でした(苦笑)

posted by hiramemj at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月10日

ちょっと河口まで

 この酒匂川河口が大きく西側へ移動してしまっていることはお伝えしましたが、行ってはいなかったですし、明日からかなりの強風との天気予報で、お昼前からちょいと

 浜の駐車場に着きますと、快晴弱風ですが際から100m程とその向こうと、くっきりと濁り部分の線が出来ています、、
DSC_2375 (2018-04-10T12_06_46.864).jpg


小ウネリという感じでしょうか。やはり思った通り、旧河口位置は広くゴロタ石で敷き詰めたれた水底で、70m以上キャストしてもリグからゴツゴツと振動が伝わってきます。
DSC_2378 (2018-04-10T12_06_48.022).jpg
 

 遠い・・・ 駐車場から200m?
DSC_2380.jpg


 河口は近辺の水底状況が解りましたので、砂地のある場所へ横移動。
 アングラーさん数名ほどキャストしていましたが、ヒラマゴはお留守のようで、私もフグかじすら無しのノーバイト、、 一時間半程のキャスト終了〜〜 帰る頃になって濁りが薄くなってきました、、、
DSC_2381 (2018-04-10T12_06_51.087).jpg





posted by hiramemj at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月08日

なんとまぁ〜 釣りできたのかなっ??

 昨日の夕方のうねり方、そして天気予報での「雪の降るところも・・・」予報から、てっきり大荒れか??と、思いましたが、朝の海情報を見てみましたらそれほどの波足でも無かったようで、、、

 ま、ン百億?掛けた気象予報衛星をもってしても天気予報も外れるのですから、ホント海予想は難しい・・ 特に波に関しては、晴れてても関係無しだったり、遅れてやってきたり、あるいは今日みたいにダメだろうと思っていたのがそうでもなかったりと。。

 さて、話は変わり、みなさんも色々なブログやらHPを見て、ヒラメに何が良いのか情報収集していると思います。
 そうしますと、プラグであったりメタルであったり、ワームであったりと様々なルアーで釣れている事は当然ご存知だと思います。

 そしてカラー! 
 どうでしょうか? どの色が一番釣れるとは決め難いのではないでしょうか?? そのくらい色々なカラーだったり、縞々模様だったりで釣れていますよね?
 魚の目は色盲という説が主流なのですが、いや!識別できるだけの目の構造は有る! という説も有りまして・・・

 ですがこうも主食のカタクチ・イワシとかけ離れた色で釣れている現実を見るに、私の勝手な解釈としては、やっぱ色盲じゃないの?と思ってしまいます。(笑)
 実は私も赤緑色弱でして、学校での色覚検査の日には嫌で嫌で。。。 友人に「何でそんな数字に見えるの?」と何度笑われたことか。。(爆)遺伝で兄貴も。

 ま、難しいことはさておいて、理屈はともあれ要は釣れりゃ〜 イイ訳でして・・ 

 ヒラメ釣りが何でこんなにブームなのか?と言えば勝手論ですが、「要は簡単だから」なのです。
 確かに爆釣なんてまずないですし、良くても3枚も釣れれば御の字。
 高級魚で美味しい!ということも有るでしょうが、やっぱ数は釣れなくとも居れば意外にも簡単に初心者でも釣れる!そこに尽きると思うのですねっ

 今、ヒラメ釣りにハマっておられる方も、難しいと思っていたが、意外にも( あれ? 釣れちゃった〜 )という経験値からなのではないでしょうか??
 本来そうなのですが、世間ではやたら、あえて難しいものにしようとしているように思えて仕方がないのですよね〜〜〜 (苦笑)

 どんな色でも、そんな素材でも釣れるなら、あとは簡単!!
食いやすいところを通してあげれば良いという単純なこと。

 ですが、難しいとするならヒラメ釣りが難しいのではなく、自然相手攻略が難しい。。
波だったり、ウネリだったり、濁りだったり、根掛かり水底だったりの中で「食いやすいところを通してあげる」事。

 逆に言えば、どんなに釣れてる色だったり、魅力的なアクションでも、食いにくいところを通ったのでは、食いにくいでしょ?

ねっ?

posted by hiramemj at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!