2014年05月05日

新・PEラインとリーダーの結び方

歯でくわえず、慣れれば1分、超強靭!

摩擦系編み込みノットですから、その結束強度は抜群!初心者でも簡単で、割とアバウトに巻いても、構造上スッポ抜け無し!
勝手に命名 「FFノット」(フラット・フィッシュノット)
 



 巻き終わり形状としてはSFノットに似ていて、編み込み後にたった1個のハーフヒッチをリーダーに入れているだけですが、コレが大みそ!
 このハーフヒッチを入れるか入れないかで、引っ張り強度 & すっぽ抜けするかどうかに大差が出るのです。 〜ノットに似ている・・・のかもしれないですが、ポイントは巻き方、巻き手順による超短時間結束!
と、歯でくわえない事 ! 

私自身が歯並びが悪いのと、リーダーはずっとベストの中にずっと入れてるんでしょ?
なんとな〜く、汚なっぽい・・・ と思うならば、リーダー & PEを、歯でくわえずに巻く! (笑)

「暗がりや足場の悪いテトラ上、あるいは揺れる船、ボート上で、道具要らずで、ロッドを小脇に抱えながらサクッと巻けるところにご注目!
 と、肉厚な寒ヒラメシーズンには、手袋着用。短い&暗いマズメ時、もしもの時にはサクッと結べるノットが良いと思いますよっ


< FFノットのスローな巻き方動画を作ってみました >


 解りやすくする為に、リーダーを青色の金属線としましたので、青はリーダーと仮定して見てみて下さい。


※ PEラインとリーダーの結び目には強度が有ることが勿論重要ですが、強度があってもすっぽ抜けの可能性が頭の片隅にでもあると〜 思い切った魚とのやり取りはできません。

※ 短時間釣行が多いのですが、かれこれ8年以上前からこのノットで、この結束部分からの切れは全くと言っていいほど記憶に無し! 自信を持ってお薦め致します!!! 
 もしも外れない根掛りをし(PEラインの根掛りを除き)、引っ張った場合、90%以上スナップとリーダーの結び目から切れます。

 結びコブが有ることで飛距離に影響? ガイド抜けの際の抵抗は?という方もいると思いますが、結びコブはデメリットばかりではありません。

 夜間や暗がり釣行のルアーやリグ、あるいはエギ等、ライトを付けなければ見えないような時などは、この結び目が第一ガイドを抜ける際のかすかな「コツっ!」という音が、リーダーの垂らし長さを知らせてくれるというメリットにもなるのです。

 この結び方は、編み込み部分が割と適当であっても強い結束強度に仕上がるので、初心者にもバッチリ!結びコブがPEラインの編みこみ部分を保護しますから、結び部分が障害物にコスレながら引き寄せられてるような釣り(ブラックバス等)にもオススメです。

 PEラインの結束にまだ不慣れという方には、指を切るといけないの上記動画の「ラスト部分にありますように「指サック」の使用をお薦め致します。 

※  リーダーとPEラインの号数差が大きい場合(PEラインが0.8号以下の細い場合)には、最初の編みこみ回数を12〜16回位に増やし、編み込み後のハーフ・ヒッチも2回にすることをお薦め致します。

 私見ですが、PEラインとリーダーの結び目強度がどれほど有れば良いかについては、
こちらをどうぞ。

 私の場合のリーダーの長さですが、通常サーフでは60〜80cm。
キャスト前、結び目がガイドに入らない長さにすることが多いです。60〜80cmの意図は、これまで散々水底ばかりを15年近く引いて探ってきましたが、リーダーがコスレで白濁するのは、スナップから3〜40cm程度だからです。

 この地域のゴロタ浜程度や、他地域の砂地サーフでは60〜80cmで充分だと思っています。

 遠征釣行でテトラ帯に上がって、リーダーが短いとPEラインがテトラや岩にコスレそうな立ち位置の場合( ん? これは・・・PEラインがコスレるかも・・・)や、水底辺り一面が大きなゴロタ石や、シモリ根をラインがまたぐような水底状態では、ヒト広程(約180cm)取ることも有ります。
一年に数度使用するかしないか程度です。

 私のリーダーのオススメは、世界初のフロロ・カーボンメーカー、台所で有名な「クレラップ」のクレハ!
「クレハ(KUREHA) シーガー リアルFX」> リーダーは、アレコレ散々試用して、10年以上前からはこればかりで、皆さんに推奨してきました。

 本来は磯用ということで、しなやかさと根ズレ強度の双方を求められ、根ズレしても白濁しにくい逸品です。専用ショック・リーダーとなると、割高になりますからこれがベスト。

 一見高価なようですが、毎週釣行しても半年以上軽く持つと思いますから、このリーダーだけは安物は使用しないほうが良いですね〜 

 動画1では、根ズレに強いと謳う「スーパー ファイヤーライン 1.5号」を使用しています、私の推奨ラインの一つですが、このPEラインのコシの強さと、表面の滑りやすさはピカイチなのですねっ
 が、それと引き換えに結束方法を選ぶのです。このラインでは、FGノットの巻に自信のある人でも、相当苦戦(すっぽ抜け)するはず。。
 でもFFノットなら、テスト上ま〜ず失敗無し!

 FFノットでは、どんなPEラインでも結束強度は保証致します。売られているほとんどのPEラインで試していますので。 結びコブは有るものの「歯で加えず、ロッドを小脇に抱えて、慣れれば1分、強度抜群な安心ノット!」

FGノットやヒゲ無しノットの編み作りにも、この編み込み部分の手法を応用してください。 

 特に手袋をはめる季節になっての、短いマズメ時間のライン・ブレイク・・・ 強度が有っても時間が掛かる結び方はイライラするはずです。
 その時こそ、この結び方の意図がご理解頂けると思います。素早く結べることは、時間も無駄にせず、結果釣果にも影響してきます。



 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック