2018年03月11日

3/11 イイですね〜 海も足も

 捻挫の足、歩けばまだくるぶしに針で突き刺すようなチクチクっと痛みは有るものの、あまりのポカポカ陽気にリハビリを兼ねてワンコを連れて約1時間テクテクと歩き、ついでに写真を写してきました 4:32pm
DSC_2297.jpg


 人は多いですが、釣り人は3人ほどで、あとはレジャーの方。
 プランクトンが増えてくると海は緑っぽくなるのですが、今日の水質も少〜し緑掛かかってきて、イイですね〜

 まだ若干ウネリはありますが、低空で飛ぶ海鳥も増えてます。
 それに加えて明日から更に気温上昇! ですが、いきなり「初夏の陽気」予報は、行き過ぎのような気も(笑)

 海から帰ってきて、なん〜〜と足のチクチクとした痛みが取れて、スイスイ歩ける。。 リハビリが功を奏したでしょうか?? 夜に痛みが出なければ〜 来週はもう釣り可能?? 嬉しいかも、、

posted by hiramemj at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月27日

2〜3日はダメか?? 私も、、

 本日は天気良く、この季節は天気が良ければ風が吹く!ということで
(風の出る前に・・)と、お昼前の11時頃に海(テトラ帯)に到着。

 しかし、天気はイイものの海は荒れ気味。際20mにきつい濁りと大きなウネリ & 長い波足、、
本来私は高所恐怖症気味で、テトラに上がることは苦手。。

DSC_2272.jpg


 釣れるからテトラ帯というよりも、高い位置からですとワームの泳ぎ、動きも良く、長く見えるということで行くことも多い訳なのですが〜 海を見て一応数キャストしましたが、こりゃダメだ・・・と、退散していると〜
岩に足を取られて羽生くん状態に。。 足首をゴリんと。

 丁度、弁慶の泣き所を打つと吐き気がしますが、そんな状態で冷や汗がタラタラ。。
(こりゃ 夜には腫れるだろうなぁ・・・)案の定、、パンパカパン
DSC_2273.jpg


 天候も私も数日はアウトかなぁ・・ 参ったなぁ〜(苦笑)

この土日の静岡の海の写真を送っていただきましたのでご参考に。
見た目は釣れそうですが、渋い、、、とのことです。
珍しいです、この時期は静岡の方が良いはずで、かつての2月後半、3月初旬は静岡遠征したものですが。
土曜の朝.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 一日経過後 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
DSC_2277.jpg


 たま〜に痛い目に合わないと、健康の大事さ、慎重な行動を再確認。にしても痛すぎるか??(笑)


posted by hiramemj at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月16日

2/16 金 12:39pmの海状況

 天気良く風も無さそうでしたので、行ってきました〜 昼の海。

 街中は無風で、海では強風というパターンがここのところ続いていましたが、今日は海もほぼ無風。

ですがなかなかうまくいかないもので、ウネリ有りの波足も時折長く、際から40m程が泡立つ濁り。。
 波に透けての小魚なんぞは、見当たらず。。 釣り人ゼロ。
DSC_2216.jpg

DSC_2218.jpg


 にしても、試しておきたいこともあり一時間ほどキャスト。が、草フグすら反応無し。

 ま、しかし、私の感覚では2月半ばで一年の区切りが有って、そこからが新年というか新シーズンのスタートという印象が強いんですねっ 
 というのも、温暖系のマゴチのgoodサイズが顔を見せ出すからです。

 今年は予想以上に冷え込んで、1月の盛り上がりも無いままで「例年」が基準にはならないのかもしれませんが、これまでの私の2月半場辺りではマゴチの60オーバーも結構釣っていまして、「例年」通りであるならば〜 今週末位から、そんなサイズの釣果も出てくるはず、、、 出てきて欲しいですね〜 

 明日あさってに、この濁りとウネリさえ取れてくれれば・・・ 

posted by hiramemj at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月14日

港内には、やはり稚鮎

 先日も書きましたが「ボチボチ港内に稚鮎が・・」ということで、用事のついでに小田原(早川)漁港へ。
DSC_2213.jpg


 上画像に写ってるおじさん、サビビキ仕掛けで何か小さな魚がぶら下がっているのが見えました。
 この季節にはトウゴロウ・イワシの集まる季節でもありますが、5cm程のサイズでしたので、迷わず「稚鮎ですか?」と、聞くと「そうそう」と。(やっぱりねっ)

 稚鮎は毎年1月末辺りから現れるのですが、この地域ですと、ここに居れば茅ヶ崎漁港、梅沢突堤にも群れているはず。。 
DSC_2215.jpg


 ですがこれが沢山のフィッシュ・イーターを呼び込む程の条件となるかというと〜 ちょっとだけね という感じ。(苦笑)
 ヒラメも寄らないことは無いですが、私がこの10数年毎年この時期に港に立ち寄っていても、30cm以下のヒラメが、運良ければ釣れる程度。

 にしても静岡方面の漁港と比べれば、あまりにも港の規模が小さく、餌釣りの方も多く、ライン交差を考えるとルアーで探れるのはほんのわずかなスペースしかなく、、 タイミングが良くないとなかなか。。

 街中はほどんど無風で(今日はいいかも?)と、思いましたが、海に着くと海だけ 強風+うさぎ波。。

明日以降も天気良く、気温上昇との天気予報。
ボチボチ釣りの準備でも、しようか・・・ と、いう方も増えてくるのでは??



posted by hiramemj at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年02月10日

2/10 (土)1:43pmの海状況

引き続きポカポカ陽気ですね〜 ワンコ連れで海に。
海の魚っけは相変わらずですが、これまでの水温を冷やす北東からの風から、南西の風と潮流! 春がすぐそこに・・・という雰囲気です。若干風は強めの、押し波は際に立って膝下程度。
DSC_2204.jpg

DSC_2206.jpg

 釣り人は河口方向に数人いますが、私ならばあまり河口に近づきたくない。。 
今日のように暖かいと、山の雪が溶けて川へ流れ出し、河口近辺は水温がやたら低いですから。。

 さて、明日あさっての連休。この南からの潮流に乗ってベイトが接岸、それを追ってのフィッシュ・イーターがよって来てくれると・・・ イイですね〜 切に願っております。。

===== オリンピック スキー競技の見方 =====

昨日の男子モーグル予選、とりあえず二人通過決定。
予選ですからかなり抑えた滑りで、決勝ではまったく異なるスピード&技を楽しめますから、是非見てみてくださいね〜

 モーグルだけでなく、アルペン競技もそうなのですが、どの人が上手いのか早いのか?というのはテレビの画面上は解りにくいですよねっ?
 私がスキー・インストラクターをやっていた時期頃からスキー・テクニックの革新が有りまして、それが今でも基本理想の「カービング・ターン」という、エッジで切り込みながら、極力スキー板をズラさずターンするテクニック。

 一般的なスキーヤーは、ターンの度にパッパッと雪煙を舞い上げながらの滑りは、見た目には一見カッコ良く、上手に見えるでしょ?
 ですが、カービング・ターンをマスターしている人、本当に上手い人ほど雪煙を立たたせずにターンするのですよっ 
スキー板がずれて横滑りしていると、雪煙が立ってしまうのです。スノボも同じですよっ

モーグル競技においては、コブにぶつかる音が小さいほうがイイ(早い)んです。
そんなことを知りながらスキー競技を見ると、また違った楽しみ方ができますよっ


posted by hiramemj at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 
 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!