2018年05月05日

5/5 夕方17:35pmの海状況

 取り急ぎですが、夕方の海画像をアップしておきますね〜 ま、予想は大体当たりかなっ?わーい(嬉しい顔)
やや横風有るものの、水質良好で、波は低い方。
昨日から比べれば、押し波も随分収まっています。

DSC_2432.jpg

DSC_2434.jpg


 明日のGW最終日、いい釣り日和になりますように!! (´人`)


posted by hiramemj at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年05月04日

5/4 難しい天候。。

早朝から天気は良いもの強風。。
そして時間経過とともに、さらにパワー・アップ、、 自転車があおり倒される音も・・

海画像を写しに行く予定でしたが、「ゲリラ雷雨があるかも??」とのテレビから流れる天気予報を見るに、うかつにオススメもできない。落雷が有ったら危険ですし。雷

(夕方には、止むでしょう!)と、思いましたが、まんま止まず。。 現時点 21:45pmでようやく収まってきています。天気予報の「雨」は結局降らず、快晴のまま移行し、要は天気予報もあてにならないというか、予想が難しいのでしょう。

 お隣浜の今日の朝海状況(国府津・内田釣具店様の動画共有させて頂きました)では、風&ウネリ有り。波足は長そうですが、パワーは無さそうで、明日以降に収まってもおかしくない状況。


今晩一晩でどこまで収まてくれるか・・・ 大潮から中潮に移り、多少は収束傾向にあると思います。波もそうですが、それよりも強風対策。
 ラインが風にあおられて湾曲。そしてルアー&リグが想定以上に浮き上がってくるはず。

 ともすれば本来水底を探るルアー&リグが、表層まで引きずり上げられます。キャストどころか、ロッドを握っているのもやっとという強風ではどうしようもないですが、それ以下の強風ならば、沈み込みの良いMJリグを!!

 あえて、このような悪条件下で、同重量のジグヘッドと投げ比べて頂き、違いを感じて頂ければ・・と、思います。
DSC_2431.jpg


 GW後半、天気が味方してくれますように!!
 そしてこのGW中、仕事をしておられた観光関連サービス業の方々は、もう少し!
遅れての代換え休みを楽しみに、もうひと踏ん張り!!頑張ってください。グッド(上向き矢印)


posted by hiramemj at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月27日

4/27 GW前、夕方(17:05pm)の海状況

 GWを前に、写しておかねば・・・と、行ってきました。

 一昨日の大雨が、尾を引いてます、、、 特にここの浜は、降れば大増水の酒匂川を控えていますから、余計にです。 際から50m間に、濃くはないですが濁りがありまして小ウネリ有り。
DSC_2413.jpg


 水質、うねりにしても釣れない状況ではないのですが、それよりも厄介なのが浮遊ゴミ・・・ これが醜い。
あるある状況ですが、際5m程が泡立っていて、PEラインに海苔みたいのが引っ掛かって来る状態って有りますでしょ? それです。。 ガイド絡みしてきますから、非常に厄介、、
DSC_2412.jpg


 最初はシングル・フックの下向き仕様でキャストしていたのですが、その後ワームサイズを5.5インチから、飛距離アップに4インチに変え、針先上向きに変えると〜〜 
 今度はフックにもホンダワラなど海藻が、頻繁に引っ掛かって来ます。やはりワームが先行し、その後(ワーム下)から針先が付いてくる下向き仕様は、ゴミ絡みにも強いのです。

 10kg以上あろうかという大きなホンダワラが引っ掛かり、それのやり取りで腕パンパン。退散です。。ふらふら

 本来砂地である場所がゴロタ浜となっていて、押し波による水跡からも、昼間は結構波が押したようです。行った時間は、ほぼ干潮時間でしたし。
DSC_2414.jpg


 ま、しかし、このゴミも明日の朝までには、かなり収まってくれるのではないかと思います。
明日からのGW前半は、好天気だとの予報。

 釣行予定の方に、釣果がありますように!! (´人`)


ps、今さっき(19:20pm)頃、釣れました〜とのメール。
 釣れた場所からアドバイスしますと、ゴミよけに大きめ河川からはちょいと離れたほうがよさそうです。

posted by hiramemj at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月21日

不可思議なサーフ

 この地で釣りを始めてから16年目。東は茅ヶ崎漁港東へ1k程から柳島、相模川両岸、ずずっと来て平塚サーフに大磯海岸。
 そしてそこからさらに西へと小田原漁港まで20km位あるでしょうか、その間でキャスト漏れしているところは殆ど無いのですが、その中でも唯一、今もって不可思議な浜が、山王川右岸から御幸の浜までの1.5k程の区間。
山王右岸.jpg

(グーグルマップより)
 
 画像にありますよう、際から60mほど先に、沈みテトラ帯が有るのですが、あえて再チャレンジとして山王右岸(黄色枠前のサーフ)へ行ってみました。
 山王川左岸を見ると、もう〜〜 入り込む隙間なく、釣り人がズラリと。今日なんぞは土曜日でどこの浜も人だらけのはず。

 なのにここの左岸はというと〜 ま〜〜 釣り人が居ないったら驚くほどで、
 
DSC_2393.jpg


DSC_2395.jpg

<10:30am頃>

見渡す限り、数百メートルに渡って釣り人ゼロ! きっと明日もそうですよっ(笑)
さて、その原因は一体何なのか?? 上の写真を見て頂いて分かるように、見た目には文句の無い誰もが(釣れそう・・・)と、思うような浜です。

 車を止めるスペースが無いからか? 
  沈みテトラが有るから(Google黄色枠)、投げればまたぎ、投げ釣の方には厄介なのか? 
   沈みテトラが有るから魚が寄って来れない?

 私もこれまで5〜6回は行っては見たものの、釣れたのはカサゴとホウボウのみで、フラット釣果無し。ただフラットのメイン・シーズンに行ったことが無く、実際のところはどうだか不明。。
 釣れるという情報も殆ど無く、釣れないから空いているのか、上記の理由で空いているのか、まったく今もって不明。

 多分、今後ずっとGWであっても空いてる浜なのだと思うのですが、ほんと不思議な浜なのです。
DSC_2396.jpg


 で、結果から言うとやはり今日もノーバイト、、、 釣ってる最中は誰も居なく、浜独占状態、ストレス無しで最高なのですがね〜〜(苦笑)

 しかし、こんなイイ浜なのに、何がどうなってる? と、本日も不可解なまま退散でした。。
それでもテトラをまたいでいるのがMJから手に伝わってきて、そんな水底を探ってロストがゼロだったのが唯一の収穫。

posted by hiramemj at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月19日

4/19 午前10時過ぎの海状況

 今日辺りから週末に向けて「真夏の気配・・・」との、天気予報で、その前にどんなんかなぁ〜 ?と、海に。出掛ける前から若干風有るか?? という感じでしたが、ま、とりあえず行ってみるか〜

 ン゛〜〜ん 1昨日からの荒れと雨の余波がまだ残っているという感じでしょ
うか? 岸際から10m以上、波が押してくるでしょうかね〜
DSC_2389.jpg


 キャストしている間にも段々と濁り&風が増して来て、浮遊ゴミもちょくちょく引っ掛かって来て、(もう一晩有ればこの波も落ち着く??)でしょ、ということであっさりギブアップ!
DSC_2390.jpg


 しかしや〜っと暖かくなりましたね もう防寒対策は必要無いでしょう。半袖までとは行かないまでも、薄い長袖だけで充分でしょう。

 先月紹介したこの手袋は、まだ3月は寒くて、右手人差し指だけカットしてましたが、今は両手指3本カット。もう少し暑くなったら5本カットねっ。
DSC_2391.jpg


 革製の手袋も随分使ってきたけれど、最初はイイが伸びてきちゃうんですよね〜
 その点、これは安くてジャスト・フィットして、ゴム張りでロッドのグリップのEVA製と相性ばっちりグリップ力も良い。
 3ヶ月持ってくれ、一年に4度買い換えたとしても革製の価格の半分程度でコスパはGOOD!指先を好き勝手に切れるのがイイですね〜〜(笑)

posted by hiramemj at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月13日

これだからなァ、、

( 明日の午後から荒れ予報?  もう今日しかないのか?)
 と、潮の下げを確認して、11時過ぎから海に出かけてみました。
DSC_2383.jpg

 若干横風が有るものの、ささ濁り程度に小ウネリ程度。ベイトは見当たらないものの釣りには良好な方。

河口方向を見ると鳥山では無いですが、カモメさんが群れている。
 浅い + ゴロタ水底は嫌いですが、キャストしながら移動して行きますと〜〜 
 なんとまぁ〜 あっという間に暴風になり、今にもウサギが跳ねそうな真横からの風に・・・

DSC_2384.jpg


 なんでこうなるの! と、思いましたが、(そうだった、今日は13日の金曜日ねっ) と、勝手に納得退散でした(苦笑)

posted by hiramemj at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月10日

ちょっと河口まで

 この酒匂川河口が大きく西側へ移動してしまっていることはお伝えしましたが、行ってはいなかったですし、明日からかなりの強風との天気予報で、お昼前からちょいと

 浜の駐車場に着きますと、快晴弱風ですが際から100m程とその向こうと、くっきりと濁り部分の線が出来ています、、
DSC_2375 (2018-04-10T12_06_46.864).jpg


小ウネリという感じでしょうか。やはり思った通り、旧河口位置は広くゴロタ石で敷き詰めたれた水底で、70m以上キャストしてもリグからゴツゴツと振動が伝わってきます。
DSC_2378 (2018-04-10T12_06_48.022).jpg
 

 遠い・・・ 駐車場から200m?
DSC_2380.jpg


 河口は近辺の水底状況が解りましたので、砂地のある場所へ横移動。
 アングラーさん数名ほどキャストしていましたが、ヒラマゴはお留守のようで、私もフグかじすら無しのノーバイト、、 一時間半程のキャスト終了〜〜 帰る頃になって濁りが薄くなってきました、、、
DSC_2381 (2018-04-10T12_06_51.087).jpg





posted by hiramemj at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月08日

なんとまぁ〜 釣りできたのかなっ??

 昨日の夕方のうねり方、そして天気予報での「雪の降るところも・・・」予報から、てっきり大荒れか??と、思いましたが、朝の海情報を見てみましたらそれほどの波足でも無かったようで、、、

 ま、ン百億?掛けた気象予報衛星をもってしても天気予報も外れるのですから、ホント海予想は難しい・・ 特に波に関しては、晴れてても関係無しだったり、遅れてやってきたり、あるいは今日みたいにダメだろうと思っていたのがそうでもなかったりと。。

 さて、話は変わり、みなさんも色々なブログやらHPを見て、ヒラメに何が良いのか情報収集していると思います。
 そうしますと、プラグであったりメタルであったり、ワームであったりと様々なルアーで釣れている事は当然ご存知だと思います。

 そしてカラー! 
 どうでしょうか? どの色が一番釣れるとは決め難いのではないでしょうか?? そのくらい色々なカラーだったり、縞々模様だったりで釣れていますよね?
 魚の目は色盲という説が主流なのですが、いや!識別できるだけの目の構造は有る! という説も有りまして・・・

 ですがこうも主食のカタクチ・イワシとかけ離れた色で釣れている現実を見るに、私の勝手な解釈としては、やっぱ色盲じゃないの?と思ってしまいます。(笑)
 実は私も赤緑色弱でして、学校での色覚検査の日には嫌で嫌で。。。 友人に「何でそんな数字に見えるの?」と何度笑われたことか。。(爆)遺伝で兄貴も。

 ま、難しいことはさておいて、理屈はともあれ要は釣れりゃ〜 イイ訳でして・・ 

 ヒラメ釣りが何でこんなにブームなのか?と言えば勝手論ですが、「要は簡単だから」なのです。
 確かに爆釣なんてまずないですし、良くても3枚も釣れれば御の字。
 高級魚で美味しい!ということも有るでしょうが、やっぱ数は釣れなくとも居れば意外にも簡単に初心者でも釣れる!そこに尽きると思うのですねっ

 今、ヒラメ釣りにハマっておられる方も、難しいと思っていたが、意外にも( あれ? 釣れちゃった〜 )という経験値からなのではないでしょうか??
 本来そうなのですが、世間ではやたら、あえて難しいものにしようとしているように思えて仕方がないのですよね〜〜〜 (苦笑)

 どんな色でも、そんな素材でも釣れるなら、あとは簡単!!
食いやすいところを通してあげれば良いという単純なこと。

 ですが、難しいとするならヒラメ釣りが難しいのではなく、自然相手攻略が難しい。。
波だったり、ウネリだったり、濁りだったり、根掛かり水底だったりの中で「食いやすいところを通してあげる」事。

 逆に言えば、どんなに釣れてる色だったり、魅力的なアクションでも、食いにくいところを通ったのでは、食いにくいでしょ?

ねっ?

posted by hiramemj at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月07日

4/7(土) 5:23pm 夕方の海状況

 取り急ぎのアップです。 
 酒匂川の川巾と濁り増で、多少濁りが有る程度で、海は穏やかなのかなっ?と、思いましたが
行ってみると ン〜〜〜ン゛、、、 きついなぁウネリ。。 ふらふら

222.jpg


111.jpg


 悲しいかな、この地域では大きな港も無いし、荒れてても風裏、波裏の逃げ場が有ればイイのですがね〜〜 

posted by hiramemj at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年04月04日

でかカマス(静岡 kongoさんから)

土曜日曜とサーフに行きましたが、春濁りがきつく何ともな感じでした。

 ヒラメがいないかといえば、ジグサビキのサビキに掛かっていたりと、いつもとは違う釣れ方をしていて、ベイトサイズが小さいのかなとも思いました。

 で、パワーシャッドの4inとかミノーMあたりでやっては見るものの、ヒットな
し。 時々、ボラらしきものが当たるのみ。手の打ちようがない感じです。波も少し高めではありましたが、波的には釣れそうなのですが…。

 で、火曜の夕方に少しだけと、カマス釣りに行ってみると(港湾部)、バチが泳いでいて…バチ抜けというのでしょうか、始めて見ました。
 そこで、10本入り100円で買ってきたニョロっと長い在庫処分ワームを投げていくと、結構当たり…帰ろうかなっと投げた最後の一投ですごい引きが来ました。
DSC09271.JPG

DSC09275.JPG

 引きを楽しみながら上げてみると、なんと38pの巨カマスでした。大きすぎて少し気持ち悪いくらい(カマスさんゴメンナサイ)。サーフにもう少しベイトが寄るといいのになと思うのですが、次の休日の天候が気になりますね。
日曜の朝・日の出.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 こちらの地域よりもベイトっけが無いなんて、記憶にないくらい、、、 
やっぱ黒潮蛇行のせいなのでしょうか??
 にしても、相手は何にしろ他の釣り物が居ると言うのは、やっぱイイですね〜〜
ナイスサイズなカマスじゃないですか〜

 ま、じきに来ますよっ 綺麗な朝日・・・わーい(嬉しい顔)




posted by hiramemj at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年03月30日

3/30 7:05am 海状況 うさぎ間際

 釣りには遅い中途半端な6時半頃に目が覚めたので、ワンコ連れで海画像撮影に。
家を出るときには(おう! 風有るけど背中からの風。。悪くないんじゃないの??)と、思いました。
が、海に着くと〜 左手方向からの強風、、 今にもウサギが跳ねそうな

0330-2.jpg

0330-1.jpg


 アングラーさんは退散してゆく人も含め5人ほど。朝釣行にどれくらいの人が釣ってるのか? この様子が見たく行ってみました。

 たった400mで背中からの風だと思ったのが、浜に着いてラインが大きく湾曲する程の横風となれば、ま、行ってみるしか無いということでしょうね〜

 けれど、せっかくの休日にこうだったとしても、遠征されてきた来たかたはそうも簡単に諦めきれないでしょ? 
 や〜っぱ、釣れるかどうか解らなくとやって帰りたいはず。
 私だってその昔、富山湾釣行を毎週していた頃は、往復4時間! 多少の悪天候だって諦めきれない気持ちは分かりますっわーい(嬉しい顔)

 ラインが風で湾曲すればルアーなりリグは浮き上がってきますから、こんな時こそ、より沈み込みの良いモノがイイい訳でして〜〜 と、MJリグの宣伝!(笑)

 もしも行ってみて強風で、やってみて (どうにも底まで沈んでいるのやら浮いているのやら、何処を探っているのか解らない・・・ でも、せっかく来たのだから、やるだけやって帰りたい・・・)という場合にはDS仕様をオススメしますよっ

 週末の釣行予定の皆様に幸運あれ!! 強風でも釣れなくは無いですよっ やりずらいですが。

 ps、私のリグでの初めての釣り雑誌取材が「磯投げ情報」で(2004年だったかなっ?)、釣行取材日が3月後半の今頃で、砂嵐舞って、目も開けていられない超強風の最悪の取材日。
 しかしながら、同行してくれたルアー初心者の川崎kさんが、DS仕様でマゴチ65cmをゲッツ!

 
4:38pm現在、風は止んだみたいです〜
 6:45pm ま〜た風が・・・ ふらふら


posted by hiramemj at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年03月27日

3/27 昼の海状況

 いよいよ春!! という雰囲気になってきましたね〜
 東京よりも暖かいはずの小田原の桜は、東京より遅れて7分咲き?という感じでしょうか? でも綺麗ですよ〜
333.jpg


 風の吹かない間にと、10時半頃から正午まで行ってきました〜 海。
一ヶ月前の寒くてウネリの有る海からすれば(これで釣れなきゃ〜 ウソでしょ・・・)というくらい、いい感じです。
 波は小さいく、水質がやや綺麗すぎる?? 清流みたいに完全透明。

DSC_2320.jpg


 酒匂川右岸に行ってみたのですが、いつの間にやら大きく変わっていたことが。。
河口の位置が、どうでしょうこの地域で釣り始めて17年のうち一回有ったかなっ?と言うくらい、大きく西へ移動。

 数ヶ月この場に来ていないとするならば、200m程河口の位置が西へズレていると思ってください。
なもので、いつものイメージで右岸に行ったのですが、河口が近く、水底状況もゴロタ水底の面積が広がっています。。

 ここの浜は湘南+西湘の中でも非常に浜状態や河口位置の変化が大きく、どうにも魚影というかポイントが安定しない傾向なのですねっ

 だからという訳ではないのですが、最終手段の(これで食わなきゃ〜 しょうがないでしょ・・・ )の、リアル・ワーム「スプーンテール・シャッド」までも投入しましたが、草フグすらカジらないノーバイト、、、完全アウトぉ〜〜 
999.jpg


 確かにベイトッけは見当たらないのですが、この状況下でこのワームを使用して反応がないと、もう手の打ちよう無し、お留守なのだ、居たとするならその近くを通せなかった、、と、諦めるしか無いですねっ

ま、天候が寒かったり、急に暖かくなったりと激変するように、海の安定にももう少しだけ時間が必要なのかも? 今週末辺りはイイんじゃないでしょうか?? 流石に、、

 これだけポカポカ陽気ですと、冬眠中だった釣り人も、ぼちぼちムズムズとしてくるのではないでしょうか??わーい(嬉しい顔)とりあえず、行きましょう! 行きましょう! 海に。

ダメだったら、満開の桜を楽しんで春を感じ、季節を楽しみましょう〜〜(笑)

posted by hiramemj at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年03月20日

3/19 静岡中部海状況 (kongoさんから)

ヒラメを釣った翌日の雨で、大水が出て以来濁りがあるの… 風が吹くの…で、先週も今週も釣果無し。

 今夜は、風がない静かな夜になったので、ここのところ行ってない、カサゴポイントの確認に仕事帰りに30分だけ行ってきました。
 ずいぶん春めいてきて、Yシャツ&ネクタイにカーディガン、仕事の革靴という格好にライフジャケットを着て、出陣。超根掛ポイントなのでテキサスリグで… 様子見なので、替えのワームなし。竿と網だけで…
 で久々のカサゴヒット。なかなかのサイズ
DSC09248.JPG

メジャーも持ってませんが、25p越え。なかなかの引きで楽しませてもらいました。タモの横幅が、ちょうど30pなので大きさのイメージはつかめるでしょうか。MJ釣果ではありませんが、海の状況に変化が出てきているようで、報告させてもらいました。
DSC09251.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どうも〜〜 状況報告ありがとうございます!!
季節の変わり目で、ヒラマゴにはなかなか釣りにくい状況が続いてますね〜〜 
ですが、釣れるが勝ち、釣れるが楽し!(笑)
これまでだったら3月だったら静岡!!<稚鮎の河口遡上により活性UP>)というのが、私のイメージでしたが・・・

 この冬はやたら寒かったですし、海が変わってきてるのでしょうね〜 
ま、もうすぐもうすぐ(笑) by カシワギ

posted by hiramemj at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年03月17日

3/17(土)4:48pm 夕方の海状況

 写真が写る明るさまでにと急いで行ってきましたが、あと30分は大丈夫そう。。
陽も長くなりましたね〜
 さて、取り急ぎ海状況をアップしておきます、無風のささ濁りのちょいキツ目。
釣れない濁りではありません、たま〜に10mほど押してきます。
DSC_2272.jpg


 昨晩はかなりの強風でしたからその影響でしょう、岸際が砂地からゴロタ浜になっています。。。アングラー3〜4人、投げ釣の方3〜4人というところでしょうか。
DSC_2271.jpg


 あすの天気予報は「行楽日和」とのこと。天気がイイのは嬉しいですが、お昼前あたりから強風にならなければいいのですが。。

釣行予定の皆様に釣運運あれ〜〜 !!


posted by hiramemj at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年03月11日

3/11 イイですね〜 海も足も

 捻挫の足、歩けばまだくるぶしに針で突き刺すようなチクチクっと痛みは有るものの、あまりのポカポカ陽気にリハビリを兼ねてワンコを連れて約1時間テクテクと歩き、ついでに写真を写してきました 4:32pm
DSC_2297.jpg


 人は多いですが、釣り人は3人ほどで、あとはレジャーの方。
 プランクトンが増えてくると海は緑っぽくなるのですが、今日の水質も少〜し緑掛かかってきて、イイですね〜

 まだ若干ウネリはありますが、低空で飛ぶ海鳥も増えてます。
 それに加えて明日から更に気温上昇! ですが、いきなり「初夏の陽気」予報は、行き過ぎのような気も(笑)

 海から帰ってきて、なん〜〜と足のチクチクとした痛みが取れて、スイスイ歩ける。。 リハビリが功を奏したでしょうか?? 夜に痛みが出なければ〜 来週はもう釣り可能?? 嬉しいかも、、

posted by hiramemj at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月27日

2〜3日はダメか?? 私も、、

 本日は天気良く、この季節は天気が良ければ風が吹く!ということで
(風の出る前に・・)と、お昼前の11時頃に海(テトラ帯)に到着。

 しかし、天気はイイものの海は荒れ気味。際20mにきつい濁りと大きなウネリ & 長い波足、、
本来私は高所恐怖症気味で、テトラに上がることは苦手。。

DSC_2272.jpg


 釣れるからテトラ帯というよりも、高い位置からですとワームの泳ぎ、動きも良く、長く見えるということで行くことも多い訳なのですが〜 海を見て一応数キャストしましたが、こりゃダメだ・・・と、退散していると〜
岩に足を取られて羽生くん状態に。。 足首をゴリんと。

 丁度、弁慶の泣き所を打つと吐き気がしますが、そんな状態で冷や汗がタラタラ。。
(こりゃ 夜には腫れるだろうなぁ・・・)案の定、、パンパカパン
DSC_2273.jpg


 天候も私も数日はアウトかなぁ・・ 参ったなぁ〜(苦笑)

この土日の静岡の海の写真を送っていただきましたのでご参考に。
見た目は釣れそうですが、渋い、、、とのことです。
珍しいです、この時期は静岡の方が良いはずで、かつての2月後半、3月初旬は静岡遠征したものですが。
土曜の朝.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 一日経過後 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
DSC_2277.jpg


 たま〜に痛い目に合わないと、健康の大事さ、慎重な行動を再確認。にしても痛すぎるか??(笑)


posted by hiramemj at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月16日

2/16 金 12:39pmの海状況

 天気良く風も無さそうでしたので、行ってきました〜 昼の海。

 街中は無風で、海では強風というパターンがここのところ続いていましたが、今日は海もほぼ無風。

ですがなかなかうまくいかないもので、ウネリ有りの波足も時折長く、際から40m程が泡立つ濁り。。
 波に透けての小魚なんぞは、見当たらず。。 釣り人ゼロ。
DSC_2216.jpg

DSC_2218.jpg


 にしても、試しておきたいこともあり一時間ほどキャスト。が、草フグすら反応無し。

 ま、しかし、私の感覚では2月半ばで一年の区切りが有って、そこからが新年というか新シーズンのスタートという印象が強いんですねっ 
 というのも、温暖系のマゴチのgoodサイズが顔を見せ出すからです。

 今年は予想以上に冷え込んで、1月の盛り上がりも無いままで「例年」が基準にはならないのかもしれませんが、これまでの私の2月半場辺りではマゴチの60オーバーも結構釣っていまして、「例年」通りであるならば〜 今週末位から、そんなサイズの釣果も出てくるはず、、、 出てきて欲しいですね〜 

 明日あさってに、この濁りとウネリさえ取れてくれれば・・・ 

posted by hiramemj at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月14日

港内には、やはり稚鮎

 先日も書きましたが「ボチボチ港内に稚鮎が・・」ということで、用事のついでに小田原(早川)漁港へ。
DSC_2213.jpg


 上画像に写ってるおじさん、サビビキ仕掛けで何か小さな魚がぶら下がっているのが見えました。
 この季節にはトウゴロウ・イワシの集まる季節でもありますが、5cm程のサイズでしたので、迷わず「稚鮎ですか?」と、聞くと「そうそう」と。(やっぱりねっ)

 稚鮎は毎年1月末辺りから現れるのですが、この地域ですと、ここに居れば茅ヶ崎漁港、梅沢突堤にも群れているはず。。 
DSC_2215.jpg


 ですがこれが沢山のフィッシュ・イーターを呼び込む程の条件となるかというと〜 ちょっとだけね という感じ。(苦笑)
 ヒラメも寄らないことは無いですが、私がこの10数年毎年この時期に港に立ち寄っていても、30cm以下のヒラメが、運良ければ釣れる程度。

 にしても静岡方面の漁港と比べれば、あまりにも港の規模が小さく、餌釣りの方も多く、ライン交差を考えるとルアーで探れるのはほんのわずかなスペースしかなく、、 タイミングが良くないとなかなか。。

 街中はほどんど無風で(今日はいいかも?)と、思いましたが、海に着くと海だけ 強風+うさぎ波。。

明日以降も天気良く、気温上昇との天気予報。
ボチボチ釣りの準備でも、しようか・・・ と、いう方も増えてくるのでは??



posted by hiramemj at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月10日

2/10 (土)1:43pmの海状況

引き続きポカポカ陽気ですね〜 ワンコ連れで海に。
海の魚っけは相変わらずですが、これまでの水温を冷やす北東からの風から、南西の風と潮流! 春がすぐそこに・・・という雰囲気です。若干風は強めの、押し波は際に立って膝下程度。
DSC_2204.jpg

DSC_2206.jpg

 釣り人は河口方向に数人いますが、私ならばあまり河口に近づきたくない。。 
今日のように暖かいと、山の雪が溶けて川へ流れ出し、河口近辺は水温がやたら低いですから。。

 さて、明日あさっての連休。この南からの潮流に乗ってベイトが接岸、それを追ってのフィッシュ・イーターがよって来てくれると・・・ イイですね〜 切に願っております。。

===== オリンピック スキー競技の見方 =====

昨日の男子モーグル予選、とりあえず二人通過決定。
予選ですからかなり抑えた滑りで、決勝ではまったく異なるスピード&技を楽しめますから、是非見てみてくださいね〜

 モーグルだけでなく、アルペン競技もそうなのですが、どの人が上手いのか早いのか?というのはテレビの画面上は解りにくいですよねっ?
 私がスキー・インストラクターをやっていた時期頃からスキー・テクニックの革新が有りまして、それが今でも基本理想の「カービング・ターン」という、エッジで切り込みながら、極力スキー板をズラさずターンするテクニック。

 一般的なスキーヤーは、ターンの度にパッパッと雪煙を舞い上げながらの滑りは、見た目には一見カッコ良く、上手に見えるでしょ?
 ですが、カービング・ターンをマスターしている人、本当に上手い人ほど雪煙を立たたせずにターンするのですよっ 
スキー板がずれて横滑りしていると、雪煙が立ってしまうのです。スノボも同じですよっ

モーグル競技においては、コブにぶつかる音が小さいほうがイイ(早い)んです。
そんなことを知りながらスキー競技を見ると、また違った楽しみ方ができますよっ


posted by hiramemj at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年01月18日

1/18 夕方の海 今週末はフィッシング・ショー日和?

 今日だけは快晴!との天気予報でしたが、曇天状態。撮影時のみ僅かに日差しが出たのみ。
0118-3.jpg


 今日の朝の海情報から荒れ気味だというのは解っていまして、潮周りも今日まで大潮なものですから余計にです。明日からは低気圧も接近してきて、天候も荒れ気味となることでしょう。

 水質も砂を巻き上げた濁り方でコンクリート色。押し波による水跡も、際から15mほど濡れてまして、時折ヨタ波が押してくる状態。。
0118-1.jpg


 なもので〜 お時間が有りましたら「横浜フィッシング・ショー」にでも行かれてはいかがでしょうか?

< お 知 ら せ >

・ アマゾンでのシングルフック(M)+(S)10本入りが在庫切れとなっていましたが、本日入荷致しました。


posted by hiramemj at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック