2016年01月13日

海直リグ・シンカーの補足

 朝、キャストしていまして、その時は携帯忘れ・・・ 挙句に岸際で小石に足を取られて、片腕が肩まで水に浸かり〜の、今日の朝の冷え込みですよ。指の感覚無しで、トホホの退散。

 夕方撮影も間に合わずなかったのですが、その前にチラリと橋の上から見た海は、昨日の夕より少〜し風があるかなっ? 程度。 m(_ _)m

 さて、昨日は「海直シンカー」のアイテム入りをご紹介させて頂きましたが、あの後に追記するつもりが爆睡・・・ 目が覚めたのが真夜中〜(笑)

 でもって新・シンカーですが、丸型シンカーが夏目型ラクビー・ボール型になっただけではなく、機能(仕様)を1つ追加させるために、あえてスナップを追加しているのです。
 形だけならば、丸型の手法と同じで良く、スナップは不要ですもんねっ?ノーマルな海直シンカーの使用方法は ↓
2016-01-13 18.40.28.jpg


 なのですが、本来ブラックバス釣りでの直リグの使用方法の多くは、ロッド先端をを小刻みに動かしピクピク、モゾモゾっと動かし誘うという感じです。

 (ならば、この海直もそれができないと〜)ということで! シンカーのスナップを開いて、SMJの先端に繋ぎ、移動させます ↓
2016-01-13 18.41.58.jpg


そうしますと、繋ぐ穴が2つに分けられていますから、テコの原理でロッドの竿先がほんの僅か動かすだけで、遠投してもその先でピクピクッ!と、動いてくれるわけです。
 解りやすく言いますと「DS仕様の捨て糸の無い形」ですかねっ?

 低活性な時間帯とか、混み合う港入口、突堤など、じっくり、丁寧に探りたい時には良いと思いますよっ


2016年01月11日

海用 直リグシンカー「海ジカ シンカー」をアイテムに

直リグの海用、「海直(ウミジカ)シンカー」を、新たにアイテムに入れてみましたので、宜しければご検討下さいませ。
ブログ 海じかシンカー.jpg


 いかにもな名称ですがナツメ型シンカーです。(笑)
 ただ、ナツメ型と言いましても市販シンカーではメーカーさんによって形状や長さが異なります。わずかな長さ差、形状差で、使用感には結構な差が出てきます。

 実釣テストのトータルで考えた<極力フッキングの邪魔にならないもの等の>結果(これがいいんじゃ?)というものを選び、丸シンカーと同様に「オモリが根掛かると、オモリだけロスト」の構造は、まんま入れ込みました。

 丸シンカーよりも一個多い6ヶ入りです。スナップも同梱していますが「金色には集魚効果が・・・」という説の元に、ゴールド・スナップを5ケ同梱、市販シンカー(ナス型など)使用する場合や、シングル・フック(M)を5インチワームで使用するときのシャフトとして応用下さいませ。
シンカーshp300.jpg

海ジカ shp400.jpg


 このシンカーの特徴&用途は、

■ 水底から0.5m 〜 1.5m間(丸シンカーより1m前後上)をフワフワと浮かしながら移動させたい・・・そんな時にはこのシンカー!

■ 特に掛け上がりからゆっくりとリールを巻いても、掛け上がりの斜め斜面をなめるように移動してきます。

■ シンカーの全長が丸シンカーより僅かに長くなるだけですが、想像以上の根掛かり回避能力が有ります。

適合釣り場 : 遠浅サーフ、及び急深水底ゴロタのサーフ
適合状況  : 高活性時間帯、ヒラメのボイルも有る様な高活性シーズン
飛距離   : 5号(18g)、4インチワームで、無風時で60m以上
        6号(22g)、4インチワームで、無風時で70m以上

10100.jpg


 どうぞ宜しくご検討下さいませ。

 ネットショップへ
 

2015年09月27日

スプーンテールシャッド <水中動画>

 なんとか雨は免れたものの、どうにも活性の無い、際荒れをお越してしまった海でした・・・

私も海へは行きましたが、主目的は最近ネット・ショップに入れました エコギア ノーリーズ「スプーンテール「ライブロール」の水中動画撮影、見てみてください。



 泳ぎ方もさる事ながら、目ん玉のキラキラ反射もよさげです。

ワーム :4.5インチ カラー:シルバーシャッド 
MJリグ:シンカー6号、シングルフック(M)、後部アシストは、Wフック4号120度開き
※ 根掛りのきつい場所でのアシストWフックは、針先上向きのセットを推奨致します。

3〜4000番のリールで、一秒間に2回転位でのアクションになると思います。

2014年11月20日

8:45AMの海状態 

 連休を控え、提案です。根掛りポイントでタイトに攻めようとするなら「シングル・フック」仕様をおすすめしている訳ですが、ここの浜でもそうなのでが河口近辺は水底はゴロタ状態。
 ですから河口近辺でWフックやトリプルのダブルを使用すると根掛りも発生しやすくなりますが、気づかないうちに針先が鈍って、バラシてしまうのがもっと厄介。

 かとって、河口から50m程も横移動すると水底は砂地に変化し、根掛りの心配が無くなります。

 そんな時に、市販Wフックを活用して下さい、下画像のように。
その為にジョイントを新しく改良したといっても良いでしょう。ペンチ無しで、ささっとフックを追加〜〜

市販w応用1.jpg


 特に5インチワームのような、長さの有るワームにどうぞ!

※ 画像のシングル・フックは、テスト中のものです。



2014年11月14日

NEW 「ラフ・サーフ88」

 本日、NEW「「ラフ・サーフ88」が、やっと私の手元に届きまして、スペック画像をアップしておきます。
今後は当分このロッドで釣行し、インプレしてゆきます。
flatfish_program.jpg

new88.jpg


1117-2.jpg

1114-1.jpg


 波は小さく、薄い濁り有り。表面上はヒラマゴコンデションなのですが、どうにも今一歩、大魚の気配が感じられず・・・ ボイルは、メッキだと思うんですよね〜

 11月から12月にかけては、この湘南・西湘地域はイマイチなことが多く、反面、例年ならば静岡方面が活況で、遠征することも多いのですが、ネットサーフィンしてみると、あちら方面も例年と比べると薄いのか、時期遅れなのか、パッとしていない模様。
 明日からか? (笑)