2015年11月20日

夕方の海と、昨日の取材釣行の(続)

< 11/12の最下部の記事から読み上げて頂きますと、解りやすいです。 >


昨日の取材釣行の(続)と言いつつ、これ以上書くと出版社にご迷惑になるといけないので、自己評価を

 コーチとしては、80点:取材目的達成。同行女性釣果有り。
 テスターとしては 0点:自分釣果無し、、、(苦笑)
 状況判断は、90点:最後に場所移動しなければ、結果無しの可能性100%。
 −10点分は、風向きが右手(西風)と判断しての釣行場所選択でしたが、実際は逆で東から。しかし、波浪情報からは明らかに西からの天候の崩れのはずでした。私の風向き予想が異なったことで、最後の逃げ場として残しておいた場所も(ラストの移動先)も強風のハメに。。。
 
 そしてリグとしては〜200点!!: 女性が一日中キャストし続けて、疲労困憊に加えての正面からの強風にも関わらず、投げて釣れるところ(30m先が掛け上がり)まで届いた事が結果につながった。

 スーパーマルチ・ジョイント(SMJ)は、12日に届き、その日の午後にマゴチ2尾で入魂と書きましたが、本当の入魂は私以外がこの新・ジョイントで釣って頂いた時。

 そうゆう意味では、SMJ釣果の第一号が、ヒラマゴ初トライの女性であったことは、私にとっての最高のシナリオ、レジェンドとなりました。

 来月20日発売の「ソルスト」。

 ひょとしたら・・・ ひどい状況下で踏ん張って、踏ん張って釣れて、感動のあまりに「柏木さん!ありがとう!!」と、ハグされた私が写りこんでいたら、ど〜もすみませんm(_ _)m にやけてるかも(笑)

 そんな若い女性にハグされることなんて、今後の人生に二度と無いことでしょう! 爆

 奇跡が起こった!と昨日書きましたが、何も座布団が釣れたわけでは無いので誤解無く(笑)

 ただ強風+小雨降り出し、見渡す限り右左数百メートル区間に、釣り人は置き竿の方たった一人で、その方もすぐに退散し、残されたのは私達3人だけという最低なラストの海状況、天候状況。
 静岡中部の方で、昨日海に行かれた方は理解して頂けるかと。。。


2015年11月18日

市販シングルの応用

 海は近いのにすみません。今日の朝の海は画像はないのですが見ていまして、釣れそうな雰囲気。釣れてもいるようですし。
 波浪情報ではあまり良い予報ではなかったので、無理かと思いましたらそうでもない。そのまま明日まで続いて欲しい・・・と思いましたが、その後晴れ後、結構な雨足。。。 
 明日も雨は残り、海は波高予報。。。

 が、実は取材釣行予定。。。 正直(こりゃ、厳しいなぁ・・・ 水温も下がるだろうなぁ)中止の延期になるか? まんま決行か? 朝になってみないと解りません。

 てなことで悶々としていますが、とりあえず市販フックの応用につきまして。下画像のフックは、船用のカンパチ用だと思いますが、少なくともターゲットは10kg以上用?相当強靱な、線経も有る平打ち仕様です。
2015-11-17 21.26.48.jpg


 市販シングルでも、冠(アイ)の大きなうまい具合にSMJにハマり込むのも有りますのでトライしてみてくださまし〜 

 ワームカラーは、クリアーラメで透き通る透明なのですが、透明だからといって目立たないか?というと逆。水中ではピンクに負けじ劣らず目立つのですよ〜

でわでわ、もう寝なきゃ・・・(笑)


2015年11月17日

ジョイントへのワームの刺し方

 夕方、撮影に行けず。。。 朝の状態をネットサーフィンで見てみると、釣果情報少なく、ウネリがあったでしょうか?? 波浪情報からすると、明日も・・・か?

 さて、スーパー マルチ・ジョイント(SMJ)へのワームへの刺し方のついて補足しておきますね〜

 まずは下画像のように、先にワーム先端部を固定しておきます。
 次に後部ピンを差し込んでゆきますが、まっすぐ真下に差し込んでゆくことで一旦ワームは前方へ、青矢印のように4mm程押し縮められます。
2015-11-17 16.26.12.jpg


そして黒矢印方向、前方にも縮められます。
2015-11-17 16.26.33.jpg


 そして、差し込み終わる寸前に、押し縮められた部分が、再び伸び戻ることによって、ジョイントのアイの上の横軸に刺さり込みます。↓ 
2015-11-17 11.04.22.jpg

 そして後部ピンを、ワームが真っ直ぐになる位置まで、後方に押し曲げ、フックを取り付けて完成!
 黄色丸枠部分がワームに刺さり込むことで、オープン・アイの隙間を埋めてフタをすることになります。
2015-11-17 11.04.22.jpg


 で、ちゃんと横軸まで入り込んでいると、魚に大暴れされてワームが大きく曲げられても〜針外れの心配無し! ↓ ということですね〜
2015-11-17 16.28.06.jpg


ともすればワームを引っ張って、伸ばして後部ピンに刺そうとする方がいてもおかしく無い形状ですから、念の為にお伝えしておきますね〜 
 

2015年11月12日

デイゲーム マゴチ63cm + 50弱? (私)

 思わずガッツポーズになりましたね〜 久々に感動しました 〜〜! と、同時に安堵感。 ホッ
300.jpg


 大きかったから? デイゲーム(ヒット時間 1:25pm)だったから感動した?

 違うのです〜〜〜!! 行きたくてディゲームに行ったわけではないのです。

ジャ〜〜ン! これこれ〜〜!!
400.jpg

 私のこれまでのヒラマゴ人生の集大成に!! と、試行錯誤を繰り返して仕上がった〜 
新バージョン「スーパー・マルチジョイント」<PAT・P> が、本日届き、大急ぎでのテストでの釣行。

仕上がり早々に入魂!!

釣行時の海状況から。天気良く、しかしながら左手方向からの強風で、キャストするとラインが大きく湾曲する状態。浜には、彼方にたった一人置き竿釣り人のみ。
2015-11-11 11.32.45.jpg


 釣り的には嫌な状況ですが、「悪条件に強い!」を謳い文句とするMJリグには、もってこいのテスト環境。
 まずは釣ることよりも、新バージョン・ジョイントのテストから。

 ワームで、最も飛びにくいワームは、バルトのような体高があり形状が起伏の大きいいワームは、今日のような強風では横風を受けて飛びにくいですし、どうしても横風を受けて、飛行中に回転しがちです。これはMJリグに限らず、どんなワームリグでも同様です。

 そしてスプーンテール・シャッドや、最近流行りの目玉付きリアルワームのような、素材が非常に柔らかいワーム。
 これらは水中では絶妙な動きをしてくれるのですが、素材が柔らかいだけにキャスト後の飛行中も尻尾が泳いでしまい、飛距離を落としてしまうのですねっ

 その2つに6号シンカーをセット(ワームは、それぞれ4インチ)し、キャスト〜〜

(よっしゃ〜 計算通り! まっすぐライナー!! OK!)

 そして、ミノーM (こりゃ、メタルジグより飛ぶ〜 OK!)

 更にパワーシャッド4インチ、5インチ( 横風有っても無回転ライナー! OK!!)


 で、今度は河口流れ出しにて、泳ぎ方チェック

 バルト= (くぅ〜〜〜 多分、このワームを最大限に生かせるリグ??? 首もぶるんぶるん振って泳ぐ〜)

 スプンテール=(よっしゃ〜 これもOK!)

 パワーシャッド=(4インチは若干ウォブリング減る?ジョイントが長くなった分しょうがないか・・・飛距離アップだし。5インチはOK!イイ泳ぎ!)


 さぁ〜 ここからですよ、一番の問題で大変なのは。
 台所用品の便利ものだとか、アイデア商品ならばこれで充分OKでしょ。ですが釣具となれば、そうはいかない! 釣れなきゃ〜 話にならない。

 横風強く、際20m程に濁りも有り。PS4インチ、115番のキラキラ尻尾。逆さセットじゃなくて、ノーマル・セット。シングルフック+6号シンカーで、
キャスト開始。

 横風有っても、充分釣れそうなところまでは優に届きますね〜 転々と探りながら50m程横移動したところの際から40m位先で、まずヒット〜 (くぅ〜 入っちゃった魂) (R)

 (帰ってやんなきゃいけないこと山ほど有るし・・・ これでいいか、帰ろ・・・)

 と、引き返しながらキャストしていると〜 ズドン!! 約50m先。(重い!でかそう・・・)押し波が無いために、寄せに手こずりながら〜なんとかランディング。(やったぜ〜〜)
2015-11-12 13.48.05.jpg

 さくっと手尺 (おっ!3つ有る〜60オーバー) が、メジャーが無い・・・
 エコギアさんへの釣果リポートも書かなくてはならず、画像を写している間にぐったりしてきましたので、お持ち帰り。
600.jpg


といういう感じでして、新・スーパー・マルチジョイントにつきましては3日ほど掛けて記述しますねっ マニアックな方にほど、是非是非聞いて頂きたい(笑)

 正直なところ最初の試作段階から、制作メーカー担当者から「柏木さん、今回のは今までのより3倍手間が掛かるんですよ〜」と。後に続く言葉は、想像つきますよねっ?(笑)

 で、このご時世もあり拒否もできなく、止むなく従来のものよりも価格アップとなります。。。

が!!!

 それ以上のメリットを詰め込んでおります!!

1)冠(アイ)の強度アップ! 1mオーバーであっても余裕の強度を持たせま
した。
hp-stj アイ強度.jpg

2)オープ・アイからの針外れが希に発生していましたが、まず心配のない針外れ3重防止構造に致しました。
まず、針を通す隙間がわずかに狭く超ギリギリで0.0?ミリで調整してます。
隙間.jpg

 針が前方に移動しょうとしても、一旦入れてしまえば、引っ掛かって簡単には隙間をスリ抜けられません ↓
針戻り防止.jpg


 更にこだわったアイデア部分!! ワームが青斜線部分まで入り込み、ワーム自体で針止めの役目をしますから前にも行きにくい。
青車線.jpg


なんと言っても、後部ピンを後ろ倒し構造にしたことで、ワームが大きく曲げられても(陸揚げし、大暴れされると有るのです、、、ワームの曲がり)針が前に行かない、いけない。
ワーム曲げても.jpg


ま、それでも、(ふ〜ん、そうかい)てな感じの方もいるでしょうから〜〜

ですが、まだまだ〜 ここからです!!(笑)

3)通常のジグヘッドは、スイミング中心の設計で、メインラインに対して水中で水底と平行に泳ぐように、ジグヘッドの重量配分されています。 で、この新ジョイントの先端に2つ穴が有りますよね?

 上の穴にスナップを繋ぎ、その真下の円の中心点が同じ位置に来るように、シンカーを入れ込む溝を設けました。
ジグへ.jpg


 従いまして〜一つテンヤ仕様(後部を浮かせて、根がかり防止優先)で使いたいときは、先端の穴にスナップを繋ぎ、スイミングで誘いたい時には、上の穴に繋ぐと〜市販シグヘッドと同じスイミング姿勢も可能な構造にしましたよ〜


4)そして、高くなった分を充分リカバーできるアイデアも入れ込みました!!が、長くなりましたので、明日にしましょ!(笑)

 そして、ワームの回転を大きく減せ、飛距離アップに繋がった原理を追記しますねっ
アマゾン 検索ボックス
 
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28