2017年02月19日

釣り、行かれました?

「一週間のご無沙汰です!」で反応する人は、もう人生半分以上生きてる方?(笑)
 
あっという間の1週間で、ブログの書き込もまるで置き去り。。。 m(_ _)m

 ではあるのですが、実は釣り雑誌の記事依頼が有りまして、書いては消し、書いては修正で、もううんざりするほどキーボードを打ち込んでまして、ブログを書いてないのに充分書いてるような感覚も。。。(苦笑)

 テーマは「ワームによるポイント別の攻略法」となってまして、サーフ、河口際、湾口内・・・などと。
「例ですから、別のテーマで結構です」との追記もありまして、私の内心では(もういいんじゃないの? そうゆうの・・・ これまでに何度も何度も釣り雑誌で目にしてるし・・・)と、別テーマ勝手設定決定!(笑)

 とは言え、そんじゃ何書く?? 悶々と延々と考えながらも〜 なかなかペンが、違う!キーボードが進まない。。。 

 ソルスト 先月号ではワームを使用するにあたっての素材的な「そもそも論」でしたが、やっぱまだ書き足らない、ヒラメにワームを使用する意味合いついての勝手「そもそも論2」を。

 なんでヒラメにワーム?ワームを使用するメリットは?などなど。。。

 発売は3/20? まだ具体的なところは聞いてないのですが、なんせ締切は明日。。。 70%できてるのですが、これでOKが出るのかどうなのかも出稿してみないことには不明。

 あ゛〜〜〜 憂鬱・・・ (笑)



2017年02月10日

ヒラメさん (静岡 伊豆NAさんから)

伊東のNAです。

このところ、不調で全く釣果がなかったのですが、先日ようやく獲ることができました。

ホームのサーフで底ネチネチパターンで乗りました。

釣り場に携帯忘れ、帰宅してからの撮影です。

40ヒラメ(ギリギリでした・・・)

とりあえずご報告いたします。

伊東 NAさん 300.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 どうもどうも、お久しぶりです〜 おめでとうございます!!
 もう刺身になって胃袋に収まったでしょうか?? (笑) 苦労した分だけ美味しさも増すってもんです。

 渋い時期では有りますが、時として思わぬ大物がボコっと来ることも有る季節です。のんびり行きましょう!! 報告ありがとうございます。m(_ _)m

※ すみません 何故か画像が逆さまになるのです、、、



こんな雪の寒い日は〜〜 

 寒いですね〜〜 東京も雪。。。

こんな時は外へ出かけたくないですよねッ? 動きたくない・・・

ですからこんな日は、宅配ピザやら寿司の出前が大忙しなのはご存知ですよねっ?

できるなら食事も部屋まで運んでくれるなら、なおさら幸せ〜〜 わーい(嬉しい顔)

もう何が言いたいか、勘のいい方はお解りでしょ?

 魚だって同じですよ〜〜 ということ。

 水温低いはベイトも少ないこの時期、人間と同じくできるならば動きたくない・・・ んじゃないでしょうか??

 ならば、どうする?? 

 そう!食事を部屋まで運んでくれると同じように、食いやすい所まで落として、おいしげに誘う!!

 何で釣るか? どれを使うか? と言う前に、今の魚はどうゆう状況下にあるのか?

 高活性か? 低活性か?と言えば、もち雪降る2月の現時点は後者でしょう

 なもので!!!! レンジが大事なのですよ、ヒラマゴが食いやすい位置を通す!!

 できるなら口元近くまで運んであげる

 ボイルし、小魚を追い回す、秋と同じ誘い方、考え方では〜    ねっ? 

 釣れなくはないが、釣果にムラが出ると思うのですよっ


2017年02月08日

ナイトゲーム、シーソゲ (静岡 kongoさんから)

 只今、23:20pm。取り急ぎのアップです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
DSC07572.JPG

 そろそろ満月が近いので、お天気がいいうちにナイトヒラメに行ってきました。明日からは多分荒れちゃうので、仕事の後頑張ってきました。

サーフに着くとほとんど夕闇、マヅメの釣り人もほぼ撤収のサーフ。
誰もいないのがなんとも心地よく、一人張り切ってしまいます。ナイトヒラメというと釣れそうですが、基本釣れないことが多いので、楽しむのが目的です。
 波は穏やかで、隅からうっていきますがやっぱり当たりは無く、悔しいので雰囲気の良いところでミノーに変えてうっていくと、やっぱりきました、シーバスさん!! 
DSC07575.JPG


 波打ち際で波との攻防をしながらずり上げると、少し小さめのシーバス59pでした。
 気をよくして、MJに戻し、来たところを戻りながらうっていくと、着底から引き始めた瞬間、コン!!と、ヒラメ的当たり!! \(^_^)/ヤッタと思い引いてくると、すぐに浮き上がってきて、これまたかわいい38pのソゲちゃんでした。
DSC07592.JPG


シーバス 19:30 シマノ製ミノー
ソゲ38p 20:25 MJナツメ5号18gフラッシュJシャド5inグローチャート/ゴールド トレブル#4&#4
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ですよね〜 昼間は暴風ですし、夜間ならセーフ。釣れるが一番!!(笑)

2017年02月03日

今年一番の釣り日和週末?

 夕方から都合があって釣りはできないのですが、ワンコを連れて海画像撮してきました。
まさしく春陽気のぽっかぽか〜 で、無風で、凪で、水質良好!!
2017-02-03 15.09.38.jpg
 
15:22pm


 表面上は文句無し!釣れるかどうかは運としても、気持ちの良いストレス解消には絶好の釣り日和になりそうですよ〜〜
2017-02-03 15.09.42.jpg

 皆さんに釣運有れ!!! (´人`)



posted by hiramemj at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年02月01日

グッドアイデア! エコギア

 先日の横浜フィシングショーでは、そんな話は出てこなかったのですが、新しいエコギアのカタログが届いて見てみますと〜 新商品として
(ん? コレ・・・ 面白いじゃん ナイス・アイデア!)

 と、早速エコギアに注文したのです。 ↓ 「いいアイデアじゃないですか!」と担当者にメールして。
P2010028.JPG


P2010029.JPG


 が・・・ 発売は6〜7月になるとのこと。。。 このアイデアの良いところは、魚が掛かればフックが外れフリーになるというところ。バラシが減るでしょうね〜 針のフトコロ深くまで刺さるでしょう。
 針を突き刺す方法ではないですからワームの柔軟性も良い(動きが妨げられない)でしょうし。

 キャストやロッド操作では外れないが、魚が掛かればワームからフックが外れるという手法は、14年前からの元祖ヒラメDSのWフックでも取り入れてるんですねっ 今は無いのですが。。。
旧 フック.jpg

元祖ds.jpg


 ですがそれよりも良い点は、今のジグヘッドに付いてるトリプルフックって多くは、一本の針はワームに突き刺し固定のためのフックとなっていて、機能的には針先2つの「Wフック」でしょ?

 ですがコレを使用しトリプルフックを磁石にくっつければ〜〜 トリプルフックをトリプル・フックとして使用可能。しかも咥えればフリー。Wフックも使用できますしね〜

 いいんじゃないですか ??

 が、エコギアから再メール着。 「砂鉄を拾ってくる場合が・・・」と。
それにも(なるほどね〜)とレス(苦笑)

 机上で良しと思っても、実際使って(アレレ ??)となることは、私もしょっちゅう(笑)
 で〜も使えそう!コレ  販売が楽しみです。

2017年01月29日

ヒラメ49cm (静岡 kongoさんから)

取り急ぎ頂いた画像&コメントをアップしておきますね〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

静岡サーフ、全体的に渋めです…。
が、天気図的には穏やかな感じで、今日釣れなきゃいつ釣れるの!!と、思い、朝頑張って起きてサーフまで行ってきました。

いつも行くサーフは、このところ青物の方も多く、フラット狙いの方々と共に大賑わい。
300.JPG


自分的にはお気に入りの場所には入れて、ご機嫌で釣りスタート。暗い中で、パワーシャッドで探るも反応なし、いつものピンテールでもダメ、ベイトがいるので岸際をミノーで攻めるもダメ、明るくなって分かったのは、少し濁りがあること、それならチャートで…、と思い探るも当たりなし。

少し日が昇り、光の具合が良くなってきたとき、突然ラインが重くなって…、ゴミ??と思ったような掛かり方、すぐに魚だとわかったけど、活性低いな…でも、なかなかの引きを楽しませてもらいランディング、上がってきたのは久々のヒラメ49pでした。
100.JPG


比較的近いところでのヒット、岸際までしっかり引くことの大切さを再確認でした。
200.JPG


ヒットトタイム:7:30 
水質:濁り有り
MJナツメ5号18g
フラッシュJシャド5inグローチャート/ゴールド
トレブル#4&#5

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やりぃ〜〜〜 おめでとうございます〜 手(チョキ) 

2017年01月27日

1/27 夕方の海

 海から200m程離れる酒匂橋から見えた海は、穏やかそうに見えましたので行ってみました。
 が、強風・・・
(もう少しで止むはず・・・)と、ラインを5mほど切り、リーダーも新しいのに結び変え・・しているうちに風は予想通り収まってきました。
 風は収まったものの、ウネリは更に大きくなり、せっかく来て投げないのも何ですから投げてはみました。
0127.jpg


 飛距離(21gタングステン)は、充分釣れる所まで飛んではくれるものの、ラインが大きく湾曲しリグが浮き上がり気味。。。 何よりアカンのが際荒れと砂を巻き上げての砂濁り。
 数投目で新しいリーダーが、早くも小石が乗っかって扁平になり白濁。
これで気持ちがプッツン。

 明日も冬型気圧配置ですが、朝のうちは背中からの風向きだと思うのですが。。。
 せめて日曜日にはいい釣り日和になりますように (´人`)

※ 風は暖かく、春のようだけどなぁ〜〜〜


posted by hiramemj at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年01月24日

マゴチ52cm + 51cm (私)

 夕方4時過ぎに出撃。
釣り!というよりは、先日「ヒラメキが・・・」と、書いたのですが、注文していたパーツが届いて早速試作を4つばかり作ってのテスト釣行。
勿論、釣れれば釣りたいのは山々(笑) 
これから用事がありまして、詳細は追記しますので取り急ぎ画像の一部をアップしておきます。

2017-0124-200.jpg


 でもって、30m程横移動したところで再ヒット〜〜 

2017-0124-100.jpg


 上のが後ヒットで、細く痩せて写りこんでますが、長さは1cmの差。
一時間ちょいのショート釣行では上出来でしょ?手(チョキ)

ということで、また後ほど海画像含め、追記しますねっ

=====  < 追  記 >=====
※ まずはお詫び・・・ 
海画像、せっかく写してきたのに編集中にうっかりメモリから削除・・・ m(_ _)m

 今日の夕方の海状況ですが、天気最高! が、ベイトっけは見当たらず。。。
釣り人も見当たらず、私一人・・・  海鵜は何羽か浮いてましたから、(餌は有るのか??)

 背中からの弱風で水質ササ濁りの若干小ウネリ有りで、6号シンカーで、かろうじて底が取れるかどうか・・という感じ。

 凪状態でMJ21gの重さで4秒カウント掛かる若干水深有るポイント。
 なもので今日は小ウネリあって底がほとんど感じられず、経験値からの感に頼る探り。

 結果がマゴチ釣果だからといって、ベタ底で探っていた訳ではありませんよ〜〜 勿論、メイン・ターゲット、は平べったいアイツですから (笑) 第一、底に着くコツン!が取れない水深とウネリ方。
 ロッド操作は、ちょちょンと2〜3回シェイクしながらのリフト。

 持参したのは3つのワーム(PS4インチの158カタクチ、159ピンクラメ、そして昨年足された新色の「房総 プラチナキス」)に、試作のタングステン・シンカー21gで、それぞれちょっとした作りの差を出した3個。の、ルアー・ボックスには、た〜ったそれだけ。軽い軽い。

 で最初はピンクで探るも(もっと目立つほうがいい??)と、房総キスにチェンジ!キラキラ尻尾に改良したモノで、交換して数投目の掛け上がりちょい向こう、岸から30m程での1尾目のヒット。

 そして、横移動しながら更に水深の増す方向へ移動。そして再ヒットしたのですがヒットポイントは1尾目よりも近い、際から20m程。
 食べるには1匹で充分なので、こいつは(R)。でっかくなって帰って来い!!
20107-0124-フッキング.jpg


 日が落ちて急激な冷え込みとなりまして、冷たくて指の感覚も無くなり出し退散!
 特に感じたことは水温が高い!! 長靴を通してその暖かさが伝わってきまして、マゴチが釣れるわけですね〜

 あとは(これが本命でしょ)と思って作った試作がボツで、(これは〜ダメでしょ・・・)と思ってたものがベストだったりで、やっぱ実際の海で投げてみないことには机上の空論というのは、こうゆうことなのですね〜〜

ロッド  :ラフサーフ 88
リール  :ダイワ 3000番
PEライン:スーパー・ファイヤーライン 1.2号
リーダー :シーガー フロロ リアルFX4号
シンカー :タングステン・シンカー 21g
ワーム  :2尾ともPS-4(=パワーシャッド 4インチ)「房総 プラチナキス」
フック  :シングル(M)のみ

ヒット時間:4:50pm、5:05pm

  

2017年01月23日

なかなか釣れません (静岡 kongoさんから)

 今朝は、風が強く、風による波もあり、ウサギがピョコピョコという感じの中釣りをやってきました。5インチワームを通して、なんかだめだなという感じでしたので、大きめのピンテールを底で弾まして、リアクションを狙ったところ、すぐに反応がありましたが、やった!!!!と、巻いてくるとすぐに浮いちゃったので…

290122 ヒラメ29p(ソゲちゃん)R-2.jpg


 いやいや、渋い中釣れてくれたヒラメちゃん(ソゲ29p)に感謝しつつ、写真を撮ってリリースでした。噂によると、数日前、大きいのも少し離れたところで出たとか、全くダメじゃないけど、全体的には渋い感じです。

ヒットタイム6:50 デプス・デスアダー6in109チャートレーザー TG21gシンカー

290122 今日の海.jpg

==============================
 ねェ〜〜 大きいルアーには大物が?? そうでもないのがヒラメさん (笑)
 4インチワームに10cm以下の超ソゲさんが掛かってきたことは数知れず。。。 
一部でもかじり取れれば良いというDNAなんでしょうかね〜〜わーい(嬉しい顔)
 見たところ、この寒さの中でも釣り人も多いようですね〜 

 移動もままならないならば、せめて入った所はきっちり「これだけ目の前通して、踊らせて〜誘って〜 食わなきゃしょうがないでしょ! 居ないんでしょ」という納得のゆく&あきらめもつく攻め方が良いでしょうね〜〜




2017年01月22日

行ってきました〜 横浜フィッシングショー

 予定より遅くなり丁度お昼に横浜へ向かい1時過ぎにパシフィコ到着。
(人はもう少ない??)
どうしてどうして、イベントもこの時間辺りに集中して設定されていたようで、もう〜〜人混みだらけ。。

 まずは早速ノリーズ・ブースへご挨拶。
 ヒラメ、マゴチにイチ早く着目し、フラット・フィッシュプログラムを立ち上げた田辺さんにご挨拶しようかと思いましたが、丁度写真撮影会。
 元はといえばブラックバス釣りの大御所。ずらりとファンが並んでいましたので遠慮しまして、ラフサーフ88の担当者と最近の情勢についてアレコレと談義。

444.jpg


 やはりヒラマゴに続き、ブームに火が付きつつあるのが「ハタゲー」
キジハタ、赤ハタ、オオモンハタ等々、その美味しさと引きの強さで、ファンが急増中のようです。
そして、それらにラフサーフ88が随分と使用する方が増えているとのことで、私もホッ

 ラフサーフ88はヒラメロッドというよりも、ロッドでルアー&リグを操作することを重点を置いて設計されたモノで、感度良好なのも基本部分ですから、根魚系にも使いやすいはずなのです。
 しかも細身なのに大型ヒラマゴにも対応できるバットパワーは、大型のハタにもそのポテンシャルは充分なはずなのです。
 私も今年はどこかでハタゲーに出かけようと思ってます。

 で、今回のショー展示で私が一番触ってみたいと思ってたのが ↓ 
ルアー歴の長〜い人には、懐かしのというか当時は憧れの「ABU ガルシア」の、最新リール
 
222.jpg


 デザインがなかなかメカニック的で良し! そして注目なのがライン・ローラーの防錆機能。
ダイワさんのリールは本体に海水が入らない機能を大々的に売りにしています。
 が、実のところリールの一番故障(錆&潮絡み故障)しやすいのがライン・ローラーのベアリングで、ラインローラーのベアリング防錆機構はすんばらしいんです。↓



 そして軽さ!3000番で198gという、ダイワイグジスト並の軽さに加え、その価格 ↓


 なもので、どんなかなぁ〜と触りに行ったわけです(笑) 触感はベールはシマノさん、巻き心地はダイワさんてな感じでしょうか?
 画像下は一回転108cm巻けるハイギアで、これもいいかも〜と撮してきました。定価で¥27000の自重235gだったっけかなぁ〜 ま、よさげな感じがしましたね〜

 てなことで、釣果報告も届いておりますので、ショーについてはこの辺で。
2月の大阪、関西の方々もお出かけ下さいませ〜〜

2017年01月21日

横浜フィッシング・ショー

 横浜フィッシング・ショーが昨日から開催されております。
 海、天気が悪いようなら是非、是非お出かけを! 詳細はこちらをクリック
 アクセスが集中し、混み合ってるようです、、、 繋がらないようでしたら、少し時間を空けてからどうぞ。私も明日行きます〜

1000fs.jpg


1000fs2.jpg


fs3.jpg


そして大阪では〜〜 2/4,2/5 お出かけ下さいませ。 詳細はこちらをクリック

fs大阪.jpg

2017年01月17日

小マゴチ(R) (私)

 (天気絶好調だけど・・・ どうせまた強風になるんでしょ、、、)と、思ってましたが、まんま夕方に突入。昨日試しにと取り寄せていたシングルのステンレス・フックも届いてまして(ほんじゃ〜 行ってみるか!)と出撃。

 海の見た目表面上は、もう良いですよっ
P1170028.JPG


 ほぼ無風の水質良好、波足短く、浜も釣り人置竿4人ほどのみ
 で、キャスト開始してその置き竿釣り人を巻いた所でのヒット〜
随分と久々の魚ですなぁ〜〜 (苦笑)

1111.JPG


 手尺45cmと言ったところでしょうか? 塩焼きには丁度美味しいサイズですが、次を期待して(R)
仕様は、タングテン・シンカー 21g ワームはPS4インチ159番のキラキラ尻尾に改良モノ テストのステンレス シングル・フック。
 アクションは、リフトした頂点でちょちょんとロッドアクション後、落としたところでのヒット。際から40m位でしょうか。

 暗くなって河口際にいくつもヘッドライトが・・・ ??? 多分そうだろうとは思いましたが、大磯辺りではこの時期良く見るも、ここの河口でのこの人数は初めて見ますね〜 シラスうなぎ漁。

3333.jpg


 許可制で誰もが取れないですが、一匹¥3〜400?確か。 2〜3回の波の押し寄せで一回カゴに入れるような動作。100匹採れそう?? おいしいかも? 爆

 今週末に掛けて天候はぐぐっと回復予報。も、今週末は「横浜フィッシングー・ショー」
 さて、海? ショー? 私は土日のどっちかにショー出かける予定です。


2017年01月14日

なんでバレる? 勝手うんちく(その1)

 あちこちネット・サーフィンしながら様々な釣りブログを見ていますと、どうにも気になるのが「当ったけど、掛からなかった〜」「岸際でバレちゃった〜」といういわゆるバラシの多さ。。。

 先日、ユーザーさんとお茶をしながらそのことについて話したのですが「バラした、バラしたってやたら書いてあるけど、そんなにバレる??」と。

 私にもバラシは有りますが、そうも気になるほどは無く、記憶にも残らない程度。特にシングル・フックだけの時は、特に少ないというか殆ど無いのですねっ

 ただ逆に、多くの方がW、トリプルを使用する方も多く、ほんじゃ〜私もと、やってみると〜 針を足した事で掛かりは良くなっているはずなのに、そんな時に限ってバラすんです。

 何んで?? (笑)

 とか言って白々しく書いてますが、その原因は私なりの考え方が有りまして・・・
 あくまで私見で、勝手うんちくだと思って聞いてくださいなっ(笑)

 発売中のソルストやら、最近の私のここのカキコでもそうゆう傾向なのですが、「そもそも論!」なのですねっ

 そもそも「バラシ」ってなんで起こるのか?? 極一般的なバラシの原因は、、

1) 針先が鈍っていた??

2) 合わせが弱かった??

3) 食いが浅かった?? = ショートバイト?

4) 3)とかぶりますが、針掛かりが浅かった?? 身切れするほど、ほんのチョトだけのわずかな針掛かり?

5)針先の無いところに喰らい付いてきた??

 こんなところじゃないですか??

でもって、その解決方法は? となりますと、まず 

1)は、これはもうしょうがないですね〜 針先を研ぐか、針交換。
で、2)は、単純に合わせを強目にする。
3)は、針先を少し後ろにずらす
4)は、誘い方を少しスローにして食うタイミング & 食いの間合いを取ってやる。
5)は、シングルだけなら、アシスト・フックを足す?

 ま、こんなところだと思いますが、ここからが「そもそも論」(笑)

 そもそも、ダブルorトリプル・フックで、ヒラメ、マゴチに合わせはいるのか?というのが、私の勝手うんちく。

 何故なら、すでにヒラマゴを釣って、その後に針を外そうととして噛み付かれた経験のある方!血ぃ出ますよねっ?(笑)

 あるいは、フィッシュ・グリップで挟もうとしても、強烈な口閉じ力で、なかなか口を開けてくれなかった・・・という経験はありますでしょ??

 そうなのです!
 キスがヒラマゴに食いちぎられて釣り上がってくるという話や、船釣でのヒラメ釣りでは、カタクチ・イワシの半分以上が食いちぎられて釣り上がって来る映像、見たことあると思います。

 そもそも!合わせずとも咥えた時点で、勝手に針が刺さり込むほどのアゴ力で食ってくるということ。

 但し、シングルフックの場合は、軽い合せが必要だと思ってます。
 しかしながらそれも刺さり込ませる為のフッキングというよりは、合わるこ事で横になった針先を上方向に変えてやるという意味合いからです。

 シングルフックの場合は、ヒラマゴの口の中で針が真横になりますと、合わせをしないと、すっぽ抜けの可能性が出てくるからです。

 その証明動画が、先日アップした動画(ここをクリック)にありますでしょ? なんと多い! すっぽ抜け〜〜(笑)

 でもってこの考え方は、そもそも今更の事ではなく、2002年に私がHPを開設した14年前時点で、トップページに書いているのですねっ

<初心者に釣って頂くには、釣りで一番難しい「合わせ」を無くすこと! で、ヒラメ、マゴチの口閉じ力で自動的にフッキングさせるために、Wフックを推奨しているのです。>と。

 Wフックというのは、針先が二つという意味で、下画像は使っているのはトリプルだけれど、Wフック機能ですよね?
001aaa.jpg


「解ったよ ほんじゃ〜 なんでバレる??」という事については、今回は「食わせ方、針先の掛かり方、掛け方の考え方の違い」と書きまして、その続きはまた次回に。



1/14 デイの海

 昨日も海へ行き画像は写してきたものの、な〜〜んせ天気予報が。。。 
「予報通りだったならば朝から雪で・・・」というような予報でしたし、それに昨日は、13日の金曜日〜〜 ふらふら (笑)
 昨日時点で良くても、ここの情報を元に釣行に出かけて雪で事故に・・・ なんて事になったら大変。で止め〜

 で、明けた今日朝は、好天気〜の無風状態。天気予報大外れ! なものでこの時期特有の「昼間の強風前に・・・」と、ロッドを持って海へ。

 到着時点では、若干の小ウネリ有るものの超快晴に、ほぼ無風。ひじの調子も良くて(こりゃいいかも??)キャストしながら横移動50m。と、その辺から右後方からの風が出始めました。そしてあれよあれよという間に風は強風となり、風向きは右手斜め前方から、 間も無く、うさぎ跳ねますよ〜 状態に、、、
P1140008.JPG


 多分明日もそうなり、ここら辺りや静岡方面でもそうなると思いますが、こんな時(右手斜め前方からの風)の釣行テクニックとしては、「左斜め前方へキャストしならが、左手方向へ移動してゆく」と、飛距離をそうも落としにくいのですねっ

 行きたい場所が駐車場から右手方向にあるならば、まずはその場所まで先に移動して、そこからスタートして元の位置まで戻るように攻めて来るといいですよっ

 どんなに釣れるらしいルアーやリグやワームを使用しても、釣れそうなところまで届かないことには話になりませんから。
 今日朝の、やや強風状態でもMJリグならば、6号シンカーで、風方向の逆の斜め45度投げれば、充分釣れそうな位置までは届いてくれるでしょう。

 でもって一時間前後でノーバイトで退散してきたのでですが、退散理由は強風で釣りができないというのではなく、強風で下ジーパンではとても我慢できない寒さに・・・ということです。(苦笑)
 てっきりもう少し長い時間無風状態か??と、長靴にジーパンの軽装が失敗。。

 明日の天気予報は、今日以上に更に大寒波の襲来予報なのですが、いまのところそんな気配は小田原には〜無いですね〜 ともあれ危険っぽかったら無理は止めましょねっ

 夜に「バラシは何故?」ということについて、勝手ウンチクを追記できればと思ってます。

posted by hiramemj at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年01月07日

1/7 4:01pm の海

 夕方の海画像をアップしておきます。

 今日は、波、水質、そしてポカポカ陽気の冬としては絶好の釣り日和なのですが、、、
 明日、あさっての天気予報がイマイチ(崩れる??)なのですよね〜〜 外れることを願っています

2017-01-04 13.48.11.jpg



posted by hiramemj at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年01月05日

海直仕様 動画

 今日は釣行予定でしたが、やはり昨日のツケは今日まで引っ張り、肘はズキズキと、、、
で、キャストは中止。

 ですが、海というか河口へ行きまして、昨日カキコの海直仕様の「リフトすると、ハードルアーのように・・・」の動画を撮してきました。仕様は ↓ コレです。

海直 ミノー L.jpg


 どうにも海では光の反射が凄すぎて、液晶画面が非常に見づらい・・・
 綺麗に写っているのかも確認できないまま(ま、ダメならまた撮せばいいや・・・)てなことで、持ち帰って見てみると〜やっぱりか、、、 ほとんどがピンボケ。

 何とか見えそうなものを繋ぎ合わせてみたのですが、ま、見てみて下さいまし。



 うねうねと泳ぐのが解りますでしょうか???
 通常ストレート・ワームでは、ただただ何も動かず真っ直ぐ進むだけのはずで、トライアルセットでこのワームをセットしてもこうは泳ぎません。 面白いでしょ??

 海直仕様・・・ 私としては非常にイチ押しなのですが、今のところ以前から有る「トライアルセット」よりもどうにもウケが悪い、、、 何で?(笑)
 こんな面白い動きもするのに〜 と、思っているのですが。ま、実際の動きを見なきゃ分かりづらいですよねっ?(苦笑)

 あと、私が良いと思いながら、全くと言って良いほど受け入れられないが「バルト 3.5インチ」(笑)
実は4インチ以上に派手に泳ぐかも???
 ソルストでも書いてますが、ワームの重量が重いと飛距離ダウンで、オカッパリからの4インチ飛距離はもう少し欲しいなぁ〜という感じ。

 ですが4インチは泳ぎは素晴らしく、大洗方面の船釣りではでは釣れる!!ということで、流行っているらしいですよっ。

PEラインが揺れるのが解るほど、派手にロールしますよっ ま、それも動画でアップしたいと思います。 

2017年01月04日

1月4日のデイ

改めまして、新年おめでとうございます。
本年も相変わらず、懲りずに(苦笑)お付き合い頂ければ、嬉しく思います。

 私は、正月3ヶ日は仕事も兼ねた都合で、いつもならば「箱根駅伝」の画像をアップするのですが、今年はそれも出来ずに、本日より正月休みといった感じです。サービス業をされている方は、そんな感じでしょうか ??

 でもって、今日は飲んだくれて、ぐだぐだしてよっか・・・と、思いましたが、あまりの好天気に干潮時間を見計らいながらのデイ・ゲーム! 行ってきました〜〜

2017-01-04 13.48.11.jpg


ねっ? どうですか!! 天気はイイし、暖かくて〜 波は低く、無風、水質良好!! 
暑くて手袋なんか要らん! (笑)
これで釣れなきゃおかしいでしょ? 
でも釣れない・・・ 爆

 しかしまぁ〜〜 すばらしい景色に、最高の天気!!気持ちいいですね〜〜
釣れれば最高ですが、そうでなくとも爽快な気分で、肘痛と相談しながら1時間半程で終了〜 
楽しかった〜 そしてピカっと新たなヒラメキも・・・ 次回試してみよう・・・

 小田原市場のヒラメ水揚げ量は、時期としては活況な方(毎日約200枚以上)ですし、今日のキャスト位置の正面には刺し網が仕掛けてありまして、釣り場ポイントとしては間違いの無い位置。

 そして、リアル系ワームに派手系ワーム・・・色々試しながら、きっちりレンジだけは維持!! それで釣れなきゃ〜〜 しょうがないか?? 居ないか、地合いに入っていないか。。。

 釣果情報をネットサーフィンしても、イマイチな感じ。
早朝の低水温時間帯よりも、ひょっとしたら水温が上昇したデイがいいかも??と、行ってはみました
が、水温・気温よりもなんと言っても魚影が薄い・・・のが、最大要因。
 ヒラメでなくとも、ホウボウ辺りが相手してくれてもイイ様なものですが、、、

さて、例年2月に開催される「横浜フィッシングー・ショー」ですが、今年は1月19日(金)〜1月22日(日)の3日間となりました。昨年のマルキューでは、餌釣り部門だけでしたが、今回は田辺さんのノリーズのルアー部門も展示されます。

 ある意味、海釣りでは一年で最も厳しい時期ですから、春先よりは出かけやすいでしょうか??
 私も行く予定にしています。どうぞお出かけくださいませ〜〜

 明日も今のところ釣行予定です。
 そして以前から撮影したかった海直仕様による「ロッドをリフトすると、ハードルアーみたいな泳ぎをするんですよ〜〜」という私のカキコの証明動画を写せればなぁ〜と、思っております。。

 ということで、本年出足の海はパッとしてないようですが、去年のような1ヶ月遅れての・・・かもしれません。期待しながらコツコツと行きましょっかね〜〜


posted by hiramemj at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2017年01月01日

2017  元旦

2017 ブログ.jpg


 静岡から縁起物の富士山画像お送り頂きました。末広がりな一年になりますように (´人`)
161218_0641~01.jpg

2016年12月31日

有難うございました m(_ _)m

さて、本年もあと数時間で終わりますが、今年一年皆さんの釣りはいかがでしたでしょうか?
ヒラマゴに限らず、青物、キス、シーバス他、この地域では全ての魚種において良くない一年だったと思います。

 天候不順も有るのですが、少し前の西湘バイパスが台風によって破壊された時よりも悪かったと思います。まぁしかし、釣りが出来るだけ、キャストしに海に行けるだけ幸せだと思って感謝しましょ

 ヒラマゴ狙いで、行ったことのある 新潟・糸魚川(姫川)の、こんな年末になっての大火災、、、本当に心が痛みます。そんな人々のことを考えれば〜 釣りができるだけでも幸せってもんです。

 私は特に6月以降の約半年間は、まともに釣りができなく5回も釣行で来たでしょうか???
 今日こそは・・・とやってはみるものの、10投せずして肘の激痛にギブアップ・・・ の、繰り返し

 捻挫や肘痛に悩まされ、スポーツ選手が怪我で試合にも出れない気持ちや先々の不安を、今更ながら体で理解できたように思います。

 釣りは釣りですから、釣れるに越したことはないでですが、本日一時間程のキャストで、釣れないないながらも肘の痛みがそれほどでもなく、釣れないのに、ただただ投げられることに嬉しくて嬉しくって・・・

2016-12-31 18.28.56.jpg


 そうなんです

 ♪ 何でもないようなことが〜 幸せだったと思う〜 ♪ (笑)

 大物を釣りたい!誰もが願うことでありますが、今綺麗な朝日を眺めながらキャストが出来ること = 健康であることに感謝できれば、いつだって幸せなものです。

 当たり前のようで当たり前ではない、あって当然の空気や水のように、無くなってみないと有り難さって解らないものです。

 ジジ臭い話になりましたが、健康の有り難さをつくづく感じた一年で、来年の皆様の来年一年の健康と、釣り続けられることを祈り、本年を締めくくりたいと思います。
 本年一年、ブログ並びにMJリグにお付き合い頂きまして有難うございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。私は来年も細々と ↓

3333.jpg

で、ゆきたいと思います。


12/30 ヒラメ51cm (静岡 kongoさんから)

2/29、30日と、メジャーサーフは激込み。よって空いている(というか、ガラガラ)場所へ行ってきましたが、あまりにも人がいなくて、魚も釣れていなくて、人のいないところには魚もいないのかな〜と思っちゃいました。

きっといるけど、釣り方が違うんだろうな…。で、やっぱり釣りたいので、メジャーサーフの隣くらいまで行って釣ってきました。

日中11時頃、家族と砂浜遊びに行ったとき、60upを釣っている方がいて、みんなが帰った後釣れたそうで…、夕方そこを調べてみると(先行者がいて、空くまで待って)、地形に変化があり、流れもほかより強い感じの場所で、釣れそうな感じでした。

まさしく夕マヅメ、4inパワーシャッドを21gTGでフルキャスト、3投目、6回巻きのストップ&GOで、4回目、巻きを止める直前にバイト、グググ…と、引きか伝わってきました。
DSC07432.JPG


合わせを入れましたが、よく考えたらシングルフック、これに掛かっているならバレないな…と、思いつつ、それでも慎重に寄せてくると、久々のヒラメ51pでした。思わず、声を出してガッツポーズ!! 隣の方が見に来ちゃいました… わーい(嬉しい顔)

DSC07418.JPG


ヒラメ51p
パワーシャッド4in 158スーパーホログラム/ピンクグロウバック海じか
TG21g ヒットタイム17時20分頃

 向かい風微風 濁り有りフルキャスト後 7・6・7・6で止める直前のヒット
ヒット後 約50巻きしたかな?くらいでした
==============================================

 GOOD JOB! いいですね〜 やりぃ!!
また画像の写し方も相変わらず、すんばらしい! 
どれで釣れたか?よりも、どう掛かったか?これが大事。
ガッツリとイイところに掛かってますね〜 うんうん、これならバレない。
40m位先でのヒットですか・・・ ちょっと遠いですねっ

 しかし、いい締めくくりができましたね〜 ひと晩置いて、アミノ酸溜めての、正月にヒラメの刺身。
 最高!!!! 
おめでとうございました〜〜!!


2016年12月30日

ヒラマゴ ★ 温 故 知 新 ★

※ 海の穏やかさだけは、本年ラストのプレゼント? 河口際には海鳥が数十羽プカプカと浮いてます。
2016-12-30 16.22.18.jpg


今年もあと一日!
釣りに行かれる方も行かれない方も、いい事が有る無し以上に、とにかく何事もなく平穏に終われれればそれで良し!!

さて、今年もヒラマゴに関しましては、新しいルアー、リグ、テクニック等々進化してきていると思います。

 しかし、知らないから新しく見えるが、実は〜 随分と昔っからそうなのですよっ ということも有ります。

例えば、最近はリーリング=ルアーでの誘い方として「リールを4〜5回転して、止める! 再度リールを4〜5回転して・・・」というテクニックを結構見聞きします。

 しかし、10年以上前からすでにヒラマゴ狙いをやっていた方は知っていますよねっ? この地域ならば大磯辺りで。

 そうです、私が14年前にこの地域でヒラマゴ釣りを始めた時には、すでにやられていた「ドジョウによるヒラメ釣り」

 仕掛け的には、ドジョウ<生(ナマ)餌>を使用したキャロライナ・リグ。
 パッと見は、Sトロの後ろが弓角ではなくて、ドジョウに針が付いたものという感じ。

 当時、その仕掛けで小さい物も多いが一人で年間300枚近く釣り上げる方もおられました。

 で、その誘い方が、今のソレなのです。「リールを4〜5回巻いて、1〜2秒止める」の、ドジョウ釣りアクション。

 ドジョウによるヒラメ釣りは、私がこの地でヒラマゴを始めた、更に10年以上前から当時の定番仕掛け&釣り方として定着していましたから、それこそ30年近くの歴史が有る訳です。

ファッションにしても30年で一回転し、再びアレンジされて復活してくると言われますが、まさしくそんな感じ??

 となると・・・ こうも釣ることが難しくなってくると〜 再度やってみようか「ヒラメDS・・・」という方も出てきてもいいかも?(笑)↓ 竿先を5〜10cm振るだけで、ジョイントの「テコの原理」でこんなにも大きなアクション・・・ 今のSMJでもDS用の繋ぎ方で、同様のアクションです。



 今見ても、ワームだから、DSだからこそ可能な動き、泳ぎ、誘い方も有ると思うんですよね〜〜
 今後の引き出しの一つとして、状況、釣り場(湾港内等)によってはやってみる価値も有ると思いますよっ

 当時は「DS?? チマチマしたスローな釣りだ」「ルアーはがんがんキャストして、早く広く探るんだ」という批判的な意見も随分と耳にしましたが(苦笑)

 今に至っては「スロー・ジギング」が流行り、シェイクに、ショート・ジャークが良い、食わせる間合いを設けるほうが良いなどなど、早いばかりがベストとは限らないと。。。

 ルアー主体でヒラメを狙うという考え方から、ヒラメの習性、性格に合わせたルアーやリグ、そしてテクニックが、今になって生かされるようになってきたのかなぁ〜と、感じます。

 それに、まだまだ進化なり工夫余地が有ると思うんですよ 特に針!!!

 私は元はフライ・フィッシングからの移行組になる訳ですが、フライ、毛鉤じゃ無く餌釣りでもイイのですが、いわゆる渓流釣り。

 アマゴ、ヤマメ、イワナ、サクラマス・・・ これらの魚は見た目体形は、ほぼ同じ。
 性格上警戒心が強いタイプ、合わせのタイミングが遅くても間に合う、間に合わないなどの点から、それぞれに合わせた専用釣り針が出ています。
 何がそうも違う?と思うほど(笑) 

 一方、ヒラマゴに関しては・・・

 ヒラメとマゴチでは全く違うでしょ? 体型も引き方も、最たるものは口の閉じ方!!!

 なのに!!!!

 針に関しては、丈夫だとか刺さりやすくなった、錆びにくくなったとかだけで、これだけのブームが有りながらヒラマゴ専用に考えられた、工夫されたフック、フック・セッティングというのが、もっともっとあっても良いと思うのですよっ??

 ま、そんなことからもヒラマゴについては、まだまだ進化途中と言えるでしょう。

 縦に口を閉じるマゴチ、横から口を閉じるヒラメ。。。  双方に有効な針は? フック・セッティングは? 

 そして、ヒラマゴに対しての自分の考えで、自分仕様を工夫する。
 考え出すと奥深いことはまだまだ沢山あり、トライ&エラーの繰り返し・・・
それが、また楽しいのがヒラマゴフィッシングでしょう!

また来年も、楽しく悩みましょっかね〜 わーい(嬉しい顔)手(チョキ)



2016年12月29日

マゴチ51cm (静岡 kongoさんから)

 いよいよ明日から冬休み、サーフも激込みするでしょう…。
よって、今朝は仕事に行く前に、少し無理してサーフに行ってきました。が、現地に着くと波も高くうねりもあり、先行者が引き上げてきました。

もちろんそれは織り込み済み、自分はテトラが入ってそれでも波がそれでも少ない場所へ…。

 左右から波が来てちょうどぶつかる所、砂がたまりやすく駆け上がりがあるであろう場所に入りスタート。
 まず、大きめのライブロール6inを通すも当たりなし、次にカーリーテールシャッド、当たりなし。

 やっぱり大きめのピンテールかな…と、思いデスアダーを入れて、3〜4回しゃくってフォール、お!!
 やっぱりバイト有り、丁寧に引いてくると あれ?!、上がってきたのはマゴチ君51pでした。かなりの悪条件での一尾、嬉しい釣果でした。
DSC07392.JPG

デプス・デスアダー6in 109チャートレーザー海じか ナツメ5号18g フロント トレブル4番 リア トレブル6番フロントフックに食いついていましたが、写真を撮る前にフックが外れました
ヒットタイム 6時50分頃 横風少しあり 波高めでうねり在り 水色:濁り有り


========================
どうも〜〜 夕方にもサイズアップ物を際バレしたようですが、惜しかったですね〜

 今度一度、当たりが有ったら即合せせず、当たり後ちょちょんと竿先を軽くはね上げて、そしてそのあと合わせ!!  そのちょちょんで深くくわえ込んでくるのと、逃さまいとがっちりかじってくるんです。

 ヒラメもマゴチも一度咥えた後に、更に深く食い直そうとすることが多いのです。喉奥にさえ掛かれば〜大丈夫! これは慣れないとなかなか出来ないですが、ワームだからこそ出来るメリットだと思います。

今一度 ↓ を見て、合わせを研究してみてください、そんなに慌てて合わせる必要ないですから。



上の動画でもそうですが、合わせが早いんだなぁ〜〜 そしてフックの針先の位置! できるだけ後ろのほうが良いと思うのですよっ
ワームの場合は、アタリ後1秒後の合わせでもOKだと思うんですよね〜〜

にしても、他のアングラーが諦めてる悪条件下に釣れるのは〜〜〜 快感だったことでしょう。おめでとうございました!!


2016年12月28日

12/28 水 12:35pm お昼の海

 家を出る時には、背中からの風向きで(波潰れていいかも??)と、思いましたが、海に着きますと、風向きは全く違う方向から・・・

 左手方向からの強風! しかも・・・相当冷たい。。。 天気は絶好なのに手袋無しでは耐えられないほど。
 昨夜からの強風と雨で、ここの浜では河口からの濁りがキツ目です。

DSC_1142.jpg


 その強風で、珍しく左手方向からのうさぎが跳ねてます。。 

 さて、多くの方が今日が仕事納めで、明日から正月休み?? いいですね〜
 この近辺の海状況はイマイチですが、遠州灘・浜松界隈では、座布団もチラホラ出ながら、90cmオーバーも出ているとの情報。時期遅れのシーズン・イン?

 この辺りも追随するか? かつては正月の爆釣ということもありましたし、なんせ嬉しいことにgood天気予報!!

 ここから1週間ほど快晴続くかも??予報!! いいんじゃないですか?? 

 この秋の絶不調を倍返し〜〜〜!!  (笑)


posted by hiramemj at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2016年12月27日

スマップに

スマップ解散か・・・

そんなにむちゃくちゃファンというわけではないけれど、励まされたこともありますね〜 あの歌で

 このリグ、、、 もぉっ〜と受け入れられてもいいはずなのに・・・ 悩んだことも数知れず。

ま、それでも100人が100人に受け入れられるモノなんて〜 ありゃしない。

人それぞれで、好みも様々。

分か人る人に分かってもらえれば、それでいいんじゃないの ?? と、思わせてくれたのが

 ♫  NO1にならなくていい 元々特別なオンリー・ワン  ♫ てねっ 

2016年12月25日

ヒラメさん (静岡 kongoさんから)


DSC07139.jpg


DSC07373.JPG


いよいよ三連休と思った矢先、台風のような大雨…、波と濁りで金、土曜日を残念な気持ちで過ごしました。

昨日の夕方の様子で、今朝になれば…と、思い出発。濁りの弱いところへ行けばすごく混んでいるのが予想さるため、濁りが入っていても、自分なりに実績のある場所へ。

まだ暗く、水の色がわかりませんでしたが、当然濁りが入っているので、アピールの強い カーリーテールでスタート…、反応がないので次はパワーシャッドの5inで…

少し明るさが出てきて、チャート系の大きめのワームを。で、デスアダー6inをスローにしゃくって…フォールの瞬間にもぞっとしたバイト、軽く合わせて引いてくると、あれ?引きがあまり大きくなく、すぐに浮いてきて違う魚かなとも思いましたが、寄せてみると小ヒラメ40pでした。

針は、2つとも掛かっていましたが、ともに外掛かりでした。

 今日は、皆さんも釣れていなかったので、1尾掛けただけでも上等かな…と、その後が続かず、8時頃撤収でした。 デスアダー6in・109チャートレーザー


================================
どうも、こんばんわ〜 
低活性時、デイゲーム、ベタ凪時・・・食わない時のピンテール、ストレート・ワームでの誘い・・・
 間違いなく効果有り!と、私も感じますね〜〜 ウネウネ、ぴょこぴょこ、ボヨンボヨ〜ン 思わずパクッと。。手(チョキ)
 

 ヒラマゴアングラーにとって、何よりのクリスマス・プレゼント。いいなぁ〜〜

2016年12月24日

キラキラ尻尾改良の復活

さて、強風も収まり気温も暖か。
この分だと、いつかの「年末の青物祭り」も有るかも??と、期待してしまいます。

 メインは青物ではないのだけれど、青物寄れば〜 ヒラマゴも・・・ってなことで。

 で、私は「これから当分ピンテール&ストレート・ワーム一本で!」と宣言しておりましたが、シェイクによるボトムパンプが、釣行後にどうにも肘に負担が掛かるようで。。。

 肘が完全に治るまでは、ゆるりとしたスイミング系でもやっていこうかと。。
ま、そこで! キラキラ尻尾改良も使っていこうと思い、早速製作。

DSC_1127.jpg


 遠投するならメタルジグというのが、未だ定番の使用方法かと思いますが、MJリグによって、ワームでメタルと同等の飛距離が出るならば、あとはメタルとワームで、ワームに劣る点があるとするならばギラギラ感、ピカピカ感の光の反射。

 何度となく書いてますが、目立たたせるには、魚の視線をこちらに向けるのに最も効果的なのは、何色というよりも光の反射!

 メタルほど飛び、プラスにキラキラ反射を足せれば〜〜 いいんじゃないでしょうか??

作り方は こちらをクリック

10分もあれば、3本ほどは改良できるでしょう、自分仕様で作ってみてくださいませ〜〜


2016年12月23日

12/23 金 夕方の海状況

昨晩の強雨、そして明け方の暴風と連休初日はアウト。
暖かく天気はいいのですがね〜〜

で、夕方の海状況ですが、ま〜だ強風・・・ ですが右手後方からで、それが救い。
DSC_1122.jpg


 水質も悪くなく、波足も風さえ止めば凪となってもおかしくない無い状況です。ヒラマゴに関しては、あまりかんばしい情報は聞こえてこなく、このまま年を終えるとなると、どうでしょうかね〜

 2002年 11月からこの地域でフラット・フィッシュをメイン・ターゲットとしてから、最も厳しい秋以降だろうと思います。

( 何処行ったのかなぁ〜 ヒラメさん・・・ )

と、思いますが、小田原市場でのヒラメの水揚げ量が日々公表され始める季節で、ここ1週間ほどのヒラメの漁獲量は200枚前後。

 この数字は多いのか? 少ないのか? と言うと、この時期にしては良いほうなのです。

小田原市場公式ブログ (朝獲れ情報をクリック)

 ちょい沖では、これから漁獲量が増えてゆきまして、本年1〜3月なんぞは、獲れすぎて価格下落を落としたほど。。。

 要は居るのに岸際に寄ってこない。

 ヒラマゴが寄ってこないと言うより、カタクチ等のベイトが寄って来ないのか、あるいはカタクチの個体数が極端に激減してる???

どうにも後者のように思えてならない。。。

 10年程前には、カタクチ・イワシの群れが追われて、コンビニ袋に一杯になるほど拾える事も結構あり、秋口から海の表面を割ってキラキラっ!!と光るカタクチの群れも毎日のように見られたのに、一体どうなってしまったのでしょうか???

 カタクチの子供のシラスの獲りすぎじゃないの? 多分、そう感じておられる方も結構要るんじゃないかと思います。

 温暖化によってプランクトンが増加傾向ならば、カタクチ・イワシも増えてもいいようなものですがね〜

 さて、せめてこの連休、釣りが可能な状況だけは頼みたい・・・ (苦笑)


posted by hiramemj at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2016年12月20日

12/20 夕方の海

 肘の痛みが気にならなくなり(もういいかも・・・)と、ロッドを持って久しぶりのキャストしてきました。
 が、先に書きますとノーバイト(苦笑)。一時間半ほどやってみましたというか、持ちましたね〜肘。

 もちキャスト毎にチクッと痛みはあるものの、以前ほどの激痛でもなく、治り出してる??という感触が有って、まずはそっちが嬉しかったですね〜

 で、海ですが、岸際の砂地地面もしっかり締まっていて、いい感じ。際では小イシモチ?のボイルもチラホラ。
釣れておかしくない良いコンデションでした。

DSC_1117.jpg


 空いてる浜に写ってますが、実は複数本の竿を置き竿している釣り人も何人か居て、釣り場スペースはそうも広く取りにくい状態。ホントにいい感じの海状態で、いつ魚影が濃くなってもおかしくない状況です。

 さて、昨日は以前からのユーザーさんで高知県から電話を頂きました。ミノータイプのセット方法についての問い合わせだったのですが、私が
「ところでそっちでMJで釣れてますか?」と聞きましたら
「デイゲームでやってるんですけどヒラメ1枚に、マゴチ2尾釣れてますよ」と。

 「釣果画像をまた送ってくださいね〜」とお伝えしておきましたが、関東界隈だけでなく釣れているという事で一安心。


posted by hiramemj at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況