2015年08月23日

目立つ!! キラキラ尻尾改良は、いかがでしょうか?

「パワー・シャッド キラキラ尻尾改良」の作り方をご提案。

 単に、キラキラで目立つ! 集魚効果が有る! 岸際の押し波でも、急いで巻かなくても泳ぐ! というだけではなく、メリットは他にも。
1) 尻尾へのフック絡み、有りませんか? これなら絡みは、ま〜ず発生しません。
2) 尻尾をフグにかじられにくいですし、かじられた後にこのように直しがききます。
3) 空気抵抗が減りますので、飛距離アップ、沈下速度アップします。
 等々有りますので、釣りが出来ない時化などの時には、やってみて下さいませ。次回の釣りがより楽しいものになりますよ〜〜

2016 キラキラ尻尾.jpg



まずは、最近試していて(これならいい!海水中でも剥がれない!)と、推奨したいのが手芸屋さん(この地域ならば、ユザワヤさん(小田原駅前店、大和駅前、湘南モール店等)に置いてある、この両面テープ ↓ を推奨。「水洗いOK!」ということですから、水に強いのです。



 ちょいと高めですが、シッポ300個以上は作れるでしょうから安いものです。ホームセンターに置いてある「超強力!」と謳う両面テープは・・・使用してみましたが、厚みも有り(水切れ×)意外に水に弱く、剥がれるのです。。。


 最近使用しているキラキラ・シートが、¥100均ダイソーで売っている、粘着材が付いていないキラキラ・シート<5色 × 3枚=15枚入り>
 これを好みのカラー同士を、上記の両面テープで貼り合わせて、短めに10cm位の長さにして、1.5cm × 長さ3cm程度に必要数を切っておきます。

2016-01-30 20.01.03.jpg



1)ワームを家庭用食器用の洗剤で洗い、表面の油性コーティング材を洗い流し、水分を拭き取ります。

2)ワーム素材はテープの粘着剤を溶かしてしまいますので、瞬間接着剤<できれば耐衝撃用>を、尻尾の接着面に塗り皮膜を作っておきます、側面も塗りましょ。塗るには100均の歯間ブラシが安くて便利です。
002.JPG


3)ワームの尻尾の接着面が乾いて指にくっつかない状態になりましたら(約10分)、両面テープを貼り、形状に合わせカットします。
両面テープ-1.jpg


4)そして、作っておいた、キラキラ・シールを半分に折り曲げ、
2016-01-30 11.23.41.jpg


5)小魚風にカットします。大きさはお好みで。横巾が大きいほどワームの横揺れが大きくなります。巾が狭いほどわずかな波、超スローな引き(リール1秒間に1回転)でも泳ぎます。
2016-01-30 11.24.52.jpg


 6)尻尾に貼ってある両面テープを剥がし、これを貼り付け、はみ出しているワーム尻尾側をシールの形に整形カットして完成! 横から見ると小魚っぽく見えますでしょ?
2016-01-30 11.25.42.jpg

2016-01-30 10.52.32.jpg


※ 只今「トライアル・セット」お申し込みのお客様に、キラキラ尻尾改良したワーム1本(匹?)オマケしています。

■ ノーマル状態と改良後の泳ぎ&目立ち度比較 ↓