2018年12月28日

12/27分 ちょいサイズアップのヒラメさん(静岡 kongoさんから)

 今朝も少しだけ釣りに行ってきました。今朝も何とか1枚。
 今日はだんだんと波が高くなる予報ですが、朝の海は穏やかで釣りやすい状態でした。ただ、12月としては渋い状況が続いており、なかなか1枚が遠いこの頃です。

 サーフに着くと、お気に入りのポイントが空いていたので、様子を見るためにエコギアミノーM+TG17.5gをフルキャスト。追い風ではありましたが、90巻き以上飛んでおり(フラッシュJのピンテールより飛びます)、ピンテールの飛距離に改めて感動しました。

 手前50巻きくらいが浅くなっていて今ひとつなので、地形を探りながら少しずつ横に移動していきました。15分ほど投げて反応が無いため、シルエットを大きくするために、いつものデスアダーに変え探っていきました。・・・今日は、ひたすらただ巻きに徹して・・・。

 周りが少しずつ明るくなって良い雰囲気になってきた頃、ググッと重みがかかりヒット。
「よし!!」と、心で叫んだのもつかの間、15巻きほどしたら「あれ?!」残念ながらフックアウト。。。

 「運が良ければ」と思い、同じコースを引いてくると、ばらした辺りで見事に再ヒット。今度はきっちり掛かっており、無事ランディング。
DSC00394.JPG

 昨日より少しだけサイズアップの42pでした。ばらした魚がまた食ってくることはあるのらしいけど、自分が体験したのは初めてでした(驚き☆☆☆)。
DSC00407.JPG


ヒットタイム : 6:23 波穏やか 追い風 水色良好 
MJ+デスアダー6inch(前半分がちぎれたものを2pほどカットして再利用)チャートカラー+TG17.5gジャッカルバレットシンカーヘビータイプ+カルティバST-41TN#6・マルトR-1092#6
DSC00421.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どこまで続く? 連チャン釣果(笑)おめでとうございます〜
そうなのですよっ、ワームを軽くすると飛距離ググ〜〜ンとアップしてくるのです、思う以上に。

 なもので、軽くて、そこそこシルエットのボリュームも有る、というのが理想的でしょうかね〜
まぁ〜しかし、イイ食わせ方! ここが大事! ワームを使うなら掛けてではなく、食わせて釣る!私の勝手持論ですが(笑)

 DSを主にやってた頃は、追い食いは良く感じましたよ。ココっ!の当たりで、合わせて掛からず、その位置で誘っていると再度アタックしてゲットするという感じで。
有るんですよね〜 追い食い。
by 柏木

posted by hiramemj at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月27日

なかなかサイズが出ませんが、ヒラメさんゲッツ! (静岡 kongoさんから)

天気予報を見ると、凪で釣りやすそうな感じなので、朝頑張って少しだけ行ってきました。
6時少し前から、空がだんだんと白み始め、良い雰囲気に!!。
DSC00391.JPG

始めは、フラッシュJのピンテールを投げ、ストップ&ゴーやらただ巻きやら試しましたが反応がありません・・・。シルエットを少し大きくするために、お気に入りのデスアダーに変え、ボトムを取り、まずはただ巻きから試すと・・・、15巻きほどした所でググッと重さがのりヒット!!
DSC00372.JPG

 実はこの前そこそこのサイズをばらしているので、慎重によせてきて(少し遠い所でのヒットで60巻き以上巻いてきました)・・・、波間から出てきたのは40pちょいのかわいいヒラメちゃんでした。
DSC00379.JPG


 実は、隣で釣っている方に、「MJいいですよ〜」と言ってしまった手前、「一枚出さなくては」と、少々しプレッシャーを感じていたのでうれしい釣果となりました。
 ヒラメさんは、お隣さんにプレゼントして時間が来たので撤収となりました。

ヒットタイム6:20 追い風 波は穏やか 水色良好 
MJ+デスアダー(前部がちぎれたものを2cmカットして再利用)チャートカラー+TG17.5gジャッカル・バレットシンカーヘビータイプ デスアダー6inch
1234.jpg

デスアダー6inchは、元のサイズだとバランスが悪くあまり飛びませんが、2pほどカットして切り口を斜めにするとよく飛びます(今朝は、上記のセットで85巻位は飛んでいました)。また、MJの後部の折り曲げ部分がワームの切込みに入るので、背中をカットする手間も省けます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

相変わらず好調ですね〜 おめでとうございます〜 !!!そしてコマーシャル有難うございます!(笑)

 ワーム頭部を斜めにカットしてセットしますと、そのカット部分が水流を受けて、より泳ぐんですよね〜 ピンテールでも。

 私の考えとしては、なにせ少ない当りをバラさない為には、1バイトで口の中に7〜8割、すっぽりくわえ込めるサイズがいいんじゃなかなぁ〜と、思ってます。フックも入れて。
 色々試してみてくださいな、その中から自分仕様というか、その釣り場にあった仕様が出来上がってくると思います。
 今年も、ま〜だ4日有り、水温も例年より高い状態。 まだいけるんじゃないかなぁ・・・
 何年か前に大晦日に青物が爆釣したことが有りますが、そんな年になりそうな気も。。楽しんでくださいまし。 by 柏木

posted by hiramemj at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月25日

MJでは無いのですが、デイのマゴチ2尾(ポメ吉さんから)

こんにちは〜ポメ吉です。
ここの所、何も釣れずいつもの私に戻り、確変が終わり通常モードでした。今日もDSで200m位探るも、フグのすれ掛かりのみでした。ルアーマンも釣人もおらず、遠くの方に3〜4人しかいませんでした。
私は周りの環境に左右されるされるタイプなので、釣れてないんだなぁと半ば諦め状態でした。

帰りにDSで探ったところを、バンジーショットで遠くを探ってみました。
そしたら、直ぐにアタリがあり、43cmのマゴチが遊んでくれました。
1マゴチ.jpg

リリースし、なんだー魚いるじゃん!と思い、気合い入れて投げてると
ただ巻き中にゴツンとあたり、まぁまぁの引きで、首を振りながら50cmのマゴチがあがりました。
2マゴチ.jpg

今日はべた凪でも、ポイントが遠かったようです。

釣時間   9時20分〜11時30分
ヒット時間 10時42分と10時59分
ルアー   バンジーショット30g イワシ 着底後のただ巻きでヒット

PS:本年は大変お世話様でした。来年も良い年で有ります様に!   良い年をお迎えください。(ご自愛くださいませ。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
有難うございます〜 こちらこそ。今日で納竿ですか。。
〆にイイ釣りが出来てよかったですね〜 
 本年、沢山釣果報告を頂き有難うございました〜 m(_ _)m 
これから寒波襲来 ? お体に気を付けて良いお年を!!
来年もどうぞ宜しくお願い致します。
posted by hiramemj at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年12月24日

12/24 ピンテール、フッコ釣果 (静岡 kongoさんから)

 取り急ぎアップです〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日曜、月曜となかなか渋く、一枚がなかなか出てくれません。
今日の夕方も、風が強く、波も高めで釣りにくい状態でした。
日没後、真っ暗くなるまで粘りましたが、ヒラメは出ませんでした。
DSC00338.JPG

代わりに、波打ち際の掛け上がりで、フッコサイズ40pが一尾が掛かりました。
DSC00345.JPG

回収中のMJがちょうど、フッコの前を通ったためのリアクションバイトかと思いますが釣れないよりまし、励ましの一尾となりました。
DSC00350.JPG


ヒットタイム 17:30 向かい風強く 波高く MJ+フラッシュJ 4SWピンテール・グローピンク/シルバー+バレーヒルTG21g+シングルフック(カルティバ・バス用トレーラーフック・SBT-67 1/0)
DSC00353.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 釣り的、引き的には〜〜 シーバス面白いですからね〜
 先々週だっけかな〜 岸際50cm・・・というところまで、追っかけられて来ながら、Uターンしていきましたよシーバス。(笑)70cmオーバーという位のサイズのが

 シングルのフッキング確率に自信が持てるようになると〜 多用するようになりますよっ なんせ根掛かり、針先鈍りの面倒なことが無くなる事で、ガンガン攻められるようになりますし、暗がりのトラブルほど厄介なことは無いですから。(笑) どんどん試用して見てくださいませ〜〜 by 柏木
posted by hiramemj at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月23日

12/22のナイト & ピンテール釣果(その6) 静岡 kongoさんから

しっかし、よぉ〜 釣りますね〜〜 (笑) おめでとうございます〜 取り急ぎのアップです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夕方になり天気が回復してきたので、16時頃から釣りに行ってきました。
16時半ころの海.JPG

昨日のポイントに行くと先行者がおり、隣でしばらく投げていると先行者の方が「どうぞ、お入りください」と、声を掛けてくださり入れさせていただきましたが、あまりにも申し訳ないので、ローテーションで投げさせてもらいました。
(とはいうものの、自分が一番いい思いをさせてもらいました。ありがとうございました。) 

 お気に入りの場所ですが、釣れる場所かというとやはりどこも渋く、夕マズメにもヒットがありませんでした。
 雲が多く、昨日のように月明かりでのナイトフィッシングにはならず、どうしようかと迷っていると、雲に切れ目ができ少しずつ満月の光が漏れるようになってきました。

 ただ巻で反応が無かったので、ストップ&ゴーで探っていくと、巻き始めた直後に当たりがあり竿に重さが乗ってきました。 少し波が高くなってきており、ばらさないように慎重に取り込むと、出てきたのは可愛いヒラメ40cmでした。
DSC00300.JPG

DSC00289.JPG

 場所を譲っていただいた先行者の二人の方に感謝の1枚でした。
DSC00305.JPG

ヒットタイム18:15 水質良く、波っ気あり、追い風微風。
MJ+デスアダー(前半分がちぎれたものををカットして再利用)チャートカラー+ナツメ15g(4号)



posted by hiramemj at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月22日

ナイト+ピンテール釣行 ヒラメさん5尾目 (静岡 kongoさんから)

昨日12月21日(金)の夕方は空気が澄んでおり月が綺麗でした。
12月21日17時10分頃の海.JPG

土曜からはしばらく天気が良くないので、短時間ですが釣りに行ってきました。
用事があったため、17:30撤収予定で、40分間の短時間釣行です。

ハイシーズンなので、平日の夕方でもアングラーは多く、思ったところには入れませんでしたが、間詰めが終わり辺りが暗くなってきたタイミングでお気に入りのポイントが開いたので、後攻めで入らせてもらいました。

昨日は波も穏やかで気持ちよく釣りはできたのですが、やはり渋めな感じで、全く当たりもなく撤収時間が近づいてきました。 あと2投したら撤収…残念ながら当たりなし。

時計を見て、後2分ある…
これが最後の一投と決め、少し立ち位置をずらして投げ中層をゆっくりとただ巻… コン!! 明確なバイト共に重みが掛かりヒット!!
ばらさないように注意しながらランディング。出てきたのは45pの元気の良いヒラメでした。
21日 金B.JPG

21日 金A.JPG

撤退時間が来ていたので写真を撮り、「大きくなったらまた会おう」と、声を掛けR。

釣れる時は、短時間でも釣れるもの…
 土日の朝は、ずいぶん朝早く行っても釣果無いことが多いので、理想的な釣行となりました。
21日 金C.JPG

ヒットタイム17:30 波穏やか 追い風微風 濁りなし 
MJ+デスアダー(前半分がちぎれたものををカットして再利用)チャートカラー+ナツメ18g(5号)

今朝、12月22日(土)の朝は、残念ながら釣果無し。
ダツのスレ掛かりが1尾のみ。小雨が降っていましたが海は穏やかでした。
22日 土朝A.JPG

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ハイシーズンのkongoさんペースになってきましたね〜 
よく釣るなぁ〜 それと、後攻めでの釣果もナイス!!わーい(嬉しい顔)
例年のkongoさんと違うのは、やはりナイト釣行 + ピンテール釣果

 2日ほど連続でオモックの記事を書きましたが、よくよく考えてみると、オモフックの釣れてる情報は船からの、しかもデイゲーム。
 朝夕、そしてナイトで釣れるヒラマゴの暗がり釣行に対して、ナツメにフックだけの仕様は、どう見ても心もとないですよね〜 見えにくく、アピール力があまりにも無さすぎて(笑)

 MJでのナツメオモリの仕様は、ナツメが水流を受けて、ただ巻でもリグ全体をゆっくりと左右に揺らします。思う以上にアピール力があるのでないかと思ってますよっ
 これだけ釣果実績が出れば、ピンテール = 泳がない = ただ巻では釣れないかも? の先入観に、終止符が打たれたでしょうか ??(笑) 引き出しが増えましたねっ おめでとうございます〜〜!! 
  by 柏木

posted by hiramemj at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月21日

ナイト釣行、ピンテールでのヒラメさん釣果 (静岡 kongoさんから)+ 追記:今日の海

昨晩、頂いていた釣果報告、取り急ぎアップです。追記致します〜 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 三連休はお天気が今一つな予報なので、満月直前のサーフに1時間だけと決めて行ってきました。
サーフに着くと横風が強く、風のせいで波がある状態。
 釣れなくはないけど難しいと思い、やめようかなと考えつつも、投げなくては釣れないと言い聞かせ釣り開始。
21時頃の海.JPG

ナツメ錘21gにチャートカラーのデスアダー少し短めリサイクルルアーで攻めてみました。
 暗闇なので明るい色、ここのところピンテールでヒットが来ているので…。
DSC00248.JPG

風に負けないように、風に向かってキャスト開始。
 50巻位飛ぶので、何とかなるかな…。30巻辺りに駆け上がりらしきものがあるので、その辺りを意識しながらただ巻で攻めていくと、5投目でヒット。
小さめのフックが付いているので、ばらさないように注意しながらランディング。暗い波間から出てきたのは、かわいいヒラメちゃん44pでした。
DSC00220.JPG

DSC00212.JPG

撮影をしてR。
さてもう1尾と思い、キャストするとまたすぐにヒット。
波打ち際でのヒットのため一気に持ってこようと少し強引に上げてきたら、引き波に阻まれポロリ…、さっきRしたのがまた掛かったのかしら…と思うようなサイズでしたが残念。。

その後時間一杯までやりましたが、ヒット無し。
時合いだったのかな〜。もう少し投げたくも思いましたが、明日も仕事があるので粘らずに撤収でした。
DSC00227.JPG


・ ヒットタイム20:45 
・ 横風強く 波っ気あり 水質は不明 
・ MJ+デスアダー(前半分がちぎれたものををカットして再利用)チャートカラー+ナツメ21g

〜〜〜〜〜〜〜〜〜 < 追 記 : 本日の海状況 > 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

44cmをリリースできるその余裕、羨ましいなぁ〜 (笑) おめでとうございます〜
もっとも67cmのヒラメは、数日分食べて余りある大きさでしょうから、私も同感ですよっ
家族、食べるだけ有れば充分! 楽しませて、感動をくれだだけでOK!で、Rってねっ

でもって、私も刺激されて行ってきました〜 わずかな時間であっても、投げないことには釣れないと、1時間半ほどの真昼間デイゲーム。
 水質は、極わずかな濁りで良好。波は干潮時間帯だった為穏やか。ベイトっけは・・・見当たらない、、
ですが、ポカポカ陽気で、釣行としては快適!! が、結果は全くのノーバイト。。草フグのカジリさえ無し・・
DSC_3179.jpg

 低活性と判断してのピンテールのボトムパンプ、リフト&フォール ⇒ 釣果安定感あるパワーシャッド ⇒ そして派手にもやってみようと久々のエコギア・バルト 3.5インチ ⇒ 釣果実績のあるテスト中の自作フライと、順にチェンジしながらの、アウト。。
DSC_3181.jpg


ま、こんだけやって釣れないのですから、居ないのか、ご機嫌が悪いのかでギブアップ〜
 釣れれば最高ですが、この天気ですからストレス飛びますよっ 気持ち良くって(笑)
 
 さて、ひとつ提案。
SMJは、ワームを刺してから前部、後部のピンを指で折り曲げてセットする構造となっています。ところが、そのピンの長さが不足する場合があると思うのです。強引にセットしますと、ワームが曲がったり、外れやすくなったりと。。
DSC_3175.jpg

例えば、下画像の「ノリーズ スプンテール 6インチ」だとか、kongoさん多用のデスアダー 6インチとか(苦笑)
DSC_3176.jpg

そのような、頭部に体高の有るワームにSMJをセットする場合は、下画像のようにカッターで切れ目を切れて頂くと〜 
DSC_3177.jpg

大概のワームに、SMJがセット可能となります。し、SMJの曲げたピン部分がワームに埋もれますから、ヒットした時の違和感も少なくなります。

 サーフにおいて、大型ワームは飛距離ダウンとなりますが、インパクトとしては大きく、また船や、ボートなど、飛ばす必要の無い場合に大型ワームに使用してみたい・・・ という時には、この手法でSMJにワームをセットしてみてくださいませ〜〜


posted by hiramemj at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月20日

オモック・・・ (その2)

 ナツメ型オモリの釣り、オモック? オモフック? の動画、話題をアップ致しましたが、早速、どれどれ〜〜 と、試してみた方もいるのでしょうか?? (笑)

 今のルアー & リグの流れ(派手、大きな動き & 強アピール)の真逆の話でして、何とも複雑な心境の方も多いかも? (今までこだわってきた事は、一体何なんだ・・・)と。(笑)

 しかしですね〜 釣れたのだから釣れるんだろうけども、釣れる地域、場所、釣れるタイミングでの話でもありますから、それが全てに当てはまるとは思えないんですねっ 私的には。。

 新しい発想、新しい提案は大賛成なのですが、反論ではないのですが、私も長くヒラメと付き合っていますので、ヒラメに対してオモックの構造からの ?? と思う点を書いてみたいと思います。

 ヒラメが水底に居て、上を見ながら食い上がるパターンが非常に多いことは、誰も否定しないと思うのです。
 その場合、 オモックをロッド・アクションで誘いを入れて寄せてくる際に、針がオモリの上になりますよねっ? 下から食い上がるヒラメに対して、針が掛かりしにくいはず・・・ と、思う訳です。ナツメを目指して食ってくるなら。

 そしてもう一つ、それはヒラメの口の開き方。
真上から見て、ヒラメは横Vの字に口を開け閉じしますよねっ? そうしますと〜 通常の上下に口を閉じる魚よりも針先が後ろに無いと針掛かりしにくい & バラシが出てきそうな口の開閉の仕方だと思いませんか?

 なもので私は20年前のヒラメDS以来「できるだけ針先を後部に設置する。針先を口の奥まで入り込ませる」事にこだわってきているのです。
222.jpg

 更にもう一つ、一番 ??? と、思う点。
 MJリグにはナツメ・シンカーを採用して4年以上経ちますが、ナツメ・オモリに反応して食いついてくるならば、ナツメ・オモリに対して相当の当たりとバラシが頻繁に発生していいようなものですが、そうゆう手応えといいますか、バラシやオモリの傷跡? 噛み跡?を感じたことが無い。。。(笑)

 ということは〜 夏目オモリ自体に食らいついてきているとは考えにくい。。。

 港内とか突堤で幼鮎やら、カタクチイワシが、餌無しの「空針」で釣れるというか、釣っていますよねっ? あれは針の光の反射に反応していると判断して、ま〜間違い無いと思うのです。
 ということは〜〜 オモックも針の動き、針の光の反射に、魚が反応しているのではないかなぁ〜〜と。。。

なもので!! オモックの針を光らない、茶とか黒にして実釣してもらえると嬉しいかなぁ〜〜 なんて。。(笑)釣れる検証よりも、釣れない検証から解ることも有ると思うんです。

 それで釣果が落ちるなら、釣れる要因は針の光の反射。
 釣果が変わらないとすれば、オモック全体の動きや形状が、魚の好む捕食DNAに訴える何がしらが有るという事。

 ともあれヒラメにおいては、ヒラメ向きなフック構成と言いますか、掛かりの良い針位置には・・・思えなく、ひと工夫が要るかと。。 あくまでヒラメ的にはですが。

 そして、朝マズメ、夕マズメがよく釣れるヒラメに対して、暗がりに超・目立たない & 見にくい鉛の塊だけでは、いかにも寂しすぎ。。
 使って釣れていない時に、信じて投げ続けるモチベーションが持続できるかどうか・・・?? (笑)

 シンプル・イズ・ベスト!だと私も思いますが、経験上多分ですよっ ここまでシンプルだと〜〜 10投して釣れなければ、もう変えたくなるはず。。 (笑)

posted by hiramemj at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年12月17日

衝撃!!ナツメオモリ(オモック)で爆釣!?

 MJリグにナツメ・オモリを試用しだして約5年。実釣テストにおいて明らかな根掛かり回避率のアップと、浮き上がりの良さから。
オモック100.jpg

 反面、ナツメを採用するにあたって、一番最初に私自身が思ったことが ( このぶら下がるナツメ・オモり、頭部へのアタックに邪魔にならないのだろうか ?? )という事。 

 多分、このブログを見てくれている方の中にも、そんな印象を持っている方も多いかと思います(苦笑)

しか〜し !! 

 世界一の魚種を釣っている釣り業界の大御所・村田 基さんのこの動画を見ると、ナツメ型オモリへの印象が変わると思いますよ〜〜 元動画は一ヶ月ほど前にアップされていたのですが、反響が大きかったのでしょうか? 3日前に編集されて再アップされてました。

 すでにMJリグユーザーさん、他MJにまだ疑念のある方(笑)、初めてお越しの方も、この動画を是非見てみてくださいまし。
 MJリグに直結しませんが、ナツメ型オモリへの偏見が相当減るはず、いや、むしろナツメ型であることに興味が沸くはず。。


 どうでしたか? 
究〜〜〜極に、
  
泳がない、バイブしない、ローリングも無し、光の反射無しが良い ?? 

ただのナツメ型の鉛の塊が爆釣 ??  って、どゆうこと ?(爆)
困っちゃいますよね、ルアーメーカーさんは。。 (笑)
MJにナツメ型オモリを試用して、はや5年。いち早いでしょ? 偶然ですが(笑)

動画のオモック? オモフック? を試してみようというなら、MJリグをすでにお持ちの方は簡単でしょ? スナップに、MJ推奨のナツメ型シンカーを通して〜 市販のメタルジグ用のアシスト・フックを引っ掛けるだけ〜〜

しかも、MJ用のナツメ型には、動画でのオモック? オモフック? 以上のメリット有りますよっ そう!! オモリが根掛かりしたら、あえてオモリだけロストとなる冠強度にしてあります。 
DSC_3173.jpg

どうですか? 特に船・ボートもやられると言う方! 試してみてくださいまし〜
また、サーフでのキャストの場合、メタルより飛距離が出ますよっ そりゃそうです、単なる鉛の塊をキャストするのですから。(笑)
表面がハゲたら、余計に釣れるって・・・ まさしくMJ推奨のナツメ・シンカーならうって付け(笑)

でも・・・ ナツメの頭部分に針だけで無く、ワームが付けば ? 
 くわえて味有り、匂い有り、弾力有りなら ? より違和感無しでがっつり食い込む ?
 そうMJリグ!!!(笑)
090.jpg

 ともあれ、今MJリグを使って頂いている方々へ : ナツメ・オモリが邪魔どころか、集魚効果が有るかも ?? ってことですから、ナツメ・オモリがぶら下がるMJリグ・スタイルに自信を持って使って頂ければなぁ〜 と、思う訳です。ハイ
 
オモック・・・(その2へ)



posted by hiramemj at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年12月16日

やっと出ましたヒラメちゃん67p(静岡 Kongoさんから )

 ほぉ〜〜〜!! すんばらしい!!!! 座布団までもうちょい!
ピンテール・ワームのカキコの後の実釣証明。 嬉しいですね〜 
おめでとうございます〜〜!!!! 取り急ぎのアップです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 静岡サーフは12月の激込みシーズンに入りました。
 明るくなって見渡すと、大入り満員状態です。さて、釣果の方は、土曜の朝、日曜の朝と不発、周りも見渡す限り袋らしきものは無く、渋々な様子。
15時半頃の海.JPG

その中でも、土・日と60p以上の大物は1枚ずつ出ており、全く釣れないわけではなく、横で見ていて悔しい思いをするばかり。ホントに、2日とも自分の隣で出ているのです。

気付かないくらい遠くで釣れてくれればよいのに、ヒットして竿が曲がるところからランディングまで見えてしまうと、羨ましいやら悲しいやら複雑な思いです。
ヒットルアーやヒットの場所などを教えてもらい、自分も再現してみるものの、なかなか釣果に結びつきません。

先週も、今週もヒットタイムはほぼ同じなので時合い的なものもあるのかもしれません。悔しくて、今日の夕方も釣りに出掛けてみました。
 3時くらいから始めました。比較的強い風が横から吹いており、釣りにくい中で、メタルジグ系のリグで遠目から探るも反応がありません。
 40巻付近に駆け上がりがあり手前が浅くなっていたので、ミノーで浅場を一通り探りましたがやはり反応がありません。

 日没となり、良い雰囲気になってきたタイミングで、なんとライントラブル。糸ふけに気づかず巻いたらしく、次のキャストで痛恨のライン絡み。このところついていません。
ついていないので、念のため用意しておいた予備スプールに交換し、リグもMJ+TGにして、糸ふけに注意しながら探っていきました。

 風に強いピンテールで70巻位飛んでいたので、ボトムをとった後ただ巻で引いてきて、駆け上がりでのバイトを狙っていきました。薄暗くなる中で、サーフが少し空いてきたので丁寧にランガンしていくと…、ブレイクを過ぎたあたりでググっと重くなりました。明確なバイトが無かったので、一瞬「ん?ゴミ??」と思いましたが、重くなり方がヒラメ的だったので、一気に巻くとドラグが滑ってキリキリと!!。

 ドラグを絞めて、波っ気のある中で引くもなかなか重く…、そういえば張り出した瀬の上にいることを思い出し、ここであげたら波にさらわれるな〜と思い、巻きながら周りを見渡し、良さそうな場所を見つけてランディング。
DSC00186.JPG

引き上げた途端に波が寄せてきて、さらわれそうになるところをリーダーをつかみズルズルと引き上げて、取り込み完了。スリリングな一時でした。

あげたヒラメはなかなか大きく、身の厚みもある67pでした。イメージ通りの釣りとなり、してやったりという感じで嬉しい釣果となりました。
DSC00209.JPG

撮影中、支える腕が痛かったです。 ピンテールのただ巻なんて一番釣れそうにないのに… ここのところ新たな学びです。

ヒットタイム17:03 波っ気あり、風強く 
MJ+フラッシュJ4SWピンテール・グローピンク/シルバー+バレーヒルTG21g+シングルフック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ピンテール・ワームは、見た目に泳がさそうでも、釣れるんです!(笑)
↓ ミノー M 4インチ 北陸キジハタカラー(=クリアー・ラメ)
flat1_120625.jpg


★ 明日、面白い事を書きますので、現MJユーザさんも、そうでない方も(苦笑)、是非見てみてくださいまし〜 特にMJに ん〜〜〜ン?? という疑念のある方は、特に(笑)


posted by hiramemj at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月15日

12/15(土)2:15pmの海状況

 夕方より用事で、釣りは無しの海状況アップです。
DSC_3154.jpg

風無く、波小さく、水質はかすかな濁り程度、左手方向からの潮流。
DSC_3153.jpg

凪といっても良い程で、見た目だけならヒラマゴ日和。
 ただ・・・ この寒さ、北からの潮流が水温、及び活性を下げてるかな〜 という雰囲気も。。

 明日は好天との予報。せめて良い天気になってくれれば、嬉しいですね〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 知 ら せ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1度のご注文が¥4000以上、及び初回からのご注文合計が¥5000以上となった場合に、ワームを1パック後日発送プレゼントのお約束をしておりますが、その条件を満たしていながら( ん゛? ワーム ? 着いてないよ ? )という方はおられませんか?

 数名の方がおられるはずなのです。コンビニ、宅配業者営業所でのお受け取りを指定されますと、当方では郵送先が不明となり、プレゼント・ワームを発送することができないのですねっ
 思い当たる方有りましたら、 39★hirame-ds.com (星を@に変えて)まで、メール下さいませ、どうぞ遠慮なく、お気軽にどうぞ!!

posted by hiramemj at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年12月13日

ピンテールワーム再考

 私がヒラメ釣りを始めてから、エコギアのミノーM 4インチだけで約8年間ほど。ヒラメDS(ダウン・ショット)で使用したわけですが、パワーシャッドでなくて、何故にミノーMだったのか? の、使用理由は尻尾のフック絡み。。

< ピンテール・ワーム( = 尻尾がピ〜ンとなったワーム(笑)) >

mino100.jpg

 DSでは主にシェイクというロッド・アクションを推奨していたわけですが、そうしますと、どうしてもパワーシャッドの尻尾がフックに絡んでしまうトラブルが多々発生したのですねっ 
 それと、飛距離。キャスト飛行中に尻尾に抵抗が無い方が、飛距離が伸び、沈下も早くなり、手返しも良くなる。

 ま、そんな理由が主だったのですが、今になって考えればパワーシャッドなどシャッドテール・ワームでも、フックをあと1cm前に設置する事で、尻尾絡みトラブルは充分解決できた訳で、当時は(ちょん! と、突っつくようなショート・バイトもフッキングに持ち込む! )為にも、より後部にフックを設置し、とにかく1匹釣って頂きたい・・・  そんな思いもあり、ミノー Mを主に推奨しました。

 そしてMJリグを作ろう!と、思った一番のきっかけはパワーシャッド( シャッドテール )でも、かなりの飛距離を出すことが出来る!という事に気づいた事。
ヒラメ100.jpg

 そして高活性時合いに対して、あるいはDSやキャロではロッド操作が難しい高ウネリ状態、強風。早い横潮流、それが多い釣り場には、ロッド操作しなくとも大きく泳いでくれるパワーシャッドも必要! そう感じたからなのですねっ

 で、ここ最近の釣果報告ではピンテール・ワームの釣果報告が多いのですが、釣り人側からお店でピンテール・ワームを見て、多分多くの人が( 泳がなさそう・・・ )というイメージが有って、触手が伸びない原因でもあり、ミノーMがかつて廃番寸前までになっていた過去は、そんな理由があるのでしょう。

 ところが、ミノーM(ピンテール・ワーム)が泳ぐ、泳がないの前に「釣れる!!」という事実が数多く出てきて見直されて、今となっては北陸キジハタ・カラーなども地域限定モノも発売されエコギアのド定番となっています。 
 実際のところはピンテール・ワームのただ引きで引いて巻くだけでも、結構ピロピロと尻尾は泳いでいるというか揺れているものです。そもそも魚の尻尾なんて、泳いでいる時にそうも激しく動いていないし、動かしていない。

 < ワームは、自分仕様に手軽に切ったり削ったり出来ることもメリット >

ミノー200.jpg


 ただ、釣り人側からの手に伝わる感触からいうと、竿先にブルブルとルアーなりリグが泳いで振動が伝わる、泳ぎが見易いと「泳がせてる感」はあるでしょう。
 でも・・・ それが逆効果なもことも必ず有ると思うんですよっ

 相模湾の船でのシイラ釣り、ドライでのフライ・フィッシング、渓流でのルアー・フィッシング、シーバスのデイ・ゲーム等、魚種を問わずのトップウオーター・フィッシング、食う瞬間を目視出来る、いわゆるサイト・フッシングの場合、疑似餌近くまで寄って来ながら、見切ったり、怪しんだりでUターンしていく様を、実際に目で確認して( それなら〜 これでどうだ ?! )と、疑似餌チェンジをしてゆく。
 この見切ったり、怪しまれたりでのUターン・パターンは、釣行毎に当たり前に相当な頻度で起こります。

 ところがヒラメや根魚など底物では、その様相が水中で見えないだけに、釣れたものだけが全て良しとなり、それに対して( ホントに〜 ? )というような、ウンチクやら機能があれこれと付け足される。。(笑)
マゴチ 100.jpg

 強波動とか、ローリング、バイブレーションとかで、多くの釣果実績が出ているのも現実だけれども、それが見切られたり、警戒されての無視・・・など、逆効果になることも間違いなくあると思うのですよっ
 水底だから目視できないだけで、相当な頻度で起こっているのでないか?と思うのですねっ
 その裏付けにデイ・ゲームや、後攻めで釣れるという現実は、前攻めでの釣れ残りに反応している訳ですし。

 だからと言って大きなアクションの物を否定しているわけではなく、その尻尾形状の本質は、泳がすための尻尾というよりは、ボディ全体を震わせる、ローリングさせる、ウォブリングさせるための尻尾形状であり、それらの動きの求めていることは、泳がすというより尻尾でワーム全体を揺らして「追われて、逃げ惑う小魚」「傷ついた小魚」など演出、魚の捕食スイッチを入れるための構造なのだと。

 なもので、ここでも書いてますが、どこどこのルアーがどうの、どのカラーがあ〜だという選び方では無限大の組み合わせがあり、結局悩みと道具が増えるだけ。

 シンプルに、「高活性ぽいなぁ〜 ならば、コレ!」「活性低そうだなぁ・・・ ならコレで、あのレンジ! 」 というシンプル、且つ理論的な選択が、( これで釣れなきゃ、しょうがない! 居ないとしよう!」と、見切りも早くなり、手返しも良くなってランガン範囲も広がる。

 本当は居ないのに、居る前提で考えるから( な〜んで、釣れないんだろ? )と、悩みが出て来るのです。(笑)

 釣るためのルアーやリグ選択という形より、まずは居るか居ないかを確かめていく為のルアーなり、リグ、ワーム選択という考え方でいれば、道具の選択や攻め方も変わってくると思うのですよっ シンプルで明解、理論的にもなると思います。

 派手な動き、色も良し! ですが、是非ともその正反対のシンプル、リアル系な、ピンテール・ワームも取り入れてみてくださいまし〜 


 飛距離アップ、沈下速度アップ、着底感度アップなど、動き的以外の別のメリットも見えてくるはずです。


posted by hiramemj at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年12月09日

昨日に続き、ヒラメ42cm(静岡 kongoさんから)

日曜日の朝も、昨日と同じ時間にサーフに到着。
今日は日曜日ということもあり、早い時間から人が多く出ており入りたい場所には入れませんでしたが、場所があるだけでもOKな時期なので贅沢は言えません。
DSC00174.JPG

明るくなって数えてみたら20人ほど並んでおり、ほぼ満員状態でした。
 さて釣の方は、暗いうちはシーバス狙いでしたが(どうやったら釣れるのか…)全くヒットがありません。空が白みだしたころからリグをMJに変えていろいろ試すも当たりが出ません。周りの方にも当たりは無く、本日も渋々な様子でした。
 6時を過ぎ、昨日のヒットタイムが近づいてきたのでワームを昨日のものに付け替え、巻き時間を大目にしてボトムをとりつつ引いてみましたがなかなかヒットが来ません。6:15を過ぎ、来るならそろそろと思い、手前では着底させないでただ巻をしてくると、駆け上がり付近で「コン!!」と、当たりがありヒット。
DSC00172.JPG

 引きは大きくはありませんでしたが丁寧にランディング、かわいいヒラメちゃん42pが出てきました。渋い状況では貴重な1枚。写真撮影をしてRです。
DSC00156.JPG

もう1枚と色々試しましたが、自分も周りも当たりなし。
ヒットタイムが昨日とほとんど同じ。一瞬の時合というものなのでしょうか…う〜ん??? 

 今朝は冷え込みが強く、寒さに耐えかね7時過ぎに撤収でした。見渡す限り、近くにはビニール袋も無し。少し離れた所で大き目なシーバスが1本出ていました。ガツンと60p以上を釣りたい時期ですが、思うようにはいきません。
DSC00167.JPG

ヒットタイム6:26 波っ気あり 少し濁り有り 
MJ+フラッシュJ4SWピンテール・グローピンク/シルバー+バレーヒルTG21g+シングルフック
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 連日釣果、いいですね〜〜 土日の混み合う中での釣果は、同じ一枚でも価値がありますよねっ!
 今度はガッチリ食わせて、食わせてやったぜ〜 の、イイ掛かり方。 
60cm以上??  出てもおかしくない地域アベレージ、時期でもあるのでしょうが贅沢悩みですよっ(笑) おめでとうございました、更なるサイズアップ、祈っております〜 by 柏木

posted by hiramemj at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月08日

ヒラメ58cm (静岡 Kongoさんから)

12/8、土曜日の朝は、日の出前からサーフへ。お気に入りの場所に入りたかったので、少し早めに行っけど、
( アレレ?!誰〜もいない。。。 )
たぶん、近所の青物ポイントが盛り上がっているんだろうな〜。
DSC00142土曜朝.JPG

暗いうちはシーバス狙いで攻めてみましたが、ヒット無し、空が白み始めたころからフラットに切り替え、いろいろ試すも当たらず。時々ボラらしき魚が触るのでドキッとしながら…。

 やっぱり渋々なので( こんな時はピンテール?! )と思い、昨日中古屋で仕入れたフラッシュJのピンクのピンテールをシルエットの小さめなTGシンカーで投げてみました。
ボトムをとりつつ寄せてみましたが、やはりダメ。

それならと、ボトムをとらずに中層ただ巻では…と、投げた一投目で「コン!!」明確な当たりでフッキング。過日ドラグ不良によるラインブレイクがあったので少し緩めのドラグ設定、巻くと同時にドラグが出ていくので少し締めて寄せてくると、波打ち際でなかなかの抵抗、楽しませてくれます…、
シングルフックに掛かっているので、バラシはないとの確信があったので、寄せのタイミングを待ちランディング。
あげるまで魚種がわかりませんでしたが、波間から出てきたのは良型のヒラメ58p。」
111.JPG

よく見ると、針の掛かり方が超ビミョー、思わず「セーフ!!」と言ってしましました。
DSC00141.JPG

もう1枚とその後もいろいろと試しましたが、やはり渋々は変わらず、時間が来たので撤収となりました。

ヒットタイム6:23 追い風、波気あり、濁りも少しあり、
MJ+フラッシュJ4SWグローピンク/シルバー+バレーヒルTG21g+シングルフック
夕方にも行ってきましたが、横風の爆風で早々に撤収でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いいサイズ!! おめでとうございました〜〜 やリぃ!!!!  
ドラグは出してなんぼ、出てなんぼ。良かったですね〜 緩めドラグで。
もしもキツかったら、無かった釣果かも。。
 何処かで見たようなフッキング。。
茨城エコギア・プロスタッフ大久保さんのヒラメ89cm
( 使用ロッド:ラフサーフ88にもご注目 (笑) )

いよいよ始まるでしょうか ?? 楽しんで下さいませ〜〜 羨ましいぞぉ〜〜 (笑)
手(チョキ) by 柏木


posted by hiramemj at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

12/8 3:20pmの海状況

取り急ぎ、海状況報告を。朝の情報では、波がやや大きめと。。

3時過ぎに海に到着。海が見えない場所で準備してましたが、その時点から波による地鳴りが聞こえ( やっぱでデカイのか ?? 波・・ )
DSC_3137(1).jpg

 確かにウネリは有り波足も長めなのですが、水質は悪くなく、そうも最悪という状態ではないです。釣りにくいのは間違いないですが、釣れてもおかしくない状況。
 小魚の気配は感じられないものの、海鵜は一匹だけプカプカ。
DSC_3132(1).jpg


 海が良くても悪くても、土日しか釣行できない方にしてみれば行ってみるしかない訳ですが、悪いなら悪いなりにどう攻略するか? がキモ。

 取り急ぎアップで、また追記しますねっ

ps、引き続きヒップ・ウエーダーで。試用2日目ですが〜 良いと思います!
DSC_3133(1).jpg

posted by hiramemj at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 

2018年12月05日

早速、ヒップ・ウエーダーのレビュー

 天気は良いし、( やや波高? ならばウエーダーのテストには、尚良し! )と、海に行ってきました〜  釣れるなら釣りたいのは、もち! (笑)
DSC_3119.jpg

 まずは勝手結論から。星5つが満点とするならば、★5つをあげましょう!!
買った価格が安かったから? そうではなくて、物として、機能として、耐久性としてもです。
DSC_3110.jpg

 正直なところ懸念は有ったのです、一番の懸念は( 中割れのウエーダーって・・・ どうなのよ? )という事。履いたことが無いのですが、モノとしては鮎釣りウエーダーでは定番の靴底な事は知っています。

 で、履いてみて、( だから中割れがいいのねっ! )と、納得できた事が。
それは靴の中で足が泳がない、横ズレしにくいし、踏ん張りが効く = なるほど! 丸石を渡り歩く鮎釣りには向いているのだなぁ〜 と。

 今年6月に釣行中に私は強捻挫で2ヶ月程まともに釣りにも行けなかったのですが、思えば捻挫の原因が斜めの岩に足を掛け、足が靴の中でズレた事によるもの。なもので( 中割れ・・・ この機能、サーフでもいいかも! )と、余計に納得。

 極普通の靴下を履いて、履く前に少しだけ指先に余裕を持たせて履いて、小1時間、横移動100m程の往復をしたのですが靴下が当たるとか、擦れて痛いというようなことは無かったですね〜 従いまして5本指の靴下を履く必要無しですねっ

 今年は、膝下までの長さのニー・ブーツ釣行が殆んどで、たまに濡れることもありましたが、履き口をヒモで締めるためにズボンは多少濡れても、靴の中がグショ、グショ になる事は無く、まぁまぁ快適。

 ですが、今日もそうなのですが、ここの所の夕マズメでは、あっという間に波が大きくなることもあって、( ニーブーツ・・・ もう少し丈が長ければ・・・ )と、思うことしばしば。。
しかし、今日はその心配も無く、更に快適〜!! 
DSC_3118.jpg

 25cm〜25.5cm というMサイズを購入したのですが、靴中は26cmでもOKかな?という印象です。
 ヒップ・ウエーダーの場合、靴底をゴムで上に引っ張る構造ですから、足裏にソールが張り付く感じで、多少大きくてもブカブカ感が無いと思います。

 久々にヒップ・ウエーダーを履いて、特にMJリグの場合シンカーの重さが気になるところですが、シンカーはズボンのポケットで、出し入れ出来ますからベストの重さも相当軽減。イイ!!

 この手のヒップ・ウエーダーでは「プロックス」社製の物が、アマゾンでも一番売れていて、私も何度か購入して使ったことが有ります。
 色は好き好きが有りますが、私はこれの「スチール・グレー」という色もお気に入りで、違いは中割れということ以外にもう一つ。
 こちらの方が数値より履いた感触で、丈が5〜7cm程長く、この長さが結構プラスに働くと思うのですよっ

 大きな岩やテトラに登って見ましたが、昨日処理した「プラスティー・デイップ処理」は、相変わらず滑り止め効果、砂付き防止効果は抜群!!
DSC_3116.jpg

 総まとめとして、¥5000以上出しても、納得できる商品だと思いますよ〜 宜しければどうぞ!!

ただ・・・ な〜〜んも釣れなかったのが悲しい、、、(苦笑) 
 ウネリは段々大きくなり、明日は波高予報 ? 入るときに開いていた高架下の門が締められていて焦った〜〜 

 ps、ヒップ・ウエーダーは、ズボンのベルトに通してから長さ調整するのでが、その時間も面倒な私は、ヒップ・ウエーダーには、コレ ↓ を付けます。
 長さ調整不要でベルトをしていなくても、ズボンのヘリやベルト通しに引っ掛けるだけでOK! ユザワヤさんなど手芸屋さんに売ってます。2つで¥300位?
DSC_3128.jpg



 
posted by hiramemj at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

ヒップ・ウエーダーをポチリ

 さかなクンが一番驚いた魚。見ました?
 アンコウが体の一部で出来た、釣竿&疑似餌で魚を釣る!
体の一部をイソメだけでなくエビにまで模して、ちょろちょろ泳がせ、誘って〜 小魚を捕食。
すごいですね〜

何が不思議って・・・ 誰に教わったの? そうやれば魚が釣れるって事を・・・ と。(笑)
元々の神の思し召しか? 進化というなら、アンコウがそうしたいと願ったから釣りができるようになった??(笑)

チョウチンアンコウと言えば、オスはメスの1/10位の大きさで、一旦メスに噛み付いたら(繁殖行動)、メスの体に溶け込んで一体化、一生を終える。。という、これまたなんとも切ない魚でもあるのですが、まぁ〜 不思議ですね〜 

 大自然の持つ不可思議、未知なるパワーと言いますか・・・、ほんと感心するばかり。
 釣りについて言えばアンコウが教えてくれたように、ちょろちょろ、フワフワとワームを動かすこともかな〜り有効で、そう動かす為にはワームの柔軟性を極力活かすことが大事ということ = MJの基本コンセプト(笑)

さて話は変わり、この時期から使用することは少なく、春〜秋に掛けて、私の定番は「ヒップ・ウエーダー」かれこれ10年近く、暑い時期の私の必需品。

 これからの時期に私は、ニー・ブーツに、足首を締められるバイク用の防水透湿のレイン・パンツ釣行なのですねっ これで膝上の波が押してきても、そう簡単に濡れることは無いのです。
 履いたままの格好で家を出て、コンビニに立ち寄っても違和感無しなところもイイところ。(笑)

 欲しい透湿素材の、私の足に合う「ヒップ・ウエーダー」が、ずっと探しているのですが見つからず、しょうがないので透湿ではないタイプもも含め、アマゾンの「欲しいものリスト」に拾い上げていて、今時期は本来は必要としていないのですが、あまりの安さ、お好みのカラーに思わずポチってしまったものが有ります。それがコレ ↓


 25〜25.5cmのみなのですが、プライム会員なので送料込み。な〜〜んと¥2710!! 12/2時点。ウエーダーが入る箱サイズを発送するだけで送料¥1500近くかかりますから、タダみたいな値段。
 しかも、商品詳細を良く見てみると〜「防水透湿」 ハァ? 元が安すぎて気が付かなかった〜 な、なに?今日は¥3086?

 ただ・・・ ( 先端が中割れって、、、使ったことも見たことも無いなぁ〜 歩きやすい? 5本指ソックス履かないとダメ? )等、疑問は有ったものの5回も履ければペイできるでしょ と、あまりの激安にポチリ。 来年の夏用にでも・・・と。(笑) 靴先は正直、ちょいブサイクだけど機能優先!

 でもって、商品到着。
 そして早速、私がフェルト底のウエーダーに必ずやる「プラスティー・ディプ処理」。
何それ? 初めて聞くなぁ〜 という方はこちらをクリック。滑り止め、砂付き防止、耐久性アップの、私オリジナルの裏ワザ(笑)

マスキングテープを貼って、プラスティー・ディプを使い古した歯ブラシで添付3回(所要時間30分)
DSC_3113.jpg

添付完成!
DSC_3116.jpg

 商品説明には「防水・透湿」と書いては有ったものの、触った感じでは(ん゛〜ン? そうかぁ〜?)「防水・非透湿」の間違いじゃないの?と、思うくらい厚手生地。。
 物はしっかりした仕上がりの台湾製で、日本製の非透湿の1万円相当の物と同等レベルの仕上がり。
5本指ソックスで無くとも、靴下の先に少しタブ付きを持たせれば、普通の靴下でも問題無く履け、サイズ表示相当でピッタリ。 近々レビューしましょう。

自己判断でレビュー不要という方は、あと1足有るようです。ヒップ・ウエーダー = 渓流用 というイメージがありますから、シーズンオフの在庫処分価格ということなのでしょうね〜

 サーフ使用でも、履いて楽(肩凝らない)、乾かして早く、熱の逃げ場が多い為、涼しくてイイのに、、、
 大体ヒップ・ウエーダーでも濡れるような波の大きさの時には、多くのヒラメ釣り人は釣りは諦めるはずなのに・・(笑)

ps、 本日5インチワームに対して、トリプルフック + シングルフックの仕様で、シングルフックが外れるのですが? という問い合わせが有りまして、2年以上前にその対処法を書いた記事をご紹介しましたので、同じ疑問を持っておられた方、トリプル + トリプルの仕様の方は参考にしてみて下さいませ。
ここ「アシストフックの便利物」をクリック

posted by hiramemj at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ FFメソッド  

2018年12月03日

12/3 今夜10時TBS「1番だけが知っている」

ツイッターのようにショートで。
今夜10時からのTBS「1番だけが知っている」の中のさかなクンが一番驚いた魚。
これに注目! ワームが有効な秘密、原理がそこにありそう・・・(笑)

静岡サーフ渋いです(kongoさんから)

いよいよ12月、ヒラメがそれなりに釣れる時期が来ているのに、私の行く場所はとても渋く、なかなか釣果が出ない状態です。
 10月20日前後には、よく言うXdayがありましたが、そのあとは続かず…サーフはそれなりに込み合っていますが、激込みになっていないのはその辺が理由なんだろうと思います。
DSC00111.JPG

 ぽつぽつは出ているのですが、何十人と並んで1,2枚という感じ。先週は、良い型のシーバス(たぶん)を掛けましたが、リールのドラグの調子が悪く…波打ち際でぷっつりと切れ、運にも見放されています。

 リールはその足でお店に持っていき、入院となりました。早く帰ってこい〜〜。さて、この土日のサーフの状態は比較的穏やかで、天気も良く、釣り自体は楽しくできました。MJの釣果は無く、ミノーで35pのソゲが1枚でした。干潮後の上げはじめでベイトが入ってきたので、岸寄りで食ってくるかな〜と思い投げ始めて3投目くらいでのヒットでした。 
DSC00106.JPG

雰囲気的には、もう1,2枚回りで出そうな感じでしたが、ベイトがいるのに全く釣れない…渋さなのです。朝日の写真は、土曜の朝、もう1枚は今日の夕方です。今日も渋く、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

kongoさん こんばんわ〜 情報ありがとございます〜
この時期、この地域のアングラーは駿河詣の時期なのですが、そちらがそれほど渋いというのは、ここ5年くらい振り返っても無いのでは?? 
 何故なんでしょ? ということになりますが、やっぱベイトなのでしょうね〜 餌が寄らない。。 こちらでも場所によってムラがあり、湘南地域に分があるようです。
 こちらでは、ま〜だ青物も、ま〜だ釣れていますから、時期遅れなのかもしれないですね
 気長に行きましょっか〜  by柏木


posted by hiramemj at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ MJリグ釣果情報

2018年12月01日

流行に乗ってしまって・・・

 いつもなら、昨日か今日に海画像&情報をアップするのですが、流行に乗ってしまって・・・ 
感冒ですが(苦笑)
 激しい胃痛とか、吐き気が有るようなものではなくてホッとしてます。だるさと微熱だけ。
 重症になる前にゆっくり休んで一日終了〜 ベッドの上から天気良い外を見ながら、今日は釣れたのかなぁ〜〜 なんて思いながら。

 当分良い天気のようで、楽しんで下さいましぃ〜〜
posted by hiramemj at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 海状況 


 初めてお越しの方は、「ヒラメ釣りメソッド サイト・マップ」ココからどうぞ!


 アマゾンでのお買い物がお得に。アマゾン・アソシエイト ← クリック