2017年09月19日

その3 「ワームは釣れる」ワームだから釣れる??


さてその3となりますが、まとめますとやはりレンジ取り・タナ取りがし易いことが、釣果確率を上げるだろうということ。

 ヒラメ用(底物用?)ルアーを分類するのに、ハード・ルアーか? ソフト・ルアーか? という前に、水底からレンジを測るものなのか?」あるいは「表層からレンジを測る物なのか?」を、使用、あるいは購入の判断基準とすれば良いのでは? と。
 水底に落としてからレンジを取るものの方が、レンジ維持しやすく釣果確率も上がるはず。。。と、書いたわけです。

 これはもうサーフのヒラメ釣りに限った事ではなく、船釣りでの魚群探知機は何の為に有るのか?と言えば魚群を探すことも大事ではありますが、どのレンジ、タナに魚が居るが? を知ることが最重要。

船長さんの「水深 〜m まで落として下さ〜い」というレンジ取り指示こそが、釣果の殆どを左右するのは明白。

 もしも今、魚群探知機が無くなったとするならば、今の釣果は半減以下になり、テレビで初心者がホイホイ釣れる場面などそうはお目にかかれないはずですし、熟練者と初心者の腕の差(経験値の差)が、大きく出ることでしょう。

 同じ魚であっても、その日の潮の流れや、水温水質、活性度によって、そのレンジは5m10mの差異は当たり前

 おかっぱりヒラメであっても当然であるのですが、どうゆう訳か浮かしたほうが釣れる、レンジは低いほうがイイなど、うんちくがが飛び交うのですが、どちらも状況によっては正解なのです。絶対にどっちなんてことは、無いと思うのですよっ たかだか1〜2メートルの差は。

ただ〜〜 ヒラメと他の魚との大きな違いは、ヒラメは泳いでいる時間より、底にじっとして居る時間が長いという事実。これは誰も否定しないでしょう。

 で、「それじゃ〜 水底からレンジを取るものを選ぼう! 買おう!」とした時に、次にネックになるのが「水底に落として根掛かりしやすい構造か?」「そうでないか?」ということ。

 先日の富山湾釣行など、複数フックでは、水底にルアーを落としたと同時に根掛り・・・が、当たり前な場所も多くある訳です。

 行かれる釣り場が完全砂地サーフで根掛りの心配はないと言うならば、何も考える必要は無いはずなのですが、困ったことに根掛りは根だけでない「ロスト仕掛けによる、巻き添え根掛かりロスト」「荒れ後など、漂流物によるいきなり出現した根掛かり」、これが意外に多いんですねっ

 そうしますと〜 針掛かりを良くしようと針数を増やせば、根掛かり率もアップ。
針数を減らせば、根掛りは減らせるだろうがフッキング率はどうだ?? と、考える人も多いことでしょう。

 だからこそワームだと、私は思うのです。

咥えて違和感の少ないワームだからこそ、喉奥までガッツリ食い込ませられる。喉奥まで食い込ませられるならば、そうも針数は多くなくて良いはず。。。と。

 ワームを、ルアーの中の柔らかい釣る道具という概念から、食い込ます為の道具、根掛りを減らすための道具と考えれば、ワームの使い方や、フックセッティングも違ってくるのではないかなぁ〜と、思うわけです。

 なんせ短いマズメ時間の中で何がうざいかと言えば、ロストによる仕掛け交換、ラインの結び変え等ですからねっ(苦笑)
 私の場合は、針掛り以上に根掛かり回避を優先したい、できるだけそういったストレス無く、ポンポンと釣行&横移動ランガンをしたい訳です。


2017年09月11日

9/10 強風の釣り… マゴチ (静岡 kongoさんから)

取り急ぎのアップです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今朝の海状況は、なかなか良かったのですが、釣果なし…。
秋めいてきて、サーフの釣り人も増えてきて…、ですが、ほぼ皆さん釣果無しでした。

DSC08791.JPG


さて、夕方にと思っていたら、お昼頃から風邪が強まり、サーフに行ったらなかなかの風。
皆さん、海状況を確認すると、タックルを出さずに帰ってしまいます。

MJなら何とか釣りになりそうなので、一人準備をしてサーフへ。爆風とは言いませんが、正面少し右からの強風。横風なら私も帰りましたが、正面なので何とかなります。

 ピンテールの4インチワーム&ハイブリッドTG24gで飛距離を測ると、70巻位は飛ぶので、ここのところはまっている4inchのシャッドテールを投げると、ほぼ同じだけ飛ぶので、風で波立つ海にどんどん投げながらランガン開始。

 地形やわずかに感じる着底時の底の様子等から移動の区域を決めて、太陽の光があるうちにナチュラル系で攻めましたが当たりなし、復路ではここのところはまり色のアカキンにして攻めてくると、今朝唯一釣果があったあたりでゴン!!とヒット。

DSC08781.JPG


引き出すと、アレレ…?抵抗感がない、ばれちゃったかなと思って巻いてくると、グングンとヘッドシェイク、寄せ波と共に引き上げると可愛いマゴチ41pが出てきました。MJだからこその釣果?!
かわいいながらも納得の一尾でした。

DSC08786.JPG


ヒットタイム17:50 MJ+マーズローリングシャッドM一撃アカキン トレブル2番シングル ハイブリッドTGシンカー24g 

============================
若い人は知らないのかなっ? チーター=水前寺清子の「一本どっこの歌」

♫ 人のぉ〜〜 やれな〜い ことをやれ〜〜 ♫

に掛けて、私が何度となく替え歌として書いてきましたが

♫ 人のぉ〜 釣れなぁ〜い とこを釣れ〜〜 ♫ てか? (笑)

 水深、強風、根掛かりポイント等々の悪条件下でもねっ 
だって多くの方のせっかくの少ない休日に、天候は好条件を約束してくれないですからねっ
 釣れるなら釣りたい、飛ぶならやりたい。。

by MHM 柏木


2017年09月09日

9/9 夕マズメ前の海 & 小モンハタ

 夕方から用事が有り、早め時間の2:45pmの海状況です。

DSC_1713.jpg


 映り込みでは青い海ですが、実際は少し濁りっけで、際だけでなくまんべんなく小うねりが有ります。試作のテストをしたくて、ソレを河口際で泳がせて(よっしぁ〜 泳ぎ良し あとは飛距離・・・)(飛距離もナイス!! なるほど〜 やっぱそうゆう事なのねっ)とか、勝手な独り言。。

 で、海に投げて(うねりで底取りが、やや厳しいなぁ・・・) そんな感じですが、今晩ひと晩あれば収まってくれるかと思います。

 で、一昨日ゆたさんとお茶をしていたお昼近く(ん? こんな時間から行く?? 私はイイですけど・・・)と、いきなり強行西伊豆へ。

 小田原では曇で無風でイイ感じでしたが、現地到着するとまたしても強風。。。ゆたさんは前回の単独釣行でも強風だと言っていましたから、ここのところ同行釣行も殆ど。嵐を呼ぶ男まで行かないけど、強風を呼ぶ男!!(笑)

 で、いくらか風の無い場所を見つけたものの(こんなとこ 釣れるか??)という護岸工事整備がきっちりされた場所でキャスト。とりあえず相手してくれましたが・・・

DSC_1712.jpg


 根掛かりポイントで、根がかり回避優先ならナツメ型ですが、水深が有って立ち位置が高い(テトラ、突堤上など)時で、低レンジをより長く引きたい時には潜る「丸シンカー」がイイのです。

 ま、小さくて尻尾のショートバイトだけれど、釣り上げないことにはそんな場所に居ること自体も解らない訳で、ショートバイトを逃さない為には、針先をできるだけ後部に設置出来たほうが良いですよねっ ?

 ということで、明日は良い釣り日和になりますように (´人`)

2017年09月06日

9/5 帰省がてらの富山湾 キジハタ × 2尾 ( 私 )

さて、私の故郷のお盆は9/1。観光地ということと、土日に掛かり実家は大忙しのお盆は後送り。

 なもので一昨日にお昼に小田原を出て、実家到着が夕方6時。
2日後の北陸の天気予報が雨ということで、翌日の北陸行きを前倒しして、そこから更に深夜2時半に富山湾へGO!! 体力ヘロヘロ気味。。

 西湘以前のホームは富山湾界隈で、海に流れ込む多くの河口という河口は全て制覇。せっせと毎週、毎週通ったものです。約20年前(笑)

 が、今回は私のやったことない初めてのポイント。その場所まで、道中もたつきながら5時前からキャスト。

777.jpg


 なん〜と、キャスト2投目で早くもヒット〜〜 
 TGシンカー使用で、リール90巻き程飛んでいまして、巻き出してすぐのヒットでしたから70m半場位?先でのヒット。

 根が点在する場所ですから、入られないようにガンガン巻くも、遠い! 楽しい!! バレるな〜〜!!!てな感じでした。

555.jpg


 サイズはアベレージの手尺26〜7cmというところでしょうか。釣り上げて驚いたのが、ワーム&魚が暖かい!際に寄って海水に触ると〜 西湘より遥かに高水温で、まるで温泉のよう。
 この時点でマゴチは有っても、ヒラメは無いかなぁ〜〜

(こりゃ〜 爆釣劇か?? いやいやこうゆう時は、後が続かないかも・・・)

 結果後者でして(苦笑)、ワームを取っ替え引っ替えしながら、横移動のランガンを繰り返すも、ガツンという衝撃は数度有るものの、根じゃないの??という疑念のガツンは有り。

 陽は完全に昇り、朝マズメ時間帯は終了。しかし、その昔の私の釣行スタイルはデイ・ゲームばかりだったのですが、サイズは落ちるも多い時には7尾程も釣れたことも有って、少し休憩後(ワンコ連れが失敗した〜〜)再トライ。

 車を500m程移動したところから、ランガン再開始。

 富山湾では下のような風景はあちこちに見られますが、この辺りはどこもここも満潮干潮関係無く凪が多いです、昔っから。

333.jpg


DSC_1695.jpg


 こんなテトラ間を数区間超えた、テトラとテトラの間を更に30m程飛び越えた地点(一尾目よりも更に先)で、ガツン!!
(ン゛?? イイ型かも?? )寄せてくる途中に定番の根に入られたような止まりが有りましたが、なんとかクリア。 
上がってきたのはナイスな体型の33cm  8:55am

222.jpg


 これで肩の荷も降りて、退散することに。
 途中、河口の堤防から見た水中は、もう〜〜様々な種類の(画像のは海ウグイ)ベイトだらけで、(こんなに居て、ルアーで釣れるか??)と言う程のベイトの濃さ。。夕べ釣れたらしき乾きっていないアオリイカのスミ跡もあちこちに。

DSC_1697.jpg


 総じて、やっぱ遠投気味というか、他者が届かない竿抜けポイントに分がありそう。。。

 最初の一尾は見ての通りのパワー・シャッド115番カラー4インチ。ですが33cmの方は、先日キジハタでの釣果報告を頂いたゆたさんも好調だった、な〜んと「房総 キス・カラー」

 (デイには、オーバーアクション過ぎ?)と感じ、飛距離アップの為にも尻尾をひし形に小さくカットしてのちょい工夫有り

 富山湾への釣行されている方も結構お見えのようですから、私もマゴチでは釣果実績あるものの、なんでかなっ? 北陸キジハタに「房総 プラチナキス・カラー」    お試しあれ〜〜



ps:ちなみにリグのロスト2ヶ ヒラメより高価なキジハタ相手、ま、OKでしょう!
ロッド・アクションは、シンカー着底確認後、即ロッドをぎゅ〜っと持ち上げリフトし、ちょちょんと竿先を振ったあとにリール10巻き程。そして再度着底後、その繰り返しでした。

2017年08月27日

8/27 マゴチ 56cm (静岡 kongoさんから)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今朝の海は、風が強く釣りには厳しい状態でした。が、夕方は風も波もなぎ、釣り日和になりました。16時過ぎから行ってきました。

 ポイントを移動しながらうっていきましたが、風も波もなぎ、流れもほとんどない。
MJを引いてきても、抵抗感が無く釣れそうな気がしない…、流れがあるところを探していきました。
地形的に、流れがありそうなところには先行者がおり、それ以外の場所をと移動していくと、抵抗感のあるところを発見。何回か打ってくると、何かが触る感じが数回…。しかし、ヒットは無く…、あきらめ時間を置くことに。

 日没後、同じ場所の周りを探るも、当たりがなく帰ろうかと思いましたが、流れがはっきりしているところをあと3回…と思い引き返し打っていくと、2投目に待望のヒット。

 フルキャスト(90巻以上飛んでました)から引いてきて、35巻位のところで、ゴン!!

DSC08746.JPG


 と、はっきりとしたバイトがあり、なかなかの引き。波打ち際で抵抗され、波を待つこと数回、波間から出てきたのは少し大きめなマゴチ56pでした。ここぞと思う場所で、ヒットを得た納得の一尾でした。

DSC08745.JPG


ヒットタイム18:30 
パワーシャッド5in158:スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光) 
Kongo仕様 フロント#4リア#5 TGシンカー21g

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

毎週毎週、ボウズ無しですねっ イイですね〜〜 
kongoさんにしては、珍しいピンク・グローバック。。
でっぷりしたナイスなマゴチ、サイズアップもおめでとうございました〜〜!! MHM 柏木

2017年08月26日

8/25 釣果あり しかし… シーバス (静岡 kongoさんから)

==========================
夕方、時間ができたのでサーフへ。

 しかし、着くと、少し波が高めで、水にも濁りが入っており、先行者の方も撤収してきました。
サーフに降りてみると、波が高めで、うねりも入っており波足が長い。風は微風であまりなく…。
MJ向きな海模様かな…と思い釣り開始。

 最近はまっているマーズのローリングシャッドM、ハイブリッドTG24gで投げると、無風で100巻位飛ぶんです。
 ガンガン飛ばしてランガンするも、当たりなし。荒れ模様なので、シーバスかな?と思い、よれを探してミノーを打つも、微妙な向かい風で飛距離が出ず。MJに戻し広く探ろうと思い、濁りのアカキンをチョイス。

 フルキャスト2投目、着底させ、5回巻また着底、次の5回巻で止めた瞬間、ガツン!! 明確な当たり、しっかりと合わせを入れ引きはじめると、重い…、マゴチが波にもまれていると思い、とにかくテンションを抜かずにグイグイと…、浮いてきたと思ったら思いっきりエラ洗い、なんとシーバスでした。

DSC08705.JPG


 ヒットポイントが90巻地点、荒れた波間を寄せてくるのに、ばれないか???!と、ひやひやしながら、楽しませてもらいました。出てきたのは、きれいなシーバス74pでした。グリップで確保したら、ワームと同じサイズのベイトを吐き出しました。

DSC08710.JPG


 マッチtheベイトだったようですネ。9月から10月末くらいまで、海が荒れた日はフラット用のワームにもシーバスが好反応を示す日があります。ゲストでのヒットでしたが、狙って釣りたいものです。海は秋めいてきたのかしら…。

ヒットタイム17:50 MJ+マーズローリングシャッドM一撃アカキン 
トレブル2番シングル ハイブリッドTGシンカー24g

==============================

秋ですね〜〜 レンジがマッチすると釣れますよねっ 
遠目でのヒットで、寄せが楽しかったことでしょう
おめでとうございます〜!! 

by MHM 柏木


2017年08月23日

キジハタ31cm他 (ゆたさん、富山県遠征にて)

 富山県へ帰省がてらのゆたさんからの釣果報告ですが、こちらに報告が有ったのは一部の釣果ですから、詳細について知りたい方はこちらをクリックして参考にしてみてくださいまし〜 いい感じでポコポコ釣れていて、楽しそう。おめでとうございます〜!! by 柏木

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
柏木さん
簡単ですが、富山でのキジハタ釣果報告です。

2回釣行でキジハタ(数は忘れました)とカサゴです。いずれも、MJリグ+パワーシャッド4インチ or
ミノーMでの釣果、タングステンシンカーで大遠投からのスイミングでガツン。

201708228-768x576.jpg


フルキャスト先でもカウント2程度のゴロタ浅場、根掛り必須の場所でしたが、ストレスなく釣りができました。
最大は31センチでしたが、それよりも更に大きいのを掛けたのですが、岸際でバラシ。これはかなり残念でした。
浅場でも沖には大型が居ます。大型テトラ等の危険な箇所でなくとも、安全に型の良いキジハタは狙えます。

201708232-768x576.jpg

2017年08月19日

8/18 マゴチ 53cm + 8/19 49cm追加 <静岡 kongoさんから>

取り急ぎアップです。
調子ええですなぁ〜 サイズアップもおめでとうございます!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8/18  マゴチ53cm

昨日の釣果に気を良くして、今日も夕方行ってきました。

で、家でストックを調べたら、マーズのワームの色違い(赤金)があったので、同じリグの色違いを組んで、うきうきして…。で、海に着いてみるとなぜか濁っている、昼頃30分ほど大雨降ったけど、それじゃこんなにならないよな〜。

濁りで何を投げる…、赤金の出番です。投げてわかったのは、潮の流れがいつもと逆、近くの川の濁りが入ったのかな?などと思いながら攻めていく…。

始めに入ったポイントをしばらく攻めて…、当たりなし。周りを見ると、移動できそうだったので、ランガンを決めて、3つ目のポイント。
 昨日と同じように、ボトムにつかず離れずスローに引いて、やっぱり半分くらい引いたところ(リール95巻ほど飛んでました)、ストップで着底、小さくコン??? 

一回しゃくって、ん? 何もなし…で、また着底、またコン??? フグかと思い、避難だ!! 巻き始めると、グググ…、アレレ…、重さがのってヒット、いやヒットしていました(笑)。
シングル2番なので、フッキングしていればバラシは無しと、グイグイ引いてくると、首を振っての抵抗、波打ち際で波と合わず、波を待ってのランディング。

ずり上げていくと、波打ち際でフックアウト(後で見たら、口切れしてました。唇の際に掛かっていたようです。)、慌てて足で挟んでグリップで確保。昨日よりちょっとサイズアップの53pでした。

DSC08651.JPG


そのあと、なかなかヒットが出ず、粘っていると、比較的近くでスイミング中にヒット、さっきと同じくらいの引きなのに、シェイク無し、
浪打でちらっと見えた平たい姿、ヒラメか〜!!と思った直後、出てきたのは、体幅30pくらいのエイでした。がっかり…、大きい奴でなくてよかった。

DSC08663.JPG


ヒットタイムは昨日と全く同じ  17:20 
MJ+マーズローリングシャッドM一撃アカキン 
トレブル2番+シングル ハイブリッドTGシンカー25g

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8/19 マゴチ 49cm

2日連続で釣果があったので、また釣れるかな…と、思い今朝も行ってきました。
ただ、土曜ということで、メジャーポイントはすぐにいっぱい。頑張って早起きして行ってきました。

 暗いうちから投げていましたが、ベイトが当たるのかフグがいじるのか小さな当たりらしきものが(ラインに触れてたのかも)数回あっただけでした。

 明るくなってから海を見たら、昨日と同じ程度の濁りが少し入っており、昨日ヒットのアカキンをチョイス。TG21gで、85巻位飛んでおり、真ん中辺で当たるのでその辺を気を付けて引いてくると、数投目にコンと小さな当たり。

 合わせを入れると確実に乗っており、グイグイ引いてくると、出てきたのは可愛いサイズのマゴチ49pでした。2番フックの付いた小ぶりのワームを丸のみでした。絶対にバレない喰い方です。というより、フックを外すのにとても苦労しました。

DSC08681.JPG


DSC08688.JPG


ヒットタイム 朝5:30 MJ+マーズローリングシャッドM一撃アカキン 
トレブル2番シングル TGシンカー21g
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夕方も少し…行ってきたのですが、波がザブザブ…? 予報では、1.5mなのに。
 それでもと思いやっていたら、ドカン!!
 エイにやられました。 重すぎ、2番フックは丈夫…、ラインブレイクでした。MJ&TGシンカーロストです。トホホ…。
 そんな夕方の海画像、送ります。17時半ころです。

DSC08691.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 一言。 3連チャン、、、 ええですね〜  by MHM 柏木

2017年08月17日

8/17 マゴチ51cm (静岡 kongoさんから)

=================================
 海の状態はとても良いので、夕方少しだけ行ってきました。
初めてのところなので、根掛かりが心配で、安いメタルジグで底の様子を探り、大丈夫そうなので、MJに換装。

 さて、海の水色もよく、久々の日光もある…、晴れの澄潮は銀粉が良い…と、誰かが言っていたので、BOXの中に入っていた銀粉カラーのシャッドテールを投げてみることに。
 風も無く、MJが良く飛ぶし、少し深いところに来ているのもあり、重めの25g。

 85巻位飛んでいて、ボトムを取りながら数頭目、フルキャストから40巻目のところで、久々のゴン!!。

DSC08630.JPG


 トレブル2番をシングルでつけてあるので、掛かれはガッツリと思い、グイグイ巻いてくると、首を振っての抵抗、一気に水面を滑らせてランディング。上がってきたのは、元気なマゴチ51pでした。

DSC08627.JPG


ヒットタイム 17:20 
MJ+マーズローリングシャッドM銀粉ブルーベリー トレブル2番シングル 
ハイブリッドTGシンカー25g
===================================

新場所での釣果は、また違った達成感がありますよねっ 
またワームも色々試してみるのも良し! そのことから分かることも沢山ありますし

今年は天候不順での、いつもよりは低水温で早い秋が来てくれるかも???
おめでとうございます〜〜!  by MHM 柏木




2017年08月16日

8/15 渋滞覚悟の〜〜〜

一昨晩、徹夜からの夕方からの爆睡後、10時半頃パソコンを広げてみると「行きませんか?」と、ゆたさんからハタゲーのメールお誘い。。

(ん゛〜〜〜ン 明日は帰省ラッシュピーク8/15・・・ ま、退散時間と裏道で 渋滞は・・・ 避けられるかなっ?)

 と、その数時間後に出撃! 西伊豆方面へ。

 実は前回釣行のラスト数投という時に、エコギアさんから頼んで届いていた「キジハタ・ホッグ」をキャストしてまして、その時の飛距離が私が抱いていた先入観(ホグ系は飛ばない!)を覆してくれていたんですねっ

 家に帰ってエコギアのHPやらキジハタ・ホグのレビューページを見てみると、今更ながら(昨年6月発売)飛距離UPが書かれている。。。



 で、おおっ!と、思ったのが飛距離だけでなく、その泳ぎ方! 正直(こりゃ、新しい動き!)と。

 「ホグ系が、引いて泳ぐ」なんて、想像もしていなかったんですねっ 見た目もそうには思えない。。

シャッドテールの尻尾ピロピロでもなく、カーリー・テールの尻尾のクルクル回転でも無く、なんと言いましょうか〜〜 カモ〜ン・アクション??(笑)

 爪の部分で(カモ〜ン カモ〜ン!)と、両手で、おいでおいでするようなアクション? 要は両爪がパタパタと小刻みに動いて、キラキラして、ワーム全体がブルブルぅ〜 という感じ??(笑)
 これはヒジョ〜に気に入りました〜 新しくって。

 なもので今回、再度その飛距離と泳ぎの再確認と、できればヒットに持ち込みたいとの思惑で出撃。


 流石にお盆休みの最終日。前回2釣行は台風での超強風にやられましたが、今回は、あっちもこっちも人だらけの、ボートやら水上バイクがブンブンに、雨、、、
 水面はベタ〜〜とした湖面状態で、詳細は、同行した子育て奮闘記でも大爆笑できるゆたさんブログ参照

 でもって結果はオオモンハタというよりは、コモンハタ(笑)上記ホグの水底着底からのただ巻きスイミングに30m程先でヒット。

17-0815.jpg


 ホグ系と言えば、ボトム・パンプかリフト&フォールでのロッドアクションが一般的ですが、小さいですがスイミングでのヒットに(でしょぉ〜〜? 食うよねっ? この泳ぎ方・・・)と、一人納得。

 で、このこれまでのワーム尻尾とは全く異なる泳ぎ方、アピール度にご興味ありましたら、私がオススメするなら、まずは上記のクリア・ラメ。
 釣れたからというより、クリアーラメ・カラーは以前からのお勧め色。透明にラメ入りで、透明だから目立たない?と思われている方も多いことでしょうが、逆!! 特に人間目線からは、超アピール色!泳ぎ方がくっきり見えます。 

 そして、もう一つがコレで、2トンカラー


 色がリアル海老系ということだけじゃなく、夜光でもあること、そして2トンカラーは、裏表で使用すれば2色分使え、コスパがGOOD!
 使ってみようか??という方は、画像をクリックして頂ければアマゾンへ飛びます。

 で、飛距離ですが、MJリグにおいては、号数×10m位と思って下さい。例えば5号(18g)ならば約50m飛ぶという感じです。

 バグアンツでその重さのシンカーなら30mというところでしょう、だから使えなかった、、、

 ただ・・・困ったことに針が・・・ 市販のこんなものを使ってセット。



DSC_1645 (2017-08-15T20_37_15.773).jpg


針の全長2cm以内、且つ、SMJに通る穴の直径という条件付きじゃないとアウト。

 あとワームが1cm長ければ、市販オフセットも使用しやすいのですがね〜 エコギアさんに提案したいと思ってます。

 てなことで、オオモン釣行というよりは、混み混みと雨で、悶々釣行でした。

2017年08月12日

8/12 ヒラメ41cm (静岡 kongoさんから)


 台風が降らした大雨で、近くの河川がまだ増水中。おかげで、地域のポイントはどこも濁り気味。

 波は昨日から治まり、今朝はかなり良い状態。釣れるかな…と期待しながら出かけましたが、釣果なし。濁りで青物もよらないからか、一級ポイントもガラガラ…。

 それでも、夕方になればやっぱり出かけてみようとなるのがお約束。16時半ころから出かけていき、17時から釣り開始。メタルジクで遠投と思い準備していきましたが、潮位や波の様子から、手前にいそうだな〜と思い、ジグは一投しただけでMJに変更。

DSC08604.JPG


 向かい風微風、ドン深の静岡サーフ、TG21gに2号丸おもりをオマケしたハイブリッドシンカーをチョイス 。 ( リール85巻位飛んでました 。)
 で、ここぞと思う場所を扇状に確認していくと、3投目、フルキャストから半分くらい引いてきてストップの直後、待望のあたり。

 合わせを入れ、確実にフッキングしているのを確認し、慎重に寄せて…、マゴチにしてはシェイクしないな…、青物はボトムでワームは食わないし…、波打ち際の駆け上がりが急で引き波が強く…テンションを掛けながらかわし、ずりあげると、出てきたのは元気なヒラメ41pでした。

DSC08600.JPG


・ ヒットタイム17:05 
・ MJ+パワーシャッド5in 163:チカチカ室蘭(夜光)+#4&中通し#5(Kongo仕様)+TG&鉛丸おもりのハイブリットシンカー24g
・ 向かい風微風 濁り有り
========================================

 シーズンとしては、関東以北から北海道というところですが、この静岡で真夏釣果はいいんじゃないですか〜〜? おめでとうございます〜!!

 私も昨晩から徹夜のまま(お盆の海を撮さないと・・・)と、お昼すぎの干潮時間に行ってきました。が〜〜こちらというか、私の行ったところは、キャスト毎に河口から流れ出した田の草が引っかかってくる始末。
 フグカジさえも無いまま一時間弱で終了〜〜 波無く、やや濁り有り。
 魚っけも見当たらなかったですが、帰り際にシラスがピチャっと。例年のこの時期より水温低めで、明日からイイかも??

 
DSC_1649.jpg


 綺麗なサーフですが、荒れ前というか普段は ↓ 。ゴロタは埋まり?削られ?砂地になったのです、濁る訳です、上下は、同場所です。
DSC_1548-thumbnail2.jpg


 現在時間 23:08pm。 夕方から爆睡してしまいました。。。

2017年07月27日

アカハタ × 2、カサゴ × 1 (地元 ゆたさん)

本日のハタゲー遠征の結果を、改めてご報告します。

ヒット時間 : 6:15(34cmアカハタ1匹目),7:10(34cmアカハタ2匹目),9:00(28cmカサゴ)
ヒットワーム: バルト4インチ,パワーシャッド4インチ,パワーシャッド5インチ(釣れた順)
MJリグ仕様: シングルフックのみ、24gタングステンcomp

0727.jpg


s_3.jpg


s_4.JPG


いずれもフルキャスト→着底後のスイミング開始程度でのヒット。

アカハタに関しては、いずれもドラグをフルロックしていたにもかかわらず、ゴリ巻き中に瞬間的にドラグが鳴り、一旦根に潜られました。
貼らず緩めずのラインテンションで待っていると、すぐに出てきて、あとはひたすらゴリ巻き,ゴボウ抜き。いずれの魚も、大きなカニを吐き出していました。

実はこの前の5時半ごろ、近距離で40cmほどのオオモンハタをヒットさせましたが、岸際での取り込みを躊躇したために暴れられ、その際にシンカーが岸に当たった衝撃でバラシ・・・。

 やり取りでは、ロッドを常に立て、ドラグフルロックでゴリ巻き→ゴボウ抜きを躊躇せず、大胆に行うことをおススメします。

ハタ類はヒットさせるのは難しくはないのですが、キーポイントは「根掛かり」。これに尽きると思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いい竿曲がりしてました。 楽しそうでした! 柏木、、、(笑)

ハタゲーリベンジは返り討ちに、、、私だけ

 さて、今日はほとんど寝ずの夜中1時から準備して、行ってきましたハタゲーリベンジ。

 到着時点(早朝4時過ぎ)では暴風で、やってはみるもテトラに立つと、体が強風に押されてフラフラな危険状態。。。
見切り! 
 車で移動しながら、追い風になるポイントを見つけやってみることに。

 まったくもって新天地で、釣れるという情報も聞いたことのないポイント。結果かから先に言いますと、私は返り討ち、、、 トホホ

DSC_1557 (2017-07-18T05_42_45.325).jpg


 ですが同行したゆたさんは〜 やってくれるじゃないの〜 の、ナイスな釣果で、いずれ釣果報告があることでしょう。

 で、この地域以南での水温上昇により、ヒラメは1ヶ月半ほど衰退状況となるのですが、ハタゲーはこれから旬。

 ヒラメの穴埋めとしてのハタゲーに着目しているところですが、ハタゲーの先駆者といえば、エコギアの折本さん。
 特にワームのスイミングによってのメソッドは第一人者と言っていいでしょう。
 私も前から、折本さんの釣り方をユーチューブで勉強し ↓





 で、ここで出てくるブレードは4年ほど前に、私の特許に関しての恩師の弁理士、故石井先生がエコギアからの依頼から特許出願したものでして、その翌年製品化された時には私の手元にもずっと有ったのです。



 正直な所、おかっぱり主の私としては(余分なものを付けると飛距離が落ちる、、、)
と、乗り気ではなかったのですが、あ〜もハタゲーで釣果実績を見せ付けられると、こりゃもう素直にならなきゃ・・・(苦笑)

 ということで使ってみよう!! (でも〜〜 やっぱSMJには、SMJなりの使い方で・・・ シングルフックの邪魔にもなるし〜 )
と、前から有って、今日持参したのが ↓ 
一応、ブレードに魚がアタックしてくる事が多いので、ブレードは針先とほぼ同位置の長さに調整して。
DSC_1609.jpg

 そして変則バージョン ↓
DSC_1611.jpg


 ま、海水につけて泳がせてみると、間違いなく双方ともキラキラ〜〜っと、よく目立ちますよっ

 ですがそんなことは二の次なのです、キャストして回転する、あるいは付けた事で飛距離がぐっと落ちてしまうとなると、ハタゲー狙いにおいて「竿抜け」ポイントを狙いたい私には御蔵入りモノ。

 第二にシェイク、ショートジャークを入れた際に、ブレードがフックやスナップ&メインラインに絡むようでも、私的にはアウト!

  これで釣れはしなかったものの、上記2つの難点はクリアー また次回以降試してみましょう。

 見ての通り、この私自作のブレードのメリットは
1)脱着簡単。不要と思えば、即外せる。
2)ブレードの大きさ、違う形状orカラーへの変更も、スナップから外してちょちょいのちょいで簡単チェンジ!可能。(ブレードに限らず、ラバーでもいいんじゃない ???)
3)安価!(笑)

 ご興味ある方はやってみてくださいませ〜〜

 さて、あとはゆたさんからの釣果報告をまちましょ (苦笑)

 
 

2017年07月21日

7/20「小マゴチ46p なれど貴重な1本」 (静岡 kongoさんから)

取り急ぎのアップです。
こちらでもマゴチは厳しく、サイズも小さいらしいですよっ。
自分の考えで場所を選んでの、してやったり釣果は嬉しいものです。
おめでとうございます〜〜! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここのところ、いつも行く静岡サーフは全く釣果なし。

毎年この時期はこんなものなので、ここにはあまり魚はいないと考えた時、なぜいないのかの仮説を立て、仮説に基づき別の場所へ釣りに行ってみました。

現地の海は凪いでおり、釣り日和…。
が、サーフに立ってみると、ゴミが多く濁りも入っており、先週の大雨の影響が残っていました。
 18:30頃から始め、19時過ぎには少しずつ暗くなる中、夏のヒット多発時間帯「真っ暗の直前」を迎え、集中力を高めていくと、バイト有り!! 

DSC08464.JPG


 フルキャストから1/3ほど引いてきて、着底後走り出したところでのバイト。暗い中、波が良く見えず、引き波に邪魔されること2回。ばらさないようテンションを掛けながらランディング、出てきたのはあまり大きくないマゴチ46pでした。が、狙って取りに来て釣れた1本、満足の1尾でした。

DSC08462.JPG


ヒットタイム19:35 
パワーシャッド5in158:スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光) Kongo仕様 
フロント#4リア#6
TGシンカー21g 

2017年07月18日

赤ハタ × 2 (地元 ゆたさんから)

 取り急ぎのアップです、MJでの初めての釣果報告魚種となります。
おめでとうございました〜〜 !!! 赤が綺麗! イイ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
柏木さん
本日、MJリグにて念願のアカハタを釣り上げましたので、ご報告いたします。

33センチはフルキャストからの着底間際でのヒット。28センチは沖合で底からリール3回転跳ね上げてからのテンションフォール時のヒット。

201707185.JPG


いずれもヒット場所は遠く。地磯で根がきつく、根掛かり必至の場所でしたが、常に着底させて攻めたにもかかわらず、MJリグでは根掛かりロストゼロ。

s_DSC_1575.jpg


根掛かっても無理に引っ張らず、ラインテンションを軽くしてシェイクすれば大抵外れます。
それでも外れない場合、ゆっくりラインを引っ張れば、根(海藻)をちぎって外れます。そのため、ラインはそれなりの太さであることは必須。

いずれにせよ、MJリグならではの釣果であったと確信しています。

<釣行データ>
場所:某地磯
ヒット時間:6時55分(33センチ),7時15分(28センチ)
ワーム:パワーシャッド4インチ(159:カタクチ)
仕様:28gタングステンシンカー+シングルフック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2017年07月10日

マゴチ 57cm (東伊豆 NAさんから)

お世話になります。
ちょっと前の4日(火)にホームでの釣果です。
まっ昼間の2時前後にヒット。57センチありました。

izu na.jpg


(釣り場に携帯持っていかないのでヒット状態とれなくてスミマセン。)
SMJにパワーシャッドの5インチ ピンクです。
このあとに、もう一本マゴチを(多分60オーバー)掛けたのですが、波打ち際でフックアウト(T ^ T)
で悔しい思いもしました。

また報告いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

NAさん、どうも〜〜 こちらこそお世話になっております〜 m(_ _)m
ナイスサイズ、且つデイ・ゲームおめでとうございます〜!! 

まだまだマゴチは本シーズン。これからでしょう! 暑いのが難儀ですが、、、 (苦笑)
逃した大物を是非!! 

お待ちしておりますよ〜〜 私もちょこちょこ、そちら方面へも出かけてみたいと思っています〜〜


2017年07月09日

7/8 マゴチ 60cm (静岡 kongoさんから)

このところ、波っ気があり、なかなか渋く、全く釣れない日々が続いていました。
昨夜は、19時頃から月夜に誘われ、サーフにシーバスを狙いに行ってきましたが、釣れたのはエイが2尾。
DSC08446.JPG


バカでかいのが良く上がってきたな〜と、我ながら感心。

 久々の凪ぎ、月夜でナイトヒラメと行きたかったのですが、濁りがあり断念…凪を確認して、今朝、3時半起きで再びサーフへ。いかにも釣れそう、潮目が出ているし、岸際では、マイクロベイトがピチャピチャしている。

 釣り人もいつもより多くいたのでしたが、なかなか当たりが来ません。水面をよく見て、潮目があり、たぶん離岸が少し出ていると思われる場所に移動し、数投、グググとラインにテンションが入り、ヘッドシェイク。刺さり重視の細軸を使っているので、ドラグは多少ゆるめ。カリカリいいながらも、少しずつ寄せてくると、なかなかの重み。
DSC08443.JPG


 波に数回阻まれ、注意しながらランディング。上がってきたのは、なかなかのマゴチ、60cmでした。ドン!!というバイトがなかなか出ず、渋い中で貴重な1尾でした。

DSC08436.JPG


ヒットタイム 4:30 
パワーシャッド5in158:スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光) Kongo仕様 
フロント#4リア#6 TGシンカー21g

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ナイスサイズ〜!! チョレイ! おめでとうございます〜〜
音沙汰が無かったので、体調でも壊した??・・・ と、心配しておりました。渋かっただけなら安心。

 反射するように、六面体カットのビーズ? 工夫してますね〜〜
 アドバイスとしては、物によってはプラ・ビーズは割れやすい、、、 私しもプラ・ビーズを使っていましたが、3〜4度ほど釣行中に割れて、なんとか工夫しなきゃ・・・と、思ってるところです。
 私の買ったのの材質が悪いのかもしれませんが、、、

 西湘のマゴチ最大サイズ73cmは、8/15のま昼間!! ま〜だいけるでしょう! 幸運をお祈りします〜

 by 柏木

2017年07月04日

伊豆西側のハタ狙いは・・・

 関西まで来ているいう台風を横目に(頼む! 今日は、持ってくれ・・・)と、西伊豆へ。

 ターゲットは、オオモンハタもしくは赤ハタ!! でしたが〜〜  ↓
17-0704-1.jpg


 遠投&深場でのヒットで、思わず「チョレイ!!」
結構な引きで、もう少し大きいかと思いましたが釣り上がって〜残念。計るまでも無し(R)

 ポイントは磯。初めてのポイントで、際から30mはカウント2〜3秒ですが、そこからはドン深。水底状況は根掛かりの多発しそうで、しかも岩にはPEラインの大敵のフジツボが一杯。。。極めて厄介な場所。

DSC_1522.jpg


 この場所の前に、似たようなポイントで約一時間、そしてここで約一時間、そして昼飯(すき家の牛丼! すき家の豚汁はおいしいね〜〜)を取った後に、アオリイカ、根魚、ヒラマゴも釣果実績の有る、ここ3年ほど行っていなかった複合ポイントへGO!

 キャスト20分ほどで、ゴゴン!

 カウント5〜6秒のやや深めで際から50m程先でのヒット。竿は綺麗に曲がりマゴチのような引き。竿の曲がり度&重さからマゴチならは50オーバー??
が、心の中では(いや、これは違うかもハタかも??)の期待。。。

 あと10mというところで、姿が見えないまま、スゥ〜っと軽くなってのバラシ、、、

 ここでも一時間ちょいやりましたが、それっきり、、、 近くのエギンガーはその間にアオリイカを2尾釣ったらしい。。。

 エギね〜〜 今度は持ってたほうが良いのかなっ? (苦笑)

 でなことで、こんなペースでハタ狙い(ですが根底の意図は、真夏のターゲット探し)を継続予定です。




2017年06月26日

小リベンジ オモンハタ (私)

 1匹だけなので、こリベンジ。

 まっ昼の、のんびり釣行で、出撃時間朝の10時過ぎから出発だったのですが、私の仕事の都合で昨晩から2時間ほどしか寝ていなく、もう今にも落ちてしまいそうなので取り急ぎアップです。 

DSC_1500.jpg


追記致します。  が、現在夜7時すぎで、明日になると思います。。。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  追 記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ま、一匹釣れたくらいでうんちく垂れるのもなんですが、やはりハタ系の強い引き、釣り味は楽しかったですね〜

で、上の釣果画像を見て頂いてお解りのように、シンカーが無いでしょ?ここ最近はずっとタングステン・シンカーを使用していたのですが、今回の釣行の目的の一つに「あえて鉛ナツメ型で、根掛かり具合を確かめてみたい・・・」という目的も有りまして、釣れる前の状態がコレ ↓ 針先は下向き仕様

DSC_1501.jpg


ほんじゃ〜 何故無くなっているのかというと、私の意図したシンカーの働きをしてくれたんです。

 釣り場ポイントは前回のハタ狙いと同場所で、水底は10〜40cm程のゴロタ石で敷き詰められた場所で、最初はパワーシャッド4インチ 158ピンクラメで50m区間ほど探ってアタリ無し。

DSC_1502.jpg


(居ないのか?? ワーム(動き)変えてみよっか・・・)

ということで、ダート・ミノー 4インチ 115番カラーにチェンジ。引き返しながら探っていくと〜 50m位先でヒット!

 寄せてくる途中に(ありゃ? 潜られた??)の、根掛かり状態、、、 ラインを張りながら少し待って、ぐっと持ち上げると〜 根掛りを脱出した模様。

 釣り上がってきた状態がシンカー無し状態。いわゆるシンカーが外れてくれたからこそ得られた釣果!

DSC_1496.jpg


 サイズは手尺で一つ(21cm)に5cm程で、もう一つでしたが、引きはどうでしょヒラメの45cmに匹敵する感じでしょうか? 際でも大暴れするところはヒラメ以上かも??
 そんなとこで、更なる釣果数を重ねることで、ハタゲーの何かが見つかりそう。なにはともあれ、釣り味楽しいターゲットです。

食べるには、もうワンサイズ上が欲しいということで(R)でした。

DSC_1509.jpg


また行こうと思っています、赤いのも釣ってみたいなぁ〜〜


2017年06月20日

オオモンハタ × 2尾 (地元 ゆたさん)


取り急ぎのアップです。いいなぁ・・・ おめでとうございます〜〜

=======================
柏木さん 
いずれもMJリグでの釣果。11時と11時半。2時間ほどのデイゲーム釣行です。
27と28センチ、いずれもキャスト→着底直後のヒットでした。

201706212.JPG


サイズの割には引きは強烈。このサイズですら強烈なのに、40アップは針先下向きでないと捕れそうにありません・・・

201706214.JPG


ワーム:パワーシャッド4インチ(115カラー,純付け)
シンカー:タングステン28グラム
フック:シングルフック(針先上向き)