2021年08月09日

8/9 2回目ワクチン接種後3日目。体調戻りました〜 ホッ

 まずは、2回目ワクチン接種の3日目の、朝8時半時点の体温ですが
0809-1.jpg


 昨晩ちょいビビった、熱っぽさも全く感じないし、何より昨晩の襲った発熱、ゾクゾクっとする悪寒、だるさ等々、ウソのように全く無くなりました。
 まるで風邪をひいた時と同症状だったのですが、やはり風邪では無く、ワクチンの副反応だったのでしょう。

 ま、今のところ体調ほぼ元通りですが、8/7の接種日の無症状からの翌日急変・・の事を考えると、もう一日くらい様子見したいところ。。

 未接種で、接種希望の方にアドバイスできるとするならば、

1)接種するなら、できるだけ午前中の早い時間。
 私の場合、副反応が起こりだしたのが、接種後約24時間ほどからでしたので、接種翌日の夜からの体調不良に、( 夕方に接種したのは、失敗か???  薬局空いてないし、万が一に救急車呼ぶにも夜中では・・・ )と、やや後悔。。
 そうは言え、今は打てれば良いほうで、思い通りに接種時間を選べないとは思いますが。。

2)接種翌日は休暇を取った上で、取れること前提で接種予約する。できれば、接種日除いて二日間の休暇を。というのも、今日の気分は良好ですが、昨日ほとんど食べられなかったので体力が減退・・・ なもので。。

3)少ない量ので良いので解熱、鎮痛剤「バファリン」「イヴ」「ロキソニン」など用意しておいた方が良いでしょう。(昨晩の、一番体調が悪い時に飲んで、飲用後に非常に楽になりました。)

4)テレビのワードショーなどでは、芸能人が「ワクチン、2度目打ち終ってるのに掛かってしまった・・・」という事象だけ取り上げて不安をアオってますが、そもそものワウチンへの基本的な認識不足! そりゃそうでしょ、人の体調、体質それぞれで、コロナ抗体の増加量? 生産量? が、異ってくるのですから。

 昨日も書きましたが、ワクチン打てば掛からない・・・のではなく、万が一に掛かっても重症化しにくいということ。インフルエンザの予防ワクチンだって、そうでしょ?? 
 予防ワクチン打ってなきゃ40°近い発熱するものが、ワクチン打ってれば、鼻水、微熱程度で収まるという事。

 それを解っていれば、( ワクチン2回打ってるのに、何で?? )というような、余計な疑問や不安も無くなり、また陽性判定となっても、その事の受け止め方や心持ち、ショック度が全然違うでしょ?

 異論反論有りましょうが私の考え方では、より早いワクチン接種の拡大と、願うのは今爆発的に感染者が増えている中で、多くの人が軽症状態で終わって欲しい・・・ 
( 軽症で終わってくれるならば、爆発的に感染者増加分、相対してデルタ株への抗体を持つ人も爆発的に増えてきているのと、同じ事なのだから・・・ )と。

2021年08月08日

8/8  あらら、、、 発熱が。。

 てっきりこの記事の前までは、(これで副反応も終わりねっ。。)と思っていたら、夕方6時過ぎからなんだか熱っぽい。。接種26時間目辺りから、体調異変。。

 (んん?? 副反応? 胃が痛いけど?? )
 額が熱いのは感じまして検温。 ( あらら・・・ 38.0度〜 ) 数度計り直してプラス4分ほどの誤差が。。
DSC_0146.jpg


 体感的にはそれほどきつくないのですが、風邪をひいたときの症状に酷似。悪寒と関節がダルいと言うか、力が入らないというか・・・
 なにせ前記事で書いたように、私の平熱は普通の人より7分ほど低い35.8°ですから、2.2度上昇?? 通常の方の36.5°に、2.2°足すと、そこそこの上昇かと、、

 ひょっとして副反応じゃなく、夏風邪ひいてたりして (笑) もう一晩様子見しますねっ

=== 本日のラスト報告  ===

DSC_0149.jpg



2021年08月07日

8/7 ワクチン接種2回目。その後の経過追記

 本日、夕方よりワクチンの2回目接種に、行って参ります。

 2回目のモデルナ社製のワクチンでは、発熱が起こる確率が70%近いとの情報も。。 接種後の経過報告含め、情報提供したいと思います。

 ちなみに一回目は先月の七夕の7/7。
 その時は、打った翌日に筋肉痛のような肩の痛みで、肩を水平に以上に上げるのに( ちょっと痛いなぁ・・・  仕事しずらいかも、、、 )と言う感じでしたが、更に翌々日には、ほぼ真上まで腕を上げても平気な状態まで回復し、その後の体調変化は全く無し。

 さて、今回の2回目は、いかがなものか・・ ?? 現在午後2時。ボチボチ出かける準備をします。
                  ↓
 経過報告:その1) 私の平熱は低く、通常が35.8°ほど。接種時間が午後4時前。
 接種前の検温でも、医療従事者から「 ?? 普段の平熱は低い方ですか? 」と、聞かれまして「ハイ」と。 で、接種後の2時間後が微熱?? 体感的には熱が有るようには感じませんでしたが・・・

DSC_0140.jpg

 
 経過報告:その2) 8時間経過の午前0時。
 なぁ〜んも感じない。。ただ接種位置の筋肉痛のような痛みは有るものの、1回目のこの時間経過時には、腕を水平に上げずらい状態でしたが、今回はそれも無いですね〜 真上まで上がります。 微熱?? は、下がって
DSC_0143.jpg


 2度計りまして、一回目が35.9度で、2回目の高いほうをアップ。体調的には普段通りで、何の変化も無し。。 一晩過ごした明日の状態を、もう一度経過報告致しますねっ

経過報告:その3) 接種から一晩明けて18時間経過。まったくもっての私の普段通りの35.8°の平熱に。
DSC_0144.jpg


 腕の上がり方もほぼ問題無し!かすかに痛い?程度で1回目よりも楽。
 注射部分を押すと、少し痛いかも??程度。副反応として熱が出ることも多いと聞いていたので、少しばかり戦々恐々としてましたが、熱は上がって0.7°ほどで終了〜 あくまで、私の場合ですが。

 てなことで、今流行のデルタ株に、最も有効性(約70%?)有りとのモデルナ社製を接種し終えまして、 そもそもワクチン自体が、今後全く掛からない為の物というよりは、万が一に掛かったとしても重症化させない為という事ですから、まずは一安心というところでしょうか?? 掛かりにくい=他人に移しにくいという事ですから。

 そして来年には、今世界中で使われているワクチンの概念を覆し、国産のワクチンで、「レプリコン・ワクチン」(体内で抗体が増えていき、今の注射量の1/1000以下でOK! たった牛乳ビン一本分程で、日本の全人口分をまかなえる超・優れモノ)という、ノーベル賞もののワクチンがすでに出来上がっており、また国の承認待ち状態となっているものも複数社有り、あと一年もしたらコロナもインフルエンザと同じか、それ以下の扱いになるのではないかと思っています。

 覚えておいてくださいな、国産の「レプリコン・ワクチン

 すごいですよっ 日本のコツコツと地道な研究者達は、ホント〜に。
これが承認され出来上がれば、日本は世界中から注目、尊敬されるんじゃないでしょうか??


2021年08月03日

オオモンハタ釣果報告(静岡 kongoさんから)


なかなか波がおさまりません。
なので、地形的に波が穏やかなサーフまで行ってきました。
ドン深で、ボトムは根掛り地帯。MJの出番です。シンカーを重めにして、小さめのワームを投げていくと・・・、フグの猛攻に会います。

 1投で、テールが無くなることも度々です。そこで、テールのちぎれたワームに、小型のスピンテールをくっつけて投げていくと、フグ害は無くなり釣果もありました。
 ボトムから駆け上がりに切り替わる部分でバイトが出てゴリ巻で引いてくると、アベレージよりは少し大きめのオウモンハタ28pが出てきました。・・・
DSC03588.JPG

DSC03592.JPG


スピンテール.jpg

 たまたまなのか、スピンテールでも反応が出るのか、もう少し使い込んでみます。ヒットタイム 5:10頃 リグ:MJ+ダイワ・リアルグラブ3inch+トレブル8号(シングル仕様)+コロラド型スピンテール

DSC03594.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ン〜〜ん 興味深い!! 
 大きな波動とかワーム自体の派手カラーよりも「 光の反射! 」が最も目立つ!だろう事は、幾度となく書いてきましたが、そのブレードがフグカジ(ふぐによるカジられ被害)防止につながるとしたら〜 結構な発見ですよぉ〜 これは (笑)

8月はクサフグの産卵時期で、大量に押し寄せ、ワーム・リグの最大の悩みシーズン、、、(苦笑) ワンキャストで尻尾がかじり取られる事も多々。。 かじられたからポイっ!と、捨てるんじゃなくてリペア〜〜

 私も、雨の日とか釣り出来ない日のネタとしてこんな画像を用意していました。
DSC_0129.jpg


私も検証してみましょう!! ワームリグ + ブレード 
 引きの強いハタ・・・ 釣りたい、、 by 柏木

 
posted by hiramemj at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2021年08月01日

8/1 海釣果では無いですが、参考になりますよっ 岩魚62cm ニジマス70cm

 コロナ感染拡大中という中で、東京都内での新宿、渋谷辺りでは人出は10〜20%減少しているとの事ですが、一方江の島海岸辺りはというと〜〜 やっぱ夏だからしょうがないのか、なんと60%以上の増加と、、、

 「海は通気有り、紫外線でのウイルス除去効果有り・・・」と、私も言っては来ましたが、流石に海岸に60%UPと聞けば、2mディスタンスも怪しくなり、万が一のことを考えると、釣りに行きましょうよっ!!とも言いにくい。。

 ま、そんなことで今日は、かれこれ20年以上前に私がヒラメマゴチを始める前のフライ・フィッシングに夢中な頃、一緒に渓流釣行をしていた釣り仲間から連絡が有り、その後の渓流での釣果を聞いたところ、随分と腕を上げたようで超大物の写真を送ってもらいました。

 そしてそのタックル構成は、海釣りでも充分参考になる部分が有ると思いますので、それについてもちょいと一言。

まずはその大物釣果、その1 岩魚62cm
これはでかいですね〜〜 小魚主食の湖での釣果ならば無くもないサイズですが、渓流でとなると、一生に一匹会えるかどうかのBIGサイズ。しかもヒレピン!
DSC_0116.JPG


DSC_0214.JPG


DSC_0021.JPG


その2 レインボー・トラウト(ニジマス)70cm 4.1kg
これもすごいですよね〜 私もその昔通いましたが、管理釣り場ならば釣れるサイズですが、通常はヒレが溶けてボロボロ状態のものばぁ〜っか。が、このニジマスもヒレピン!
DSC_0194.JPG

20080602074908.JPG

※ 知人は、市場のせり人をやってますので、まるで市場に並べられてるように(笑)

 ヒレピンにこだわりますが、ヒレピンかそうでないかは魚体としての美しさも有りますが、引きの強さがとんでもなく違う訳です。ヒラメ45cm位で約1kgほど。 4.1kgというと、ヒラメに例えれば肉厚度によりますが70cm強の座布団サイズ程

 でもって後者のニジマスの時のタックルが、7.6ftのロッドに8LB(2号)のナイロンライン。通常はそんな太い糸は使わなく、釣り場が河川合流地点での大場だったからとの事。バットがボールペンほどの細さのロッド。

 最近のサーフタックルについて私は、「 強度が過剰すぎじゃないの??  釣り本来の楽しみは魚の引き、暴れをより繊細に体感し、バレる? 竿折れる? 針が伸びる? 糸切れるかも??という、ビビるほどの限界点でのやり取りで仕留めてこそ、記憶に残る一匹に!! 」と、何度も書いていますが、ちゃ〜んとやり取りさえすれば、結構な大物も釣り上がるんです、こんな程度のタックルでも。

 度々書きますが、針が伸びるから出来るだけ強度のある針が欲しい!というのも、その現象から解るのですが、針が伸びるのは魚が重たいから、引きが強いから伸びるんじゃなくて、針のフトコロまで刺さり込んでいないから、テコの原理で簡単に伸びる場合がほとんど。マジックのスプーン曲げのように。(笑)

そんな訳で、タックルや、糸、針の強度もそんなにも強度は必要無いですし、PEラインとリーダーの結び目強度もそう。
 結び目強度よりも、もっと基本的な「簡単で、確実な、ほつれない、すっぽ抜けない結び方」のほうが大事なのです。「FFノット」みたく(笑)

 いろんな結び方が有りますが、究極に簡単に考えるならば、どんな結び方であってもリールのドラグ強度より強い強度が有ればいいんです!
 ライン&リーダーが切れる前に、あるいはロッドが折れる前にドラグが出ていくドラグ強度設定にするのが、海・川問わずにルアー・フィッシングの超・ド基本で、今後20年先でもゆるぎないメソッドなのですから。

その後も続報告有り、岩魚、ヤマメ40cmオーバーとの事
PIC000064.jpg


無題.png


PIC00008E.jpg

posted by hiramemj at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2021年07月24日

7/24 只今SNJ改良中

 随分とブログ更新がされてません。。 m(__)m
 
 この間、何もせずにボぉ〜としていたのか?? と言いますと、そうではなく現SMJの( ここだけは、どうしても直しておきたい・・・ )部分が出て来まして、過去の何十個もの試作MJの良かった点、悪かった点を反省しつつ、いじくりまわしていましたら、いつもの事なんですが〜 ( このアイデア! いいんじゃないの?? )なる、ひらめきが有ったんです。

 そして、追い打ち的にコロナ感染者が急増し、江の島海岸での激混みをニュースで見てますと、 どうにも正面切って「 4連休?? 釣りに行きましょうよっ!! 」と、提案する気にもなれず、、、ブログ更新もあえて控えました。

 そんなことも有り、ここのところはMJに改良を加えた部分の図面を引いたり、試作を作ってみたり・・・ 四六時中。 すでに数十でもきかないほど、あ〜してみたり、こ〜してみたり。。

 ほぼ80%、案は出来上がってるのですが、残りの20%がどうにも納得いかない。。 

 ま、これに加えて、図面上、試作で、机上ではよさげでも、やっぱ様々な海状況、地域状況、水底状況で試してみないことには、( あらら? こりゃまた、想定外・・・ )みたいなことが起こるのは、これまでも数えきれない程。。(笑)

 妥協したくないんです。
 当たり前ですが、どこかのモノをマネしてとか、あれに似てるんじゃ? な〜んて思われたら、超恥ずかしい事で、みっともないですからねっ 一応テスターとしても看板も背負ってますし。 (笑)

 そんなことしたらひと昔なら陰に隠れていた事が、あっという間にネット上で書き込まれ、拡散される時代です。釣り業界もその影響力の強さ、大きさ・怖さに、ええ加減に目を覚まさないと、まずいでしょ・・ と思う、今日この頃です。

 何処にも、どれにも似てないアイデアで ( それ面白いかも! )( 使ってみたい、試してみたい・・・ )と、思って頂けるモノに仕上げたいと思っております。

 現時点で、( この部分、もう少し何とかならないかなぁ〜 )という部分は、ユーザーさん意見を聞きながら把握しているつもりです。それを解決したいと思っています。

 もう少しお待ちくださいませ。 m(__)m
 出来上がるまで、オリンピック選手を応援しながらお楽しみ下さい(苦笑) ブログ更新を全くしない!と言う訳ではなく、メソッド的な記事&動画はアップしたいと思っております。

posted by hiramemj at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2021年07月17日

2021 7/17 夕方の海状況

 
明日もこのまんま釣り日和な海でありますように!! 
 釣行予定の皆様に、釣運がありますように!




これだけではつまらないでしょうし、このブログを見ていおられる方にもワンコ好きが多いようなので、超かわいい癒され動画を。




posted by hiramemj at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2021年07月16日

7/16 超簡単!丸っとマゴチ塩焼き調理動画

 そもそもヒラメ・マゴチを狙って釣る大きな意味は、そんじょそこらのスーパーでは売っていない高級魚であって、食べたくても簡単には手に入らない魚種だという事。

 ヒラメマゴチのフラット・フィッシュを、近ごろはゲームフィッシング的に扱いますが、私から言わせてもらえば、引きが強く、魚の引きを楽しみたいなら〜 シーバスやら青物などをやられた方がいいですよっ と、言いたいですねっ(笑) ヒラメマゴチは、独特の引き味は有りますが、驚くような強い引きではないですからね〜 (苦笑)

 おいしく食してこそ、本当のひらめ、マゴチ釣りの楽しさ、価値が解ると思うのですねっ で、今日は先日釣れたマゴチの「 簡単!マゴチの塩焼き 」調理動画です。

 柏木は小さいの持ち帰るか?? と、思われた方もいるでしょうが、動画を最後まで見て頂ければ納得頂けるかと。。綺麗に収まるのです、出来上がりが。

 料理経験無くとも、包丁をうまく使えなくとも大丈夫!!
お役に立てれば、あるいは、( 今度釣れたら、塩焼きにして食べてみよう! )と、思って頂けるなら幸いです。




posted by hiramemj at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2021年07月14日

7/14  デイ・ゲームマゴチ(私)

 夕方にでも・・・ と、思っていましたが、どうにも空色が怪しく、今にも降ってきそうな為、早め出撃。
午後3時前からキャストし始め、横移動30ⅿ、開始から20分ほどでヒット 小さいです、、

IMG210714-153606F.JPG


 シンカーはテスト使用で違いますが、トライアルセット、SMJ10+1 でのセットサンプルと同じ、「針先下向き仕様」 結構な根掛ポイントですがロストは無し。
IMG210714-153802F.JPG


 ユーチューブ動画アップ完了〜 映ってるはずの部分が映ってなく無く・・・
ショートショートな動画です、、



※ 動画ラスト近辺で、マゴチ特有の大暴れで首を大きく振ってますが、その暴れに針が付いていってくれればバラシも減らせる。ですからSMJがジョイントとなってフックの自由度を上げる事が、バラシの減少にも繋がってくるのです。

 また、こうゆう暴れに対してバラシをより減らすには、ロッド設計 & 基本コンセプトが重要。
 ヒラメ、マゴチ専用ロッド、、、 沢山出てますが、そのロッドの何を、何処をもってして、フラット・フィッシュ専用ロッドと言えるの??
 
 「 フラット・フィッシュの独特な首振り、暴れ & 引き! 」この魚種独特の動き&暴れ方に対して、ロッド・ティップがその振動を吸収できる竿先の入り込み、ラインテンションが保たれる衝撃吸収能力などが配慮されていてこそ「 ヒラメ、マゴチ 専用ロッド 」と、言えるのだと思うのですよっ

( フラット・フィッシュブームだから、ヒラメ、マゴチ用と名付けて作れば、売れるんじゃ?? )と、あまりに安易に製品化されている物が多い様に思えてならない。。(笑)

 そのことも計算の上「 ラフサーフ88 」は仕上がっています。
メーカー在庫が品切れですが。。 m(__)m


posted by hiramemj at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2021年07月13日

7/13 オオモンハタ 30p(地元 ゆたさんから)

 熱海での土砂災害など有り、また全国各地での異常な水害報道を見てますと、何十年も前ですが未だトラウマが有るのか、思い出したちゃうんですよね〜 土砂災害に遇った時の自分を

 なもで、コロナ・ワクチンに関してはいち早いほうが役に立つかも??と記述しましたが、どうにも釣りの話は書きずらく。。 
 そんなことで、ユーザさんからの釣果報告が有れば気分も変えられます、ありがとうございます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


本日、デイゲームで30センチのオオモンハタが釣れたので、ご報告です。
パワーシャッド4インチにブラスシンカー、前バージョンのジョイントにて。
SUPの人たちも多かったですが、どうやら沖はサバしかいなかったようです。
前日夕方はうねりが若干ありましたが、今日は波が比較的穏やか。濁りは強めでしたが。

IMG_2081.jpeg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まぁしかし、3〜4年前はオオモンハタを釣るためにここから約2時間沼津から伊豆半島西側まで遠征したものですが、あれよあれよという間に、アベレージ・サイズは小さいものの、この西湘でもその釣果をちょくちょく耳にするようになりました。 が、その中で30p・・・ ナイス!!

 温暖系の魚ですから、水温上昇しているのでしょうし、その事は5年ほど前から伊豆で沖縄のようなサンゴが生えだす事態は知ってたものの。。 今後の海はどうなるんでしょ・・・ ??

posted by hiramemj at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!