2014年05月20日

意外に多いスナップの根掛かり

 最近ご注文頂く中で (ん゛?) と感じるのが、瀬戸内海(岡山、広島、兵庫)からのご注文。

 瀬戸内海ではヒラメの稚魚の出荷量が日本一にも関わらず、大人ヒラメの釣果情報が非常に少ないのです。。。

 ですが上記の地域でのよく釣れる、あるいは大物ターゲットとして耳にするのが「クロダイ」「アコウ(キジハタ)」。

 クロダイの、これまでのルアーでの釣法からすれば、このMJリグの水底での姿勢などを考えると(使えるはず・・・)と思っています。

 そしてキジハタに関しては、過去にDS仕様で50cmオーバーの釣果報告が何尾か入ったことが有りますから、使用してみようかと思われたのかもしれません。

 にしても、関西以西でも試しにでも使って頂けると嬉しいですね〜


 でもって、MJリグを根魚にもということで使用される、使用してみよう!という方への根掛り対策について、ご提案したいと思います。

 ここ最近の釣果では使用していたのですが、もう少し実績が出てきてからの方が・・・と、画像を控えておりましたが、どうにも根魚用に使用される雰囲気(地域みたいです)から、ご提案致しますねっ。


 まずは、すでにMJリグを使用されていて、根掛りでロスト経験のお有りの方!

 根掛りした場合に、どこから最も多く切れが発生しますか?

 私の場合9割方がリーダー(4〜5号で)をスナップに結んだ、その結び目なのですが、いかがでしょうか?

 もし、リーダーとPEラインとの結び目だという方は、今一度下記の結び方をお試し下さいませ〜 絶対にと言っていいほど、PEラインとリーダーの結び目から切れませんので。

http://youtu.be/SHLYejxa3hs

 もしも「そう!その通り、スナップの結び目」だとしたら、その根掛り原因はフック、もしくはスナップですよね?

 リグが沈下し、水底に着底するところまではイイのですが、2段掛上がりや、リグの手前に岩や割れ貝が有って、その岩と岩の間等に、メインラインが先に入り込む。そして引き寄せられてくると〜 一番先にスナップの根掛かり・・・

 こんな根掛り原因が、意外に多いのです。

 何故なら、シンカーの根掛りならばシンカーだけのロストとなるような構造ですし、実釣でフックの針先をワームに隠した状態で探っても、スナップの結び目で切れるということは、スナップ自体が根掛りを起こしている・・・ということ。

 ま、そこでです。(スナップの根掛りを防がねば・・・)と、ここのところ試していたのが下画像。
ノズル.jpg


 どこかで見たことありますよね?そう!瞬間接着剤のノズルです。これをリーダーに通してからスナップに結び、そしてジョイント(リグ)を引っ掛けて・・・ そしてこのノズルで画像したのようにスナップ先端をカバー。

 明らかに根掛りが減ります!!当たり前ですが(笑)

 ただこのことが釣果に影響しないかをチェックしていたのですが、今のところバイトや釣果が落ちるという感じはしません。これまでの釣果画像ではノズルが写り込まないように、上にずらして写しているものも有ります。

 スナップが根掛りしますと、スナップが岩と岩の間をする抜ける際に、左右から押されて、スナップが開いてしまう・・・ コレ、間違い無く有ります!

 なもので私は、「底物用のスナップ」には、出っ張りや引っ掛かりが無いものを推奨しています。(シンカーに付属のスナップがそれ=画像下のスナップ)

 更に、スナップ先端をノズルでカバーすれば、スナップは、まず開きようが無いですよね?

 対象魚はヒラメ、マゴチ、根魚を問わず、かなりな根掛りポイントも探りたい!というのであれば、「スナップの根掛かり対策」を、是非お試しください。釣り場の水底状態によっては、根掛かり原因がフックだけではない場合も結構多いのだことが解ります。
リーダーのカバーも兼ねますよっ、例えば太刀魚とか。

 このリグでなくとも、メタルジグやジグヘッドでも、上記のようなこと(スナップの根掛かりか?)を感じられるような釣り場でしたら、お試し下さいませ〜
 根掛りが損得というより、極力、海のゴミとならないようにしたいものです。

※ ノズルは、ホームセンターの接着剤売り場に置いてある場合も有りますが(この地域ですとD2)、確実なのはプラモデル屋さんですねっ。



posted by hiramemj at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 根掛かり対策 

2013年10月01日

★ 根掛かりポイント対策

1) 根掛かりポイント対策としての、冠の大き目シングル・フック。。。意外に少ないのでアイテムに用意してみました。超!強靭&その割には軽量です。<5ヶ入り ¥280 税込み>

シングルshp.JPG


比較shp.JPG



こんな感じのセッテング状態です。

020.JPG




使用した事は無いのですが、ミノー、シャッドタイプでなくとも使用できるということで。
021.JPG



2)キールWフックは根掛かり防止に針先上向きという特徴ですが、(キールWフックは持っていないなぁ〜)という方は、根掛かり対策に是非どうぞ。
 前リグで提案のPEライン(1.5号以上推奨)で3cm程のチチ輪を作り(結びコブに瞬間接着剤ををわずかに付けると尚可)、それに画像のスプリット・リングもしくはサルカンを繋ぎ、当オリジナルのwフックを取り付けます。

senaka001.jpg

senaka002.jpg


2)それをジョイントのオープンアイに引っ掛けワームにセットすると、このリグの極普通のセット状態になります。

senaka003.jpg


3)が、チョッとここは根掛かりが・・・という釣り場に移動してきた時には、チチ輪にワームの尻尾をくぐらせ〜背中にWフックを移動させます。

senaka004.jpg


 そしてワームに刺して根掛かり防止セット完成!シンカーによって常に下方向に重心が掛かりますから、Wフックを背中に乗せてもひっくり返りません。チチ輪を使うと、針先下向きも上向きも両方可能になります。
senaka005.jpg


 岡山、広島など瀬戸内海でのクロダイにと購入頂いたお客様もいらっしゃいますが、「上から下に喰らい付く」ような捕食方法のクロダイにはこの方法は良いかもしれませんねっ。どうぞお試し下さい。

※ 残念ながら市販のトリプルフックではしっくりピッタリとはセットできません。

「シングル・フックのワームへの刺し方を・・・」というメールを頂きましたので、その画像をアップ致します。確かにオフセット・フックを使用したことのない方は、解らないかもしれません。

シングルフック取り付け方法.jpg


 ついでにこのリグを水底でズル引きした時の状態の画像をアップしておきます。水底より30〜45度ほど尻尾が浮いた状態で引き寄せられてきます。このことが根掛りを減らし、魚が咥えやすい状態になっていて、通常のジグヘッドとちょっと違う点でもあります。
009.JPG


 この水底での姿勢、どこかで見たことありませんか?そう船釣りでの「一つテンヤ」

 水底から後部を僅かに浮かすことに意味があると思うのです。ちなみに「一つテンヤ」一個の値段よりも、このMJリグの値段(オモリ + ジョイント + シングルフック)の方が、かな〜りお安いですよっ、オモリの重さも自在に変えられますし(笑)


posted by hiramemj at 10:10| ■ 根掛かり対策